佐川隼人の名言

佐川隼人のプロフィール

佐川隼人、さがわ・はやと。日本の経営者。「テモナ」社長。大阪府出身。平成コンピュータ、グローバルデベロッパーズジャパン取締役、ZUTTO取締役などを経てテモナを設立。

佐川隼人の名言 一覧

親が経営者だったこともあり、10代の頃から、漠然とですが起業したいという気持ちはありました。父親が仕事をする姿を見る中で商売の面白さを感じてきたところがあり、自分もいつか社長になりたいと。


2年ほどオーストラリアに語学留学もしました。この時の仲間が、テモナの創業メンバーになっています。また、毎日いろんな宿を転々としていたので「変化は当然であり、同じ場所に留まり続けるほうが不自然だ」という自分の中での価値観が養われたことも非常に良かったと思っています。


私はシステムエンジニアとしてモノづくりをする中で、システムというものは、業務を簡素化、効率化することが本質的な部分であり、システムを使うことによって人が便利になるという、根本的で本質的なことを絶対に忘れたくないと思ってきました。モノづくりをする以上、何かが良くなることを第一にやっていこうと。


起業するのは簡単ですが、起業という手段を用いて目的をどう達成していくか、会社を存続させていくかということは、数百倍、数万倍難しい。起業してからの10年間は試行錯誤でやってきました。


「たまごリピート」は世の中にない製品で、しかもニーズがあったので、よく売れていきました。ストックビジネスなので、損益分岐点を越えると黒字が積み上がっていき、小さな成功を実感したときがありました。そんなとき「事業を売りませんか」という話がありました。事業を売れば、一生のんびり暮らせるかもしれない。売ってリタイアするか、自身で拡大させるか、考え抜いた結果、チャレンジしないのは男として、経営者として死に等しいという結論に至りました。そして、徹底的に事業を成長させ、ECで日本一の企業になろうと決めました。


私どもが目指しているのは、お客様の「ストックビジネス化の支援」です。例えば、ネットでパンを販売している事業者さんの場合、売れ残りが出ると、パンは腐ってしまいます。でも、毎週買って下さる固定客が100人いたら、100個つくれば100個必ず売れていきます。そうなれば、廃棄が減り、利益率も上がり、安定して継続的な収益を得ることができます。購入する側にとっても、その都度注文しなくても、定期的に商品を届けてくれるので便利だし、割安で購入できるからお得になります。つまり、定期購入は、売り手、買い手、双方がメリットを得られる素晴らしい仕組みなのです。


受託開発の仕事はやりがいがありましたし、ある程度自分の思いどおりにモノをつくることもできたので楽しかったです。ただ、会社をスケールするイメージを持つことができませんでした。なぜかというと、受託開発は労働集約型の仕事だからです。働けば働くほど収益はあがりますが、手を止めるとすべて止まってしまいます。会社を成長させるためには、受託開発ではなく、ストックモデルの事業をしなければいけないと。


佐川隼人の経歴・略歴

佐川隼人、さがわ・はやと。日本の経営者。「テモナ」社長。大阪府出身。平成コンピュータ、グローバルデベロッパーズジャパン取締役、ZUTTO取締役などを経てテモナを設立。

他の記事も読んでみる

菊間ひろみ

英語学習において記憶力はあまり重要ではありません。丸暗記というよりも、スポーツの技術を体得するのに近いものだと考えてください。正しいやり方で続ければ、確実に身につきます。


本村健太郎

仕事が速くなる裏技はない!少なくとも私は、必死に頑張るだけです。


葛西敬之

人間一人の力は限られていますが、歴史や古典から学ぶことによって、わずかずつでも、人間としての幅を広げていける。そうすれば、部下をはじめ、周りからの信頼を自然と集められるようになるはずです。


中野信子

脳は酸素要求量が多く、栄養もたくさん使います。体としては、なるべく脳の働きを抑えて酸素や栄養などのリソースを節約したい。そこで年齢を重ねるにつれて節約モードになります。節約モードに入ると、たとえば何かを経験しても、「これは重要なことではない」と注意を向けなくなり、記憶しようとしなくなります。


嶋浩一郎

本屋の価値は、「自分の知られざる好奇心を発見できること」と言ってもいい。人は意外に「好奇心の可能性」を自ら封印してしまっていることが少なくありません。例えば、ネットでしか情報収集をしていない人は、自分の興味関心領域を制限しているとも言えます。本屋はその領域を次々と広げてくれる。そこで得た新しい知識がビジネスのアイデアにつながることも多々あります。知られざる好奇心をくすぐられる空間としても、発想の基礎体力を鍛える場としても魅力的な本屋に、早速足を運んでみませんか?


