名言DB

9,524 人 / 112,423 名言

佐川八重子の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

佐川八重子のプロフィール

佐川八重子、さがわ・やえこ。日本の経営者。「桜ゴルフ」社長。千葉県出身。千葉経済大学附属高等学校商業科卒業、文化服装学院本科修了。東洋ゴルフ、日之出ゴルフなどを経て桜ゴルフを設立。またニュービジネス協議会女性委員会委員長を務めた。

佐川八重子の名言 一覧

社員にいかに営業が楽しいかを教えて、育ってくれることは大きな喜びです。キツいことを言うと泣き出してしまうような子もいますが、そんな社員でも、成約を得た後はキレイな顔で出社してきます。仕事は女をキレイにしますね。


新卒女子を採用し特訓中です。桜ゴルフの原点を突き詰めてみますと、「女の力」であったと思います。新卒の若い社員たちは真っ白なので教育のし甲斐があります。愛社精神もありますし、それは頼もしい。


起業した女性たちには、本物の仕事師として長く社会にかかわってほしい。そのためには手を差し伸べたい。でもアドバイスをするというよりは、私自身が時代に遅れないようにしたいですね。


佐川八重子の経歴・略歴

佐川八重子、さがわ・やえこ。日本の経営者。「桜ゴルフ」社長。千葉県出身。千葉経済大学附属高等学校商業科卒業、文化服装学院本科修了。東洋ゴルフ、日之出ゴルフなどを経て桜ゴルフを設立。またニュービジネス協議会女性委員会委員長を務めた。

他の記事も読んでみる

堺屋太一

日本の歴史を振り返っても、大きな変革は、それまでにあった価値観をすべて否定することから起こっています。


田中靖浩

その分野の専門家ではない私が言うことではないのかもしれませんが、つくっている人が楽しくなかったら、魅力的な製品は絶対に生まれません。だからこそ井深大さん(ソニー創業者)は「自由闊達にして愉快なる理想工場」を目指したのだと思います。


西田文郎

ツキや運を引き寄せるには、常に「自分はツイてる」と思う、ただそれだけ。「私はツイてる」と考えることを習慣づければいいわけです。逆に「自分はツイてない」と思ったり、他人の幸運をうらやむことが常態化すると、ツキに見放されてしまいます。なぜならば、そもそも人間の脳の仕組み、感情の動きがそのようにできているからです。


羽田圭介

自転車のツーリングが昔から好きなんですけど、千キロ走って行くのも、近所の八百屋さんに行くのも、行為自体はあまり変わらないわけですよ。それが積み重なった結果を俯瞰してみると確かにすごいことをやった感じになるのでしょうけど、当事者は目の前にある道を、数メートル先を見ながらペダルを漕いでいるだけなので。


藤井清孝(経営者)

論理力に自信がある人ほど、相手を論破しようとしがちです。でも、論破された相手は、どう感じるでしょうか。きっと腹を立てて、「この人とは絶対に仕事をしたくない」と思いますよね。つまり、「自分の論理力を見せつけてやろう」という発想の人は、他人からの協力が得られないので、大きな仕事ができないのです。


清水喜彦

資本主義経済下では、業界一位、もしくは一位と同等に戦える組織しか生き残れない。


松本晃(経営者)

あらゆる企業は体育会でなければならない。体育会の目的は勝つことです。たとえ三部リーグのクラブであっても、二部リーグへの昇格を目指して戦う。それが体育会です。


柴田昌治(コンサルタント)

改革を支援している企業の方からはよく、「ほかのコンサルティング会社とは違い、一緒に困ってくれる会社ですね」と言われます。答えを示し、指導するのでは人は育ちませんし、変われません。自分が当事者だという意識を持つ人たちが協力し合ってチームになり、問題を解決していく活動をこれからも支援していきたい。


小川直也

『PRIDE』に出たのは『ハッスル』の宣伝のためです。優勝したいなんて気持ちはまったくなかったし、勝負事は柔道時代に散々やったから興味がないんです。自分はプロレスラーとしてこの世界に入ったわけで、総合格闘技の調子がいいからって、そっちに移ろうという気にはなれない。泥舟かもしれないけれど、「プロレスという舟は俺が守る」と思った方が、張合いもあります。


マーシャル・ゴールドスミス

昨今のナレッジワーカー(知識労働者)は担当している仕事については、ボス(上司)より知識が豊富なので、ボスは細かい指示を出すより部下から知識を聞き出して、彼らの成果にレバレッジを利かせることが大事になっています。


井上礼之

日本のモノ作りの強みは従来、設計から製造に至る工程で部門間が連携して品質改善などに取り組む「すり合わせ技術」において発揮されてきました。デジタル家電など標準タイプの部品を集めて組み立てる「組み合わせ技術」の製品が苦戦する一方で、自動車や工作機械などすり合わせ技術が生きる業種では、日本は強みを維持しています。そうした製品であれば、すり合わせ技術で圧倒的に優位に立てるビジネスモデルを構築し、技術や品質、「匠の技」などを磨き続けることも、世界で勝つ要諦のひとつだと思います。


坂本孝

会社はお客様のことを考えなければなりませんが、そこで働く人全員が、この仲間と過ごして良かった、自分の人生最高に幸せだったと言える会社を作りたい。