名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

佐藤俊介(経営者)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

佐藤俊介(経営者)のプロフィール

佐藤俊介、さとう・しゅんすけ。日本の起業家。ファッションブランドのサティスファクション・ギャランティード(SG)を展開するエスワンオー創業者。日本大学理学工学部卒業後、バリュークリックジャパンに入社。ディーパー設立に関わり、同社副社長を経て、エスワンオーを創業。

佐藤俊介(経営者)の名言 一覧

これだけファンがついたのは必然です。ダイヤモンドと骨を組み合わせたロゴ、満足保証を意味する名前、メード・イン・ジャパンという明確なコンセプト、それだけでSNSの世界ではクールなんです。コンテンツばかりに目が行く人が多いですが、最初からすべてのページに目を通してくれる人なんていません。ロゴや社名などファーストインプレッションが重要です。


勘違いしてはいけないのは、「SNSはブランドに対する帰属意識を持ってもらうだけで、直接購買にはつながらない」ということです。宣伝に集中してしまったらファンは離れます。それは10年以上ITに関わってきたからわかることです。


SNSを活用したのは、日本で上手くいかなかったからという面もありました。07年にブランドを立ち上げて、著名タレントが着て話題になりましたが、ブランド価値はあがりませんでした。雑誌や流通とのパイプもなく、ベンチャーブランドが数年で成功できる状況ではありませんでした。一方、東南アジアは日本に対する憧れが強く、日系ブランドもあまり進出しておらずチャンスでした。店舗を出す体力がなかったので、フェイスブックを活用したのは当然の選択でした。現在ファンの9割は東南アジアの方です。逆輸入で日本市場も開拓できた形です。


先行者のメリットは大きい。フェイスブックにページを出したのは2010年初頭で当時、企業のSNSはあまりありませんでした。インターネットの世界では「Winner Takes All(勝者がすべてをとる)」で少数の勝者しか存在しません。先に出ていかないと、挽回はできません。競合が少なかったため、ファンも増えやすく、メディアにも取り上げられやすかったのです。結果的に知名度が高まり、現在15店舗ですが、今年は日本に100店近く出店できる見通しです。


グローバルに広がるネット世界では先行者利益がきわめて大きい。成功した企業の後追いでは絶対に勝てません。


我々はフェイスブックから大きなチャンスをもらいました。日本ではすぐに収益が問題視されますが、アメリカのIT企業では、後からマネタイズ(収益化)の方法を考えます。収益化には焦っていません。フェイスブックがそうしたように、すぐに収益化を図るのではなく、できるだけファンを増やすことに注力したい。そうした成功モデルを作りたいのです。


佐藤俊介(経営者)の経歴・略歴

佐藤俊介、さとう・しゅんすけ。日本の起業家。ファッションブランドのサティスファクション・ギャランティード(SG)を展開するエスワンオー創業者。日本大学理学工学部卒業後、バリュークリックジャパンに入社。ディーパー設立に関わり、同社副社長を経て、エスワンオーを創業。

他の記事も読んでみる

坂本孝

理念が個人のなかにしっかり根づいていると、もし失敗したとしても、そこから学ぶ力が強まります。仮に理念を持っていなければ、失敗に対して「自分はなんてついていないのだろう」「○○のせいで失敗した」などと、環境や他人のせいにしたり、わが身の不幸を嘆くことでしょう。ところが、理念という「メガネ」で世の中を見るだけで、景色がまったく違うものになります。


村西とおる

人間の業は、しょうがないものでございますよ。もうこれでいいということがないんです。人の欲望は尽きないものです。我慢して我慢しきれるものではありません。あれを食べたい、これが欲しい、これをやらずに死んでたまるかというのは、人の生きる力そのものです。脳外科の偉い先生も言っていますよ。そういう意欲が萎えた途端に人の体は弱ってしまうんだと。


ピーター・ドラッカー

知識労働者を直接、あるいは細かく監督することはできない。彼らには助力を与えることができるだけである。知識労働者は自らをマネジメントしなければならない。自らの仕事を業績や貢献に結び付けるべく、すなわち成果を上げるべく、自らをマネジメントしなければならない。


遠藤弘満

川上から川下まで見回して、そのビジネスに関わる誰かが強いストレスを感じるような仕組みでは、絶対に長続きしない。これからの時代、そういう傾向はさらに強まっていく。


荻田築

新しいお客様を開拓するのは、営業マンの人柄が必ず出る。だからこそ、下手な約束をして甘いことを言ってはいけない。仮に甘いことを言ってお店を開いてもらっても必ずクレームになるぞ。


滝野一征

今いくら儲かるとしても、単一の顧客にしか使えないような商品を開発するくらいならば、その仕事は断ります。製造業の世界でベンチャーが失敗する原因の一つは、実績が上がるまで低空飛行している時期に耐えきれず、安易な仕事を取って来てしまうこと。それによって本来作るべき製品の開発が遅れ、結果的に低空飛行の時間が長くなってしまう。


中川晶

何でも相手の言うことを聞いてしまうのは、相手からの攻撃を避ける一種の防衛です。しかし、相手の要求や言い分を一方的に聞き入れ続けていると、マグマのようにストレスが溜まっていきます。


中里義崇

お店にはお客さんからの問い合わせが多数あります。そういう問い合わせは、自分で調べなくても、「欲しい人がいるのに、購入先がない」ということを教えてくれる貴重な情報源なんです。結果、お店を構えたことで、ますます取り扱う商品の幅も広がりました。


林野宏

景気がいいころは市場が成長し各社はそのパイを分け合いました。それはバトルロイヤルのようで一見派手ですが、勝ち負けが明確ではなく、ダラダラと試合が続くような印象でした。しかし現状は、やるかやられるかの真剣勝負で1秒たりとも気が抜けません。


田村耕太郎

朝型の生活に修正してからは細かいことも落ち着いて見られるようになり、忍耐力や感情をコントロールする力も強くなりました。体調が良いと、いつどんな人と会っても良いミーティングができます。一期一会を逃しません。


鈴木敏文

従来の延長線上で仕事をするのでは、新しい発想など生まれない。


加藤智治

勝負にこだわるからこそ、負けることでも多くを学ぶ。