名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

佐田展隆の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

佐田展隆のプロフィール

佐田展隆、さだ・のりたか。日本の経営者。「オーダースーツSADA」を展開する「佐田」社長。一橋大学経済学部卒業後、東レを経て佐田に入社。同社社長を務めた。

佐田展隆の名言 一覧

人はすぐ楽したいと思う。私も怠け者だからこそ、なお「厳しい道を」と決めているんですよ。厳しさの中で生き抜くと、先に必ず光が見えますから。


変化を恐れる古参の社員からは「業界がわかってない」「無謀だ」と反発されましたよ。でも、それこそ「いま変わらなきゃ潰れるだけだぞ!」と厳しく改革を断行した。


仕事は、出足と手数とPDCAサイクル。「やった方がいいよね。でも……」と言っていてはうまく行きません。出足が遅いと手数を尽くせない。


営業はNOと言われてからが営業。


質を追う人には量はついてこないけれど、量を追う人には質がついてきて、両方を満たすことができるようになる。量を追ったら必ず、PDCAサイクルを回すことが必要。これを短いサイクルできっちり回して、手数を尽くせばうまく行く。


私はビジネスにおいて、おしゃれや身だしなみに気を付けるのは「おもてなしの心」だと思っています。自分の話を聞くために時間をとってくれた相手に、敬意と感謝を表し、着るものにも全力で気を遣う。これがビジネスの場における本来のおしゃれの在り方です。その意識があれば、ビジネスにだって好影響を与えます。


若者に対してオーダースーツの良さを広めていかなければ、業界として次の展望が開けない。だからこそ、既成スーツ量販店に対抗してオーダースーツを若者向けに販売できる小売店が必要でした。そうした小売店が無いならば、自分で作るしかないと考えたのです。


祖父は「男なら、迷ったら茨の道を行け」と口癖のように言っていました。そこまで意識してはいませんでしたが、私の人生を振り返ってみると、常に茨の道を選んでいました。祖父とのコミュニケーションが、私の人生の軸を作ってくれたと思っています。


最初に取り組んだのは御用聞きからの脱却でした。仲の良い訪問しやすい取引先ばかり回る営業担当者が多かった。既存の取引先の売り上げだけでは業績の改善は見込めません。それまで手掛けてこなかった新規開拓営業を行うため、私が陣頭に立ちました。


大学卒業後、東レに就職しましたが、入社4年目頃、父から「どうにもならないので帰ってこい」と声がかかり、すぐに戻りました。当時、売上22億円で25億円の負債を抱えていて、毎年金利だけで約1億円を支払わなければならず、1億円近い経常赤字が出る状況。どうせダメなら足掻こう、足掻くなら会社で一番どうにもなっていないところをと思い、東レでも営業でしたから、営業に力を入れました。


いくらデザインが斬新で生地が高級なスーツでも、体に合わないダボダボのスーツを着ていたのでは傍から見ればピエロも同然。ビジネスシーンにおいて相手に与える印象がそれでは、うまくいく商談も失敗する可能性だってあるわけです。実際、「佐田さんのスーツを着るようになってから営業成約率が上がった」と報告してくれたビジネスマンの方もいます。同じ話をしても聞く側の姿勢が違い、それが自信となり、話の説得力が増して成績が向上したのでは、という話でした。


当社がどこよりも費用対効果の高いオーダースーツを提供できている理由は、工場直販なので中間マージンを合理化できるから。生地の企画機能も自社で持っています。生地企画・縫製・小売りと、サプライチェーンの大きな部分を自社で持っているのが、価格競争力の源泉です。スケールメリットを生かし、ボリュームディスカウントを効かせることができています。


佐田展隆の経歴・略歴

佐田展隆、さだ・のりたか。日本の経営者。「オーダースーツSADA」を展開する「佐田」社長。一橋大学経済学部卒業後、東レを経て佐田に入社。同社社長を務めた。

他の記事も読んでみる

古森重隆

当社は業績が苦しい時期にも、毎年のように研究開発費におよそ2000億円を投じてきました。研究開発費をぐっと減らせば、利益なんて3~4%はすぐに増えます。その誘惑には駆られますが、やるつもりはありません。


