名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

佐橋滋の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

佐橋滋のプロフィール

佐橋滋、さはし・しげる。日本の官僚。大正時代、岐阜県出身。東京帝国大学法学部卒業後、商工省(のちの経済産業省)に入省。陸軍経理学校卒業、主計少尉、主計中尉、総務局労働課長、繊維局紙業課長、生活物資局紙業課長、通商産業省通商繊維局綿業課長、仙台通商産業局総務部長、通商産業省石炭局炭政課長、通商産業大臣官房秘書課長兼通商産業省研修所幹事、通商産業大臣官房考査官、重工業局次長、重工業局長、企業局長、特許庁長官、通商産業事務次官などを歴任。そのほか、余暇開発センター理事長などを務めた。

佐橋滋の名言 一覧

武道の場合、平常心のある人は相手のどんな些細な動きにも対応できるが、平常心のない人は必ず相手に乗ぜられてしまいます。経営でも同じです。心にゆとりがなくセカセカ忙しく平常心を描いていたのではロクな経営はできません。経営者がやたら忙しいのは、自慢にならないんです。


佐橋滋の経歴・略歴

佐橋滋、さはし・しげる。日本の官僚。大正時代、岐阜県出身。東京帝国大学法学部卒業後、商工省(のちの経済産業省)に入省。陸軍経理学校卒業、主計少尉、主計中尉、総務局労働課長、繊維局紙業課長、生活物資局紙業課長、通商産業省通商繊維局綿業課長、仙台通商産業局総務部長、通商産業省石炭局炭政課長、通商産業大臣官房秘書課長兼通商産業省研修所幹事、通商産業大臣官房考査官、重工業局次長、重工業局長、企業局長、特許庁長官、通商産業事務次官などを歴任。そのほか、余暇開発センター理事長などを務めた。

他の記事も読んでみる

箭内道彦

迎合上等! 若い人はもっとかわいがられる努力、愛される努力をした方がいい。やりたいことを実現させるには周囲の協力が不可欠ですから。


貫地谷しほり

朝ドラのオーディションには2度落ちていたので、縁がないと思っていたのですが、マネージャーさんに「もう1回だけ、受けてみよう」と言われ、最後の機会のつもりで『ちりとてちん』のオーディションを受けました。このオーディションで、私に生まれて初めての感情がわき出てきました。「もし、この役を他の人が演じているのを見たら、私はすごくヤキモチを焼くだろう。私は、この役をどうしてもやりたい!」と。最終オーディションに臨む頃には、受からなかったときのことを考えなくなっていました。


河合良成

政治家は、本当に国家のためになるという考えで政治をやり、それがそのまま通るなら政治家もいいが、現在の政治はそうではないと痛感した。
【覚書き|政治家を辞めたきっかけについて語った言葉】


菊入みゆき

仕事ができる人の口癖は、自分が変わるのはもちろん、周りも明るい気持ちにさせて「一緒に仕事をしましょう」という雰囲気を生み出します。とくにモチベーションについては、自分のやる気だけでなく、相手の気持ちや行動にも良い影響をもたらします。


長谷川雅子(女将)

母からは売り手よし、買い手よし、世間よしという近江商人の「三方よし」の生き方をしなさいと言われてきました。


マザー・テレサ

病気にはそれぞれ特効薬があります。ところが愛されないが故の寂しさだけは薬では癒されません。私たちがしている仕事を評価してくださっている方々にお願いしたいのは、どうぞ自分の周囲を見回して、愛に飢えている人々に喜んで愛を与え、その人たちに奉仕してくださいということです。


村田諒太

最後に逆転すればいい。そのために残り時間で何をすべきか考えた。


立川志の輔

5年後、10年後の青写真だけは自分で描いてほしい。師匠としてはそれに向かって歩く弟子に、カンテラのぼんやりした灯を照らすくらいのことしかできませんから。


佐藤大和

効率的な勉強法のヒントになるのは「一夜漬け」。時間がない中、明日の試験に向けて一つでも多くのことを頭に詰め込もうとする。その勉強法は自然と効率の良いものになっているのです。たとえば、一夜漬けの勉強では教科書を頭から読もうとはせず、まず「答え」を覚え込もうとする人が多かったはず。実はこの方法、大人の勉強においても正解。教科書や参考書を頭から読んでいくより、問題集の解答を読んでいくことで、新しい知識に脳を慣らすことができ、記憶のスピードが高まるのです。


松下幸之助

塩がからいということは誰でも知っている。砂糖の甘さも誰もが知っていると思う。しかし、砂糖も塩もなめたことがなければ、その甘さやからさの説明をいくら聞いたところで、実際の味が分かるものではないと思う。仕事にせよ商売にせよ、それと同じことであろう。


田中靖浩

もちろん、変動費率が低いだけでなく、値下げによって販売数量が大幅に増加するというシナリオが成立しない限り、値下げ戦略は成功しません。しかも、値下げをしても、すぐに他者に追随されることを考えれば、販売数量を伸ばすのは困難なことは容易に想像がつきます。


宮津純一郎

経営者に対する評価というのは常に結果論だと思います。最後には運だと言う人もいるぐらいです。枝葉末節に振り回されず、自分の歴史観に基づいて決断し、実行したことは全部責任をとる。経営者とはそういう仕事なのだと思います。