名言DB

9,520 人 / 112,352 名言

佐藤俊介(経営者)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

佐藤俊介(経営者)のプロフィール

佐藤俊介、さとう・しゅんすけ。日本の起業家。ファッションブランドのサティスファクション・ギャランティード(SG)を展開するエスワンオー創業者。日本大学理学工学部卒業後、バリュークリックジャパンに入社。ディーパー設立に関わり、同社副社長を経て、エスワンオーを創業。

佐藤俊介(経営者)の名言 一覧

これだけファンがついたのは必然です。ダイヤモンドと骨を組み合わせたロゴ、満足保証を意味する名前、メード・イン・ジャパンという明確なコンセプト、それだけでSNSの世界ではクールなんです。コンテンツばかりに目が行く人が多いですが、最初からすべてのページに目を通してくれる人なんていません。ロゴや社名などファーストインプレッションが重要です。


勘違いしてはいけないのは、「SNSはブランドに対する帰属意識を持ってもらうだけで、直接購買にはつながらない」ということです。宣伝に集中してしまったらファンは離れます。それは10年以上ITに関わってきたからわかることです。


SNSを活用したのは、日本で上手くいかなかったからという面もありました。07年にブランドを立ち上げて、著名タレントが着て話題になりましたが、ブランド価値はあがりませんでした。雑誌や流通とのパイプもなく、ベンチャーブランドが数年で成功できる状況ではありませんでした。一方、東南アジアは日本に対する憧れが強く、日系ブランドもあまり進出しておらずチャンスでした。店舗を出す体力がなかったので、フェイスブックを活用したのは当然の選択でした。現在ファンの9割は東南アジアの方です。逆輸入で日本市場も開拓できた形です。


先行者のメリットは大きい。フェイスブックにページを出したのは2010年初頭で当時、企業のSNSはあまりありませんでした。インターネットの世界では「Winner Takes All(勝者がすべてをとる)」で少数の勝者しか存在しません。先に出ていかないと、挽回はできません。競合が少なかったため、ファンも増えやすく、メディアにも取り上げられやすかったのです。結果的に知名度が高まり、現在15店舗ですが、今年は日本に100店近く出店できる見通しです。


グローバルに広がるネット世界では先行者利益がきわめて大きい。成功した企業の後追いでは絶対に勝てません。


我々はフェイスブックから大きなチャンスをもらいました。日本ではすぐに収益が問題視されますが、アメリカのIT企業では、後からマネタイズ(収益化)の方法を考えます。収益化には焦っていません。フェイスブックがそうしたように、すぐに収益化を図るのではなく、できるだけファンを増やすことに注力したい。そうした成功モデルを作りたいのです。


佐藤俊介(経営者)の経歴・略歴

佐藤俊介、さとう・しゅんすけ。日本の起業家。ファッションブランドのサティスファクション・ギャランティード(SG)を展開するエスワンオー創業者。日本大学理学工学部卒業後、バリュークリックジャパンに入社。ディーパー設立に関わり、同社副社長を経て、エスワンオーを創業。

他の記事も読んでみる

田代隼朗

職人の世界は厳しく、例えば日本料理では20年修業して初めて板場に立て、その後の給料も十分とはいえず、独立できる人が少ないのが現状です。他業態も含め、そうした腕のある職人が活躍できる環境を整え、チャンスを与えることが当社の使命だと考えています。


佐藤勝人

我々は「カメラの使い方が分からない7、8割のお客様のために何をしてあげられるのか」を考えることが、新たなマーケットの創造だと思っている。市場創造と言うと、だいたい新しい商品をやるか、違う町に行くかという話になるが、我々がこのエリアに腰を据えてお客さんに向き合ってみたら、カメラの使い方を知らない人たちが数多くいた。だから、こういうお客さんたちに「想い出をきれいに残す」方法を教えてあげることが、ドラッカーの著作に書いてあるような、新たな顧客価値の創造につながると思うのだ。


スティーブン・コヴィー

人は変わらざる中心がなければ、変化に耐えることができない。変化に対応する能力を高めるには、自分は誰なのか、何を大切にしているのかを明確に意識することである。


矢野薫(NEC)

自分たちの額に汗して、がむしゃらに働けばいい。何事にも諦めずに頑張れば道は必ず開ける。


東国原英夫(そのまんま東)

走っていると「死」を考えます。極限まで走り抜き、自分の哲学や死に場所を探すのも悪くありません。人生の最後を感じるようになると、残された人生でやりたいことの優先順位が見えてきます。


松重豊

確かに若い頃よりは仕事が増えて必要とされているという実感は正直あるし、期待されているところにいるとは思う。ただ果たしてそれでいいのかな、と考えたりする。モヒカンの20歳の俺が向こうから歩いてきて、いまの俺に「てめえ、くだらねえ芝居しやがって」って殴りかかってきたら、言い返せずに、殴られたままになるかもしれないな、と考えてしまうことがある。


おかざき真里

単純に好きなんです。細かい絵をひたすら描いていくのが。暇さえあればオリジナルの文様やトーンを描いちゃうくらい(笑)。これまでの作品ではデザインバランスを崩しかねないからとセーブしていたものを、『阿・吽』ではむしろ世界観が色濃く出る気がして、思い切って解放してみました。おかげさまでものすごく楽しいです。


島田雅彦

当時の私は27歳でしたから、この1年間の(ニューヨークでの)海外生活には、知らない文化に体をぶつけて何かをつかむ、あるいはちっぽけな自我を見つめ直すという側面もあったと思います。


上田準二

お買い物の楽しさをもっと打ち出していくべきだ。やはりショッピングは楽しくないといけない。


廣田尚子

生活に新しい風を吹き込む斬新なものにするか、奇抜さよりもどこかに温かな魅力があって生活に根付くようなものにするか。そんなカテゴリー分類から構造を考えていき、最後にスタイリングまで落としていきます。


石田淳(コンサルタント)

行動ベースで考えることは、具体的にどのような行動を積み重ねれば目標に到達できるかを考えることです。仕事というのは、行動の積み重ねで結果が生まれます。結果が出ないのは、どこかの行動が間違っている。つまり悪い行動が多いか、良い行動が少ないかのどちらかです。


吉田知明

どこで働くかは社員にとって大切なことですから、できるかぎり希望に添うようにしています。当社の個別指導塾が初めて北海道に進出したのは、新入社員の希望がきっかけでした。よくよく聞いてみると「恋人と離れたくない」という理由だったようで、その社員も2年くらいで別れて「もうどこでもいいです」となりましたが(笑)。