名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

佐波正一の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

佐波正一のプロフィール

佐波正一、さば・しょういち。日本の経営者。東芝の社長・会長。東京都出身、大正生まれ。東京帝国大学卒業後、東京芝浦電気(のちの東芝)に入社。重電(プラント用の大型電機機械)部門で活躍したのち社長に就任。経団連副会長、国際基督教大学理事長なども務めた経営者。

佐波正一の名言 一覧

単純に欧米を真似してドラスチック(過激)に制度を変えればいいわけではありません。日本の取締役が持っていた人事的なプロモーションの意味を無視すると、かえって従業員のモラルを落としてしまいます。執行役員制度も過渡期の一つのやり方でしょう。


日本メーカーの強みは、何といっても生産技術にあります。デフレ圧力は簡単にはなくなりません。海外拠点、中でも中国で生産体制を整備することは不可欠ですが、それだけでは競争力を高めることはできません。企業は将来を見据えた研究開発戦略を構築し、自らの強みを磨いていくべきです。


僕の社長時代は石油ショックの後で、明るい展望の描きにくいときでした。しかし、半導体の研究開発と生産に、ヒト・モノ・カネを集中配分したのです。東芝が1メガビットのDRAMで先行する礎を作ることができました。必要な分野への集中投資で、必ずや道は開けるのだと思います。


小泉純一郎首相も「米百俵」の精神を説いています。日本はいまこそ自信を持ち、長期的な展望のもとに、新技術を育てることが求められています。
【覚書き|米百俵とは、幕末前後に活躍した長岡藩の小林虎三郎のエピソードから、現在を辛抱し将来のために投資するという意味でつかわれる。戊辰戦争で敗れた長岡藩は6割の減収となり財政がひっ迫した。見かねた三根山藩から米百俵が贈られることとなった。大参事小林虎三郎はこれを藩士には配らず売却して学校を設立し「百俵の米も、食えばたちまちなくなるが、教育にあてれば明日の一万、百万俵となる」と言った】


不況が長期化しているところに、米テロ事件が起き、社会の閉塞感はますます強まっています。早く活路を見出したいと、企業も手っ取り早い成果を求めがちです。しかし、こうしたときにこそ近視眼的な発想にとらわれず、長期的な発展のためにバランスを取ることが大切です。最近はどうも性急、短絡な見方が強すぎるようです。


英国の企業でまず気が付いたのは、一般にボード(取締役会)の規模が小さいことでした。取締役は16から17人で、活発に議論できました。ところが東芝では、僕が役員になったときが27人で、その後に30人を超えました。しかも、日本では取締役の中にも、副社長、専務、常務といった階層があります。


企業と銀行の株式持ち合いからもわかるように、持ちつ持たれつが日本社会の特徴です。その中でそれなりに発展してきました。しかし、世界市場が単一化し、技術や市場の変化が加速度的に速くなっています。「スピードと感度」とよく言ったものですが、市場の変化への感度を研ぎ澄まし、対応を速くしないといけません。いままでの統治形態がマッチしなくなってきているのも事実です。


英国の化学会社、インペリアル・ケミカル・インダストリーズ(ICI)の社外取締役になったのは、もう20年近く前のことです。日本でもコーポレートガバナンス(企業統治)の議論が活発になってきました。国際化が進み、株主価値をいかに増大させるかが課題になっているのだから、当然の流れでしょう。


スピードと感度。結局、ユーザーが何をどんな形で欲しがっているのかを知るのは感度、そのニーズはタイムリーに対応するにはスピードが大事でしょう。感度は方向感覚と言い換えてもいいと思います。


佐波正一の経歴・略歴

佐波正一、さば・しょういち。日本の経営者。東芝の社長・会長。東京都出身、大正生まれ。東京帝国大学卒業後、東京芝浦電気(のちの東芝)に入社。重電(プラント用の大型電機機械)部門で活躍したのち社長に就任。経団連副会長、国際基督教大学理事長なども務めた経営者。

他の記事も読んでみる

梅原大吾

僕にとって勝ち負けはどうでもいいこと。むしろ、勝つために努力する工程こそ勝負の本質だと思います。


柳井正

一足飛びの成功はありえない。毎日、少しずつ前進していけば、いつか成果を収めることはできる。


中谷彰宏

褒めるというのは、表現の問題ではありません。仕事の結果としてはまだ出ていないけれど、「こいつはこういうところで頑張っている」という点を見抜けるかどうか、つまり観察力があるかどうかの問題なのです。


朝原宣治

社会の中でスポーツの地位向上を図るには、スポーツ好きな子供を増やし、トップアスリートを育てることが大事です。そこで私は、次世代を担う子供の運動能力を高められればと考え、「NOBY T&F CLUB」を設立しました。発育発達理論を基に、専門家の意見を参考にして作った運動プログラムを、元トップアスリートたちが子供に教えています。このロールモデルが全国に広がり、アスリートのセカンドキャリアの受け皿になればとも考えています。


相田雪雄

野村証券に呼び戻されて名誉会長に就任した年に、社内運動会を廃止しました。それまでは毎年10月10日に社有のグラウンドで社員と家族を集めて盛大に開いていたのですが、もう、わざわざ休日に社員を集めて士気を鼓舞するような時代ではないと考えたからです。


桑畑英紀

報連相が上がってきたとき、部下に対して立派なアドバイスを一方的に与えるのも好ましくありません。コントロールするための報連相が定着すると、部下の思考停止が習慣化して自主性が育たなくなるという弊害が出ます。とくにプレーヤーとして優秀な上司によく見られる問題です。


戸塚隆将

上司へのアピールは案外、効果的です。上司は複数のプロジェクトを走らせていて、新規の案件が発生したらどのようなメンバーを集めようかといつも頭を抱えています。悩める上司たちに普段から「○○に興味があって勉強している」と伝えておけば、新プロジェクトにアサインされる可能性もあります。最終的には組織の論理で決まるものの、優秀な人は自分が希望する仕事につけるように、自らアプローチしてチャンスをつかもうとしているのです。


前澤友作

SNSではいろいろな評価をいただいていますが、なかには賞賛もあれば、批判もあります。それは当然だと思います。ただし、愛情のない批判や意見は、案外リツイートされませんから、自然に淘汰されています。だから、評判もとくに気にしません。もちろん、愛のある批判や意見はありがたいですから、謙虚に受け止め、再発防止に役立てたいと思います。


齋藤孝(教育学者)

互いに不機嫌になる材料を持ち寄っても、清々しい問題解決への道は開けません。表面を取り繕ってでも、笑顔で冷静な話し合いをすることで、ようやく問題解決への糸口が見えてくる。


瀬戸欣哉

合弁会社やコンソーシアム(企業連合)という方式は、出資者の覇権争いが競合に勝つより大事になってしまいがち。本来はパイそのものを大きくするのが目的のはずが、パイの分け前を誰が多く取るかという議論にエネルギーが費やされてしまいます。自分が組織の中で偉くなることの方が、会社が儲かることより大切だと思う人は結構いますよね。合弁やコンソーシアムでは、その悪い面が極端に出がちです。


吉田穂波

したいことがあるとき、「時間がないからできない」と決めつけるのは禁物です。思い切ってしてみると、驚くほど大きなパワーが発揮できるもの。時間がないときこそ、実はチャンス。


東哲郎

米IBMがなぜソリューション企業として生き残ったかといえば、半導体事業は縮小してもサーバーでは一歩も引かず、誰にも追随できない商品と技術を死守したからなのです。