石川泰彦

良い製品を開発すれば売上増が期待できるメーカーなどとは異なり、サービス業の収益の源泉は100%が「人・チーム」といっても過言ではありません。事業所のリーダーが変わるだけで利益が2倍になることもあり、人材への投資は極めて重要な取り組みと考えます。


柴山和久

私はこれまでに様々な対象にお金を使って、自己投資をしてきました。その中で、「生まれ変わってもまたお金を使う」と決めている自己投資は1つだけ。それは財務省時代のMBA留学中に没頭した読書です。とはいっても、「MBAを取得するために本を読んで勉強した」という話ではありません。読んだのは哲学や文学の本で、日本語で書かれた岩波新書や、英「ペンギンブックス」シリーズを買い求めました。MBA取得のための授業は、留学1年目で一通り終えていたこともあって、ある程度時間を自由に使える2年目のほぼ1年間すべてを読書に費やせたのです。振り返れば日本の財務省で働いている時からずっと、「何のために働いているのか」「自分は社会の中で、どんな存在か」という問いを心の底に抱えていました。「昔の人はどう考えていたのかを知りたい」と思い、本に手を伸ばしたのです。哲学や文学の本をひたすら読みながら、人生や社会との関係を考え続けた1年間でしたね。1年間の読書漬けは超ハード。文字通り寝食を忘れて没頭していたので、「読書」という穏やかなイメージからは程遠かった。ひたすら読み続けた結果、体重は5キロも減りましたから(笑)。


八木洋介

社長はまず、どこへ向かうのかを決める判断の「軸」を持たなければならない。どうやっていくかを示す「戦略」を描けなければならない。そのうえ、腹落ちできる言葉を駆使し、周囲を「巻き込む」ことに長けていなければならない。


小川孔輔

たとえ売れている商品でも、何もせずに放置すると消費者に飽きられて少しずつ売上が落ちてくる。そうなる前に、定期的にリニューアルをするケースがある。


勝俣州和

富士登山とか、プライベートでもいろんなことにも挑戦したり、パパをやったりすることで、世界がまた広がった。


白石徳生

顧客にすすめる以上は自社にも導入し、自分達で実践してみなければならない。


レイ・クロック

30年後、我々が何を売っているかはわからない。だが、それを我々が誰よりも多く売っていることは確かだ。


山下孝一

子どもたちは全員できます。出来ない子は出来ないのではない。少し時間がかかるだけで、出来るまで待ってあげればいい。前途洋々の子供たちに大人が「ダメだ」と言っているだけ。


黒川博昭

企業にとって必要なイノベーションとは、技術のイノベーションではなく、社会の変化に応じて事業内容を変えていくイノベーションなのです。


宗次徳二

接客時間が短いほど、質の差は出やすいんです。来店されたときのごあいさつ、お帰りになるときのお見送りでも、その一瞬で差が付きます。長時間、滞在しないからこそ、短い時間でも気持ち良くすごしていただこう、少しでも早くカレーをお出ししよう、そういった気持ちは確実に伝わります。そこで生まれる他店との差はわずかかもしれません。しかし、わずかな差でも、それが積み重なると大きな差になっていきます。


北野武(ビートたけし)

いまのたった今の時点で努力していない奴らは死ぬときに必ずオロオロするんじゃないのかって思う。それまで何もやってきていないんだから。なにひとつ自分に満足していないんだよね。駄目な奴は。じゃあお前はどうだって言われると、いったい何をしてきたんだろうかって考えると、もう愕然としてくる。強烈なんだ。その問いかけは。どんなに素晴らしい人でも、それは誰にでも当てはめて言えるわけだし、これをしてきたって言える人間はいない。やればやるほど、人間は抜けた部分に気づく。だからやっぱり、人間自分の目の前にあることを一生懸命やるしかない。