佐藤一彦(不動産投資家)の名言

佐藤一彦(不動産投資家)のプロフィール

佐藤一彦、さとう・かずひこ。日本の経営者、不動産投資家。ビリオネアクラブ主宰者。秋田県出身。秋田大学卒業後、幹部候補生として海上自衛隊に入隊。その後、大家として早期リタイア。ビリオネアクラブを主宰。

佐藤一彦(不動産投資家)の名言 一覧

不動産投資を始めるにあたり、まずは関連書籍を片っ端から読み漁り、共通項と思われること、自分ならこうするという内容をエクセルなどでまとめました。


個人が収益不動産に投資する際に大事なことは、行動と情報、それも現場の情報、そして業者との付き合い方にある。


私が常に意識しているのは「入居者のためになる大家」でありたいということです。一見、当たり前のことのように思えますが、不動産投資をしている人の中には収益ばかりを追ってしまって、その当たり前を忘れてしまっている人がいるように見受けられます。


不動産投資を始めた当時、青森の部隊に所属していましたから、なかなか実際に東京の物件を見に行くことはできません。そこで他の人が休みたい時に働くことで、休みの希望を通りやすくした上で、夜行バスで上京、埼玉に住む妻の親の車を借りて車中泊をするなどして物件を見て回るという生活を3年続けました。


佐藤一彦(不動産投資家)の経歴・略歴

佐藤一彦、さとう・かずひこ。日本の経営者、不動産投資家。ビリオネアクラブ主宰者。秋田県出身。秋田大学卒業後、幹部候補生として海上自衛隊に入隊。その後、大家として早期リタイア。ビリオネアクラブを主宰。

他の記事も読んでみる

松岡修造

僕自身、いまでもネガティブな心の声が聞こえてきます。毎日です(笑)。「生放送で失敗してしまうんじゃないか」とか「講演会で上手く話せないかも」などいろいろ不安な言葉が湧いてきます。そこで心に「ストップ」と言います。一番つまらないのは、プレッシャーや迷いによって自分の、ベストを尽くせないこと。悔いが残ります。


日覺昭廣

他社と同じものでは勝てないので、高付加価値の技術による差異化が必要。


山口瞳

絶対に遅れないようにするには、午後6時に集合というときは、5時半に集合だというように30分ずらせて思いこんでしまうことである。これを3回ぐらいやってみると、それが癖になって絶対に遅れないようになる。


松岡修造

誤解を恐れずに言えば、長く続けるのが必ずしもいいというわけではありません。僕は31歳でテニスをやめましたが、そのことをまったく後悔していないどころか、今のほうが楽しいとすら思っています。結局は「自分が主体」となっているかどうかだと思います。自分が続けたいなら続ければいいし、そうでなければ別の道を探せばいい。


吉田浩一郎

私は、人材育成という面ではサーバント・リーダーに徹しています。社員一人一人が当事者意識を持って一流の仕事をしてくれるのが理想ですから、採用活動にもタッチしません。


高橋俊介

優秀な社員が持つ7つの能力。(1)内なる動機を活用する力(2)仕事の意味を検証する力(3)有能冠を実体化する力(4)人脈を多面化する力(5)自己の体験を普遍化する力(6)多様性を機能させる力(7)趣味や特技に没頭する力


兼元謙任

私は、ビジネスのアイデアというのは、自分の生い立ちにあるものだと思うんです。ホームレス生活に入る前、会社の同僚とも、妻とも対話が少なかった。だからこそ、コミュニケーションの大切さを実感できました。ですから、これからはインターネット上で人々の知恵を結び付けたい、そのためにQ&Aサービスを始めたのです。


鈴木郷史

全国各地にある営業所の中身を丹念に見ていくと、成長を続けている営業所には共通する特徴がありました。オーダーメイド型化粧品アペックス・アイの肌分析システムを活用した高度なカウンセリングを実施し、同時に本格エステ機器を導入して満足度の高いエステサービスを展開していたのです。


萩本欽一

人から好かれている人には、ちゃんと誰かが運を持ってきてくれる。僕の場合、人から好かれていたかどうかはわからないけど、坂上二郎さんが運を持ってきてくれました。二郎さんからの電話があの日あの時間でなければコント55号は生まれていなかった、というぐらい絶妙なタイミングで電話をかけてくれたんです。こういうでっかい運がくるのは、人生で一度か二度でしょうね。


荒井裕樹

もともと7、8件の仕事を同時に進めていることが多いので、その日にやるべきことは思いついたときに紙に書きだし、終わったら塗りつぶすというふうにして、漏れがないようにしています。


松井忠三

全員が1つの方向に向かう体制を作り上げて初めて、企業としての大きな力が生まれます。情報の共有化は全員の方向性を統一するために必須です。


家本賢太郎

経営理念をスローガンのように振りかざして、社員を追い詰めることはしません。叱るときでも、「あなたが間違っていたでしょ」と認めさせるのではなく、理念やビジョンを根拠に、八割はこちらからさりげなく注意します。残り二割は相手に気づいてもらうよう心がけています。


佐藤康行

人は、苦しい記憶を後生大事に握りしめて、写真を何度も見返すように「この恨みを忘れてなるものか」「私は不幸だ」と思いがちです。その恨みを外に向ける人は周りとの関係を壊していき、恨みを自分に、つまり「悪いのは自分だ」と思い詰める人は、うつになりやすい傾向があります。思考は現実化するという言葉がありますが、まさにそのとおりなのです。


樋口建介

我々は大学で利益を出そうとは思っていません。福祉・医療の観点で大学経営に入りましたから、患者や利用者の立場で運営ができるんです。だからこそ、学生目線の大学運営ができるんです。


奥島孝康

僕が「ブレない人生」にこだわるのは、人生は短く、悲しいことに一度しかないからだ。人生を深く味わうためには、あれこれブレている余裕はない。せめて自分なりの目標を目指し、人生を深く味わうよう努めるべきであろう。


ページの先頭へ