名言DB

9419 人 / 110788 名言

佐川隼人の名言

twitter Facebook はてブ

佐川隼人のプロフィール

佐川隼人、さがわ・はやと。日本の経営者。「テモナ」社長。大阪府出身。平成コンピュータ、グローバルデベロッパーズジャパン取締役、ZUTTO取締役などを経てテモナを設立。

佐川隼人の名言 一覧

親が経営者だったこともあり、10代の頃から、漠然とですが起業したいという気持ちはありました。父親が仕事をする姿を見る中で商売の面白さを感じてきたところがあり、自分もいつか社長になりたいと。


2年ほどオーストラリアに語学留学もしました。この時の仲間が、テモナの創業メンバーになっています。また、毎日いろんな宿を転々としていたので「変化は当然であり、同じ場所に留まり続けるほうが不自然だ」という自分の中での価値観が養われたことも非常に良かったと思っています。


私はシステムエンジニアとしてモノづくりをする中で、システムというものは、業務を簡素化、効率化することが本質的な部分であり、システムを使うことによって人が便利になるという、根本的で本質的なことを絶対に忘れたくないと思ってきました。モノづくりをする以上、何かが良くなることを第一にやっていこうと。


起業するのは簡単ですが、起業という手段を用いて目的をどう達成していくか、会社を存続させていくかということは、数百倍、数万倍難しい。起業してからの10年間は試行錯誤でやってきました。


「たまごリピート」は世の中にない製品で、しかもニーズがあったので、よく売れていきました。ストックビジネスなので、損益分岐点を越えると黒字が積み上がっていき、小さな成功を実感したときがありました。そんなとき「事業を売りませんか」という話がありました。事業を売れば、一生のんびり暮らせるかもしれない。売ってリタイアするか、自身で拡大させるか、考え抜いた結果、チャレンジしないのは男として、経営者として死に等しいという結論に至りました。そして、徹底的に事業を成長させ、ECで日本一の企業になろうと決めました。


私どもが目指しているのは、お客様の「ストックビジネス化の支援」です。例えば、ネットでパンを販売している事業者さんの場合、売れ残りが出ると、パンは腐ってしまいます。でも、毎週買って下さる固定客が100人いたら、100個つくれば100個必ず売れていきます。そうなれば、廃棄が減り、利益率も上がり、安定して継続的な収益を得ることができます。購入する側にとっても、その都度注文しなくても、定期的に商品を届けてくれるので便利だし、割安で購入できるからお得になります。つまり、定期購入は、売り手、買い手、双方がメリットを得られる素晴らしい仕組みなのです。


受託開発の仕事はやりがいがありましたし、ある程度自分の思いどおりにモノをつくることもできたので楽しかったです。ただ、会社をスケールするイメージを持つことができませんでした。なぜかというと、受託開発は労働集約型の仕事だからです。働けば働くほど収益はあがりますが、手を止めるとすべて止まってしまいます。会社を成長させるためには、受託開発ではなく、ストックモデルの事業をしなければいけないと。


佐川隼人の経歴・略歴

佐川隼人、さがわ・はやと。日本の経営者。「テモナ」社長。大阪府出身。平成コンピュータ、グローバルデベロッパーズジャパン取締役、ZUTTO取締役などを経てテモナを設立。

他の記事も読んでみる

石橋博良

俺にはわからないことが多いから、間違っていたら言ってくれ。
【覚書き|海洋気象情報会社オーシャンルーツ米国本社で副社長を務めていたときの発言】


渡辺光一郎(渡邉光一郎)

いまの日本の状況は、残念ながら茨の道しかありません。危機を煽るつもりはありませんが、楽天的にもなれません。やはり「健全なる危機意識の共有化」が必要ではないでしょうか。職員に対しても、お客様に対しても危機感を共有することが必要です。そして、同じ目標に向かってひとつになる。それが「お客様第一主義」を実現する一歩なのだと信じています。


鈴木忠夫

叱り方には、「(1)暗示」「(2)助言」「(3)忠告」「(4)叱責」の四段階があると思います。暗示を与えただけで何かに気づき行動を起こす人もあれば、忠告され、叱責まで受けないと動けない人もいます。


陰山英男

仕事で一番大事なのは、情熱や熱意よりも、「要領が良い」ことです。この言葉にネガティブな印象を持つ人も多いでしょうが、そういう人は価値観の転換をしていただきたい。一定の時間内で多くの仕事量をこなし、質の高いアウトプットを出すために必要なのは、要領の良さに他ならないのですから。


安永竜夫

日本人が苦手なのは、大きな絵、「グランドデザイン」を描いて、それを実現するための道筋を含めた部分。これがなかなかできなくて、欧米人の得意とするところです。


大東隆行

経営に大事なのはスピード感です。いちいち本部にお伺いを立てていたら、時機を逸してしまいます。即、行動を起こすことが人に訴えます。お客さんが欲しいというものがあればつくってみる。ヒットしたらほかの店もそのメニューをやればいいし、ウケなかったらやめればいいのです。


野口吉昭

私は新しいテーマに挑戦するとき、本を30冊は読むようにしています。良書の多くは、そこからキーワードをたくさん拾える本です。その場合も、自分にまだキーワードを読み取る力が身についていない可能性はあります。どうすれば最も大事な一冊を見つけることができるのか、結局、量をこなすことでしか質は高まらないのです。


吉原義一

日本刀は美術工芸品ですから、刀鍛冶は職人でもあり美術家でもあります。つまり、センスを磨くことも仕事のひとつなのです。センスを養うには日本刀を観賞するだけではなく、あらゆる分野に興味を持つことが大切。


熊本浩志

将来的には1000億円企業を目指します。1000億円といっても、日本の家電市場全体から見ればわずか1%ですよ。たとえば、音楽の世界で誰でも知っている曲というと、CDセールスが100万枚くらい。ところがクラブシーンでその1%の1万枚売り上げた曲というのは、クラブに行けば誰でも知っています。そういう存在は強いですよね。マイナーシーンであってもトップになれば、数の理論を超えて、あるとき突然メジャーに躍り出るかもしれない。そういうのってカッコいいじゃないですか。


池森賢二

意識しているのは、「簡単な言葉を使う」こと。専門用語や難しい言葉は、相手が意味を知っているとは限らない。なるべく使わないようにします。