名言DB

9429 人 / 110879 名言

佐藤亙(経営者)の名言

twitter Facebook はてブ

佐藤亙(経営者)のプロフィール

佐藤亙、さとう・わたる。日本の経営者。「フランクリン・コヴィー・ジャパン」副社長。モトローラ、マイクロソフト、SAPなどを経てフランクリン・コヴィー・ジャパンに入社。

佐藤亙(経営者)の名言 一覧

どんな価値観を持っていて、どんな動機で行動する人なのか。そこが見えてこないと全幅の信頼は置けない。逆に言えば、それを相手にしっかり伝えることができれば、信頼される確率はぐっと高まる。


人は「相手が信頼できる人間かどうか」を判断する時、相手の「能力」と「人格」を見る。


人を信頼する時は、自分の期待通りにいかないリスクも踏まえた「スマート・トラスト(賢い信頼)」でなければうまくいきません。人のことは基本的に信じた方がいいですが、そこには信じるだけの根拠が必要です。


佐藤亙(経営者)の経歴・略歴

佐藤亙、さとう・わたる。日本の経営者。「フランクリン・コヴィー・ジャパン」副社長。モトローラ、マイクロソフト、SAPなどを経てフランクリン・コヴィー・ジャパンに入社。

他の記事も読んでみる

高橋滋

世の中には、公平ではないからスペシャル(個別客への特別な対応)はノーとする考え方もあるでしょう。でも、お客様にはお誕生日や結婚記念日など、一年に何回か特別な日があります。その特別な日にいらいらしたお客様に感動して帰っていただかなくて、何がサービス業でしょうか?


神田有宏

デジタル化の時代にもかかわらず、アナログなDMに依存しているようでは、マーケティングの基礎となるデータは作れない。


本庄正則

加点主義をモットーに、前向きの失敗であれば一切処罰しないし、降格もしない。


ガー・レイノルズ

外資系の某化粧品会社で、新商品のメッセージについてディスカッションが行われました。「この技術が肌をきれいに見せる」「保湿効果が何%アップ」など、アピールしたい点がいろいろあり、まとまりません。ところが誰かが「これは働くお母さんの一日を楽にしてあげる商品だ」というと、みんなが納得してパッと方向性が定まりました。機能を並べるより、「働くお母さんが抱える悩みがこの商品によって解決される」というストーリーのほうがわかりやすく、訴求力があるのです。


オグ・マンディーノ

今夜あなたが永遠に召されると想像してみなさい。今、涙を流しなさい。流せるうちに。あなたが先週、そして先々週、家族に一緒に過ごそうと約束して果たせなかった団欒の日のために。あなたがいつも黄金を探すのに忙しすぎて楽しむことのなかった愛と笑い声に満ちたその一日のために。今、あなたの家族はあなたがもたらした黄金に恵まれている。それは事実だ。だがその黄金のすべてをもってしても、彼らはあなたの束の間の微笑みすら買うことはできないのだ。今、涙を流しなさい。あなたの心臓がまだ動いているうちに。再びその香りをかぐことのない花々のために。再び行うことのない善行のために。再び訪ねることのない母親のために。再び聞くことのない音楽のために。再び癒すことのできない痛みのために。完成させることのできない仕事のために。そして、実現できない夢のために。


松本晃(経営者)

ダイバーシティなしに会社は成長しませんし、特定の人たちだけで、ビジネスのゲームはできません。例えば、昔、読売ジャイアンツは純血主義で日本人選手だけでやっていましたが、今そんなことをやっていたら絶対に勝てない。同じことは会社にも言えます。そうなると今、一番活用できていないのは女性、次に外国人、障がいを持つ人。それ以外にもあらゆる人たちを戦力にしていかないとこれからは勝てません。


上杉謙信

天の時、地の利に叶い、人の和ともに整いたる大将というは和漢両朝上古にも聞こえず、末代あるべしとも覚えず。


徳重徹

20代の社員にそこまで任せて大丈夫かとよく聞かれるけれど、あのソニーだって欧米で事業を立ち上げた1960年代を担ったのはみな20代でした。ところが、今の時代にもっとも優秀だとされる学生は、ほぼ全員が大企業に入ってしまっているんですね。大手の商社や銀行などで必要とされる「優秀な人材」はせいぜい1割か2割。8割以上の社員が本来は非常に優秀でありながら、その能力を活かせない仕事をしている。僕らのような企業がもっとたくさんあれば、その現状を変えることができるはずです。


小出伸一

日本法人のトップを引き受ける条件の一つとして提示したのが、日本法人の権限強化です。日本市場でさらなる成長を遂げたいなら、こちらの市場状況に合わせて迅速に意思決定できるようにしてもらいたかった。例えば、日本でのデータセンター投資や営業やエンジニアの採用など、いちいち米国にお伺いをたてていたら競合に負けてしまいます。米国本社以外で「会長兼CEO」という肩書ができたのは、セールスフォースとしては日本法人が初めてです。


河野英太郎

仕事の途中経過を確認しているにもかかわらず、部下の仕事がはかどらない場合は、仕事の目的がきちんと伝わっていない可能性があります。なぜ、その仕事をしなければならないのか。全体のプロジェクトの中で、どんな役割を担っているのか。このところを理解してもらっていないと、部下は腑に落ちないまま仕事をやらされていることになり、重要ではない仕事に時間をかけてしまったりするので気をつけましょう。