名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

佐藤仙務の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

佐藤仙務のプロフィール

佐藤仙務、さとう・ひさむ。日本の経営者。「仙拓」社長。愛知県出身。愛知県立港特別支援学校高等部商業科卒業後、自分と同様に障害を持つ幼なじみとともにウエブ制作会社「仙拓」を設立。著書に『働く、ということ 十九歳で社長になった重度障がい者の物語』『寝たきりだけど社長やってます 十九歳で社長になった重度障がい者の物語』。

佐藤仙務の名言 一覧

障がいのある身で会社をやっているというだけで仕事が回るほど、ビジネス社会は甘くはありません。


自分たちのような重度の障がいを持っていても十分に働けるし、会社だって経営できる。同じような境遇にある人にもチャレンジしてほしいし、仙拓が大きくなることで障がい者の働く場が広がり、生き方の選択肢が増えることになればいい。


とくに現在のビジネス社会はスピードが求められていることを肌で感じています。速さというものを十分意識して、とにかく素早く対応して、迅速にビジネスを進め、お客様の満足度を高められるように努めています。


障がい者がやっているから普通の会社よりも質が悪い、スピードが遅いということではやっていけません、速さにおいても質においても、ほかの会社に勝っているからこそ、当社に受注をいただけると考えています。


私たちのやっているような在宅のスタイルは、障がい者にとってたいへん好都合な働き方です。でも、考えてみれば、それは障がい者に限ったことではありません。子育て中のお母さんとか、介護が必要な家族がいらっしゃる方とか、会社に出勤しなくても働けるスタイルを望んでいる方はたくさんおられると思います。仙拓のようにインターネットを通じてどこでも仕事ができるというあり方は、これからの時代に求められる働き方の一つの姿なのかなと思っています。


佐藤仙務の経歴・略歴

佐藤仙務、さとう・ひさむ。日本の経営者。「仙拓」社長。愛知県出身。愛知県立港特別支援学校高等部商業科卒業後、自分と同様に障害を持つ幼なじみとともにウエブ制作会社「仙拓」を設立。著書に『働く、ということ 十九歳で社長になった重度障がい者の物語』『寝たきりだけど社長やってます 十九歳で社長になった重度障がい者の物語』。

他の記事も読んでみる

小田禎彦

立派な宿泊施設は、客室係の良質なサービスを引き立たせる舞台装置になる。施設がオンボロで使い勝手が悪くては、どんなに素晴らしい接客を提供してもお客様に満足してはいただけません。


南壮一郎

大事なのは、自分のスタイルを貫くことではなく、相手に合わせること。相手あってのビジネスです。


中野信子

見ないふりをするのではなく、きちんと認識すること。逆説的ですが、それが気にしないことのスタートライン。まずは自分がどんな問題に反応しているのかを言葉で明確化することです。そうするだけで自然と対処法が見えてくることがありますし、少なくとも「漠然とイヤな気持ちがあるけど、その発生元がなんだかよくわからない」という曖昧な状態は抜け出せます。


鈴木修

追いかければ追いかけるほど、ツキは逃げていく。


土井定包

幹部にとって必要なのは、単に能力だけでなく、部下から信頼されること。部下に信頼のない幹部は幹部として失格。ではどうすれば信頼が得られるのか。常に部下が働きやすいよう心がけることです。


赤羽雄二

「A4メモ書き」で頭の中を常に整理する習慣も重要です。A4の紙を横にして「目的を達成するために、どうやって追い風を吹かせるか?」といった頭の中で「ひっかかっている」課題やテーマを左上に記します。右上には日付を。そして、そのテーマについて1ページに4~6項目、1項目につき20~30字で書きます。これを毎日10~20枚書く習慣がつくと、頭の中が整理され回転が速くなり、仕事が大きくスピードアップしていきます。


後田良輔

やる気が見えないなど、部下の態度について注意する際、原因へのアプローチが必要です。ただし、この場合は、男性か女性かによって方法を変えると良いでしょう。男性なら、「職場に問題を感じているのか?」などとロジカルに問う。女性なら、「体調が悪いの?」などといたわりを見せるとスムーズに話してもらえるケースが多くなります。


藤井孝一

自分が将来やりたいことをつらつらと考える時間というのを、一日のうちのどこかでとるべきだと私は思っています。ただし、夕方や夜は日中の様々な出来事に引っ張られて、思考がどうしても濁ります。いろいろな情報が頭に入っている分、現実的になりすぎて、発想が自由に広がりません。私は毎朝1時間ほど散歩をするのですが、いま進めている仕事の大半は、数年前に朝散歩をしながら「こんな仕事ができたらいいな」とイメージしていたことなんです。


出井伸之

マイナスの情報というのはどの会社でも入りにくいです。ですからマイナスの情報というか、第一情報(現場当事者からの直接の情報)がどういうふうに入るかというのは、会社としての健全性を表しているものと言えるのではないでしょうか。


和田博(ヴァリアント社長)

自分で時間を作り出さないと、ゴルフなんてやってられないんですよ。でも、だから逆に、仕事しない時間を作れているから、仕事ができるのかもしれない。


森谷弘史

昨年、北米で新型車の部品を生産する際にトラブルが起きました。仕入れ先の生産・納入遅れなど、現場の状況が本社に伝わっていなかったためです。原因を検証し、同様のトラブルを絶対に繰り返さないように対策を練っています。元来「仕事は楽しく」という考えですが、順調な時も、頭の中では最悪のシナリオと対処法を考えるべきだと痛感しました。


遠山正道

他人の真似ではプライドを持てませんし、自信を持って先に進めません。何か問題が起きた時には、他人に責任転嫁をしてしまいます。