名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

佐波正一の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

佐波正一のプロフィール

佐波正一、さば・しょういち。日本の経営者。東芝の社長・会長。東京都出身、大正生まれ。東京帝国大学卒業後、東京芝浦電気(のちの東芝)に入社。重電(プラント用の大型電機機械)部門で活躍したのち社長に就任。経団連副会長、国際基督教大学理事長なども務めた経営者。

佐波正一の名言 一覧

単純に欧米を真似してドラスチック(過激)に制度を変えればいいわけではありません。日本の取締役が持っていた人事的なプロモーションの意味を無視すると、かえって従業員のモラルを落としてしまいます。執行役員制度も過渡期の一つのやり方でしょう。


日本メーカーの強みは、何といっても生産技術にあります。デフレ圧力は簡単にはなくなりません。海外拠点、中でも中国で生産体制を整備することは不可欠ですが、それだけでは競争力を高めることはできません。企業は将来を見据えた研究開発戦略を構築し、自らの強みを磨いていくべきです。


僕の社長時代は石油ショックの後で、明るい展望の描きにくいときでした。しかし、半導体の研究開発と生産に、ヒト・モノ・カネを集中配分したのです。東芝が1メガビットのDRAMで先行する礎を作ることができました。必要な分野への集中投資で、必ずや道は開けるのだと思います。


小泉純一郎首相も「米百俵」の精神を説いています。日本はいまこそ自信を持ち、長期的な展望のもとに、新技術を育てることが求められています。
【覚書き|米百俵とは、幕末前後に活躍した長岡藩の小林虎三郎のエピソードから、現在を辛抱し将来のために投資するという意味でつかわれる。戊辰戦争で敗れた長岡藩は6割の減収となり財政がひっ迫した。見かねた三根山藩から米百俵が贈られることとなった。大参事小林虎三郎はこれを藩士には配らず売却して学校を設立し「百俵の米も、食えばたちまちなくなるが、教育にあてれば明日の一万、百万俵となる」と言った】


不況が長期化しているところに、米テロ事件が起き、社会の閉塞感はますます強まっています。早く活路を見出したいと、企業も手っ取り早い成果を求めがちです。しかし、こうしたときにこそ近視眼的な発想にとらわれず、長期的な発展のためにバランスを取ることが大切です。最近はどうも性急、短絡な見方が強すぎるようです。


英国の企業でまず気が付いたのは、一般にボード(取締役会)の規模が小さいことでした。取締役は16から17人で、活発に議論できました。ところが東芝では、僕が役員になったときが27人で、その後に30人を超えました。しかも、日本では取締役の中にも、副社長、専務、常務といった階層があります。


企業と銀行の株式持ち合いからもわかるように、持ちつ持たれつが日本社会の特徴です。その中でそれなりに発展してきました。しかし、世界市場が単一化し、技術や市場の変化が加速度的に速くなっています。「スピードと感度」とよく言ったものですが、市場の変化への感度を研ぎ澄まし、対応を速くしないといけません。いままでの統治形態がマッチしなくなってきているのも事実です。


英国の化学会社、インペリアル・ケミカル・インダストリーズ(ICI)の社外取締役になったのは、もう20年近く前のことです。日本でもコーポレートガバナンス(企業統治)の議論が活発になってきました。国際化が進み、株主価値をいかに増大させるかが課題になっているのだから、当然の流れでしょう。


スピードと感度。結局、ユーザーが何をどんな形で欲しがっているのかを知るのは感度、そのニーズはタイムリーに対応するにはスピードが大事でしょう。感度は方向感覚と言い換えてもいいと思います。


佐波正一の経歴・略歴

佐波正一、さば・しょういち。日本の経営者。東芝の社長・会長。東京都出身、大正生まれ。東京帝国大学卒業後、東京芝浦電気(のちの東芝)に入社。重電(プラント用の大型電機機械)部門で活躍したのち社長に就任。経団連副会長、国際基督教大学理事長なども務めた経営者。

他の記事も読んでみる

中井貴一

出演作のDVDをいただいても1回観たら終わりです。次回作を自分の代表作にしたいって気持ちで取り組んでますからね。いまの現場で新しく撮られるシーンで、いかに楽しく勉強できるかがすべてだと。


ハロルド・ジェニーン

ビジネスは素晴らしい冒険。面白さにあふれた、毎日待ち望むべきものでありえるだけではなく、それから得られるものはサラリーやボーナスをはるかに超えたものである。


佐野健一

日本の状況が混沌とした中で、我々企業は永続的に発展するために世界に出ていかなければいけない、それも運命であり、チャンスだと捉えた。


芳井敬一

私は支店長公募育成研修や将来の経営幹部を育てる大和ハウス塾の1期生で、その頃から一貫して「人を育てる」ことを心掛けてきました。「100周年に売上高10兆円」の目標に向かうときに、実際に事業をするのは人です。とにかく人を育てていきたいと思います。


林家正蔵・9代目(林家こぶ平)

今を楽しみながら、静かな欲を持って自分を伸ばしていきたい。


犬伏泰夫

我々は、他の追随を許さないオンリーワン製品を数多く持つ優良企業を目指して、日夜努力していくことが重要だと考えています。


田﨑史郎(田崎史郎)

40代半ばまでなら、たとえ失敗しても復活するチャンスは十分にあると思いますよ。人生、熱中できることさえ見つけられれば、何とかなるもんです。


朝長哲

取引先に対しては、日常から品質管理セミナーも実施しています。品質管理がなぜ求められているのか。品質管理をする体制をどのように構築すべきなのか。あらゆる現場で品質に対する基本的な姿勢を徹底していくのが目的です。


大野裕

うつは誰でもなる可能性のある病気です。私のもとにくる患者さんも「まさか自分がうつになるなんて」と吐露される方が多い。たとえば、悲観的だったり、責任感が強い性格はうつになりやすいと思われがちですが、誰でも心身の疲労が溜まってくれば、後ろ向きになったり、自分を責めたりしやすぐなります。うつは予測がつかない。「普段と何かが違う」と感じたら、いつも以上に気をつけて社員を観察し、話し合いの場を持つことです。また、原因が上司その人の場合もあるので、会社の中で上司以外と話せる環境をつくっておくことも必要でしょう。


樋口武男

販売拡大の根幹は「サービス力」であり、顧客サービスの最大のポイントは「スピード対応」である。


米沢宏

ストレスチェックの結果を分析すれば、組織のストレスの負荷が分かり、組織上の課題解決のヒントが発見できます。産業医の立場から言えば、高ストレスの社員の面接を通して、これまでは産業医に相談に来なかった早期の不適応段階の人が把握でき、上手に運用すれば、休職者を減らせる可能性もあります。


足利政春

お客様や社員など、当社を支えてくださる方々のお役に立って「喜び」をお届けし、本業を大切にして身の丈に合った成長を目指すことが「あじかん」の思想です。この思想がきちんと継承され、形骸化しなければ、あじかんはこれから先も、50年、100年と確実な歩みを続けることができると。