佐橋滋の名言

佐橋滋のプロフィール

佐橋滋、さはし・しげる。日本の官僚。大正時代、岐阜県出身。東京帝国大学法学部卒業後、商工省(のちの経済産業省)に入省。陸軍経理学校卒業、主計少尉、主計中尉、総務局労働課長、繊維局紙業課長、生活物資局紙業課長、通商産業省通商繊維局綿業課長、仙台通商産業局総務部長、通商産業省石炭局炭政課長、通商産業大臣官房秘書課長兼通商産業省研修所幹事、通商産業大臣官房考査官、重工業局次長、重工業局長、企業局長、特許庁長官、通商産業事務次官などを歴任。そのほか、余暇開発センター理事長などを務めた。

佐橋滋の名言 一覧

武道の場合、平常心のある人は相手のどんな些細な動きにも対応できるが、平常心のない人は必ず相手に乗ぜられてしまいます。経営でも同じです。心にゆとりがなくセカセカ忙しく平常心を描いていたのではロクな経営はできません。経営者がやたら忙しいのは、自慢にならないんです。


佐橋滋の経歴・略歴

佐橋滋、さはし・しげる。日本の官僚。大正時代、岐阜県出身。東京帝国大学法学部卒業後、商工省(のちの経済産業省)に入省。陸軍経理学校卒業、主計少尉、主計中尉、総務局労働課長、繊維局紙業課長、生活物資局紙業課長、通商産業省通商繊維局綿業課長、仙台通商産業局総務部長、通商産業省石炭局炭政課長、通商産業大臣官房秘書課長兼通商産業省研修所幹事、通商産業大臣官房考査官、重工業局次長、重工業局長、企業局長、特許庁長官、通商産業事務次官などを歴任。そのほか、余暇開発センター理事長などを務めた。

他の記事も読んでみる

平本清

入社希望者や取引先、各メーカー、マスコミといった外部の方々との電子メールのやり取りについても、社内で共有すべき内容があるものは社内ウェブに掲載します。これにより、たとえばある社員が休んでいるあいだに、その人が担当する案件で問い合わせがあっても、他の社員がウェブを見て対応できます。これだけでもかなり業務の効率化が図れます。


山下勇

運転士も人間だ。運転士がたとえ居眠りしても事故を防ぐことができる、そういうシステムを持たなければならない。


矢野博丈

お客様にはすぐ飽きられるものです。ずーっとずーっと恐くて、眠れなかったんです。


落合寛司

変化に対応することが結果的には大きな成長につながった。


家本賢太郎

仕事を楽しむという視点からも、どういう働き方が生産的かを考えないといけません。経営者たるもの、頭の半分ぐらいはそこに使わないといけないと思っています。


Mr.マリック

私にとってのご褒美は、ライブ会場に、おじいちゃん、お父さん、息子さんの3世代で観にきてくれるお客さんがいること。世代を超え、みんなが一緒に楽しんでくれる。そんなマジックの力を目の当たりにするたび、たまらない気持ちになるんです。


佐藤達郎

案を練って説明・提案するだけでなく、実施する時にどんなリスクがあるか調べたり、その企画が通った時、相手にどんなメリットがあるか予想することも含めて、提案だと考えてください。


岩瀬大輔

ハードワークする人には、「睡眠を疎かにするな」と言いたい。一生懸命働くためには、健康管理が欠かせません。そのためには短時間でもぐっすり快適に眠れる環境づくりが必要です。


吉田尚記

ネットだけで完結していること、そこがゴールみたいに妄信していることの危険性にも気づいたほうがいいと思うんです。ひと言で言うなら「ネットを見ていて気分がよくなったことはありますか?」ということ。ネットで評判の映画を見に行ったり、紹介されていたお店でご飯を食べたりして気持ちよくなることはあっても、ネットを見ているだけで気持ちよくなることって絶対にないはずなので。


荒蒔康一郎

みんなで気持ちの整理をしよう。勝った負けたではなく、なぜこうなったのかを考え、原点に立ち返ってやり直そう。
【覚書き|48年ぶりにシェアが2位になってしまった年の発言】


御手洗冨士夫

株主総会で「東芝メディカル(の買収額)は高いんじゃないか?」と質問されたが、それはファンドの発想だ。ファンドにとって会社は商品だから、純利益、純資産と解散価値だけで見る。メーカーの発想は全然違う。私は会社を売るつもりで買うわけではない。10年、20年先を考えると、あの金額はリーズナブル、むしろ安かったなと思っている。永遠の成長力を導入するという企業の目的に照らせば高くはない。合理的だ。


石川泰彦

何よりもまず重点的に実行すべきは「人」への施策です。そのうちの一つとして、現場の仕事に密着した実践的なトレーニングに注力していますとりわけ、最近は「コーチ」できるリーダーの育成に力を入れています。医療関連受託事業のマネジャーは、時に100人以上の現場をまとめています。昨日までできなかった仕事ができるようにしてあげるコーチングは不可欠です。きちんとトレーニングをすれば、大きな効果が出ると感じています。


岡島悦子

最初から「これが天職だ」と思える仕事に出合える人はわずかです。若いうちは、選り好みせず幅広く経験をすることで、本当の自分の適性が見えてくるはずです。


古田英明

30代で半人前から一人前のビジネスマンに成長するために、やっておかなければならないのは、仕事のツボや本質といったものを学ぶことです。仕事の成否を分けるポイントは何か、何のためにこの仕事があるのか、この仕事の本当の喜びとは……。こういったことを上司や取引先の人といった人生の先達から、いかに吸収するか。それによって、30代以降に成長できるかどうかが決まるといっても過言ではありません。


茂木健一郎

脳を活発化するには弱点を克服したという成功体験を持つこと。私の弱点は人見知り。克服した頑張った結果、いまでは初対面でも普通に対応できるようになりました。


ページの先頭へ