名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

佐藤仙務の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

佐藤仙務のプロフィール

佐藤仙務、さとう・ひさむ。日本の経営者。「仙拓」社長。愛知県出身。愛知県立港特別支援学校高等部商業科卒業後、自分と同様に障害を持つ幼なじみとともにウエブ制作会社「仙拓」を設立。著書に『働く、ということ 十九歳で社長になった重度障がい者の物語』『寝たきりだけど社長やってます 十九歳で社長になった重度障がい者の物語』。

佐藤仙務の名言 一覧

障がいのある身で会社をやっているというだけで仕事が回るほど、ビジネス社会は甘くはありません。


自分たちのような重度の障がいを持っていても十分に働けるし、会社だって経営できる。同じような境遇にある人にもチャレンジしてほしいし、仙拓が大きくなることで障がい者の働く場が広がり、生き方の選択肢が増えることになればいい。


とくに現在のビジネス社会はスピードが求められていることを肌で感じています。速さというものを十分意識して、とにかく素早く対応して、迅速にビジネスを進め、お客様の満足度を高められるように努めています。


障がい者がやっているから普通の会社よりも質が悪い、スピードが遅いということではやっていけません、速さにおいても質においても、ほかの会社に勝っているからこそ、当社に受注をいただけると考えています。


私たちのやっているような在宅のスタイルは、障がい者にとってたいへん好都合な働き方です。でも、考えてみれば、それは障がい者に限ったことではありません。子育て中のお母さんとか、介護が必要な家族がいらっしゃる方とか、会社に出勤しなくても働けるスタイルを望んでいる方はたくさんおられると思います。仙拓のようにインターネットを通じてどこでも仕事ができるというあり方は、これからの時代に求められる働き方の一つの姿なのかなと思っています。


佐藤仙務の経歴・略歴

佐藤仙務、さとう・ひさむ。日本の経営者。「仙拓」社長。愛知県出身。愛知県立港特別支援学校高等部商業科卒業後、自分と同様に障害を持つ幼なじみとともにウエブ制作会社「仙拓」を設立。著書に『働く、ということ 十九歳で社長になった重度障がい者の物語』『寝たきりだけど社長やってます 十九歳で社長になった重度障がい者の物語』。

他の記事も読んでみる

野部剛

営業先で「いつかは必要なんだけど今は……」という人には、商品の特徴を長々と述べるより「そんなにのんきに構えていていいの?」と危機感に訴える方がベターです。同じニーズでもその切迫度によって話し方を変えるべきです。


理央周

ブランドという資産は、認知度やロイヤルティなどの複数の要素で構成されている。


吉田昌生

雑念はわくのが当たり前。わいたらダメと思うほど、かえって手放しにくくなります。雑念がわいてもジャッジをせず、ただフッと手放す。瞑想ヨガはその繰り返しで上達します。


三宅占二

競争すべきところはうんと競争してもいいのです。しかし、余計な部分にはコストをかけて収益の足を引っ張る、それをお客様に負担していただくというのはよくない。


江上剛

役員一歩手前までは行けたものの、それ以上出世するとなると、異端児のままでは駄目なようです。あるパーティーの時、支店長の分際で、頭取に「ボーナスカットなどするから、各支店が目先の業績に走るんです」と説教したのもよくなかったらしい(笑)。人事には「大人しくしていれば役員になれるのに」とも言われました。でも、私は一切後悔していません。仮に役員になっても、「あいつはうるさい」とすぐクビになったでしょう。それに、支店長の仕事を通じて、多くの素晴らしい取引先と出会えたし、前代未聞の残業禁止を始めたことで、行員には喜ばれた。取引先や支店の仲間とは、退行後10年以上経った今も、親しくつき合っています。また、残業ゼロにして生まれた時間を使い、文章講座に通ったからこそ、作家への道が拓けましたからね。そう考えると、人生、何が幸いするかわかりません。KYになったほうが、案外、道が拓けるかもしれませんよ。


マウリキウス

予期しないことと、予期したくないことが起こると、予期するようにせよ。
【覚書き|部下に今後予期すべきことはあるでしょうかと問われた時の返答。起こりうるケース、そして最悪のケースもすべて想定せよという言葉】


松下幸之助

少なくとも、威圧とか権力とか、そういうもんで人を使ったりすることは最上ではないと思いますね。それは上ではなく中ぐらいの経営者ですね。怖さを感じさせるということではいけないですよ。怖さというものは一面では必要だけれど、怖さだけでは人はついてこんですよ。やはり、何でもものが言える人、そしてある程度理解できる人、全部理解できんでも、ある程度理解できる、そういう感じの主人の方が仕えやすい。


ナディーン・ヴェヒタ・モレノ

小さいころから、何かクリエイティブな仕事に就きたいと思っていました。最初はグラフィックデザイナーを考えていたのですが、コンピュータ相手の仕事は自分にはちょっと合わないかな、と。そうして考えているうちに、料理人になることを決めました。料理はクリエイティブであり、つくるうえでも食べるうえでも、みんなで楽しむことができますから。


鈴木貴子(経営者)

いくら組織の形を変えたところで、価値観が共有されていなければ、形だけになってしまう。たとえば私たちは今、さらなる成長を目指して、「ONEエステー」という新たな方針を掲げています。その一環として、これまでバラバラに動いていた国内営業と海外営業を統合し、国内営業での成功事例を海外営業にも水平展開しやすい体制に改めました。非常に大きな変更ではありますが、ここに至るまで、会社が目指す方向や、それに対する私自身の強い想いや価値観を繰り返し社員に語り続けてきました。だから今回の変更に関しても、「この部分を社長は変えたがっているだろうな」と、皆うすうす感じとってくれていたのではないかと思います。


村田昭治

私たち学者の話は抽象的なことが多い。「そういうことに気を付けたい」「パーフェクトな顧客満足を与えたい」などと話すのは容易だ。そんな精神論を具体的なテクノロジーに変えるのが、経営者やリーダーの仕事だ。そしてそれをやり遂げる企業は勝ち残るだろう。


植田辰哉

現実的で達成可能な最終目的を設定し、次に年単位の目標をマイルストーンとして設定し、さらに数カ月単位の目標、数週間単位の目標、今日の目標、と落とし込んでいきます。すると、今日何をすべきかが明確になり、選手たちに対しても、具体的な言葉で指示をすることが可能になります。選手の側も、「なぜそれを要求されているのか」を理解できますから、意識の共有もスムーズにできます。


谷田千里

サービス業に進出すると宣言したとき、社員からは反対というか、「何?」という感じでしたね。でも、この会社の歴史を振り返れば一目瞭然なのですが、タニタという会社は業態転換で生き残ってきた会社なんですよ。これまでの流れから言えば、もしかしたら20年後にはレストランが本業になっているかもしれない。そんな会社なんです。