名言DB

9413 人 / 110706 名言

佐治敬三の名言

twitter Facebook はてブ

佐治敬三のプロフィール

佐治敬三、さじ・けいぞう。日本の経営者。「サントリー」会長。大阪出身。サントリー創業者・鳥井信治郎の息子として生まれる。小学生の頃に母方の縁者の家に養子に出て佐治姓になる。大阪帝国大学理学部卒業後、サントリーの前身である「寿屋」に入社。同社会長時代に「サントリー」に社名変更。同社を大きく成長させた。そのほか大阪商工会議所会頭などを務めた。

佐治敬三の名言 一覧

大衆も一時期なら騙すこともできる。しかし、永遠に騙すことはできない。要するに本当のものでなければダメなんです。


「やってみなはれ」をトップマネジメントの立場からみれば「やらしてみなはれ」ということ。


誰もやっていないこと、やってみないことをやるのが進歩。


理屈を言わずに、まずはやってみなはれ。


人間はどん底がいくつ来るか分からない。そのどん底に絶対、対応しなければならない。どん底を経験すると、はじめて人間は強くなるのではないか。


学びつづけることが力になる。人間、やるしかないんです。


夢大きく膨らませてみい! 膨らますことしか、これからの将来はない。21世紀は君たちのものだ。ガンバレ!


失敗してもええから、全力でやれ。


とにかくワクワクしながら仕事をしてみろ。そうじゃないと人生は面白くならないぞ。


いつかは誰かがやらねばならないことがある。だからうちがやる。努力しなければ会社はやがて傾く。


教えてもあかんやつはあかん。でけんものはできへん。


現職の社長がしなきゃならんのは、トップの心得を後継者に説くことじゃなくて、下からのイノベーションの種がどんどん出てくるようにしむけることです。それがサントリーの社是である「やってみなはれ」です。【覚書き|甥の鳥井信一郎氏に社長を譲った時の発言。自身の経営哲学を濃縮して短くまとめたもの】


スコッチはスコッチの道を行け、サントリーはまた我が道をゆくであろう。
【覚書き|上記の発言はスコットランド訪問時にスコッチとは別の進化を遂げたウィスキーを作りたいという思いをつづった言葉。その後サントリーはあっさりとした飲み口の香り高い日本人の舌にあったウィスキーを開発していった】


「やってみなはれ」には挑戦してダメだとしてもオレが骨を拾ってやるという意味が込められているような気がします。やってみてダメな奴は怒る。やらない奴はとことん怒るということです。


「やってみなはれ」は、もともとオヤジ(鳥井信治郎)の私に対する小言なんです。大学を出て会社に入ったら、オヤジの言うことが理屈に合っていない。「そんな非合理なことをやっていて会社をやっていけるか」と言ってはケンカをする。新しい仕事をやる時も欠点ばかりあげて、そんなことはできるはずがないという。それに業を煮やしたオヤジが「敬三、やってみなはれ」と言うんです。今でも言われている気がしますよ。


大阪にサントリーの本社を置きっぱなしにしているのは、意地や。意地以外にない。いわば東京に対するレジスタンスやな。はっきりしたアイデンティティを持たんと、日本中が、東京という都市の金太郎飴になってしまいまっせ!


必ずしもトップダウンだけに頼るなと言いたい。リスクヘッジを社長にしておきながら仕事をするような生温かいことでは、これからは生きていけません。自分自身でやってみるというリスクテイキングな働きを期待しているんです。組織の精鋭なら自律自走しろ。


佐治敬三の経歴・略歴

佐治敬三、さじ・けいぞう。日本の経営者。「サントリー」会長。大阪出身。サントリー創業者・鳥井信治郎の息子として生まれる。小学生の頃に母方の縁者の家に養子に出て佐治姓になる。大阪帝国大学理学部卒業後、サントリーの前身である「寿屋」に入社。同社会長時代に「サントリー」に社名変更。同社を大きく成長させた。そのほか大阪商工会議所会頭などを務めた。

他の記事も読んでみる

寺澤康介

リクルーターには、仕事に前向きな社員を選びましょう。仕事の愚痴や内部情報を漏らしてしまう事例もあるため、十分トレーニングを積ませた方が良いですね。真面目な学生ほど不用意な一言を真に受けてしまいがちです。


