名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

佐田展隆の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

佐田展隆のプロフィール

佐田展隆、さだ・のりたか。日本の経営者。「オーダースーツSADA」を展開する「佐田」社長。一橋大学経済学部卒業後、東レを経て佐田に入社。同社社長を務めた。

佐田展隆の名言 一覧

人はすぐ楽したいと思う。私も怠け者だからこそ、なお「厳しい道を」と決めているんですよ。厳しさの中で生き抜くと、先に必ず光が見えますから。


変化を恐れる古参の社員からは「業界がわかってない」「無謀だ」と反発されましたよ。でも、それこそ「いま変わらなきゃ潰れるだけだぞ!」と厳しく改革を断行した。


仕事は、出足と手数とPDCAサイクル。「やった方がいいよね。でも……」と言っていてはうまく行きません。出足が遅いと手数を尽くせない。


営業はNOと言われてからが営業。


質を追う人には量はついてこないけれど、量を追う人には質がついてきて、両方を満たすことができるようになる。量を追ったら必ず、PDCAサイクルを回すことが必要。これを短いサイクルできっちり回して、手数を尽くせばうまく行く。


私はビジネスにおいて、おしゃれや身だしなみに気を付けるのは「おもてなしの心」だと思っています。自分の話を聞くために時間をとってくれた相手に、敬意と感謝を表し、着るものにも全力で気を遣う。これがビジネスの場における本来のおしゃれの在り方です。その意識があれば、ビジネスにだって好影響を与えます。


若者に対してオーダースーツの良さを広めていかなければ、業界として次の展望が開けない。だからこそ、既成スーツ量販店に対抗してオーダースーツを若者向けに販売できる小売店が必要でした。そうした小売店が無いならば、自分で作るしかないと考えたのです。


祖父は「男なら、迷ったら茨の道を行け」と口癖のように言っていました。そこまで意識してはいませんでしたが、私の人生を振り返ってみると、常に茨の道を選んでいました。祖父とのコミュニケーションが、私の人生の軸を作ってくれたと思っています。


最初に取り組んだのは御用聞きからの脱却でした。仲の良い訪問しやすい取引先ばかり回る営業担当者が多かった。既存の取引先の売り上げだけでは業績の改善は見込めません。それまで手掛けてこなかった新規開拓営業を行うため、私が陣頭に立ちました。


大学卒業後、東レに就職しましたが、入社4年目頃、父から「どうにもならないので帰ってこい」と声がかかり、すぐに戻りました。当時、売上22億円で25億円の負債を抱えていて、毎年金利だけで約1億円を支払わなければならず、1億円近い経常赤字が出る状況。どうせダメなら足掻こう、足掻くなら会社で一番どうにもなっていないところをと思い、東レでも営業でしたから、営業に力を入れました。


いくらデザインが斬新で生地が高級なスーツでも、体に合わないダボダボのスーツを着ていたのでは傍から見ればピエロも同然。ビジネスシーンにおいて相手に与える印象がそれでは、うまくいく商談も失敗する可能性だってあるわけです。実際、「佐田さんのスーツを着るようになってから営業成約率が上がった」と報告してくれたビジネスマンの方もいます。同じ話をしても聞く側の姿勢が違い、それが自信となり、話の説得力が増して成績が向上したのでは、という話でした。


当社がどこよりも費用対効果の高いオーダースーツを提供できている理由は、工場直販なので中間マージンを合理化できるから。生地の企画機能も自社で持っています。生地企画・縫製・小売りと、サプライチェーンの大きな部分を自社で持っているのが、価格競争力の源泉です。スケールメリットを生かし、ボリュームディスカウントを効かせることができています。


佐田展隆の経歴・略歴

佐田展隆、さだ・のりたか。日本の経営者。「オーダースーツSADA」を展開する「佐田」社長。一橋大学経済学部卒業後、東レを経て佐田に入社。同社社長を務めた。

他の記事も読んでみる

築山節

批判されたときはチャンスです。学会で研究成果を発表すると、「お前の研究はくだらない」と批判されることがよくありました。そこで私は相手の懐に入っていく。「どうしてくだらないんですか?」と、批判した人に質問するのです。すると、さらに事細かに文句を言われます。そこで反発せず、謙虚に聞いていると、「わかった、じゃあ教えてやるからうちに来い」と言ってもらえたりします。これも当然で、批判する側にはどうしてダメなのかを説明する責任があります。批判から逃げずに耳を傾ければ、もっと良いやり方を教えてもらえるのです。


山極寿一(山極壽一)

失敗しても次のチャンスを与えてくれる仕組みを世の中が作らないと。企業にもそういう仕組みを作ってもらいたいと思っています。それでないと人が育たない。


村田沙耶香

ほぼ全部が弱点ですね。幼少期から弱点をどう反転させていくかみたいなことがいっぱいあったので、弱点のようなものは強さの源だと思っているところがあります。


松原秀樹(経営者)

50歳を過ぎて思うのですが、昔自分が経験したことを若い経営者の方たちに伝えることが私たちの役割なのかもしれません。過去に経験した会社の危機や誤った判断、考え方など、年齢を重ねれば重ねるほど客観的に見られる部分は増えていきます。こうした経験を元にしたビジネスの摂理や道理を、若い経営者たちにアドバイスできることが今は嬉しいですし、彼らに追い抜かれないようにもっと上にいかなけれはならないと思えることが何よりもの刺激となっています。


藤沢晃治

私は会社員時代、ミーティングや外部との打ち合わせなど、自分以外の誰かと係わらざるを得ない仕事はできるだけ午前中に設定し、午後は自分一人でできる仕事に充てるようにしていました。より優先度の高い仕事を先に済ませることで、それ以外の仕事にも集中して取り組み、効率を高めることができたのです。


坂根正弘

特に企業という立場から見た場合、日本企業が価格よりシェアの競争に陥ったのは大きな誤りです。本来、企業は従来にはない製品を作り、新しい価値を生み出し、そこからリターンを得てステークホルダー間で分配をする存在であるべきですが、こうした好循環を失ってしまった。


樋口武男

自分をアピールして上に認められるためには、なにしろ一生懸命に仕事をする。実績をあげるしかない。


林家正蔵・9代目(林家こぶ平)

私には私の高みがあるんだと思いますし、まだ5合目でこっから初心にかえれば、頂上に近づけるんじゃないかって、そんなふうに思い始めたんですよね。だから、嫌いだったこともやっています。


増田宗昭

情報は整理整頓しろ。整理とは情報を捨てること、整頓とは情報をすぐに取り出せるようにしておくこと。


佐々木圭一

私たちは子供の頃から「相手の立場に立って考えられる人間になりなさい」と言われてきました。しかし、どうすれば相手の立場に立って考えられるようになるのか、具体的な方法については何も教えられてきませんでした。大切なのは、伝え方についての技術を磨くことです。


日野原重明

私には使命がありますから、疲れている暇などありません。前進、前進、前進です。


守屋淳

策略で最も重要なのは、相手の気持ちになって考えきれるかどうか、相手の心がわかるかどうかだ。相手になりきり、何が相手の強み・弱みでどうされるのが嫌だと思っているのか考え、その弱いところを攻めて嫌がる方向へと持って行く。これが策略の基本中の基本である。