名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

佐治敬三の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

佐治敬三のプロフィール

佐治敬三、さじ・けいぞう。日本の経営者。「サントリー」会長。大阪出身。サントリー創業者・鳥井信治郎の息子として生まれる。小学生の頃に母方の縁者の家に養子に出て佐治姓になる。大阪帝国大学理学部卒業後、サントリーの前身である「寿屋」に入社。同社会長時代に「サントリー」に社名変更。同社を大きく成長させた。そのほか大阪商工会議所会頭などを務めた。

佐治敬三の名言 一覧

大衆も一時期なら騙すこともできる。しかし、永遠に騙すことはできない。要するに本当のものでなければダメなんです。


「やってみなはれ」をトップマネジメントの立場からみれば「やらしてみなはれ」ということ。


誰もやっていないこと、やってみないことをやるのが進歩。


理屈を言わずに、まずはやってみなはれ。


人間はどん底がいくつ来るか分からない。そのどん底に絶対、対応しなければならない。どん底を経験すると、はじめて人間は強くなるのではないか。


学びつづけることが力になる。人間、やるしかないんです。


夢大きく膨らませてみい! 膨らますことしか、これからの将来はない。21世紀は君たちのものだ。ガンバレ!


失敗してもええから、全力でやれ。


とにかくワクワクしながら仕事をしてみろ。そうじゃないと人生は面白くならないぞ。


いつかは誰かがやらねばならないことがある。だからうちがやる。努力しなければ会社はやがて傾く。


教えてもあかんやつはあかん。でけんものはできへん。


現職の社長がしなきゃならんのは、トップの心得を後継者に説くことじゃなくて、下からのイノベーションの種がどんどん出てくるようにしむけることです。それがサントリーの社是である「やってみなはれ」です。【覚書き|甥の鳥井信一郎氏に社長を譲った時の発言。自身の経営哲学を濃縮して短くまとめたもの】


スコッチはスコッチの道を行け、サントリーはまた我が道をゆくであろう。
【覚書き|上記の発言はスコットランド訪問時にスコッチとは別の進化を遂げたウィスキーを作りたいという思いをつづった言葉。その後サントリーはあっさりとした飲み口の香り高い日本人の舌にあったウィスキーを開発していった】


「やってみなはれ」には挑戦してダメだとしてもオレが骨を拾ってやるという意味が込められているような気がします。やってみてダメな奴は怒る。やらない奴はとことん怒るということです。


「やってみなはれ」は、もともとオヤジ(鳥井信治郎)の私に対する小言なんです。大学を出て会社に入ったら、オヤジの言うことが理屈に合っていない。「そんな非合理なことをやっていて会社をやっていけるか」と言ってはケンカをする。新しい仕事をやる時も欠点ばかりあげて、そんなことはできるはずがないという。それに業を煮やしたオヤジが「敬三、やってみなはれ」と言うんです。今でも言われている気がしますよ。


大阪にサントリーの本社を置きっぱなしにしているのは、意地や。意地以外にない。いわば東京に対するレジスタンスやな。はっきりしたアイデンティティを持たんと、日本中が、東京という都市の金太郎飴になってしまいまっせ!


必ずしもトップダウンだけに頼るなと言いたい。リスクヘッジを社長にしておきながら仕事をするような生温かいことでは、これからは生きていけません。自分自身でやってみるというリスクテイキングな働きを期待しているんです。組織の精鋭なら自律自走しろ。


佐治敬三の経歴・略歴

佐治敬三、さじ・けいぞう。日本の経営者。「サントリー」会長。大阪出身。サントリー創業者・鳥井信治郎の息子として生まれる。小学生の頃に母方の縁者の家に養子に出て佐治姓になる。大阪帝国大学理学部卒業後、サントリーの前身である「寿屋」に入社。同社会長時代に「サントリー」に社名変更。同社を大きく成長させた。そのほか大阪商工会議所会頭などを務めた。

他の記事も読んでみる

町村敬貴

弟の金五(北海道知事)と18歳も開きがあるが、金五の方が兄に見えるらしく、しばしば間違えられる。「兄貴は好きなことばかりやってきたから歳をとらないのだ。知事ともなると、八方から攻められて、自然としわが増える」と、弟はときどきくさる。


大岩俊之

仕事ができる人ほど様々なジャンルの本を読んでいると感じます。とくに、歴史や哲学といったジャンルは成功者の必読書。


兼元謙任

デジタル技術の発展に伴い、人々のコミュニケーションの希薄化が指摘される昨今、デジタル世界のネット上でも人間同士の「互い助け合い」のコミュニケーションを生み出し、世界中に「ありがとう」を創造していくことが私の使命だ。


最上悠

人は相手を外見で判断します。言い換えれば、外見からなめられるということ。外見だけに頼るのは問題ですが、ビジネスにおいて、とくに交渉の場では、身だしなみに気を付けることが第一条件です。同時に、肩書きと仕事の成果がなければ甘く見られても仕方がないということも心得ておきましょう。


堺屋太一

産業革命以来ずっと近代思想の根底にあった「物財が多い方が人間は幸せだ」という考え方。モノをたくさん作るのは正義だ。そのためには規格大量生産が一番いい。その結果、日本は自動車や電気製品に代表される規格大量生産が世界で一番上手な国になった。ところが人類の文明思想は80年代に大転換し「本当に物財が多いことが人間の幸せだろうか。満足が大きいことが幸せではないか」という方向に変わってきた。


地井武男

地井武男っていうと「うん、こういう俳優だ」っていう固定されたイメージを持たれたくないんです。物まねをしようにも、できない俳優っていうのかな。もちろん、尊敬する渡哲也さんや田中邦衛さんのようにスターとして、ひとつのイメージを確立していくのも素晴らしいことなんですよ。でも、僕はスターの器じゃないですからね。


入山章栄

私は、社会人としての成人は30歳くらいだと思っています。20代は全力で働いて自分の能力を開発し、30歳あたりで自分の進む道を見極め、次のフィールドに身を移せばいい。


北城恪太郎

20人ほどのチームで2年頑張ったのですが、情勢は厳しく、ときには部下も「選ばれないのでは?」と不安を露わにし、チームの士気が下がったこともありました。しかし、私は「必ず道は開ける」と自分に言い聞かせ、前向きに仕事に取り組みました。最終的にはお客様に選んでいただきました。これが私のキャリアが開けるきっかけになりました。
【覚書き|管理職となってはじめての仕事、大手都市銀行にオンラインシステムを売り込んだ際を振り返っての発言】


海老一宏

かつて「縁」と「恩」を感じた人は、特にリスト化して定期的に連絡を取っています。後から喧嘩をしようが何をしようが、縁は縁だし恩人は恩人。こちらが大事にしていれば、そっぽを向く人はあまりいません。こういう人は、損得抜きで見返りを求めない客観的なアドバイスをしてくれます。


田中和彦

「とりあえずやってみよう」という感覚を大事に、様々な仕事に挑戦してみるといい。


森辺一樹

今のクライアントの97%は上場企業だが、本当は中小企業の支援に力を入れたい。日本の市場は飽和状態なので、中小企業こそ海外に出るべきだ。


亀梨和也

自信、ないですよ。野球をやっていた時も、自信がないからいっぱい練習したし、台本を何回も読むのも自信がないから。ストイックという言葉を使っていただくことがあるんですが、そうじゃない。準備が足りなくて自分の理想に届かなかった時の後悔とかストレスに耐える自信がないだけ(笑)。