名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

佐藤一斎の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

佐藤一斎のプロフィール

佐藤一斎、さとう・いっさい。19世紀、美濃国岩村藩出身の儒学者。江戸幕府直轄の教学機関昌平坂学問所で学び、のちに塾長を務めた。朱子学だけでなく陽明学にも明るく、儒学の大成者として『朱子陰王』と呼ばれ尊敬された。佐久間象山、渡辺崋山など幕末に活躍した知識人を多数育てた。時間に厳しく、いつも時計を携帯していたことでも有名

佐藤一斎の名言 一覧

一灯をさげて暗夜を行く。暗夜を憂うなかれ、一灯を頼め。


少年のときはまさに老成の工夫を著すべし、老成のときはまさに少年の志気を存すべし。


富人を羨むなかれ。彼がいまの富、いずくんぞ知らんその後の貧を招かざることを。貧人を侮るなかれ、彼がいまの貧、いずくんぞ知らんその後の富を胎せざることを。
【意訳|金持ちを羨んではいけない。いまは金持ちかもしれないが、将来没落し貧しくなるかもしれない。貧しい人を侮ってはいけない。いまは貧乏かもしれないが、将来財産を築くかもしれないのだから】


春風をもって人に接し、秋霜をもって自ら慎む。
【意訳:春風のようにさわやかに温かく他人に接し、自分には秋の霜のように厳しく慎みの心を持つ】


少にして学べば、壮にして成すあり。壮にして学べば、老いて衰えず。老いて学べば、死して朽ちず。
【意訳:若いころから学べば、壮年になって大きなことをなし遂げることができる。壮年になってから学べば、年老いても衰えることなく活発に生きることができる。年老いてから学べば、死んだとしても不朽の評価が得られる】


佐藤一斎の経歴・略歴

佐藤一斎、さとう・いっさい。19世紀、美濃国岩村藩出身の儒学者。江戸幕府直轄の教学機関昌平坂学問所で学び、のちに塾長を務めた。朱子学だけでなく陽明学にも明るく、儒学の大成者として『朱子陰王』と呼ばれ尊敬された。佐久間象山、渡辺崋山など幕末に活躍した知識人を多数育てた。時間に厳しく、いつも時計を携帯していたことでも有名

他の記事も読んでみる

定国直樹

ピンタレストは、気に入った画像をどんどん集めていくことで、自分を知って行動に移すことができる。いわば、ユーザーの「発見」と「実現」をサポートするためのツール。


山下俊彦

仕事を任せると、皆やりますよ。そして、それができれば、当人にとっても感激が湧きますし、自信と実力が付いてきますから。


森下篤史

明日の午前5時よりビラまきをする事にした。当日、朝から大雨が降っていても、自転車に乗って30分かけて、びしょ濡れになってでも出社してくることが「お任せ下さい」の原点である。決して携帯電話で「今日はどうしましょうか」などと聞いてくるな。「ばか者!」


福島良典

人間の能力にはそんなに差がないので、結局、どれだけ好きなことに没頭して時間をかけられるかが、最終的な結果の差になる。そういう意味で、暇な人が起業に向いている。


金子源

1人で入りやすい店を作りたかった、というのが一番の理由です。私は高校卒業後、自衛隊に入隊したのですが、訓練が終わると特にすることもないため、よく飲み歩いていました。しかし、当時は総合居酒屋全盛の時代で、一人で気軽に入れるお店を探すのにいつも苦労していました。地元の個人店にしても、常連客で賑わっていて入り込む余地はほとんどありませんでした。こうした当時の体験から、一見さんでも入りやすい業態を追求した結果、「立ち呑み」という業態に行きついたというわけです。


泉谷直木

相手に心を開いてもらうには、まず安心感を与えなければならない。そして、途中で態度を豹変させてはいけない。この人とは相性が合う、この人の話に共感する、と思われなければ本音は出てこない。


西山昭彦

声をかけられるのを待つより、自分から声をかけましょう。たとえば、セミナーなどで隣り合わせた人には、こちらから話しかける。小さな勇気を積み重ねることが大切。


ジェイ・コンラッド・レビンソン

人々を「完全なる無関心」つまり、あなたのことをまったく知らない状態から、今すぐ買いたいという気持ちにさせるには、あなたのメッセージが人々の心に9回浸透しなければならないということだ。あなたが送るメッセージの3回につき2回は、人々は注意を払っていない。


押井守

僕が言いたいのは、仕事であれ、恋愛であれ、どんどん失敗せよということだ。そして失敗をしたら、敗因をきちんと分析することだ。二度と同じ過ちは犯さないようにする。それでも次の勝負には、違う敗因で負けるかもしれない。その次も、また違う理由で負けるかもしれない。だが、何連敗、何十連敗してもいいではないか。何度も負けても、勝負を続ける限り、いつかきっと一勝できる日はやってくる。


小林健(三菱商事)

グループ全体を考えたとき、「会社」はひとつの「社会」だ。株主などステークホルダー(利害関係者)に配当や株価で報いることももちろん大事だが、原点は従業員がよりよい社会の中で、自分を100%発揮すること。そのためには市況の良いときも悪いときも、新入社員から経営幹部まで、人の扱いの公平性を保てるかを重視する。


住本雄一郎

私はグループ会社のソニー生命保険で長らく代理店営業を担当してきました。いわゆる「生保レディー」や「ライフプランナー」が販売するものだった生命保険を、独立した代理店などの新しいチャネルでも売るようにする改革を自分の手で進めてきたのです。銀行業界もIT(情報技術)を生かしたスタートアップの参入が相次ぎ、大きく変わる時代を迎えています。私は銀行でも、新しい販売チャネルの構築を進めていきます。


迫本淳一

国際化が進めば進むほど、日本人として日本文化を知っていなければいけません。その意味で、日本の文化が見直されていることがあると思います。それから日本文化は西洋のロジックの文化と質的に違います。「間(ま)の文化」「余白の文化」など、論理を超えたものをアピールできる時代になっているのではないでしょうか。