名言DB

9412 人 / 110637 名言

佐波正一の名言

twitter Facebook はてブ

佐波正一のプロフィール

佐波正一、さば・しょういち。日本の経営者。東芝の社長・会長。東京都出身、大正生まれ。東京帝国大学卒業後、東京芝浦電気(のちの東芝)に入社。重電(プラント用の大型電機機械)部門で活躍したのち社長に就任。経団連副会長、国際基督教大学理事長なども務めた経営者。

佐波正一の名言 一覧

単純に欧米を真似してドラスチック(過激)に制度を変えればいいわけではありません。日本の取締役が持っていた人事的なプロモーションの意味を無視すると、かえって従業員のモラルを落としてしまいます。執行役員制度も過渡期の一つのやり方でしょう。


日本メーカーの強みは、何といっても生産技術にあります。デフレ圧力は簡単にはなくなりません。海外拠点、中でも中国で生産体制を整備することは不可欠ですが、それだけでは競争力を高めることはできません。企業は将来を見据えた研究開発戦略を構築し、自らの強みを磨いていくべきです。


僕の社長時代は石油ショックの後で、明るい展望の描きにくいときでした。しかし、半導体の研究開発と生産に、ヒト・モノ・カネを集中配分したのです。東芝が1メガビットのDRAMで先行する礎を作ることができました。必要な分野への集中投資で、必ずや道は開けるのだと思います。


小泉純一郎首相も「米百俵」の精神を説いています。日本はいまこそ自信を持ち、長期的な展望のもとに、新技術を育てることが求められています。
【覚書き|米百俵とは、幕末前後に活躍した長岡藩の小林虎三郎のエピソードから、現在を辛抱し将来のために投資するという意味でつかわれる。戊辰戦争で敗れた長岡藩は6割の減収となり財政がひっ迫した。見かねた三根山藩から米百俵が贈られることとなった。大参事小林虎三郎はこれを藩士には配らず売却して学校を設立し「百俵の米も、食えばたちまちなくなるが、教育にあてれば明日の一万、百万俵となる」と言った】


不況が長期化しているところに、米テロ事件が起き、社会の閉塞感はますます強まっています。早く活路を見出したいと、企業も手っ取り早い成果を求めがちです。しかし、こうしたときにこそ近視眼的な発想にとらわれず、長期的な発展のためにバランスを取ることが大切です。最近はどうも性急、短絡な見方が強すぎるようです。


英国の企業でまず気が付いたのは、一般にボード(取締役会)の規模が小さいことでした。取締役は16から17人で、活発に議論できました。ところが東芝では、僕が役員になったときが27人で、その後に30人を超えました。しかも、日本では取締役の中にも、副社長、専務、常務といった階層があります。


企業と銀行の株式持ち合いからもわかるように、持ちつ持たれつが日本社会の特徴です。その中でそれなりに発展してきました。しかし、世界市場が単一化し、技術や市場の変化が加速度的に速くなっています。「スピードと感度」とよく言ったものですが、市場の変化への感度を研ぎ澄まし、対応を速くしないといけません。いままでの統治形態がマッチしなくなってきているのも事実です。


英国の化学会社、インペリアル・ケミカル・インダストリーズ(ICI)の社外取締役になったのは、もう20年近く前のことです。日本でもコーポレートガバナンス(企業統治)の議論が活発になってきました。国際化が進み、株主価値をいかに増大させるかが課題になっているのだから、当然の流れでしょう。


スピードと感度。結局、ユーザーが何をどんな形で欲しがっているのかを知るのは感度、そのニーズはタイムリーに対応するにはスピードが大事でしょう。感度は方向感覚と言い換えてもいいと思います。


佐波正一の経歴・略歴

佐波正一、さば・しょういち。日本の経営者。東芝の社長・会長。東京都出身、大正生まれ。東京帝国大学卒業後、東京芝浦電気(のちの東芝)に入社。重電(プラント用の大型電機機械)部門で活躍したのち社長に就任。経団連副会長、国際基督教大学理事長なども務めた経営者。

