名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

佐治敬三の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

佐治敬三のプロフィール

佐治敬三、さじ・けいぞう。日本の経営者。「サントリー」会長。大阪出身。サントリー創業者・鳥井信治郎の息子として生まれる。小学生の頃に母方の縁者の家に養子に出て佐治姓になる。大阪帝国大学理学部卒業後、サントリーの前身である「寿屋」に入社。同社会長時代に「サントリー」に社名変更。同社を大きく成長させた。そのほか大阪商工会議所会頭などを務めた。

佐治敬三の名言 一覧

大衆も一時期なら騙すこともできる。しかし、永遠に騙すことはできない。要するに本当のものでなければダメなんです。


「やってみなはれ」をトップマネジメントの立場からみれば「やらしてみなはれ」ということ。


誰もやっていないこと、やってみないことをやるのが進歩。


理屈を言わずに、まずはやってみなはれ。


人間はどん底がいくつ来るか分からない。そのどん底に絶対、対応しなければならない。どん底を経験すると、はじめて人間は強くなるのではないか。


学びつづけることが力になる。人間、やるしかないんです。


夢大きく膨らませてみい! 膨らますことしか、これからの将来はない。21世紀は君たちのものだ。ガンバレ!


失敗してもええから、全力でやれ。


とにかくワクワクしながら仕事をしてみろ。そうじゃないと人生は面白くならないぞ。


いつかは誰かがやらねばならないことがある。だからうちがやる。努力しなければ会社はやがて傾く。


教えてもあかんやつはあかん。でけんものはできへん。


現職の社長がしなきゃならんのは、トップの心得を後継者に説くことじゃなくて、下からのイノベーションの種がどんどん出てくるようにしむけることです。それがサントリーの社是である「やってみなはれ」です。【覚書き|甥の鳥井信一郎氏に社長を譲った時の発言。自身の経営哲学を濃縮して短くまとめたもの】


スコッチはスコッチの道を行け、サントリーはまた我が道をゆくであろう。
【覚書き|上記の発言はスコットランド訪問時にスコッチとは別の進化を遂げたウィスキーを作りたいという思いをつづった言葉。その後サントリーはあっさりとした飲み口の香り高い日本人の舌にあったウィスキーを開発していった】


「やってみなはれ」には挑戦してダメだとしてもオレが骨を拾ってやるという意味が込められているような気がします。やってみてダメな奴は怒る。やらない奴はとことん怒るということです。


「やってみなはれ」は、もともとオヤジ(鳥井信治郎)の私に対する小言なんです。大学を出て会社に入ったら、オヤジの言うことが理屈に合っていない。「そんな非合理なことをやっていて会社をやっていけるか」と言ってはケンカをする。新しい仕事をやる時も欠点ばかりあげて、そんなことはできるはずがないという。それに業を煮やしたオヤジが「敬三、やってみなはれ」と言うんです。今でも言われている気がしますよ。


大阪にサントリーの本社を置きっぱなしにしているのは、意地や。意地以外にない。いわば東京に対するレジスタンスやな。はっきりしたアイデンティティを持たんと、日本中が、東京という都市の金太郎飴になってしまいまっせ!


必ずしもトップダウンだけに頼るなと言いたい。リスクヘッジを社長にしておきながら仕事をするような生温かいことでは、これからは生きていけません。自分自身でやってみるというリスクテイキングな働きを期待しているんです。組織の精鋭なら自律自走しろ。


佐治敬三の経歴・略歴

佐治敬三、さじ・けいぞう。日本の経営者。「サントリー」会長。大阪出身。サントリー創業者・鳥井信治郎の息子として生まれる。小学生の頃に母方の縁者の家に養子に出て佐治姓になる。大阪帝国大学理学部卒業後、サントリーの前身である「寿屋」に入社。同社会長時代に「サントリー」に社名変更。同社を大きく成長させた。そのほか大阪商工会議所会頭などを務めた。

他の記事も読んでみる

戸塚祥太

心躍る現場だけど、その私情が作品に影響しちゃマズイ。仕事は仕事。一番気をつけたのは高ぶる気持ちを抑えることだった。とにかく平常心で自然にカメラに映ることを意識した。空気を邪魔せず、作中の一つのピースとしてはまっていることを願う。


越智直正

靴下の世界に入ってから来年で60年になります。「メード・イン・ジャパン」にこだわり、「売れるものを売れるだけ作る」仕組みを追求してきました。その結果、米ハーバード経営大学院のケーススタディーにも取り上げられるほど、世界的にも先進的な商売の仕組みを作り上げたようです。


鎌田浩毅

古典を読んで内容が難しいと思ったら、本棚に積んでおくだけでも十分です。いま内容を理解できなくても、10年、20年後、自分の置かれた状況が変わることで、突然、合点が行くことがあります。幸い、古典は時間を経ても腐りません。読みたくなったときはすぐに手に取れるよう自分の本棚に常備しておくことが大切です。


清水英雄

つらいことがおこると感謝するんです、これでまた強くなれるとありがとう。


植松努

「思うは招く」。僕が中学生のときに母さんが教えてくれた言葉です。思ったらそうなるよ、と。思い続けるって大事です。


塙昭彦

いまはいましかない。いまを精一杯生きた者にだけ、明日への栄冠がある。


太田彩子

営業は恋愛と似ていて、一発勝負で押すだけではダメなんです。押したら引いて、相手に選ばせて考えさせて、そしてまた忘れたころにやってくるというやり方で、少しずつ心を開いてもらうという感じでしょうか。


貝沼由久

誰も進出していないところへ真っ先に行って、その国の政府とコミュニケーションを取りながら、制度をきちんとつくってもらうというところから始めるのが、我々の勝利の方程式。


平野友朗

効率的に大量のメールを処理するポイントは、「読む回数」と「書く時間」を減らすこと。


柳井正

逃げたらダメ。砕けても良いから正面から突破することを考えるのが企業家ではないでしょうか。その姿を見たら、絶対誰かが協力してくれるはずです。


澤田秀雄

闇雲に仕事を任せれば、若手が伸びるわけではありません。まずは任せられるレベルまで育つように環境を整える。そのうえで育っていく過程を見極める。つまり、仕事を任せるまでの過程が大切なのです。


貫啓二

本気だからこそ気になることがたくさん出てきて、それを次々に変えていく。模倣する側は気になるところもないので、ずっと同じか、うちの店を見に来るしかない。だからうちはトップで居続けられる。