湯川れい子

誰に会うか、何をするか、何を食べるか。それを自分で選んで決めるというのは、「自分との約束」に責任を持つということなんです。そういう日々の小さな決意の積み重ねが、大きな結果につながっているんだと思うことはよくありますね。


奥野宣之

業界紙の記者になってからは、手帳としてだけでなく、会議用や取材用など、いろいろなノートをつくりました。しかし、何冊ものノートを持ち歩くのはたいへんです。何をどのノートに書いたのか思い出せなかったり、ふと思いついたことを、どのノートに書いておいたらよいのか悩んだりすることもありました。そこで「すべての情報を一括管理できる万能ノートをつくれないだろうか」と試行錯誤した結果、たどりついたのが、一冊のノートですべての情報を整理する「百円ノート式」です。


井村雅代

私が心がけているのは、わかりやすい指導者であるということです。怒られる基準が曖昧だと、選手は何をしていいのかわからず不安だと思うのです。だから、私は選手に「私はこういうことが大嫌い。こういうことをしたら怒るから」と、怒るポイントを必ず伝えています。


竹中義雄

名刺交換だけしておいて、あとからハガキでフォローしてもいい。ハガキを出しておけば、次回、会ったときに話がしやすくなる。


松田憲幸

自分の「売り」を作ってゆくことが大切です。それは当社が店頭で販売する商品のように、自分のパッケージを考えるとよく分かります。例えば、パッケージに「TOEIC800点突破!」と印刷すると「TOEIC700点」よりも、たくさんの商品が並べられている陳列棚のなかでより目立つでしょう。さらに「経理もできます!」などと書けば、より商品としての価値が高まるはず。そう考えれば「性格」だってパッケージに書き込むネタになります。買い手がほしくなるスキルを磨き、その組み合わせを考えながら、自分の価値を高めてください。


スティーブ・ジョブズ

私がここに戻ってから、当社を呑み込もうとする連中がいなくなった。どんな味がするのかと恐れているのだと思う。


荒濱一

一人の人間が稼げる額には限界があります。でも、儲かる仕組みを考え出し、その運営をほかの人に任せられれば、利益を飛躍的に伸ばすことが可能です。私の知る限り、成功している起業家は、仕事を人に任せることが上手。そうして得られた時間を使い、新たな仕組みのアイデアづくりに集中しているのです。


吉田穂波

締め切りを早めに設定するなど、今までの自分を振り返って「自分がうまく行動できた」ときの時間の使い方を再現することで、時間管理はぐっとうまくいくはずです。


羽鳥兼市

志が低い人、つまり「この会社でこれを成し遂げたい」という目標のない人は、「上司の性格が悪くていやだ」とか「怒られてばかりで頭に来る」といった理由ですぐ辞めてしまう。上司と一緒にいる時間なんてほんの少しなのに、将来の夢や目標がないために、人間関係といった些細なことで嫌になってしまうんですね。


山本梁介

大切にしていきたいものは地方創生です。私どもは人口10万人以下の街にも出店します。たとえば島根県江津市は、同ホテルが出店する以前、ホテルがないため、ここを訪れたお客様は、わざわざ近郊の街に移動してホテルを探さなければなりませんでした。これを何とかしたいと、地元の方々はもとより、他地域に住む地元出身者からも、ホテル建設用地を取得するための寄付が集まったと伺っています。こうした地元復興を願う人々の熱意が、私どもを動かすのです。私たちはこの土地の提供を受け、天然温泉があり、地産地消の新鮮なお食事を提供するスーパーホテルを開業。稼働率が90%以上に達し、近所に道の駅もできました。このような例が増え、スーパーホテルが地方創生のお役に立てればと願っています。


ページの先頭へ