奥島孝康

僕にも、学生時代の生活のためのアルバイトに明け暮れる4年間の苦闘、教師時代の革マル派との12年間におよぶ死闘という試練があった。しかし、いずれも「絶望」とはほど遠く、「夜は必ず朝を迎える」との確信が揺らぐことはなかった。


ジャスパー・チャン

ミッションや戦略はグローバル企業として同じものを掲げています。ただ、お客様に提供するサービスの内容や品揃えは各国で考えて決めています。お客様にどうすればベストなサービスを提供できるかを、日本の人たちとともに考えています。


親鸞

我はほどなく浄土に帰るなり。この世に言いおくこと一言もなし。


松井忠三

優れた業績を残した会社には、この3つしかない。

  1. 「良い経営者」がいるか。
  2. 「良い仕組み」があるか。
  3. 「良い社風」があるか。

松下幸之助

人間の能力というものは、いつも固定したものではないと思います。その人がおかれた場所場所によって、10の能力の人が20の働きをしてみたり、20の力がある人が10の働きしかしなかったり、ということがあり得るものです。ですから、人の配置というか、もっていき方というものが非常に大事だと思います。


星﨑尚彦(星崎尚彦)

特別な手法で経営を立て直しているわけではありません。高速でPDCA(計画、実行、評価、改善)サイクルを回しているだけです。修正点はすぐに直します。単純なことに見えるかもしれませんが、常に即断即決というのは休む暇もなくて大変ですね(笑)。


高崎幸人

私も独立を志し、最初はフランチャイズオーナーから始めました。そこから高齢者向け配食サービスのニコニコキッチンを創業し、今はニコニコキッチンのフランチャイズ本部を経営しています。ニコニコキッチン創業から15年、様々な挑戦を続けてきましたが、現在に至るまでの最初の挑戦が「独立」でした。


佐川隼人

「たまごリピート」は世の中にない製品で、しかもニーズがあったので、よく売れていきました。ストックビジネスなので、損益分岐点を越えると黒字が積み上がっていき、小さな成功を実感したときがありました。そんなとき「事業を売りませんか」という話がありました。事業を売れば、一生のんびり暮らせるかもしれない。売ってリタイアするか、自身で拡大させるか、考え抜いた結果、チャレンジしないのは男として、経営者として死に等しいという結論に至りました。そして、徹底的に事業を成長させ、ECで日本一の企業になろうと決めました。


田村順子

私は東京・銀座の「クラブ順子」のママとして50年間、政治家、経営者、スポーツ選子、作家など各界で成功している人をこの目で見てきました。男性を見極めるには、やっぱり第一印象ですね。これはものすごく重要です。おしゃれかどうか、姿勢、目線、笑顔。それからどんな靴下をはいているか。どんなバッグを持っているか。お店にパッと入ってこられたときに見せる笑顔でその人の人柄がわかります。


枡野俊明

無心に物事に取り組み続けると、与えられた仕事や目標に対する「やらされ感」が薄まってきます。人はどうしても、与えられた仕事や目標に対して、「なぜ、私がこんなことを……」といった不満を抱きがちです。しかし、目の前の仕事に没頭することができれば、自分なりの試みを楽しんで行うことができるようになります。


高橋茂雄

その場しのぎで要領よく切り抜けようとしても絶対バレます。逆に「小賢しいねん、よけい腹立つわ!」とそっぽを向かれかねません。失敗したときは「まあええ、次頑張れや」と言ってもらえるまで謝るしかない。


吉村久夫

平等は必要ですが、それはチャンスの平等であり、結果の平等ではありません。結果の平等ばかり求めて、向上心溢れる人たちのやる気を削いでは、社会全体が停滞してしまいます。


原田泳幸

事故が起こったとき最もやってはいけないのは、事実を隠蔽することです。もし意図的に隠していたことが表に出れば、会社の信用は地に落ちます。


小笹芳央

会社や業界の流れが、いまどうなっているか考えることで、自分の仕事にはどんな重要性があるのか、会社全体の中でどんな役割を果たしているのかが腑に落ち、仕事への姿勢が変わると思います。