佐田展隆の名言

佐田展隆のプロフィール

佐田展隆、さだ・のりたか。日本の経営者。「オーダースーツSADA」を展開する「佐田」社長。一橋大学経済学部卒業後、東レを経て佐田に入社。同社社長を務めた。

佐田展隆の名言 一覧

人はすぐ楽したいと思う。私も怠け者だからこそ、なお「厳しい道を」と決めているんですよ。厳しさの中で生き抜くと、先に必ず光が見えますから。


変化を恐れる古参の社員からは「業界がわかってない」「無謀だ」と反発されましたよ。でも、それこそ「いま変わらなきゃ潰れるだけだぞ!」と厳しく改革を断行した。


仕事は、出足と手数とPDCAサイクル。「やった方がいいよね。でも……」と言っていてはうまく行きません。出足が遅いと手数を尽くせない。


営業はNOと言われてからが営業。


質を追う人には量はついてこないけれど、量を追う人には質がついてきて、両方を満たすことができるようになる。量を追ったら必ず、PDCAサイクルを回すことが必要。これを短いサイクルできっちり回して、手数を尽くせばうまく行く。


私はビジネスにおいて、おしゃれや身だしなみに気を付けるのは「おもてなしの心」だと思っています。自分の話を聞くために時間をとってくれた相手に、敬意と感謝を表し、着るものにも全力で気を遣う。これがビジネスの場における本来のおしゃれの在り方です。その意識があれば、ビジネスにだって好影響を与えます。


若者に対してオーダースーツの良さを広めていかなければ、業界として次の展望が開けない。だからこそ、既成スーツ量販店に対抗してオーダースーツを若者向けに販売できる小売店が必要でした。そうした小売店が無いならば、自分で作るしかないと考えたのです。


祖父は「男なら、迷ったら茨の道を行け」と口癖のように言っていました。そこまで意識してはいませんでしたが、私の人生を振り返ってみると、常に茨の道を選んでいました。祖父とのコミュニケーションが、私の人生の軸を作ってくれたと思っています。


最初に取り組んだのは御用聞きからの脱却でした。仲の良い訪問しやすい取引先ばかり回る営業担当者が多かった。既存の取引先の売り上げだけでは業績の改善は見込めません。それまで手掛けてこなかった新規開拓営業を行うため、私が陣頭に立ちました。


大学卒業後、東レに就職しましたが、入社4年目頃、父から「どうにもならないので帰ってこい」と声がかかり、すぐに戻りました。当時、売上22億円で25億円の負債を抱えていて、毎年金利だけで約1億円を支払わなければならず、1億円近い経常赤字が出る状況。どうせダメなら足掻こう、足掻くなら会社で一番どうにもなっていないところをと思い、東レでも営業でしたから、営業に力を入れました。


いくらデザインが斬新で生地が高級なスーツでも、体に合わないダボダボのスーツを着ていたのでは傍から見ればピエロも同然。ビジネスシーンにおいて相手に与える印象がそれでは、うまくいく商談も失敗する可能性だってあるわけです。実際、「佐田さんのスーツを着るようになってから営業成約率が上がった」と報告してくれたビジネスマンの方もいます。同じ話をしても聞く側の姿勢が違い、それが自信となり、話の説得力が増して成績が向上したのでは、という話でした。


当社がどこよりも費用対効果の高いオーダースーツを提供できている理由は、工場直販なので中間マージンを合理化できるから。生地の企画機能も自社で持っています。生地企画・縫製・小売りと、サプライチェーンの大きな部分を自社で持っているのが、価格競争力の源泉です。スケールメリットを生かし、ボリュームディスカウントを効かせることができています。


佐田展隆の経歴・略歴

佐田展隆、さだ・のりたか。日本の経営者。「オーダースーツSADA」を展開する「佐田」社長。一橋大学経済学部卒業後、東レを経て佐田に入社。同社社長を務めた。

他の記事も読んでみる

辻本良三

まず考えたのは、いかにマルチプレーをしてくれる環境をつくれるかということでした。友人に「一緒にモンハンやろうよ」と声をかけるためのきっかけや話題のネタをたくさん作ろうと思ったんです。


