名言DB

9419 人 / 110788 名言

佐藤亮介(整理収納アドバイザー)の名言

twitter Facebook はてブ

佐藤亮介(整理収納アドバイザー)のプロフィール

佐藤亮介、さとう・りょうすけ。日本の整理収納アドバイザー。整理コンサルティング会社「ロハスカタス」代表。東洋大学社会学部卒業後、サラリーマン、フードコンサルタントなどを経て整理コンサルティングを開始。著書に『一生つかえる整理力が3週間で身につく本』。

佐藤亮介(整理収納アドバイザー)の名言 一覧

書類のほとんどはもともと、デジタルデータ。その元データを誰が管理しているか分かっていれば、再利用が可能なので紙の書類は捨てて構わない。判断に迷うものは「保管箱」に入れて管理し、一定の期間を過ぎても一度も使わなければ廃棄すればいいでしょう。


整理が苦手な人の悩みは、何から手をつけていいか分からないこと。そこで「デスクの上を片づける」など付箋に整理したい部分を書き出し、1日1つずつ5~10分程度を目安に取り組んでいく。付箋は並べずに重ねておくのがポイント。上から順番に課題をクリアすることで達成感が得られる。整理への苦手意識がなくなり、自然と整理が習慣化する。


佐藤亮介(整理収納アドバイザー)の経歴・略歴

佐藤亮介、さとう・りょうすけ。日本の整理収納アドバイザー。整理コンサルティング会社「ロハスカタス」代表。東洋大学社会学部卒業後、サラリーマン、フードコンサルタントなどを経て整理コンサルティングを開始。著書に『一生つかえる整理力が3週間で身につく本』。

他の記事も読んでみる

古森重隆

経営者の力だけでは転換はできません。笛を吹いても、付いてくる社員が踊らなかったら意味がない。踊らない社員を動かすのも経営者の仕事で、相当なパワーが必要。


浅野ヨシオ

断るときに本当の理由を伝えずに方便を使う人がいますけど、僕みたいなタイプがそれをやると、すぐバレてしまいます。傷つけたくないからといって事実を曲げて伝えると、事実がわかったときに余計相手を傷つけてしまいます。だから、たとえ嫌がられる理由であっても、事実を伝えた方がいいでしょう。もし悪影響が出そうなら、そのことへのケアを考えるべきです。


井筒和幸(映画監督)

たいしたことがないとか、面白かったとか、どちらにしても少ない言葉でズバッと言えるのは、その作品を吸収して咀嚼(そしゃく)しているということ。だから言葉に説得力が出て、人を納得させることができる。言葉巧みに語っているのに薄っぺらくて説得力のないやつがおるけど、そういう人は、これまで物事をきちんと受け止めて生きてこなかったんだろうな。


濵口道成

1939年、旧帝大の中でも最後に誕生した名古屋大学は、日本全国のほかの大学にいる多様な才能を集めながら発展してきた歴史があります。単に人を集めただけではなく、才能を引き上げてきた先輩や教授たちがいました。


枡野俊明

無心に物事に取り組み続けると、与えられた仕事や目標に対する「やらされ感」が薄まってきます。人はどうしても、与えられた仕事や目標に対して、「なぜ、私がこんなことを……」といった不満を抱きがちです。しかし、目の前の仕事に没頭することができれば、自分なりの試みを楽しんで行うことができるようになります。


吉越浩一郎

低迷する組織のリーダーは何がダメなのか。日本でよく見られるのが、調整型の判断しないリーダーです。複数の人から違った意見が出ると、なるべく誰も傷つけないよう判断を見送ったり、各意見を少しずつ採り入れたような玉虫色の結論を出す。でもそれでは組織の動きは大きく鈍ってしまいます。しかもダメなリーダーはたとえ判断しても、何か障壁があると、すぐやめてしまう。


内海哲也

試合のストレスはその日の夜に晴らします。あんまり考えるとドツボにハマるだけ。忘れることです。知り合いのマスター、友達にグチを聞いてもらう(笑)。そして次の登板はまっさらの状態で臨みます。


前田晃伸

寝る時間が不規則になるのは、仕事の都合もありますので仕方がないんですが、ただ、起きる時間を常に一定にしていれば、自分のペースが保てます。それに、朝4時に起きて1日過ごせば、絶対に眠くなりますから、寝付けないということがないんですね。僕は俗にいうB型の人間なんです。だから、自分のペースでものごとを進めたほうが調子がいい。


野口美佳

私が面接するのは幹部候補だけです。採用は基本的に各部署のリーダーに任せています。ただ、「好きな人」「気の合う人」を入れて、とだけは言っています。極端にいえば、「声が好き」「顔が好き」でもいいんです。履歴書を見て、学歴やこれまでの実績が優れていても、人柄がいまひとつだったり、相性がよくなかったら、一緒に働いたとき、上手くいかないでしょ。人を見る目に自信がない人にかぎって、履歴書やキャリアに頼ってしまう。それよりも、「この人いいな」と思った人を採用したほうが、職場は上手くいきます。


小笹芳央

信頼はどうやって築きあげるのか。それは「約束と実行」を繰り返すこと。