名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

佐治敬三の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

佐治敬三のプロフィール

佐治敬三、さじ・けいぞう。日本の経営者。「サントリー」会長。大阪出身。サントリー創業者・鳥井信治郎の息子として生まれる。小学生の頃に母方の縁者の家に養子に出て佐治姓になる。大阪帝国大学理学部卒業後、サントリーの前身である「寿屋」に入社。同社会長時代に「サントリー」に社名変更。同社を大きく成長させた。そのほか大阪商工会議所会頭などを務めた。

佐治敬三の名言 一覧

大衆も一時期なら騙すこともできる。しかし、永遠に騙すことはできない。要するに本当のものでなければダメなんです。


「やってみなはれ」をトップマネジメントの立場からみれば「やらしてみなはれ」ということ。


誰もやっていないこと、やってみないことをやるのが進歩。


理屈を言わずに、まずはやってみなはれ。


人間はどん底がいくつ来るか分からない。そのどん底に絶対、対応しなければならない。どん底を経験すると、はじめて人間は強くなるのではないか。


学びつづけることが力になる。人間、やるしかないんです。


夢大きく膨らませてみい! 膨らますことしか、これからの将来はない。21世紀は君たちのものだ。ガンバレ!


失敗してもええから、全力でやれ。


とにかくワクワクしながら仕事をしてみろ。そうじゃないと人生は面白くならないぞ。


いつかは誰かがやらねばならないことがある。だからうちがやる。努力しなければ会社はやがて傾く。


教えてもあかんやつはあかん。でけんものはできへん。


現職の社長がしなきゃならんのは、トップの心得を後継者に説くことじゃなくて、下からのイノベーションの種がどんどん出てくるようにしむけることです。それがサントリーの社是である「やってみなはれ」です。【覚書き|甥の鳥井信一郎氏に社長を譲った時の発言。自身の経営哲学を濃縮して短くまとめたもの】


スコッチはスコッチの道を行け、サントリーはまた我が道をゆくであろう。
【覚書き|上記の発言はスコットランド訪問時にスコッチとは別の進化を遂げたウィスキーを作りたいという思いをつづった言葉。その後サントリーはあっさりとした飲み口の香り高い日本人の舌にあったウィスキーを開発していった】


「やってみなはれ」には挑戦してダメだとしてもオレが骨を拾ってやるという意味が込められているような気がします。やってみてダメな奴は怒る。やらない奴はとことん怒るということです。


「やってみなはれ」は、もともとオヤジ(鳥井信治郎)の私に対する小言なんです。大学を出て会社に入ったら、オヤジの言うことが理屈に合っていない。「そんな非合理なことをやっていて会社をやっていけるか」と言ってはケンカをする。新しい仕事をやる時も欠点ばかりあげて、そんなことはできるはずがないという。それに業を煮やしたオヤジが「敬三、やってみなはれ」と言うんです。今でも言われている気がしますよ。


大阪にサントリーの本社を置きっぱなしにしているのは、意地や。意地以外にない。いわば東京に対するレジスタンスやな。はっきりしたアイデンティティを持たんと、日本中が、東京という都市の金太郎飴になってしまいまっせ!


必ずしもトップダウンだけに頼るなと言いたい。リスクヘッジを社長にしておきながら仕事をするような生温かいことでは、これからは生きていけません。自分自身でやってみるというリスクテイキングな働きを期待しているんです。組織の精鋭なら自律自走しろ。


佐治敬三の経歴・略歴

佐治敬三、さじ・けいぞう。日本の経営者。「サントリー」会長。大阪出身。サントリー創業者・鳥井信治郎の息子として生まれる。小学生の頃に母方の縁者の家に養子に出て佐治姓になる。大阪帝国大学理学部卒業後、サントリーの前身である「寿屋」に入社。同社会長時代に「サントリー」に社名変更。同社を大きく成長させた。そのほか大阪商工会議所会頭などを務めた。

他の記事も読んでみる

水野敦之(経営者)

難局を乗り越えるためには、一人ひとりが自律的に、脱マニュアルの接客をすることが重要。


鍵本忠尚

生きている人間はそれだけで恵まれている。時間を無駄にせず、意味のあるものにしなくては。


吉岡知哉

大学で成長する人は、何か面白いことを見つけて、一生懸命やってきた人でしょう。別の言い方をすれば、ある分野について早熟な人と言えるかもしれません。たとえば、中学のときに音楽に目覚めて、ギターに熱中した人は、その領域はもちろん、それ以外の領域にも伸びていく可能性があります。これはスポーツに関しても言えることです。


眞保智絵(鳥海智絵)

金融業界は男性社会という印象が一般的には強いようですが、野村証券は「男女にこだわらない風土」があると思います。男女関係なく「やらせてみよう」という、いい意味での割り切りがあるんです。これまで社内で、女性だということを特に意識したことはありません。恵まれた環境にいられたことに感謝しています。


金指潔

持っている資産を、軸を少し変えてみると、新しい価値が出てくる。


辻野晃一郎

ビジネスマンのスピードは、決して年齢とともに落ちるわけではないと思います。歳とともに経験も増え、助言してくれる人も増えるわけですから、判断のスピードはむしろ上がるはずです。


梶本修身

ハードワークをしたとき、達成感を感じて疲労が吹き飛ぶこともあるが、それは脳の錯覚。人間の場合、意欲を感じる前頭葉が発達しているため、疲れを隠してしまうのです。いわば、隠れ疲労で、それこそ蓄積したら危険です。


大野裕

自分の考え方の特徴がわかると、行きすぎた考えにブレーキをかけて、冷静に現実に目を向けやすくなる。


杉本隆一郎

「何かを読みに来る」「情報を探しにくる」という漠然としたものではなく、「訪れるときちんと何かしらの成果につながる」とユーザーに実感してもらえるのが強み。


アンリ・ベルクソン

本当の幸福とは善行がもたらす喜びである。


樋口武男

社会に出て初めて就職した小さな鉄鋼商社は、2年4カ月で退職しました。「若いころの苦労は買ってでもしろ」と言いますが、労働時間が短くて給料がよすぎたのです。このままぬるま湯のような職場にいたのでは独立したときに頑張ることができないと考えました。そして転職先を、「モーレツ会社」という見出しで週刊誌に取り上げられていた大和ハウスエ業に決めていました。


石塚しのぶ

価値観を浸透させるためには、採用からやっていかなければいけない。採用する時に、その人がその会社の価値観に合うかどうかを知ることが必要です。例えば、採用の場合も従来型でいえば「こんなことができる」「こんなテクノロジーに詳しい」といったことを基準に採用していましたが、今、アメリカの採用の方法がものすごく変わってきていて、採用で「価値観インタビュー」をするところが増えています。会社の価値観が合うかどうかをチェックしましょうということです。