佐川八重子の名言

佐川八重子のプロフィール

佐川八重子、さがわ・やえこ。日本の経営者。「桜ゴルフ」社長。千葉県出身。千葉経済大学附属高等学校商業科卒業、文化服装学院本科修了。東洋ゴルフ、日之出ゴルフなどを経て桜ゴルフを設立。またニュービジネス協議会女性委員会委員長を務めた。

佐川八重子の名言 一覧

社員にいかに営業が楽しいかを教えて、育ってくれることは大きな喜びです。キツいことを言うと泣き出してしまうような子もいますが、そんな社員でも、成約を得た後はキレイな顔で出社してきます。仕事は女をキレイにしますね。


新卒女子を採用し特訓中です。桜ゴルフの原点を突き詰めてみますと、「女の力」であったと思います。新卒の若い社員たちは真っ白なので教育のし甲斐があります。愛社精神もありますし、それは頼もしい。


起業した女性たちには、本物の仕事師として長く社会にかかわってほしい。そのためには手を差し伸べたい。でもアドバイスをするというよりは、私自身が時代に遅れないようにしたいですね。


佐川八重子の経歴・略歴

佐川八重子、さがわ・やえこ。日本の経営者。「桜ゴルフ」社長。千葉県出身。千葉経済大学附属高等学校商業科卒業、文化服装学院本科修了。東洋ゴルフ、日之出ゴルフなどを経て桜ゴルフを設立。またニュービジネス協議会女性委員会委員長を務めた。

他の記事も読んでみる

池本克之

情熱を持って訴えても、心に響かず納得しない部下も少なからずいます。なぜそれをやる必要があるのか、根拠を示すことが大切。数字やデータなどを事前に用意しておきましょう。


朝香聖一

社内で嫌な顔をされても顧客の評価が上がればいい。


山本晴義

運動は、15分のウォーキングでもOK。15分という時間は、24時間のうちたったの1%。それすら割けないという人はいないはず。


鈴木敏文

まずは視点を変え、挑戦する価値があるかどうかを考える。そして、自分の中で6から7割、実現できる可能性が出てきたら挑戦する。


奥井俊史

大企業になればなるほど、トップが従業員と密な関係を築くのは難しくなります。ゆえに、確かな上下関係が組織運営のカギという人もいます。ですが、リーダーシップを発揮するのに上下関係は必ずしも重要ではありません。従業員の立場に立てない経営者が、どうして顧客の心をとらえる事業ができるでしょうか。


遊川和彦

天海(祐希)さんはあまりに素晴らしくシャキッとしてるので、刑事とか、格好いいボスとか、そういう役のオファーばかりが来ているんじゃないかと思うんです。しかしそれだと、失礼な言い方かもしれないけど、芸域が広がらない気がしていた。芸域を広げるには、天海さんから一番遠い所にある役をやった方がいいんじゃないですかと。


レジェンド松下

ある時点から、「カッコよく話そう」「うまいことを言ってやろう」という感情を捨てて、「話すのが下手でも、商品が売れればいいじゃないか」と考えるようになってからは、緊張しなくなりました。自分の仕事の目的はあくまで商品を売ること。それさえ達成できれば、多少とちったり噛んだりしても、誰に迷惑をかけるわけじゃない。これくらい割り切ったほうが、話すのが楽しくなりますよ。


諏訪内晶子

数年後の計画を立てるときに念頭に置いているのは、活動の幅を狭くしないことです。芸術の活動においては活動の幅を狭くすることならどれだけでもやれるけれど、幅を狭くした後にまた広げることは難しいですから。ただし、活動の幅を広げるといっても、活動の内容や方向性についてはあんまり広げすぎないようにしなければなりません。


シェリル・サンドバーグ

政治家に転身する気は全くありません。政治家は大変で、あまり面白くなさそうです。自分には合わないと感じています。女性が政治の分野でも活躍することは大切だと思うので、その分野を目指そうという人の気を削ぐことはしたくないですが、自分には向いていない。


永守重信

企業とは社員の意識の集合体であることを忘れてはならない。


亀田啓一郎

中間管理職になると、上司から出された方針を、部下が共感できるように伝えなければならない。配布された会議資料や上司の言葉をそのまま伝えるだけでは、部下は納得しない。「部長がやれって言ってるから」「社長の方針だからね」と言うのでは単なる伝書鳩。官僚が書いた原稿を読み上げる政治家と同じで、聞いている人の心に響かない。


角和夫

いい沿線づくりは商業施設だけをつくったり、分譲マンションだけを大量につくっても実現できません。学校に来ていただき、芸術・文化施設に来ていただく。そのために、我々も土地を提供していく。そうした発想が必要になります。我々はここ100年の歴史の中で、こうした沿線づくりを積み重ねてきました。


小泉光臣

わかりやすいようにと卑近な事例に落とし込めば、聞く側はイメージしやすくなるものの、今度は解釈の幅が狭まって、誤解を招く恐れがあります。それでも、私は社員の腑に落ちるような具体的な説明を展開したいと思っています。誤解が生まれた場合でも、後で訂正すればいいだけの話ですから。


南美希子

元気なだけでなく現役として若い人以上に活躍している高齢者は珍しくない。65歳を超えると一律に高齢者と呼ぶのは酷である。人は言葉に縛られやすいもの。高齢者という呼称で呼ばれた途端、一気に老け込みそうだ。


石破茂

地方創生大臣をやって強く感じたのは、地域のことは霞が関でも永田町でもわからないということ。その地域の農業の生産性を上げるために、製造業の生産性を上げるために、移住者を増やすためにどうあるべきというのは、その地域で答えを見つけていくしかない。


ページの先頭へ