名言DB

9490 人 / 112001 名言

佐藤一彦(不動産投資家)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

佐藤一彦(不動産投資家)のプロフィール

佐藤一彦、さとう・かずひこ。日本の経営者、不動産投資家。ビリオネアクラブ主宰者。秋田県出身。秋田大学卒業後、幹部候補生として海上自衛隊に入隊。その後、大家として早期リタイア。ビリオネアクラブを主宰。

佐藤一彦(不動産投資家)の名言 一覧

不動産投資を始めるにあたり、まずは関連書籍を片っ端から読み漁り、共通項と思われること、自分ならこうするという内容をエクセルなどでまとめました。


個人が収益不動産に投資する際に大事なことは、行動と情報、それも現場の情報、そして業者との付き合い方にある。


私が常に意識しているのは「入居者のためになる大家」でありたいということです。一見、当たり前のことのように思えますが、不動産投資をしている人の中には収益ばかりを追ってしまって、その当たり前を忘れてしまっている人がいるように見受けられます。


不動産投資を始めた当時、青森の部隊に所属していましたから、なかなか実際に東京の物件を見に行くことはできません。そこで他の人が休みたい時に働くことで、休みの希望を通りやすくした上で、夜行バスで上京、埼玉に住む妻の親の車を借りて車中泊をするなどして物件を見て回るという生活を3年続けました。


佐藤一彦(不動産投資家)の経歴・略歴

佐藤一彦、さとう・かずひこ。日本の経営者、不動産投資家。ビリオネアクラブ主宰者。秋田県出身。秋田大学卒業後、幹部候補生として海上自衛隊に入隊。その後、大家として早期リタイア。ビリオネアクラブを主宰。

他の記事も読んでみる

岡田康豊

毎年、転職をする時に使える履歴書を書いてみることをお勧めします。自分の実績や強みを棚卸しし、これから必要な経験やスキルをハッキリさせることができます。


浜島俊哉

振り返ると、やはりハードワークをしなければ、人は絶対に一人前にならないと思います。ただ、いまは会社も大きくなり、環境も変わり、声高々と言えないジレンマは感じています。それでも、人が成長するときの原点は変わらない。スポーツ選手が心肺に負荷をかけて、運動量に耐えうるだけの血流を作るように、ぶっ倒れる寸前までいかないと強くならない。


松本晃(経営者)

カルビーは随分と変わった。女性管理職比率は24.3%になり、政府が定めた2020年30%目標も射程圏内に入った。カルビーにとってダイバーシティは「やめられない、とまらない!」取り組みになった。


ロバート・キヨサキ

速く金持ちになりたければ、それだけ数字に厳しくならなければならない。世界的なビジネスを作りたかったら、数字が全てだと言っていい。金持ちになりたかったら、頭を使う必要がある。考えることは最も過酷な仕事だ。だからそれをやろうとする人がこんなにも少ないのだ。


木村博紀(経営者)

成長市場の医療保険や介護保険など第3分野商品に、早くから取り組んできました。5年、10年先を見据えてニーズが拡大する分野にさらに注力していきます。


村上太一

アイデアだけでは事業は広まらない。徹底的なだけでは大きな成果が生まれない。ひとつの軸だけではよいものが生まれない。


三浦知良

特別なものは何もないです。いつでもありのままを見せてきたから。ただ、準備だけは整えて、無心でいきたいですね。
【覚書き|現役プレーヤーとして40歳を迎えて心境を尋ねられて語った言葉】


三木谷浩史

僕たちの目の前には、いつも登るべき山があった。それも、自分たちの能力では登りきるのが不可能に思える高い山が。リーダーの役割は、そういう山をいつも見つけることだと思う。「あんな山、登れないですよ」誰かが弱音を吐く。「大丈夫だよ、俺たちなら登れる」そう言って、一緒に山を登るのだ。そして登り切った瞬間には、次なる高い頂を指して、「今度はあの山を目指そう」と宣言する。不可能に見えた山を登り切った喜びと自信が、会社の文化になる。


山口範雄

冷凍食品の場合、もともと水産業からスタートしている会社は水産原料が自由になるという強みを持っています。しかし、当社はそうでない。エビフライであれば、「エビをたくさん持っている水産系の冷凍食品会社に勝てっこない。太刀打ちできなくて当たり前だ」という意識がありました。それではいつまでたっても、シェアを拡大できません。ならば、当社の強みは何か、どうしたらいいのかを考えなければならない。そこで、大きなエビを格安に入手できないからこその商品開発にチャレンジしました。つまり、大きなエビを一尾使うのではなく、小さいエビをたくさん使い、加工食品としての味を追求したのです。まさに逆転の発想です。苦労して生み出されたのが「エビ寄せフライ」。大ヒットしました。


サミュエル・スマイルズ

多くのことをする手っ取り早い方法は一度にひとつずつ片付けることだ 。


堤幸彦

残念ながら、昔は仕事が楽しいと思えませんでした。とくに20代の前半は、テレビの現場で地獄のADの毎日でしたから、前近代的な労働条件の中で丁稚奉公みたいに、身を粉にして働いて、身体的にも精神的にもボロボロ。撮影現場の片隅で泣いたことも一度や二度ではありません。そんな環境では、さすがに仕事を好きになどなれなかったし、それどころか、毎日、逃げよう、辞めようとばかり思っていました。


ソロー(ヘンリー・デイヴィッド・ソロー)

人間は失敗するようにではなく、成功するように生まれついている。