佐渡裕の名言

佐渡裕のプロフィール

佐渡裕、さど・ゆたか。日本の指揮者。京都府出身。京都市立芸術大学音楽学部フルート科卒業。コンセール・ラムルー(ラムルー管弦楽団)首席指揮者、大阪センチュリー交響楽団首席客演指揮者、シエナ・ウインド・オーケストラ首席指揮者、ウィーン・トーンキュンストラー管弦楽団首席指揮者(音楽監督)などを務めた。

佐渡裕の名言 一覧

人と人が一緒に生きていくって、とても難しいこと。同時に、すごく喜びを感じることでもある。僕の場合は、音楽を通じてそれを伝えているんです。


音楽の役割を考え続けてきました。年も生まれた場所も考え方もまったく違う人たちとともに一つの曲を演奏するのは、並大抵のことではない。しかし、間違いなく音楽によって人は一つになれるし、それこそが音楽の仕事の醍醐味なんだと思うようになりました。


最近しみじみと、大好きな店に長く通い続けられるのって、とても貴重なことだと思うようになりました。特にバーは人と人との距離が近いから、いろいろなことが起こりますよね。だからこそ面白くもあるし、難しくもある。


佐渡裕の経歴・略歴

佐渡裕、さど・ゆたか。日本の指揮者。京都府出身。京都市立芸術大学音楽学部フルート科卒業。コンセール・ラムルー(ラムルー管弦楽団)首席指揮者、大阪センチュリー交響楽団首席客演指揮者、シエナ・ウインド・オーケストラ首席指揮者、ウィーン・トーンキュンストラー管弦楽団首席指揮者(音楽監督)などを務めた。

ページの先頭へ