他の記事も読んでみる

押味至一

社員によく言うのは「ご破算に願いましては」です。建設産業は受注産業です。仕事が一つ終わると、その決算が出ます。そして次の仕事はまたゼロから始まります。つまりご破算です。ある年にAという仕事を頂いた。次の年にも同じ仕事を頂けたとしても、同じことをやるのではなく、時代の進歩に合わせて新しいことに挑戦していく。このご破算の意識を常に意識することが必要。


三国大吾

大伸会をサービス業の組織として、もっと成熟させることも必要だと感じています。そこで商工会などにも参加し、異業種交流を通じてノウハウを貪欲に吸収させていただき、応用しています。


泉谷直木

不透明な時代でも、見えている現実を捕まえて対応していく。その積み重ねが、結果的に、見えない時代を見えるようにしていく。


菅野智之

投手はチームからの信頼が大事。同じ失敗を二度やれば、だんだんと信頼が失われます。


石田退三

トヨタを追撃するという姿勢でなく、いい品物をつくって出すという考えでないとトヨタを追撃できませんよ。


伊藤昌壽

目先の業績をあげるだけならわけはない。次の次の世代のために種を仕込むのが社長の仕事だから苦労する。


ロバート・キヨサキ

私の場合、リーダーシップとは、従業員としょっちゅうやりとりをすることだ。それによって、彼らがさらに高いレベルに到達できるようにし、未来はますます明るくなると彼らを励まし続ける。従業員がいっしょにやっていきたいと思えるような未来像を描くことができれば、コミュニケーションのレベルを上げようという従業員の意欲をかきたてることができる。それが、売り上げアップにつながる。


トーマス・J・ワトソン

早く成功したいなら、失敗を二倍の速度で経験することだ。成功は失敗の向こう側にあるのだから。


小田禎彦

こんなことがありました。あるお客様がお母様の形見の写真とご位牌を持って、「お母さん、来たわよ」と言われるのを私どもの客室係が耳にした。子細を尋ねると、亡きお母様が加賀屋に来るのを楽しみにしていたが果たせなかったとのこと。それで、客室係が調理係に伝えて陰膳(かげぜん)と精進料理一品とを用意してさしあげた。それでお客様一行が涙、涙で喜んでくださったのです。これは客室係だけでできたわけではありません。調理師がその話を聞いて、「おお、そうか。忙しいけどつくってやるぞ」と客室係が気を利かしたことを形にしたわけですね。こういうところが加賀屋でなくてはなりません。


鹿田尚樹

『効果10倍の教える技術(吉田新一著)』によると、ものごとを整理するのに効果的な方法を実験で検証したところ、「見る」だけでは理解度が15%だったのに対し、「人に教える」ようにすると理解度は90%にまで高まったといいます。内容を整理しそれを人に伝えることは、ものごとの理解を飛躍的に高めるのです。


矢沢永吉

10の力を持ってたら、9までは塾だ受験だちょうちんだでいいよ。でも、1ぐらいは、残りの1ぐらいは、一攫千金じゃないけど「やってやる!」って感覚を持ちたいね。オレ、本気でそう思ってる。成りあがり。大好きだねこの言葉。素晴らしいじゃないか。


前野隆司

まわりと比較しないのはいいですが、それが向上心の低下につながってはよくない。自分の強みを伸ばすために学習する、夢や目標を明確に保ち、チャレンジすることがさらなる幸せにつながるのです。


坂根正弘

問題があった時には、物事の本質を見抜くことが重要。そして、問題点を整理して改革を実行していく。


美輪明宏

生きるか死ぬかという段階になれば、例えばかつてはプライドが許さなかった「人に頭を下げる」ことさえ、簡単にできるようになるものです。


アルバート・アインシュタイン

昨日から学び、今日を懸命に生き、明日への希望を持て。大切なことは問うことをやめないことだ。