名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

佐藤一斎の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

佐藤一斎のプロフィール

佐藤一斎、さとう・いっさい。19世紀、美濃国岩村藩出身の儒学者。江戸幕府直轄の教学機関昌平坂学問所で学び、のちに塾長を務めた。朱子学だけでなく陽明学にも明るく、儒学の大成者として『朱子陰王』と呼ばれ尊敬された。佐久間象山、渡辺崋山など幕末に活躍した知識人を多数育てた。時間に厳しく、いつも時計を携帯していたことでも有名

佐藤一斎の名言 一覧

一灯をさげて暗夜を行く。暗夜を憂うなかれ、一灯を頼め。


少年のときはまさに老成の工夫を著すべし、老成のときはまさに少年の志気を存すべし。


富人を羨むなかれ。彼がいまの富、いずくんぞ知らんその後の貧を招かざることを。貧人を侮るなかれ、彼がいまの貧、いずくんぞ知らんその後の富を胎せざることを。
【意訳|金持ちを羨んではいけない。いまは金持ちかもしれないが、将来没落し貧しくなるかもしれない。貧しい人を侮ってはいけない。いまは貧乏かもしれないが、将来財産を築くかもしれないのだから】


春風をもって人に接し、秋霜をもって自ら慎む。
【意訳:春風のようにさわやかに温かく他人に接し、自分には秋の霜のように厳しく慎みの心を持つ】


少にして学べば、壮にして成すあり。壮にして学べば、老いて衰えず。老いて学べば、死して朽ちず。
【意訳:若いころから学べば、壮年になって大きなことをなし遂げることができる。壮年になってから学べば、年老いても衰えることなく活発に生きることができる。年老いてから学べば、死んだとしても不朽の評価が得られる】


佐藤一斎の経歴・略歴

佐藤一斎、さとう・いっさい。19世紀、美濃国岩村藩出身の儒学者。江戸幕府直轄の教学機関昌平坂学問所で学び、のちに塾長を務めた。朱子学だけでなく陽明学にも明るく、儒学の大成者として『朱子陰王』と呼ばれ尊敬された。佐久間象山、渡辺崋山など幕末に活躍した知識人を多数育てた。時間に厳しく、いつも時計を携帯していたことでも有名

他の記事も読んでみる

内田和成

コンサルタントの仕事をはじめた頃は、手当たり次第に情報を集め、様々な情報整理術を試した。だが、それでは情報の「収集」と「整理」で手一杯になってしまい、肝心な情報の活用がほとんどできない。それならば、完全に「活用」に重点を置き、一番楽で手抜きできる方法をやろうと考えた。


五木寛之

自分で考え、ケアしないで、いったい誰が助けてくれるのか。


門昌央

相手の心を開こうとして、やたらと自分を出す営業マンもいますが、相手がしらけてしまうこともあるので注意したほうがいいでしょう。結局、雰囲気や態度で、相手の本心を想像したり、察知したりできるようになるには、何といっても経験です。言葉と表情のセットで相手の様子を見る、言葉にはない部分を読み取るといったことを意識し、訓練することで、徐々に相手の本心を読めるようになっていくでしょう。


小郷三朗

商品力もさることながら、販路の拡大も同時並行で進めるべき経営課題だった。昨年、日本たばこ産業(JT)の飲料自動販売機事業を1500億円で買収したのはその一環にほかならない。この結果、我々は一夜にして26万台の自販機を手にした。しかも、今回の買収は単に規模の経済を追求したというだけではなく、JTの強みであるオフィスビル内のサービスのノウハウも取得できた。ここでは、コーヒー専用機など利益率が高い機種も採り入れていく。


柴田秀勝

桜の花と同じで、声優という木にも早咲き、遅咲きがあるもの。


秋元康

まずは先輩の台本をもらって、それを参考にしながら書いた。「テレビの台本はこう書くのか」「コンサートの演出はこうやるのか」と書きながら学んでいった。
【覚え書き|駆け出しの頃を振り返っての発言】


桐島ローランド

私たちの業界はフィルムからデジタルへと、いろんな意味で淘汰されていきましたし、これからITによって、もっと厳しい時代が来るなというのを肌で感じていました。逆に自分がクリエーターとして、今までの写真の知識を生かして新しいビジネスを展開ができるかを真剣に考えるようになって、たまたまその中で、フォトグラメタリーというテクノロジーについての情報が手に入りました。自分でいきなり全く違うフィールドに足を踏み入れるのもすごく怖かったのですが、最初にニコンさんに相談して、50台ほどカメラを貸してもらえないかというところから始まって、スタジオを1カ月貸し切ってテストしてみたんですね。そしたら運がいいのか悪いのか分からないですけど(笑)、たまたま、うまくいきました。そしたらこれは面白いなと思って、すごいことができるなと。


セバスチャン=ロッシュ・シャンフォール

中傷はうるさい蜂のようなものである。これを確実に殺すことができるという確信がないならば、手を出してはいけない。さもないと、前よりもいっそう激しく突進を繰り返してくるだろう。


田中仁(経営者)

事業の規模を大きくし、新しい仕事を増やしたいと考えているリーダーなら、なんでもかんでも1人でやろうとせず、人に任せることも考えなければいけません。部下に裁量を与えて、どんどん任せましょう。


山名昌衛

製品を使うことによってお客様が具体的に何がどう良くなったのか。そして、お客様の生産性向上にどう役立って、そこに働いている人たちの仕事がどう改善されたのかが求められるような時代になった。


小寺圭

即戦力になる人材を見分けるコツのひとつは、強い領域、得意な領域を持っているかどうかが重要です。いわゆるゼネラリストはあまり評価できません。人は大方、会社に入ったときはゼネラリストですよね。しかし、3年、4年……と企業に身を置くなかで、徐々にそれぞれ自分の得意な分野をもつようになります。そうしたなかで、どれだけスペシャリストになれるかがとても重要で、これは大きな分かれ道になる。とりわけ30代は、いかにスペシャリストとしての自分を確立するかが問われます。


小嶋光信

社員というものは基本的に、自分たちのミスがなぜ起きているのか、それが経営にどう影響し、最終的にお客様にもどう迷惑をかけるのかが分からない。これは、ほかの業種や大企業でも同じです。だからこそ日常業務の改善の中に意識改革を盛り込むことが大事なのです。中国バスでは、燃料費が運転手教育だけで年間1500万円も圧縮できました。