名言DB

9412 人 / 110637 名言

佐藤修の名言

twitter Facebook はてブ

佐藤修のプロフィール

佐藤修、さとう・おさむ。日本の経営者。自動倉庫、流通システム構築企業「ダイフク」の社長・会長。東京出身。

佐藤修の名言 一覧

昔は首から上はいらない体を動かせ!と訓示したものですが、いまは首から上、つまり考えながら働くことが大切な時代。過去の経験だけで働く人や企業に将来はない。


とくに幹部社員に求めたいことがある。1、先を読む力 2、人を見る力 3、実行する力 4、自分を殺して部下を指導する力


佐藤修の経歴・略歴

佐藤修、さとう・おさむ。日本の経営者。自動倉庫、流通システム構築企業「ダイフク」の社長・会長。東京出身。

他の記事も読んでみる

迫俊亮

私が社長になり、「あ、この会社終わりだ」「こんな若い奴が」と、多くの社員が懐疑的でした。でも、初の人事を実行して「もしかしたら上手くいくかも……」と少しずつ状況が変わっていきました。


岩田松雄

ミッションを適切に進化させていくために、どうしても自分のことをその都度深く内省する必要が出てきます。それをするには細切れのスキマ時間ではダメです。ある程度まとまった時間が必要になります。若いうちは目の前の業務に追われて、なかなかそういった時間を確保しにくいでしょうが、意識してつくっていくべきです。


菊池廉也

企業人は、みんな、それぞれの分野でプロであるべきです。プロフェッショナルとは、驚きを与えて感動させることができる人のことです。そのためには、新しいアイデアを出すことが求められます。


堀尾正明

どんな時代にも、リスクを取って本流以外の新たなことに挑戦する人がいなければ、組織は発展していきません。


宮嶋宏幸

コジマにはコジマの歴史がありますから、やはりその特性を生かすことは重要です。過去に買収したソフマップの例を見ても、当社はM&A(合併・買収)でビック色に染め上げていくような手法は取っていません。ですから、コジマのブランド名をなくすことはあり得ません。ただ一部の既存店について、ビックの看板をコジマに替えたり、その逆にしたりといったことが出てくる可能性はあるでしょう。


佐藤琢磨

20歳という後発スタートでF1レーサーを目指し、5年という短期間でF1のシートを得られたのは、チャンスをつかむために必要だと考えた準備を徹底し、自分から門を叩くように何度もチャレンジし続けた結果。チャレンジこそがチャンスを生みだします。そんな実行力が運も引き寄せたのかもしれません。


梅原誠

「おぬし、夢持っていますか?」。かつて我が社のテレビCMで、俳優の仲代達矢さんに使っていただいたキャッチコピーです。僕はこの言葉が好きでね。社長に就任した後も社員たちに同じセリフを繰り返し唱えてきました。


大野裕

体を動かすことも気分をラクにします。体を動かすと気分が変わるというエビデンス(科学的根拠)もあります。散歩など、簡単なことから始めてみてはどうでしょうか。ただし、歩きながらあれこれ心配事を反芻してしまうと、少しも気持ちがラクになりません。散歩中は風を感じたり、道端の草花に目をやったりするなど、散歩という「いまの行動」に集中しましょう。


新海誠

脚本の中に自分がこれは発明だと思えるものが何カ所かないと、それから先へ進んでいく自信にならない。


吉永泰之

地位が上の人間が下の人間に命令するのは簡単なことです。地位に付与されている権限を使って人を動かすことは、誰にだってできる。しかし、私が考える優れたリーダーとは、そんなリーダーではありません。命令によって人を動かすのではなく、命令しなくても人がついてくるリーダー。部下の側からいえば、思わずついていきたくなってしまう上司ということになるでしょうか。


佐々木常夫

仕事は初めが肝心です。計画を立てておくと仕事の無駄がなくなります。でも、無計画なまま仕事をしている人が多い。だから、必要ない仕事までしたり、非効率な仕事の進め方をしたりして、勤務時間内に仕事が終わらず、残業が増えてしまうのです。


石渡美奈

部下に声をかけるときは、なるべくパーソナルなトピックを織り込む。これが部下との意思疎通を深めるコツではないでしょうか。


藤井孝一

どんなに優秀な人でも条件のいい転職は難しい。自分の家族の病気で急に会社を辞めざるを得ないことも起こりうる。あなたは、そのときのリスクヘッジをちゃんとしているだろうか?


中村太一(経営者)

20代では無理が効いても、30代、40代となると、いくら寝てもなかなか疲れが抜けない、ということが増えてきますよね。多くの人はその原因を「体力の低下」と結びつけますが、実際にはむしろ「休養」に問題があることが多いのです。


三津原博

競争状況の下で、ローコスト経営を目指し、法令を順守して、国が目指す業務を進めていかなければなりません。それができない企業は、市場が伸びていても残れません。パパママストア(個人商店)では限界があるかもしれませんね。