佐藤伝の名言

佐藤伝のプロフィール

佐藤伝、さとう・でん。日本の能力開発トレーナー。福島県出身。明治大学卒業後、創造学習研究所を設立し、行動習慣に関する研究とトレーニングを行っている。NHKのテレビ番組などでも紹介された。主な著書に『行動習慣のコンパス』『幸運を呼び寄せる朝の習慣』『言葉の習慣』『いい明日がくる 夜の習慣』『1日5分 頭がよくなる習慣』など。

佐藤伝の名言 一覧

キャッシュポイント(収入の入り口)がひとつしかない人は、それにしがみついて、それをくれる人にゴマすりをする人生になってしまいます。複数のキャッシュポイントがあれば、余裕をもって自然体でやっていけます。セールスマンなら、ゴリ押ししなくてもよくなり、顧客への信頼につながります。


新たなキャッシュポイント(収入の入り口)をつくるためには、休みの日でもやりたいと思えるような好きなことを始めて、それをビジネスにしていくことです。そしてブログでも、ホームページでも、フェイスブックでもいいので、発表するための箱をつくることが大事です。箱をつくると、自然と中身が入ってくるんです。


収入を2倍にしたいと思うと、いまの仕事を頑張ろうと思うかもしれませんが、10倍にしようと思うと、収入を生み出す仕組みやキャッシュポイント(収入の入り口)を根本的に改革する必要があります。


「あなたにとってお金とは何ですか?」と利かれたときに、間髪入れずに応えられることは、非常に重要だと思います。その答えに、お金とどう付き合っているかが如実に表れるものです。


好きなことがせっかく人の役に立っているのに、それをお金に代えられない「いい人」ではいけません。ホームページに『広告受け付けております』と書けるかどうかが、キャッシュポイントを増やせるかどうかの分かれ目ですね。


ほとんどの人は漠然と「副業、あればいいよね」と思っているだけなんです。そうではなく、きちっと書き出すことが重要です。


佐藤伝の経歴・略歴

佐藤伝、さとう・でん。日本の能力開発トレーナー。福島県出身。明治大学卒業後、創造学習研究所を設立し、行動習慣に関する研究とトレーニングを行っている。NHKのテレビ番組などでも紹介された。主な著書に『行動習慣のコンパス』『幸運を呼び寄せる朝の習慣』『言葉の習慣』『いい明日がくる 夜の習慣』『1日5分 頭がよくなる習慣』など。

他の記事も読んでみる


及川光博

10代から20代にかけて思い描いていた自分になれている。ただ、実現したときには次の新しいヴィジョンが生まれているから、現実のいまの自分にはいつまでたっても満足できないんですけど。


裵英洙(医療機関再生コンサルタント)

私は、疲労のマネジメントでまず重要なのは肝臓を守ることだと考えています。疲れたら肝臓を労わること。つまり、血流を良くして、十分な水分と良質なタンパク質を摂取することが基本です。


齋藤孝(教育学者)

幸運の女神は、前髪しかないと言われています。チャンスを逃さないためには、すぐに体をあけられる状態をつくっておく必要もある。


ジョン・ネイスビッツ

世の中がハイテクになればなるほど、人間的なもの、アナログ的なものがより求められる。


ロバート・キャプラン

予算管理や資金計画を経営戦略策定とは別に行ってはならない。業務計画や予算は、戦略計画上の目標売上高を達成するためにつくるものです。目標売上高と、目標達成に必要な資金との間で連携が取れなければ、業務計画が戦略に対して供給過剰になるか、追いつかないかのいずれかに陥ります。


楠木新

一部の出世した同期と自分を比べても何も得られない。役職定年後はセカンドライフの生き方を考える準備期間だと考え、自分がやりたいことは何かを探していると毎日の生活が楽しくなる。


デービッド・アトキンソン

日本のアナリストやエコノミストは目先の動きを詳しく分析するのは得意ですが、構造的分析はほとんどしません。本質を探究しようとしない。


ページの先頭へ