名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

佐藤亙(経営者)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

佐藤亙(経営者)のプロフィール

佐藤亙、さとう・わたる。日本の経営者。「フランクリン・コヴィー・ジャパン」副社長。モトローラ、マイクロソフト、SAPなどを経てフランクリン・コヴィー・ジャパンに入社。

佐藤亙(経営者)の名言 一覧

どんな価値観を持っていて、どんな動機で行動する人なのか。そこが見えてこないと全幅の信頼は置けない。逆に言えば、それを相手にしっかり伝えることができれば、信頼される確率はぐっと高まる。


人は「相手が信頼できる人間かどうか」を判断する時、相手の「能力」と「人格」を見る。


人を信頼する時は、自分の期待通りにいかないリスクも踏まえた「スマート・トラスト(賢い信頼)」でなければうまくいきません。人のことは基本的に信じた方がいいですが、そこには信じるだけの根拠が必要です。


佐藤亙(経営者)の経歴・略歴

佐藤亙、さとう・わたる。日本の経営者。「フランクリン・コヴィー・ジャパン」副社長。モトローラ、マイクロソフト、SAPなどを経てフランクリン・コヴィー・ジャパンに入社。

他の記事も読んでみる

大島さくら子

ビジネス英語で大切なことはまずは語彙をどんどんインプットすること。インプットなくしてアウトプットはありません。一般的に日本人はリスニングが苦手と言われていますが、多くの場合、その原因は語彙力の不足。知らない単語は何回聴いても聴こえてくることはありません。逆に言えば、語彙を増やしリーディング力を鍛えることでリスニング力を効率的に伸ばすことができるのです。


山内雅喜

じつは思いつきでやったことは、結構失敗しているのです。たくさんありますよ。伝言ファクスとか……。成功したアイデアの出発点になるのは、つねに顧客接点です。セールスドライバーは日々お客様のクレームや不満をうかがうわけですが、クレームや不満はひっくり返せばお客様の要望であり、お客様のニーズの変化であり、いわば「顕在化しつつある潜在的なニーズ」です。これを丁寧に吸い上げて新しいサービスにつなげていく。これが、ヤマトの伝統的なビジネスモデルなのです。


細田治(経営者)

自分の代だけ良ければいい。そんなやり方で、ずっとおいしいと言っていただけるものは作れません。


周防正行

後進を育てたいという思いはありません。仕事の中で出会った人に、いろいろなことを伝えてはいますが、後進を育てるなんておこがましいことは考えてもいません。たまに僕のところにも弟子にしてくださいという若い人が来るけど、そういう人には「自分が一番好きな映画を分析したほうがいいですよ」と言います。あるいは、いまの仕事を通して自分にしか見えない世界をシナリオに書いてみたらとか。僕自身、もっとも勉強になったのは小津安二郎の映画だし、その気になればあらゆるものから学べるはずです。


川村元気

「皆がうすうす思ってはいたけれど、明確に意識していなかった」、そんな感覚を切り取って示すことで、驚きと共感を喚起できる。


田母神俊雄

組織の細部まで全部自分で掌握するのは無理です。私の経験から言うと、直接掌握できる部下はせいぜい10人まで。それ以上は、その10人の部下が、さらにその部下に10人の部下を掌握してもらい……というかたちにしないといけない。つまり、部下に任せることです。


梶村尚史

脳内の視床下部にある「視交叉上核(しこうさじょうかく)」というところに位置する体内時計は、睡眠だけでなく、体温の変動やホルモン分泌のリズムも司っています。夜更かしをしたり休日に寝坊したりすると、睡眠リズムと他のリズムが同調しなくなり、身体全体のリズムが狂ってしまいます。同じ睡眠時間を取っていても、リズムがずれると睡眠の質が下がり、より多くの睡眠時間が必要になることが実験でわかっています。


原田泳幸

部下が「9.8%」という数字(売上)を持ってきたら、僕は「意地でも10%をつくってこい」と言います。社員が諦めてしまっていたり、冷めているときには僕は熱くなってハッパをかける。でも逆に、社員たちが浮足立っているようなときには、冷静にロジック(論理)で示すんです。情熱には冷静を、冷静には情熱を。


赤羽雄二

狙った分野の情報を日頃から迅速に集め、理解を深めておくことも、好循環を生み出すための基本的な心がけの1つです。具体的には、「グーグルアラート」に注目するテーマに関する単語を数多く登録して、情報を徹底的に収集できる態勢を作っておきます。また、関連分野の最新情報を得るために、講演会や勉強会に参加したりして、新たなテーマを短期間で学ぶことも好循環につながりやすい布石です。専門家と知り合う機会にもなるでしょう。


安藤忠雄

建築が他の芸術と違うのは、いつも相手がいるものですから対話をしなくてはいけないのです。その対話の中で我々の考えと依頼主の考えていることがずれると思うんです。しかし、ずれるけれども話し合いで解決できるので妥協ではないと思うんですね。だから話し合いはするけれども、妥協はしたくない。


フランソワ・ケネー

富が農業の大きな原動力であり、よい耕作のためには多くの富が必要だ。農村は国家の真実の富の源泉である。農民貧しければ、王もまた貧しい。


中澤優子(経営者)

店頭でも、機種の特徴を一言で説明しないと売れません。あれこれ説明する時間はないし、お客さんも細かい説明を求めていない。プレゼンも同じだと思います。