名言DB

9429 人 / 110879 名言

佐藤一斎の名言

twitter Facebook はてブ

佐藤一斎のプロフィール

佐藤一斎、さとう・いっさい。19世紀、美濃国岩村藩出身の儒学者。江戸幕府直轄の教学機関昌平坂学問所で学び、のちに塾長を務めた。朱子学だけでなく陽明学にも明るく、儒学の大成者として『朱子陰王』と呼ばれ尊敬された。佐久間象山、渡辺崋山など幕末に活躍した知識人を多数育てた。時間に厳しく、いつも時計を携帯していたことでも有名

佐藤一斎の名言 一覧

一灯をさげて暗夜を行く。暗夜を憂うなかれ、一灯を頼め。


少年のときはまさに老成の工夫を著すべし、老成のときはまさに少年の志気を存すべし。


富人を羨むなかれ。彼がいまの富、いずくんぞ知らんその後の貧を招かざることを。貧人を侮るなかれ、彼がいまの貧、いずくんぞ知らんその後の富を胎せざることを。
【意訳|金持ちを羨んではいけない。いまは金持ちかもしれないが、将来没落し貧しくなるかもしれない。貧しい人を侮ってはいけない。いまは貧乏かもしれないが、将来財産を築くかもしれないのだから】


春風をもって人に接し、秋霜をもって自ら慎む。
【意訳:春風のようにさわやかに温かく他人に接し、自分には秋の霜のように厳しく慎みの心を持つ】


少にして学べば、壮にして成すあり。壮にして学べば、老いて衰えず。老いて学べば、死して朽ちず。
【意訳:若いころから学べば、壮年になって大きなことをなし遂げることができる。壮年になってから学べば、年老いても衰えることなく活発に生きることができる。年老いてから学べば、死んだとしても不朽の評価が得られる】


佐藤一斎の経歴・略歴

佐藤一斎、さとう・いっさい。19世紀、美濃国岩村藩出身の儒学者。江戸幕府直轄の教学機関昌平坂学問所で学び、のちに塾長を務めた。朱子学だけでなく陽明学にも明るく、儒学の大成者として『朱子陰王』と呼ばれ尊敬された。佐久間象山、渡辺崋山など幕末に活躍した知識人を多数育てた。時間に厳しく、いつも時計を携帯していたことでも有名

他の記事も読んでみる

小林陽太郎

素心深考。その文字が表わす通り、素直な心で、しっかり考えるという意味です。とにかく考える前に早く行動しろといったことが尊ばれる現代だからこそ、あえて時間をかけて思慮することを大切にしたい。そのためには、心のありようが素直なことが不可欠なのです。


鵜澤静

新規事業を行なっていくにも、事業性を見極めることが非常にむずかしい。我々も「時代の要請に応える」という言い方をよくするが、商品投入のタイミングが早すぎるとマーケットがなく、反対にわずかでも遅れたら、勝負は負けである。


小林昌裕

不動産投資を始めるにあたり、ある程度の基礎知識は必要です。最近もあるシェアハウス投資会社が破綻し、多くの人が被害を受けたというニュースが流れました。被害者の方はお気の毒ですが、こうした被害に遭われる方の多くは「業者の言いなり」で、あまり学習していないというのが私の印象です。逆に言えば、ある程度の知識を身につけておけば、こうしたリスクを回避することは十分に可能です。


肥後克広

本当に人に恵まれてここまできたというのが実感です。20代は「お笑いウルトラクイズ」で世界の北野演出でブレイクさせてもらい、30代後半には志村けんさんが「最近、ダチョウはリアクション芸はやるけど、コントっぽいのをやってないからバカ殿、やってみるか」と呼んでくださって……。


内藤誼人

営業中のサボりや、アポイント時間に数分遅刻したなど、小さなミス・失点ほど「本当に申し訳ございません」と大きく謝ることが大事なんです。そのことで、折り目正しく対処ができる人間だと評価されるとともに、上司との人間関係も良好に保てるのです。


重光武雄(辛格浩)

基本を忘れるな。非常に簡単な言葉だがこの一言に経営のカギが集約されていると思う。(奇をてらった企画商品が少しくらい売れたとしても)本業に対する興味と愛着を忘れないことが大切だ。
【覚書き|ビックリマンチョコの爆発的なヒットに対して言った言葉。ひとつの企画が当たっても気を緩めず本業に邁進しろという趣旨の発言】


藤沼彰久

組織や会社を越えて多くの人間が関わり、利害関係も様々なプロジェクトを立ち上げる際、私はよく「セイムボートだよ」という言葉を使いました。我々は皆、同じボートに乗った共同体です。始まったらできるだけ情報をオープンにしてコミュニケーションを深めていく。問題はあちこちで起きるものです。それに対し、責任を押し付け合うのではなく、全体で協力し合って立て直さなければなりません。


ジェームズ・マックナーニー

国内雇用の問題は米国も抱えています。しかし、企業はグローバルに競争していかざるを得ません。アフリカやアジア、中東などの新興国が世界経済に占める割合が大きくなれば、そこで活動しなければ成長できないからです。競争相手がグローバルならば、自分もグローバルにならなければ仕事を失います。


泉谷しげる

団塊の世代は「今の若いやつに日本をまかせられない」とか言うけど、俺はそうは思わない。アスリートのレベルも格段に上がってるし、スマホみたいな機械を使いこなす若者たちはすごいと思う。団塊世代が嘆くようなことをする人間はごく一部で、ほとんどは今後の日本をまかせられるような成長をしていますよ。だから俺たちの世代は愚痴ってないで「おまえらにまかせる――!」くらいのことを言ってやれよ、と思うよね。あっ、でも、こういうもの分かりのいい発言はカットしてほしい! イメージ的に(笑)。


豊田圭一

学生時代に発展途上国を旅したこと、立ち上げた会社が倒産寸前になったこと。自分や他人の極限状況をたくさん目にして、「生きていれば何でもできる!」と思えるようになりました。