名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

佐藤伝の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

佐藤伝のプロフィール

佐藤伝、さとう・でん。日本の能力開発トレーナー。福島県出身。明治大学卒業後、創造学習研究所を設立し、行動習慣に関する研究とトレーニングを行っている。NHKのテレビ番組などでも紹介された。主な著書に『行動習慣のコンパス』『幸運を呼び寄せる朝の習慣』『言葉の習慣』『いい明日がくる 夜の習慣』『1日5分 頭がよくなる習慣』など。

佐藤伝の名言 一覧

キャッシュポイント(収入の入り口)がひとつしかない人は、それにしがみついて、それをくれる人にゴマすりをする人生になってしまいます。複数のキャッシュポイントがあれば、余裕をもって自然体でやっていけます。セールスマンなら、ゴリ押ししなくてもよくなり、顧客への信頼につながります。


新たなキャッシュポイント(収入の入り口)をつくるためには、休みの日でもやりたいと思えるような好きなことを始めて、それをビジネスにしていくことです。そしてブログでも、ホームページでも、フェイスブックでもいいので、発表するための箱をつくることが大事です。箱をつくると、自然と中身が入ってくるんです。


収入を2倍にしたいと思うと、いまの仕事を頑張ろうと思うかもしれませんが、10倍にしようと思うと、収入を生み出す仕組みやキャッシュポイント(収入の入り口)を根本的に改革する必要があります。


「あなたにとってお金とは何ですか?」と利かれたときに、間髪入れずに応えられることは、非常に重要だと思います。その答えに、お金とどう付き合っているかが如実に表れるものです。


好きなことがせっかく人の役に立っているのに、それをお金に代えられない「いい人」ではいけません。ホームページに『広告受け付けております』と書けるかどうかが、キャッシュポイントを増やせるかどうかの分かれ目ですね。


ほとんどの人は漠然と「副業、あればいいよね」と思っているだけなんです。そうではなく、きちっと書き出すことが重要です。


佐藤伝の経歴・略歴

佐藤伝、さとう・でん。日本の能力開発トレーナー。福島県出身。明治大学卒業後、創造学習研究所を設立し、行動習慣に関する研究とトレーニングを行っている。NHKのテレビ番組などでも紹介された。主な著書に『行動習慣のコンパス』『幸運を呼び寄せる朝の習慣』『言葉の習慣』『いい明日がくる 夜の習慣』『1日5分 頭がよくなる習慣』など。

他の記事も読んでみる

長谷川和廣

ツキを逃さない人たちは、どんなときでも「どうすべきか」を冷静に考える人です。手本なきこの時代だからこそ、これからは自ら新しいビジネスの手本を考えようとする人が重用されると思います。


ドナルド・トランプ

情報を持たずにいい仕事はできない。教育や情報が欠けているとコントロールを失うリスクが大きくなる。


原田泳幸

会議のやり方も大幅に変えました。資料を配って1ページ目から順に説明していく会議は廃止。情報の共有化のための会議では意味がありません。会議は議論し決定するためのもの。資料は事前配布で、すぐ議論に入ります。


坂根正弘

問題があった時には、物事の本質を見抜くことが重要。そして、問題点を整理して改革を実行していく。


細谷英二

りそなは銀行界で生き残るための差別化戦略を徹底します。東京、埼玉、大阪と大都市圏に営業店を集中して持つ強みを生かし、メガバンクにはできない地域密着・顧客密着の姿勢を追求したい。メガバンクは人材配置の面から見ても、海外部門や投資銀行部門に比重を置いています。こちらは中小企業や個人といったリテール分野に特化しているので、リテール(小口金融業務)では対等に戦えるだけの体制になりつつあります。


岩田彰一郎

日ごろから、社員には「現地現物、現場力」が重要だと説いてきました。だから私が(火災)現場に入るのは当然。住民の方々や消防、警察町役場など、全部回って謝罪の気持ちをお伝えしました。まず、現場で起きていることを把握し、関係各位の理解を得る努力をする。それがトップとしての責任です。


南場智子

トイレが汚いのが絶対許せないとか、サービスを見てもこんなに分かりにくいのは絶対にダメとか、経営として重要と思うところに関しては、細かく入っていくところはあります。でも思い付きで現場を翻弄することはないようにしています。


岩崎夏海

自分が持っていった提案が断られたら、他社に持っていき、他社で実績をあげる。これしかありません。『もしドラ』が150万部売れたいま、私は「行列のできる出版相談所」状態になっています。「売れないから」という理由で断られた小説も出版が決まりました。かつて出版を断った編集者たちも、「うちで本を出してくれないか」とお願いに来ています。このように他社で実績をあげ、自分の正しさを証明するのです。


角田識之(臥龍)

振れ幅が大きい人、イコール器量が大きい人は、人間的な魅力に溢れている。しかし、振れ幅が大きいといっても、そのときの利(得)だけを考え、ポリシーをコロコロ変えるようでは、人望は離れていく。


橋本俊治(経営者)

私は取引先の方からいろいろな情報が上がってこないような状態にならないためにも「5分と5分の関係」を心掛けました。対等であるからこそ、取引先の方も情報をくれますし、こちらの言い分も相手にしっかりと伝わるのです。


新藤兼人

私は間もなく89歳になりますが、これからも映画を撮り続けようと思っています。年を取ったら取ったなりに、新たな素材との出会いがありますから、常に企画を何本か用意して、準備しています。準備をしているということが生きていることなんです。その途中で死んでも構いません。準備しながら生きること、それは自分の安定感になります。約束された安息ではなくて、どうなるかわからないという安定感です。


宮坂学

数千人のグループ社員を前にして実感するのは、長々としたスローガンや説明調の目標ではなかなか理解してもらえません。直接的で端的で、わかりやすい言葉を何度も繰り返さなければ、思いは浸透していかないということがわかりました。