名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

佐藤亙(経営者)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

佐藤亙(経営者)のプロフィール

佐藤亙、さとう・わたる。日本の経営者。「フランクリン・コヴィー・ジャパン」副社長。モトローラ、マイクロソフト、SAPなどを経てフランクリン・コヴィー・ジャパンに入社。

佐藤亙(経営者)の名言 一覧

どんな価値観を持っていて、どんな動機で行動する人なのか。そこが見えてこないと全幅の信頼は置けない。逆に言えば、それを相手にしっかり伝えることができれば、信頼される確率はぐっと高まる。


人は「相手が信頼できる人間かどうか」を判断する時、相手の「能力」と「人格」を見る。


人を信頼する時は、自分の期待通りにいかないリスクも踏まえた「スマート・トラスト(賢い信頼)」でなければうまくいきません。人のことは基本的に信じた方がいいですが、そこには信じるだけの根拠が必要です。


佐藤亙(経営者)の経歴・略歴

佐藤亙、さとう・わたる。日本の経営者。「フランクリン・コヴィー・ジャパン」副社長。モトローラ、マイクロソフト、SAPなどを経てフランクリン・コヴィー・ジャパンに入社。

他の記事も読んでみる

島正博

創造性は顧客を思いやる心からも生まれる。そうした心の部分がこれから一番大切になる。


ジャック・マー(馬雲)

創業直後に「お客様が第1、従業員が第2、株主が第3」という経営方針を決め、頑なに守り続けてきました。アリババに誰がいくら投資していようが、事業が困難に直面しようが、大成功しようが、中小企業のお客様が最優先という方針を曲げたことは一度もありません。


六角精児

僕は俳優として、人から見てもらえない時期が長かったから、「見てくれ」と出てしまうところがあった。やっと、そういう気持ちが別のものに変化してきた。そう考えると、人はいくつになっても経験に応じて変わっていくことができるんでしょうね。


太田雄貴

ケガが治らなかったり、結果が伴わなかったりするときは、努力すれば成長が見えやすいものを探せばいい。


坂本光司

私たちの分析によれば、高業績企業の社員のモチベーションが必ずしも高いわけではありません。一方で、社員のモチベーションが高い企業について調べると、しっかりと継続的に利益を出している。ここには明確な相関関係がありました。やはり、経営者がまず追求すべきは、売り上げや利益ではなく、社員の働きやすさや満足度なのです。


堀紘一(コンサルタント)

私の会社に入社してくる人たちは、能力的には非常に優秀です。ところが、困った問題がひとつあります。それは、夜遅くまでオフィスに残って仕事をする人間が多いこと。私はいつも、「こんな時間まで会社に残っていたら、視野の狭い人間になるぞ」と忠告しています。会社の外にはさまざまな価値観や経験を持つ人たちがいるのだから、交流する機会を積極的に作れば、新しい学びを得ることができる。なのに、君たちみたいに机にかじりついていたら、幅の狭い人間になってしまうよ、と言っているのです。


三谷宏治

思考法は技術です。練習を積まなくては決して身につきません。


宮田拓弥

日本のCVC(コーポレートベンチャーキャピタル)は、シリコンバレーに来ても日本人がいるところばかりにいってしまう。しかし、トップクラスの起業家には、なかなかそこで出会うことはできません。本当に優秀な起業家と出会いたければ、日本人がいないところにいかないと駄目。


星野佳路

再建先のスタッフが変わるきっかけのひとつはスタッフの誰かが「キレる」ことです。一緒に施設の再生に取り組んできた人が、あるとき会議の場で「この会社はひどいじゃないか!こんなやり方では絶対に駄目だと思う」と叫びだす。すると堰を切ったように他のスタッフも自分の意見を口にし始める。そして議論が進んでいくのだが、反対意見を言ったからといって咎められるわけではないことに気づく。むしろ言いたいことを言えば風通しがよくなり、自分たちの参加者意識が芽生えるということにメンバー全員が気付き始める。


盛田昭夫

競争が激しくなればなるほど、企業体の持つ力というものを最高度に発揮しなければならない。そのようなとき、アベレージ(平均)が大事だからといって組織を決めて、人間を平均値で見るということで、はたして企業体のマキシマム(最大限)の力が得られるかどうか。仕事ができる人には力のある仕事を与える。力の落ちた者には力の落ちた仕事を与える。そういうものに合わせていかないと、アウトプット(出力)はマキシマムに出てこない。


勝間和代

リーダーの役割は、「こういうゴールを達成したい」という目標を提示するとともに、生じている不都合や軋みを、少しずつ直していくこと。


阿部観

得られたチャンスを最大限に活かすためには必死にならないといけない。