名言DB

9419 人 / 110788 名言

佐藤一郎(コンサルタント)の名言

twitter Facebook はてブ

佐藤一郎(コンサルタント)のプロフィール

佐藤一郎、さとう・いちろう。日本の経営者、金融コンサルタント。東京都出身。東京外語大学卒業後、協和銀行(のちの、あさひ銀行、りそな銀行)に入行。同行の南阿佐谷、青戸の支店長を務めたのち、KPMGフィナンシャルに移籍。その後独立し、金融コンサルティング会社オフィス・ブルードアを創業。主な著書に「元銀行支店長が教える銀行の急所」など。

佐藤一郎(コンサルタント)の名言 一覧

価格交渉において、大幅に値切って相手を完膚なきまでに叩きのめすことは、本当の勝ちではないと思います。今後も仕事を一緒にする相手だとすれば、少しでも相手のメリットを残して交渉を終えた方がいい。とくに若手が相手の場合、120%の勝利より、101%の勝利が、長い目で見ると価値を持つのではと思います。


あらかじめ社内でネゴ(対話)を済ませておき、落としどころを決めておけばいいんです。そうすれば、ギリギリの条件を提示されたときにも「上に話しても通りません」と強く断ることができます。どこまで引いても大丈夫か理解しておく必要があります。相撲に例えれば、土俵際を知れということです。


交渉が意味もなく長引く場合には、落としどころが見えていないことが多いのです。


私も買ったんですよ。という一言は、セールストークとして何よりもインパクトがあります。何よりも自分自身で買った商品は、自信を持って勧めることができます。
【覚書き|銀行の営業マン時代に自社の金融商品を自腹で買っていたことについてのコメント】


最初から価格交渉をはじめてしまうセールスマンは、その商品の「売り」を知らないからなんです。他社の製品とはどこが違うのか。何が良いのか、買い手のニーズに合わせて説明できれば、価格の話で終始せずに済むのです。


交渉の先に何があるのか。相手がその商品で何がしたいのか。そこを知ろうとすることが、交渉のテーマを別次元に移す糸口になるんです。


価格というのは交渉の一つの切り口でしかありません。値引き以外にどんなメリットを提供できるのかを伝えられれば、交渉を価格とは別次元に移すことができます。


価格交渉は、最も避けなければならない泥沼の局地戦です。そこから離れて交渉を進めるのが理想です。


担当者が話をはぐらかして、交渉が長引くようであれば、「何が決め手になりますか?」と聞いてみるといいと思います。


佐藤一郎(コンサルタント)の経歴・略歴

佐藤一郎、さとう・いちろう。日本の経営者、金融コンサルタント。東京都出身。東京外語大学卒業後、協和銀行(のちの、あさひ銀行、りそな銀行)に入行。同行の南阿佐谷、青戸の支店長を務めたのち、KPMGフィナンシャルに移籍。その後独立し、金融コンサルティング会社オフィス・ブルードアを創業。主な著書に「元銀行支店長が教える銀行の急所」など。

他の記事も読んでみる

小林一三

新しい仕事をするときは人に知ってもらうことが何より大切なことだ。いくら先見あるアイデアでも、人に知ってもらわないとその価値を発揮することはできない。だが並のやり方だと広く人に知ってもらうことはできない。


マザー・テレサ

平和も戦争も家庭から始まります。もし本当に世界平和を願っているなら、まず自分の家が相互に愛し合うことから始めていきましょう。もし、喜びを広げていきたいなら、まず、ひとつひとつの家族が喜びをもって生活することが必要なのです。


本多忠勝

思量(思慮)なき人も、思量ある人もともに功名を上げる。思量ある人の功名は士卒を下知(指揮)し、大なる功名を遂げるものなり。


尾賀真城

3位のサントリーの好調さは肌で感じていますが、ライバルに対して変に気負わないほうがいいでしょう。ただ、シェアは顧客の支持の表れです。狭いエリア、小規模の商品でナンバーワンを取ることから始めます。


笠井伸啓

ローデ・シュワルツは未上場のプライベート・カンパニーです。「投資する余裕があるなら配当に回せ」という株主や、短期的な業績だけを見て「リストラせよ」という株主はいません。研究開発を含む投資を長期的に確保し、お客様にとって価値のある製品を継続的に生み出し続けられる会社であるというのは、当社を選んでいただくうえでの大きな理由になると考えています。


鍵山秀三郎

たとえば、伊勢神宮参りでは、内宮に行く前、宇治橋を渡るだけでもう清涼な雰囲気を感じて、伊勢神宮に来たという気持ちになる。学校でもきちっとした学校は、近くに行っただけでいい学校だと分かります。人間の心は見ているものに似ていく。だからこそ、よい会社の雰囲気をつくっていれば、社員の心情はおのずと安らぎ、正しい仕事につながっていく。これが私の信念なのです。


笹野和泉

シャネルで学んだ一番大切なことは、「細部にこだわる」ことです。物事を突き詰めていくと、ある程度から先は、もうAでもBでもいいじゃないか、となってくる。しかしそこで妥協せず、あくまでもAとBの違いを見極め、こだわってベストなものを創り出すことが大切です。そのこだわりが付加価値を生みます。


金田一秀穂

僕は「言葉は道具」という意識を持つことを勧めています。道具なんだから、どうせなら、自分にとっていい結果が出るように使いましょう。自分自身を鼓舞したい時は「俺はできる」と口にしたり、やたらと「疲れた」と言わないように気をつける、とかね。


関文彦

ダイニングテーブルも、食卓を囲む機能だけなら付加価値を高めるといっても限界があります。工業製品になってしまい、勝負はいかにコストダウンするかになり、顧客からの評価軸も値段だけになってしまう。でも、工芸製品ならどうでしょう。それぞれの商品にストーリーを持たせ、購買意欲をそそっていく。車と同じで嗜好の世界になれば、高額でもお客様は買ってくれる。「テーブルに1億円払ってもへっちゃら」というお客様は海外にたくさんいます。そのための努力は、メーカーが生き残るための絶対条件です。


宇佐美典也

経産省を辞めたのは、一度自分も積み上げてみたいと思ったから。なんですが、肩書きを捨てたら地獄でした。半年は役人時代のご縁で仕事を振ってもらえましたが、貯金が1000円を切ったことも。その縁も途絶えた時のことは忘れられません。人生が崩れていく感じ。足もとがグラグラして新橋から東京駅まで歩くのに4時間もかかった。でも覚悟が決まったのもその時です。自分の力で新しい人脈、新しい仕事を作るしかないと腹をくくった。