名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

佐藤一彦(不動産投資家)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

佐藤一彦(不動産投資家)のプロフィール

佐藤一彦、さとう・かずひこ。日本の経営者、不動産投資家。ビリオネアクラブ主宰者。秋田県出身。秋田大学卒業後、幹部候補生として海上自衛隊に入隊。その後、大家として早期リタイア。ビリオネアクラブを主宰。

佐藤一彦(不動産投資家)の名言 一覧

不動産投資を始めるにあたり、まずは関連書籍を片っ端から読み漁り、共通項と思われること、自分ならこうするという内容をエクセルなどでまとめました。


個人が収益不動産に投資する際に大事なことは、行動と情報、それも現場の情報、そして業者との付き合い方にある。


私が常に意識しているのは「入居者のためになる大家」でありたいということです。一見、当たり前のことのように思えますが、不動産投資をしている人の中には収益ばかりを追ってしまって、その当たり前を忘れてしまっている人がいるように見受けられます。


不動産投資を始めた当時、青森の部隊に所属していましたから、なかなか実際に東京の物件を見に行くことはできません。そこで他の人が休みたい時に働くことで、休みの希望を通りやすくした上で、夜行バスで上京、埼玉に住む妻の親の車を借りて車中泊をするなどして物件を見て回るという生活を3年続けました。


佐藤一彦(不動産投資家)の経歴・略歴

佐藤一彦、さとう・かずひこ。日本の経営者、不動産投資家。ビリオネアクラブ主宰者。秋田県出身。秋田大学卒業後、幹部候補生として海上自衛隊に入隊。その後、大家として早期リタイア。ビリオネアクラブを主宰。

他の記事も読んでみる

清水克彦(報道キャスター)

中堅と言われる年齢になって部下や後輩の前で叱られたり軽く扱われたりするのは、誰にとっても嫌なこと。しかし、発想を変えて「これは人に話す時のネタになる」と受け止めてみてもいいのでは。私は、43歳の時、著書を出そうと大手出版社に売り込みに行ったのですが、目の前で原稿をゴミ箱に捨てられました。その時は非常に悔しい思いをしましたが、「あの悔しさをバネにトライし続けたことで、多くの著書を出すことができました。でも、あの会社からは絶対に本は出しません」なんて言うと、講演会でもかなり笑いが取れます(笑)。


真山仁

私は取材をすることで、小説のリアリティーを追求するのですが、それは現実世界のパラレルワールドみたいな世界を作ることによって、今生きている社会で見過ごしていることはないかと、問題提起したいというのがある。こういう社会だってあるかもしれないでしょ、見えてないだけで本当はこういうことだって起きているって知ってますか、ということを、小説を読むことで気付いてもらって、未来やこれからの生活や人生の選択肢を増やしたい。


金子博人

イノベーションは、失敗の山の中から生まれるので、失敗は次の成功の糧になればよいという文化が必須。


深谷かほる

私の飼っている黒猫のマリは、何かに襲われたのか片目が潰れ、もう片方も瞳が濁っています。子猫のとき、獣医さんには長くはもたないと言われました。でも、すごく元気に強い猫に育って、今では14歳です。「こんなに欠けている部分があっても全然大丈夫なんだ」とマリは私の視野を広げてくれました。


北城恪太郎

社長に就任し、すぐに直面した課題は「撤退」でした。大型コンピュータなど主にハードウェアを売る会社から、コンピュータを動かすシステムの提案などソフトウェア、サービスを中心とした会社への事業構造を抜本的に変えるために、いくつかの事業から撤退することを決めました。撤退は負の異動なども伴う一番難しい決断なのですが、「自分は全力を尽くして最善の決断をした。その先は神様が用意されている」と思えたことで、心の平安が守られました。


吉川廣和

企業経営には常にリスクがつきまとう。だから経営者は常に不安を感じる。


伊藤由美

努力できるのは好きだからこそでしょうが、世の中には好きだからといって努力できない人は多い。もっといえば努力すら知らない人もいます。ですが、努力して頑張っていれば、ますますレベルアップできます。


渡辺謙

苦労は買ってでもしろとよくいわれますが、そうなのかもしれません。逆境にさらされているときって、自分がどちらに向かって進んでいるのか、方向を見失いそうになるじゃないですか。そこにありとあらゆる知恵や感性、経験値を最大限に駆使していかないと、立ち往生して一歩も進めなくなってしまう。そこで前に進んでいこうというエネルギーを振り絞ることで、自分自身が鍛えられていくんでしょう。


川越達也

テレビ業界や食品業界に限らず、どんな企業でも、ものを作るためには努力や苦労がある。それを否定してはいけない、と僕はいつも思っています。自分の専門でない分野を外から見ているかぎり、そこにある努力や苦労を理解できないのは仕方がないでしょう。けれども、コラボレーションの機会をいただいて他分野のプロと接するときには、その分野で積み重ねられてきた努力、もっと言えばその世界の歴史に敬意を払わなくてはいけません。


大泉洋

僕はまったく未来のプランがない男です。ただ基本的には、常に面白いことを考えてる人でいたいなと思いますね。


清水義範

ビジネス文書では熱意や情熱、意欲の伝わる文章を書くように心がけてください。「こいつはこの企画を本気でやりたがっているな」「あいつがどれほど真摯に取り組んでいるのか、この報告書を読めばわかるよ」などといった印象や評価を相手にどれだけ与えられるかが、ビジネス文書ではとても大切です。


児玉和

私のモットーは、「明るく、楽しく、元気よく」です。