名言DB

9490 人 / 112001 名言

佐川隼人の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

佐川隼人のプロフィール

佐川隼人、さがわ・はやと。日本の経営者。「テモナ」社長。大阪府出身。平成コンピュータ、グローバルデベロッパーズジャパン取締役、ZUTTO取締役などを経てテモナを設立。

佐川隼人の名言 一覧

親が経営者だったこともあり、10代の頃から、漠然とですが起業したいという気持ちはありました。父親が仕事をする姿を見る中で商売の面白さを感じてきたところがあり、自分もいつか社長になりたいと。


2年ほどオーストラリアに語学留学もしました。この時の仲間が、テモナの創業メンバーになっています。また、毎日いろんな宿を転々としていたので「変化は当然であり、同じ場所に留まり続けるほうが不自然だ」という自分の中での価値観が養われたことも非常に良かったと思っています。


私はシステムエンジニアとしてモノづくりをする中で、システムというものは、業務を簡素化、効率化することが本質的な部分であり、システムを使うことによって人が便利になるという、根本的で本質的なことを絶対に忘れたくないと思ってきました。モノづくりをする以上、何かが良くなることを第一にやっていこうと。


起業するのは簡単ですが、起業という手段を用いて目的をどう達成していくか、会社を存続させていくかということは、数百倍、数万倍難しい。起業してからの10年間は試行錯誤でやってきました。


「たまごリピート」は世の中にない製品で、しかもニーズがあったので、よく売れていきました。ストックビジネスなので、損益分岐点を越えると黒字が積み上がっていき、小さな成功を実感したときがありました。そんなとき「事業を売りませんか」という話がありました。事業を売れば、一生のんびり暮らせるかもしれない。売ってリタイアするか、自身で拡大させるか、考え抜いた結果、チャレンジしないのは男として、経営者として死に等しいという結論に至りました。そして、徹底的に事業を成長させ、ECで日本一の企業になろうと決めました。


私どもが目指しているのは、お客様の「ストックビジネス化の支援」です。例えば、ネットでパンを販売している事業者さんの場合、売れ残りが出ると、パンは腐ってしまいます。でも、毎週買って下さる固定客が100人いたら、100個つくれば100個必ず売れていきます。そうなれば、廃棄が減り、利益率も上がり、安定して継続的な収益を得ることができます。購入する側にとっても、その都度注文しなくても、定期的に商品を届けてくれるので便利だし、割安で購入できるからお得になります。つまり、定期購入は、売り手、買い手、双方がメリットを得られる素晴らしい仕組みなのです。


受託開発の仕事はやりがいがありましたし、ある程度自分の思いどおりにモノをつくることもできたので楽しかったです。ただ、会社をスケールするイメージを持つことができませんでした。なぜかというと、受託開発は労働集約型の仕事だからです。働けば働くほど収益はあがりますが、手を止めるとすべて止まってしまいます。会社を成長させるためには、受託開発ではなく、ストックモデルの事業をしなければいけないと。


佐川隼人の経歴・略歴

佐川隼人、さがわ・はやと。日本の経営者。「テモナ」社長。大阪府出身。平成コンピュータ、グローバルデベロッパーズジャパン取締役、ZUTTO取締役などを経てテモナを設立。

他の記事も読んでみる

遠藤結蔵

機動力を活かしたスピーディーな事業展開や店舗展開が可能になったのも、当グループがFC(フランチャイズ)や代理店ではなく、直営店中心の展開にこだわってきたからです。


小宮一慶

正しい生き方を知らない経営者やリーダー、有望な若手は、仮に現在、能力を発揮していても、いずれ行き詰まります。


エラスムス

値打ちがない人間ほど、自惚れが強く横柄であり、いよいよ尊大ぶって気取るようになる。隠れたる才能は、名を売らない。


岡聡(コンサルタント)

同じ全国紙でもA新聞とS新聞ではスタンスが違いますし、ショッピングモールなどで「人気ランキング1位」などと大々的にアピールされる商品は、仕組まれている場合も多いもの。そういったメディアの論調や表現に踊らされることなく、自分の目で確かめ判断し選ぶことが大切であり、他人に対して自分の言葉で出来事の情報やものの価値を説明できることが重要です。


川野幸夫

リーダーは、周囲の人に「この人はリーダーにふさわしい」と自然に認めてもらえる存在になる必要がある。人間としての生き方、哲学、普段の振る舞いなど、様々な部分が優れている。そう思ってもらえる人格を身につけようと、努力し続けなければなりません。


松沢幸一

成功が続けば続くほど、会社は腐ります。周りの変化に気づかず、「これぐらいでいい」と思ってしまいがちなのです。上に立つ人間は、そこに注意しなければならないでしょう。


白坂亜紀

ママにはママの品格や立ち居振る舞いがあります。自分の売り上げばかりを追うのではなく、時には部下の成績にしてあげることもあります。これは昼の仕事も同じですよね。


清宮克幸

先人のやり方をすべて間違いだと頭から否定するのは逆に危険です。多くの人が長年そうしてきているということは、何か理由があるからかもしれません。ですから、「なぜそれを続けるのか」をまずよく考える必要があります。その結果、本来の目的が忘れられた、ただなんとなく続けられていることであったり、いまの時代に会っていないやり方だった場合は、目的を達成するもっと効果的なやり方を新しく発想し、具体化していけばいいのです。


遠藤信博

当時、再生戦略などありませんでした。ビジネスは人と人との所作です。お客様との信頼と、強い意志が一番のカギです。
【覚書き|モバイルワイヤレス事業部長時代、携帯電話の基地局間を結ぶ無線通信システム「パソリンク」を赤字から黒字に転換し、さらに世界シェアナンバーワンに引き上げたことについて語った言葉】


堺美保

得意分野でしっかり商品開発してこそお客様のお役に立てる。


中川越

年賀状でも大事なのは相手を思う気持ち。「あけましておめでとう」だけでは味気ないと思ったら、長文で近況を伝えてみるのもおすすめです。見栄えがいいだけのものよりも、気持ちが伝わる年賀状になるはずです。


リー・アイアコッカ

利益しか生まないビジネスは、むなしいビジネスである。