名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

佐藤一郎(コンサルタント)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

佐藤一郎(コンサルタント)のプロフィール

佐藤一郎、さとう・いちろう。日本の経営者、金融コンサルタント。東京都出身。東京外語大学卒業後、協和銀行(のちの、あさひ銀行、りそな銀行)に入行。同行の南阿佐谷、青戸の支店長を務めたのち、KPMGフィナンシャルに移籍。その後独立し、金融コンサルティング会社オフィス・ブルードアを創業。主な著書に「元銀行支店長が教える銀行の急所」など。

佐藤一郎(コンサルタント)の名言 一覧

価格交渉において、大幅に値切って相手を完膚なきまでに叩きのめすことは、本当の勝ちではないと思います。今後も仕事を一緒にする相手だとすれば、少しでも相手のメリットを残して交渉を終えた方がいい。とくに若手が相手の場合、120%の勝利より、101%の勝利が、長い目で見ると価値を持つのではと思います。


あらかじめ社内でネゴ(対話)を済ませておき、落としどころを決めておけばいいんです。そうすれば、ギリギリの条件を提示されたときにも「上に話しても通りません」と強く断ることができます。どこまで引いても大丈夫か理解しておく必要があります。相撲に例えれば、土俵際を知れということです。


交渉が意味もなく長引く場合には、落としどころが見えていないことが多いのです。


私も買ったんですよ。という一言は、セールストークとして何よりもインパクトがあります。何よりも自分自身で買った商品は、自信を持って勧めることができます。
【覚書き|銀行の営業マン時代に自社の金融商品を自腹で買っていたことについてのコメント】


最初から価格交渉をはじめてしまうセールスマンは、その商品の「売り」を知らないからなんです。他社の製品とはどこが違うのか。何が良いのか、買い手のニーズに合わせて説明できれば、価格の話で終始せずに済むのです。


交渉の先に何があるのか。相手がその商品で何がしたいのか。そこを知ろうとすることが、交渉のテーマを別次元に移す糸口になるんです。


価格というのは交渉の一つの切り口でしかありません。値引き以外にどんなメリットを提供できるのかを伝えられれば、交渉を価格とは別次元に移すことができます。


価格交渉は、最も避けなければならない泥沼の局地戦です。そこから離れて交渉を進めるのが理想です。


担当者が話をはぐらかして、交渉が長引くようであれば、「何が決め手になりますか?」と聞いてみるといいと思います。


佐藤一郎(コンサルタント)の経歴・略歴

佐藤一郎、さとう・いちろう。日本の経営者、金融コンサルタント。東京都出身。東京外語大学卒業後、協和銀行(のちの、あさひ銀行、りそな銀行)に入行。同行の南阿佐谷、青戸の支店長を務めたのち、KPMGフィナンシャルに移籍。その後独立し、金融コンサルティング会社オフィス・ブルードアを創業。主な著書に「元銀行支店長が教える銀行の急所」など。

他の記事も読んでみる

張本邦雄

仕事を頑張るだけではなく、プライベートでは発散の場はつくったほうがいい。私は上司に恵まれて、新入社員のころから毎日のように飲みにつれていってもらったのがよかった。部下ができてからも、「ここからはオフだよ」と宣言して、仕事の話は禁止のフラットな飲み会を続けてきました。社長になってからは、社員と飲む機会も以前よりは減ってしまったので、いまは家庭で過ごす時間が貴重なオフになっています。「家庭とはこんなにありがたいものだったのか」と感じる日々です。


小川洋子

『ことり』という作品を書くとき、烏の専門家の先生に取材して、自然界の歌の歴史のお話を聞き、突然ミュージカルに目覚めました(笑)。歌ならではの感動やさみしさの表現がある、女性ホルモンをかき立てられるような興奮もある(笑)。人は自分以外のものに愛情を注ぐことが必要なんだってミュージカルに触れることで実感できました。それに比べて小説は不自由だし困難だし、常に欠落や空白を抱えている、だからこそ書く意味があるのだと思います。


山岡鉄舟

金を積んでもって子孫に遺す。子孫いまだ必ずしも守らず。
書を積んでもって子孫に遺す。子孫いまだ必ずしも読まず。
陰徳を冥々の中に積むにしかず。もって子孫長久の計となす。


髙橋ツトム(高橋ツトム)

思わぬことが起こると面白いんですよ。「え、こんな風になるんだ」みたいな、自分で驚けるっていうね。不確かなところを生んで、それも楽しんじゃう。そうしなかったら飽きるで。


中島輝

デスクまわりに自分が癒やされる家族や趣味の写真などを貼ってみましょう。常に目にする場所に癒される物があれば、それらを見るたびに快の気持ちがアップします。


佐々木正悟

同じ作業を朝・昼・晩と1日のいろいろな時間帯でやってみたことがあります。その結果、朝は1時間で終わった仕事が昼には1時間15分、夜は1時間30分かかりました。私は朝それほど強いわけではありませんが、それでも時間が遅くなるにつれ、25%ずつ作業時間が長くなっていきました。


村井美月

紙に書き出さなければアイデアは出てこないと思って、どんどん書くことをお勧めします。日ごろからアイデアノートをつけていれば、いざ明日は企画会議だ、という場合も、もう慌てることはなくなるはずです。


坂口英治(経営者)

外様の社長にとって、コミュニケーションしやすいのはありがたい。

【覚え書き|社長も席を固定しないフリーアドレス制を導入していることについて】


小松易

片づけの苦手な人は、目の前にモノが散らかっているのを見て初めて「片づけなきゃ」と思います。じつは、片づけなきゃと思うときにはもう散らかっているので、その前段階として散らかさないことが大事なのですが、そういう考え方ができない。片づけるという対処療法だけではなくて、片付いた状態を保つための予防が必要なのです。


森下一喜

仕事を楽しむために心がけていることは「悩まない」こと。新作ゲームの売れ行きが悪くても、何かトラブルがあっても、考え過ぎないようにしています。これは、かつて、必要以上に悩み過ぎて、身体を壊した経験があるからです。


山崎将志

勉強はするけど、実践しない人が、最も残念な人。その勉強は何のためにやっているのか。そこを「具体的に」考えずに、本来の仕事以外の勉強に力を入れすぎている人をよく見る。


桑原祐

ロジカルシンキングで正しく問題を設定できたとしても、ビジネスに「絶対の正解」がないことは言うまでもありません。問題は正しくても、それに対する打ち手が正しいかどうかは、究極的にはやってみないとわかりません。だから、誰でも判断をする際には不安になります。だからといって、いつまでも考え込んでいるわけにはいきません。どこかで腹を括る必要があります。