佐藤一斎の名言

佐藤一斎のプロフィール

佐藤一斎、さとう・いっさい。19世紀、美濃国岩村藩出身の儒学者。江戸幕府直轄の教学機関昌平坂学問所で学び、のちに塾長を務めた。朱子学だけでなく陽明学にも明るく、儒学の大成者として『朱子陰王』と呼ばれ尊敬された。佐久間象山、渡辺崋山など幕末に活躍した知識人を多数育てた。時間に厳しく、いつも時計を携帯していたことでも有名

佐藤一斎の名言 一覧

一灯をさげて暗夜を行く。暗夜を憂うなかれ、一灯を頼め。


少年のときはまさに老成の工夫を著すべし、老成のときはまさに少年の志気を存すべし。


富人を羨むなかれ。彼がいまの富、いずくんぞ知らんその後の貧を招かざることを。貧人を侮るなかれ、彼がいまの貧、いずくんぞ知らんその後の富を胎せざることを。
【意訳|金持ちを羨んではいけない。いまは金持ちかもしれないが、将来没落し貧しくなるかもしれない。貧しい人を侮ってはいけない。いまは貧乏かもしれないが、将来財産を築くかもしれないのだから】


春風をもって人に接し、秋霜をもって自ら慎む。
【意訳:春風のようにさわやかに温かく他人に接し、自分には秋の霜のように厳しく慎みの心を持つ】


少にして学べば、壮にして成すあり。壮にして学べば、老いて衰えず。老いて学べば、死して朽ちず。
【意訳:若いころから学べば、壮年になって大きなことをなし遂げることができる。壮年になってから学べば、年老いても衰えることなく活発に生きることができる。年老いてから学べば、死んだとしても不朽の評価が得られる】


佐藤一斎の経歴・略歴

佐藤一斎、さとう・いっさい。19世紀、美濃国岩村藩出身の儒学者。江戸幕府直轄の教学機関昌平坂学問所で学び、のちに塾長を務めた。朱子学だけでなく陽明学にも明るく、儒学の大成者として『朱子陰王』と呼ばれ尊敬された。佐久間象山、渡辺崋山など幕末に活躍した知識人を多数育てた。時間に厳しく、いつも時計を携帯していたことでも有名

他の記事も読んでみる

黒須新治郎

私は人生で通算15年間ぐらいは、平均3時間の睡眠で働いてました。誰でも同じようにやれとは言いません。しかし、自分のいまの仕事に全身全霊で打ち込めないのなら、もう1度、進む道を考えたほうがいいと思う。


前田修司

少し先の予定でも絶対忘れてはならない事柄は、遅くとも2週間前には活動開始できるようメモしてあります。これだけの時間があれば、多少難しい問題が生じても目途はつけられるものです。


熊谷正寿

ビジネスを和訳すると、商売じゃない。ましてや金儲けでもない。ビジネスは戦(いぐさ)だ。


小室淑恵

同じ労働時間内で、頭ひとつ抜け出そうと思ったら、自分が携わっているジャンルでのエキスパートになるとか、発想力を伸ばすとか、作業効率を上げるなどして、仕事の質を高めていかなくてはなりません。そのためには、会社が終わってからの時間をどう自分磨きの時間に活用するかがカギを握ります。


井上邦博

入手できる情報を取引先にいち早く伝え、素早い対応ができるよう努めています。


伊藤雅俊(味の素)

消費者の低価格志向に応じるようにコモディティ商品(普及品)がPB(プライベートブランド)化され、多くの食品、飲料メーカーが苦戦しています。これも消費者の気持ちになって、対抗策を考えていくつもりです。まずは、科学技術を生かす方法があります。「ピュアセレクト・ローカロリーコクうま」は、従来のマヨネーズに比べてカロリーが55%カットされています。先進国に特有な健康志向を考えての開発です。技術を開発し、味わいをそのままにカロリーを半分にしました。このような技術力によって、PB商品にはない特徴的な商品をつくるのです。


常盤文克

製造業が苦境に陥ると、「これからの日本はサービス業に力を入れるべきだ」「国内での生産はもうダメだから海外に出ていこう」といった意見が決まって出てきます。これらはあまりに短絡的ではないでしょうか。まず、製造業に変わるようなサービス業があるかといえば、そのようなものは見あたらない。サービス業は製造業の置き換えにはなり得ない。海外に出ていったとしても、むしろ国内より競争が激しい。トレードオフとして国内の空洞化、雇用減少も問題になります。そう考えると、サービス業や海外移転は選択肢に入りません。


高塚苑美

手帳は、予定を書き込むのが目的なのではなく、「限られた時間を戦略的に振り分ける」ために使う道具です。コツを身につけてからは、時間に振り回されなくなりました。


岡野喜太郎

銀行の甲乙は平常のときにはなかなかつきにくいが、非常の場合にはハッキリその差がわかるものである。これが私の60年間の銀行家生活のありふれた感想である。


施崇棠(ジョニー・シー)

我々はつねにテクノロジーから商品を発想する。なぜなら我々はエンジニア集団だからだ。


野間口有

組織のリーダーとして大切なのはチームの一人一人の力を最大限引出し、彼らがポジティブな気持ちで仕事に取り組めるようにして職場のベクトルを合わせることです。


所ジョージ

今年、『所さんの目がテン(日本テレビ)』の放送が30年目に入りましてね。局からMCである私に「新テーマソングを2曲書き下ろしてください」とオファーをもらったんです。よーし、腕によりをかけるぞと、歌手・所ジョージにスイッチが入ってしまってですね。できあがったのは全部で10曲(笑)。自分に対して、すごいエネルギーを感じます。もし頼まれた2曲だけを作って「ハイ、できたよ」だったら、普通のエネルギーじゃないですか。10曲も作って相手に持って行けるから、「すごいだろ」って、自分のパワーを確認できて嬉しくなるよね。最終的に、それらの新曲を集めたアルバムを出すことになりました。


大西洋

ブランドの強みを知ることが改革の一歩。


パンカジ・クマール・ガルグ

皆、いい人間と信じ、相手に合わせる。それが国際人の心。


カルロス・ゴーン

リバイバルプラン前の日産の衰退原因

  1. 利益を大切にしていなかった。経営陣は数字も業績も知らなかった。部品の購買コストが高かった。
  2. 口で言うわりには、ユーザーやマーケットについて考えていなかった。
  3. 切迫感、緊張感がなかった。
  4. 社内のセクショナリズム(部門の縄張り主義)。部門横断的なやり方の欠如。
  5. 戦略のなさ、ヴィジョンのなさ。

ページの先頭へ