佐藤俊介(経営者)の名言

佐藤俊介(経営者)のプロフィール

佐藤俊介、さとう・しゅんすけ。日本の起業家。ファッションブランドのサティスファクション・ギャランティード(SG)を展開するエスワンオー創業者。日本大学理学工学部卒業後、バリュークリックジャパンに入社。ディーパー設立に関わり、同社副社長を経て、エスワンオーを創業。

佐藤俊介(経営者)の名言 一覧

これだけファンがついたのは必然です。ダイヤモンドと骨を組み合わせたロゴ、満足保証を意味する名前、メード・イン・ジャパンという明確なコンセプト、それだけでSNSの世界ではクールなんです。コンテンツばかりに目が行く人が多いですが、最初からすべてのページに目を通してくれる人なんていません。ロゴや社名などファーストインプレッションが重要です。


勘違いしてはいけないのは、「SNSはブランドに対する帰属意識を持ってもらうだけで、直接購買にはつながらない」ということです。宣伝に集中してしまったらファンは離れます。それは10年以上ITに関わってきたからわかることです。


SNSを活用したのは、日本で上手くいかなかったからという面もありました。07年にブランドを立ち上げて、著名タレントが着て話題になりましたが、ブランド価値はあがりませんでした。雑誌や流通とのパイプもなく、ベンチャーブランドが数年で成功できる状況ではありませんでした。一方、東南アジアは日本に対する憧れが強く、日系ブランドもあまり進出しておらずチャンスでした。店舗を出す体力がなかったので、フェイスブックを活用したのは当然の選択でした。現在ファンの9割は東南アジアの方です。逆輸入で日本市場も開拓できた形です。


先行者のメリットは大きい。フェイスブックにページを出したのは2010年初頭で当時、企業のSNSはあまりありませんでした。インターネットの世界では「Winner Takes All(勝者がすべてをとる)」で少数の勝者しか存在しません。先に出ていかないと、挽回はできません。競合が少なかったため、ファンも増えやすく、メディアにも取り上げられやすかったのです。結果的に知名度が高まり、現在15店舗ですが、今年は日本に100店近く出店できる見通しです。


グローバルに広がるネット世界では先行者利益がきわめて大きい。成功した企業の後追いでは絶対に勝てません。


我々はフェイスブックから大きなチャンスをもらいました。日本ではすぐに収益が問題視されますが、アメリカのIT企業では、後からマネタイズ(収益化)の方法を考えます。収益化には焦っていません。フェイスブックがそうしたように、すぐに収益化を図るのではなく、できるだけファンを増やすことに注力したい。そうした成功モデルを作りたいのです。


佐藤俊介(経営者)の経歴・略歴

佐藤俊介、さとう・しゅんすけ。日本の起業家。ファッションブランドのサティスファクション・ギャランティード(SG)を展開するエスワンオー創業者。日本大学理学工学部卒業後、バリュークリックジャパンに入社。ディーパー設立に関わり、同社副社長を経て、エスワンオーを創業。

他の記事も読んでみる

竹下雄真

続けるには、ある程度の目標を立てることが有効。身近でわかりやすい目標を立てることをお勧めします。


ティム・コラー

投資のリターンは、企業が上げる利益と金利の水準に大きく左右される。この点は変わらない。どんなに投資のツールが洗練されても、どんなに新しい金融派生商品が出てきても、投資家が市場平均を上回るのは概して難しい。


神田昌典

オバマ大統領のスピーチには、米国のフィロソフィーや信念などあらゆる要素が盛り込まれています。どういう話をすればリスペクトされるかも分かる。丸暗記すれば、話す時にフレーズがぽろっと出るようになる。その途端、相手に「すごい」と驚かれるわけです。


飯田亮

部下の育て方なんて、いくつもの方法があるわけではありません。経営者や幹部でありながら社員を信用できないなんて大変な不幸です。信じることが部下を育てることです。


中山均

地方産業の発達に尽くそうという私の熱意はいまも変わらない。これなくしては大企業の進展もないし、日本経済の確立もないというのが私の信念である。私はそうした信念のおもむくまま、果敢に行動してきたつもりである。金融政策も経済政策も、大企業中心主義になっているいまのやり方には私は不満である。


枡野俊明

禅では「前後際断(ぜんごさいだん)」といって、過去は過去、現在は現在、未来は未来と区別し、それぞれが連続したものではないと考えます。過去のことはいまさら取り繕うことができません。もう終わったことだと断ち切り、いまなすべきことに集中するのです。ミスを犯しても引きずってはいけません。目の前の仕事に必死に取り組むことが大切です。


笹氣健治

グズを根本的に治療する処方箋は、執着を手放すことなのです。


大石昌明

最近、お客さんから言われるんですよ。「この店はちゃんと日本人がやってるの? 毎日、日本人が働いているの?」と。インドネシアの富裕層は日本に何度も旅行しています。博多の一幸舎で食べたからと言って、うちにやってくる。そして「おう、これこれ、日本と同じ味だ」と感想を言って帰っていく。そういうお客さんが徐々に増えてきている。本物志向が高まっているから、「なんちゃって日本食」ではもはや客は呼べません。日本でやるのと同じ味、同じ品質でなくては繁盛店はできません。


村上龍

ユーモアというのは、「頑張ること」と、真逆です。ユーモアのセンスというのは生まれつきではなく、学ぶものです。ユーモアがまったくない生真面目な家庭に生まれ育った人が、豊かなユーモアの持ち主ということはあまり考えられません。だからといって、自分にユーモアのセンスがないと落ち込む必要はないです。


高橋がなり

ちょっとした問題に突き当たると「辛い」と言って逃げ出す根性なしがいるよね。でも、テレビのADだったころの僕は、「どうせ負け犬なんだったら苦痛を感じないほどバカな人間になってしまえばいいんだ。ヘラヘラ笑ってバカを演じていれば、そのうち『アイツはスゴイ』なんて言ってくれる人が現れるよ」という言葉を毎日のように自分で自分に言い聞かせていたんだ。


泉谷直木

相手についての話題から共通の話題に移っていければ、すぐに共通の土俵に上がることができる。


上田準二

話を面白くするのに必要なのは、自ら感情移入することです。


正垣泰彦

できるだけ多くの人に毎日、楽しく食事をしてもらい、その食事で健康になってもらうこと。それが起業のきっかけであり、ビジネスの目的です。


星野佳路

飛び抜けた何かがあれば施設を再生できる。


ドナルド・トランプ

私は実現までに20年待ったことがあるが、待っただけの甲斐はあったし、物事がようやくおさまるべきところにおさまるまでに何度か方向転換しなければならなかった。人生も仕事も運に左右される部分がある。だから心に余裕を持って、運に働いてもらおう。


ページの先頭へ