名言DB

9,502 人 / 112,123 名言

佐橋滋の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

佐橋滋のプロフィール

佐橋滋、さはし・しげる。日本の官僚。大正時代、岐阜県出身。東京帝国大学法学部卒業後、商工省(のちの経済産業省)に入省。陸軍経理学校卒業、主計少尉、主計中尉、総務局労働課長、繊維局紙業課長、生活物資局紙業課長、通商産業省通商繊維局綿業課長、仙台通商産業局総務部長、通商産業省石炭局炭政課長、通商産業大臣官房秘書課長兼通商産業省研修所幹事、通商産業大臣官房考査官、重工業局次長、重工業局長、企業局長、特許庁長官、通商産業事務次官などを歴任。そのほか、余暇開発センター理事長などを務めた。

佐橋滋の名言 一覧

武道の場合、平常心のある人は相手のどんな些細な動きにも対応できるが、平常心のない人は必ず相手に乗ぜられてしまいます。経営でも同じです。心にゆとりがなくセカセカ忙しく平常心を描いていたのではロクな経営はできません。経営者がやたら忙しいのは、自慢にならないんです。


佐橋滋の経歴・略歴

佐橋滋、さはし・しげる。日本の官僚。大正時代、岐阜県出身。東京帝国大学法学部卒業後、商工省(のちの経済産業省)に入省。陸軍経理学校卒業、主計少尉、主計中尉、総務局労働課長、繊維局紙業課長、生活物資局紙業課長、通商産業省通商繊維局綿業課長、仙台通商産業局総務部長、通商産業省石炭局炭政課長、通商産業大臣官房秘書課長兼通商産業省研修所幹事、通商産業大臣官房考査官、重工業局次長、重工業局長、企業局長、特許庁長官、通商産業事務次官などを歴任。そのほか、余暇開発センター理事長などを務めた。

他の記事も読んでみる

三村起一

良いことは必ず何年目かに来る。苦しいときに委縮せず無理をしても積極的に準備した者は、いつかはやってくる好況のとき勝ちをしめる。
【覚書き|倒産寸前の鴨川化工の社長を引き受け、経営再建をし始めた当時を振り返っての発言】


松沢幸一

無理にハードルを高くする必要はないし、そのために記録をつけているわけでもありません。大切なのは、1日で10分でもいいので、努力を続けることです。続けていれば、自然に能力がアップしていき、ある日、成長した自分に気づく日が来ます。


河田重

私が日ごろ考えているのは、人生というものは悠久な天地の流れから見れば、ほんのわずかな、まばたきするほどの時間にすぎないということである。その短い歳月をとらえて、貧乏だとか金ができたとか、保守だと革新だとか、あくせくするのは実につまらないことだと思う。かといって、人類のため、国家のため、社会のためを考えずに投げやりでよいという意味ではもちろんない。その努力は必要だ。


福原義春

30代でニューヨークの販売会社社長を務めたとき、本社は商品を送るだけ送って、「なぜ売れない!」と販社を責める。売れるわけはない。当時は日本の商品のラベルを替えただけで、中身はそのまま。宣伝もなにもないのだから。一事が万事、そういう感じだった。しかし、そんな状況でも、「早く日本に帰りたい」と思ったことは一度もなかった。アメリカという「外」からは、自分の会社や日本という国がよく見えたからだ。この経験が、その後どれだけプラスになったかわからない。帰国してからも自分の思いが通じないことは多々あったが、そういう逆風に負けない「根」を、駐米時代に養えたのだと思う。


佐々木常夫

周囲を見ても、与えられた環境に不満を言って転職し、上手くいった人はほとんどいない。


澤田秀雄

思考の枠を外すために有効な手段は、数字を見ることです。数字はウソをつかないので、余計な「常識」が入り込む隙がありません。


曽山哲人

年次や経験に関係なく、将来性のある人材をタイムリーに抜擢し、トップマネジメントを体験してもらうのがリーダー育成の一番の近道。


宇多喜代子

トータルで良ければいいんですよ、人生は。


中西浩太

視点を変えてチャレンジすればランクが上の会社に採用されることも珍しくありません。ステップアップして転職した会社で活躍しているという話を聞くことが、我々キャリアコンサルタントにとって最もうれしいことです。


倉田真由美

マスコミが「夢を諦めるな」というメッセージを流しすぎるのも、問題だと思う。それにマスコミは、たとえばプロ野球選手のような希少価値の職業だけを夢ととらえて、銀行員になるのは夢がないといったメッセージを流したりする。でも、そんなことは決してない。


柴田英寿

1日は24時間と限られています。時間を有効に使わないと、副収入は稼げません。副業や投資にあてる時間を捻出するために、日々の行動を見直してみましょう。


三宅占二

社長就任当時は、生産は生産、物流は物流、営業は営業と縦割りになっちゃって、横の連携が全然なかった。私はそれを「内向き上向き箱文化」と言っていたんです。内側ではものすごく熱心なのですが、箱の中で上しか見ずに横を見ていない。