名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

佐藤亮介(整理収納アドバイザー)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

佐藤亮介(整理収納アドバイザー)のプロフィール

佐藤亮介、さとう・りょうすけ。日本の整理収納アドバイザー。整理コンサルティング会社「ロハスカタス」代表。東洋大学社会学部卒業後、サラリーマン、フードコンサルタントなどを経て整理コンサルティングを開始。著書に『一生つかえる整理力が3週間で身につく本』。

佐藤亮介(整理収納アドバイザー)の名言 一覧

書類のほとんどはもともと、デジタルデータ。その元データを誰が管理しているか分かっていれば、再利用が可能なので紙の書類は捨てて構わない。判断に迷うものは「保管箱」に入れて管理し、一定の期間を過ぎても一度も使わなければ廃棄すればいいでしょう。


整理が苦手な人の悩みは、何から手をつけていいか分からないこと。そこで「デスクの上を片づける」など付箋に整理したい部分を書き出し、1日1つずつ5~10分程度を目安に取り組んでいく。付箋は並べずに重ねておくのがポイント。上から順番に課題をクリアすることで達成感が得られる。整理への苦手意識がなくなり、自然と整理が習慣化する。


佐藤亮介(整理収納アドバイザー)の経歴・略歴

佐藤亮介、さとう・りょうすけ。日本の整理収納アドバイザー。整理コンサルティング会社「ロハスカタス」代表。東洋大学社会学部卒業後、サラリーマン、フードコンサルタントなどを経て整理コンサルティングを開始。著書に『一生つかえる整理力が3週間で身につく本』。

他の記事も読んでみる

立石豊

一律に残業を減らす、というのは少々乱暴だと思います。お客様のご要望に応えるため、どうしても残業をしなくてはいけないこともある。ただダラダラと残業するのではなく、働くときは働き、休むときは休む。そのメリハリが重要だと思います。


遠藤功

日本は島国なのだから、無理に大陸的な発想にならなくてもいい。島国の良さを生かした個性にすればいいと思います。謙虚というのも個性。日本人であることを自分で選んだわけではありませんが、個性を最大化しつつ、外の世界をリスペクトしつつ、私たちは生きていくわけです。


徳光正子

父はよく「80パーセントの稼働でいい」とも言っていました。力をその程度に抑えておけば、あと20パーセントも余裕があります。でも目いっぱい力を出し切っていたら、これでもか、これでもかとやり続けなければなりません。


ロバート・キヨサキ

だいたい10件の投資をすると、そのうちの1~2件がホームラン、5~6件がプラスマイナスゼロ、2~3件は失敗といったところだ。損失については、そのときに自分が持っている「資金」と「時間」に応じてあらかじめ上限を決めていた。そのようにして、常にリスクを計算し、限定し、二度と立ち上がれないようなリスクはとらないように用心した。


ロバート・マートン

投資家は現実と向き合わなければならない。市場がもたらすものをコントロールすることはできず、付き合っていくしかない。


小笹芳央

視点が高すぎて評論家のようになっている部下には、目の前のことに集中して成果を出すことの大切さを伝えるべきです。


葛西紀明

「自分の夢」だけでは、続けられなかったはずです。「金メダル獲得」は、家族、会社の社員、ファンの方々の夢でもある。だから、私は努力し続けられます。


堀場雅夫

私はベンチャー育成機関の集まりなどによく招かれますが、半分は学者と役所の人で、本当にベンチャーをやってきたのは私くらいです。七転び八起きというけれど、ベンチャーは「一転びアウト」の怖さがある。そういう怖さを知ったうえで、ベンチャーの育成策を議論しなければなりません。


アンリ・ドゥ・キャストゥル

夢と価値観を共有することができれば、とても力強い何かを生み出すことができる。


松岡浩(経営者)

私は例えば、お客様が来社された時に笑顔で明るく挨拶をするとか、工場の床がピカピカできれいだなと感じるような心地良さのある会社を目指してきました。会社が磨かれれば、心も磨かれるということです。しかも、それをやらされるのではなくて、自発的に社員がやろうと思える環境をつくることが大事だと思っています。「やらされる掃除」から「やる掃除」に変えた時、苦しみが喜びに変わるのです。それが成長につながります。


唐鎌謙二

お客さまにうそをつくのは倫理的にダメ。また、相手をだましている自覚があると、手がける商品・サービスに自信が持てません。それはお客さまにも伝わり、結局、仕事が取れなくなる。


稲盛和夫

私が創業した京セラは、もともとは中小零細企業です。私は、社員が希望を持てる会社にしたいという一心でやってきました。それには何が大事かというと「思い」です。それも非常に強い思いが必要になる。