田中稔一

トップに求められるのは熟考と即決のバランスでしょう。このふたつはパラレル(並行)であるべきです。


有田浩之

数字を理解し、日々の仕事の中で活用していくために大事だと考えているポイントが3点ほどあります。

  1. 定量的な要素だけでなく、定性的な要素もできるだけ数値化する。
  2. 数字は必ず相対的な評価だということを覚えておく。
  3. 数字を時系列で比較する。

堀潤

社会で起きる出来事はAかBかと分離できるほど単純ではありません。メディアから完成品のニュースを受け取るだけではなく、私たちが当事者意識を持って能動的に情報を取りにいく。仕事で使う情報も同じです。


経沢香保子

ホームランバッターといわれる人でも、打率は三割しかありません。それでも、バッターボックスに立ち続けることで、人よりも多くのホームランを打っているのです。仕事も同じです。失敗してもやり続けることで、またチャンスが巡ってくるはずです。


林下清志(ビッグダディ)

静岡県で4男4女を育てながら接骨院に勤めていた時は、本当に食うものに困るような状態で。ある日、公園へアロエを取りに行ったことがありました。文字通り、今夜の飯がなかったから。そこで、「ごめんな、本当にお金がなくて、食べるものがない」と惨めに語ってもしょうがない。子供たちを不幸な気持ちにさせる必要はなく、「いいか。今夜はこっそりアロエ狩りに行く。それが晩飯だ!」なんて言い方にするだけで、みんなワクワクし始めるから。そうやっていると、貧乏もイベント感覚で乗り切れるもんですよ。


落合寛司

時代や業容が変化する時代となり、自分たちの組織内では足りない人材が出てきました。しかし、今から人材を育てようにも時間がかかります。だったら外部から採用すればいいと。当金庫は年齢に制限はありません。やってみたい方はどうぞいらしてくださいと募集をかけたら他の金融機関で働いていた40~50代の方々が集まって来てくれました。いまは高齢化という社会的な背景もあるし、寿命も延びている。年齢もマイナス要素にはなりません。


阿部正次

守兵が全滅を覚悟してかじりつかねば、どんな大城郭とて決して守り通せはしないのだ。


高宮勉(髙宮勉)

上司にバッド・ニュース・ファーストと言われたから報告したのに怒られた、ということがないように最大の注意を払った。悪いニュースを報告した人を積極的に褒めることで、社内の風通しは必ず良くなると考えた。


鏡リュウジ

運は「流れ」のようなもの。英語では「on the right track」という表現があり、「物事や行動がいい方向に進んでいる=いい流れに乗る」ということを意味します。そして、その「流れ」のなかにいる自分は、ただ流されているだけではなく、自分もその流れをつくる一部として周りに影響を与えている。もちろん、最終的にどのような結果にたどり着くのかは、具体的にはわからないでしょう。ですが、川の流れがいつか海にたどり着くだろうとわかるように、その流れが向かう方向はなんとなくわかるものだと思うんですね。自分がいるのが、いい流れなのかそうでないのかを自覚することは、とても大切なことだと思います。


トマス・エジソン

親が子供の心に情熱を残してあげることができたら、それは最高の形見になるだろう。子供は素晴らしいエネルギーをもって人生に取り組むことができるからだ。


澤田秀雄

時代が大きく変化している。我々もそれに対応できるように変化する必要がある。ビジネスモデルを根本から変えなければならない。


匠英一

心理学の観点から言うと、何かモノを食べたり飲んだりという行為は、一連の体験の中ですること。これを「状況的認知」と言います。ですから味の部分だけをテストしてもあまり意味がない。飲むシチュエーション、企業ブランド、ビンの形……。すべての要素がミックスされた体験を重視しないといけないんです。


井口尊仁

プレゼンのスライドは最終形。そこに至るまでの取り組みが成否を分けます。日々アンテナを張って、ヒントを求めて、人と対話して仮説をぶつける。スライドのことばかり考えるのはもうやめにしましょう。いっそスライドなしで臨むぐらいの方が上達しますよ。


後藤卓也(花王)

資料のレイアウトだけで、どれだけ時間を使ったんだ?資料はあり合わせで構わない。
【覚書き|プレゼンの場に見栄えの良い資料をつくってきた社員に対して言った言葉】


ページの先頭へ