佐山展生の名言

佐山展生のプロフィール

佐山展生、さやま・のぶお。日本の経営学者、企業再生家。一橋大学大学院国際企業戦略研究科教授。京都大学工学部高分子化学科卒業後、帝人を経て三井銀行に入行。ニューヨーク大学経営大学院でMBA取得。東京工業大学大学院社会理工学研究科博士課程修了。東京工業大学大学院社会理工学研究科非常勤講師、ユニゾン・キャピタル共同設立、一橋大学大学院国際企業戦略研究科助教授、GCAホールディングス社長、一橋大学大学院国際企業戦略研究科教授、メザニン社長、インテグラル社長、スカイマーク会長などを務めた。

佐山展生の名言 一覧

経営者とは、理念を語る者。


私はいつも(スカイマークの)時刻表を持ち歩いて皆さんにお見せするのですが、ほとんどの人が「こんなに飛んでいるんですか?」と驚くんです。知らないから乗らないというのが大半なんですね。


会社を強くするためには公平な人事制度が不可欠。経営者こそ厳しく仕事を問われるべき。


会社を立て直すということは、社員が働きやすい会社にするということ。そこに我々が参画する価値がある。


自信があったわけではありません。ただし、誰でもやれるようなことに手を出しても意味がない。我々は、ほかがやらないような難しい案件をとりにいく。


日本一愛される航空会社を目指す。価格が安いだけでなく、価格に関係なくスカイマークに乗ると気持ちがいいという理由で選ばれることが重要だ。


「ハートのある経営」が大事だと常々申し上げているのは、社員のみなさんにハートを向けなければいけないという意味です。社員が動かなければ会社は動きません。


何よりも従業員がハッピーになれる企業再生が大前提。


私は常々、企業はトップで9割以上が決まると申し上げています。銀行勤めのころは、半分は経営者だと思っていたのですが、その後投資の仕事をする中で、9割以上は経営者だと思うようになったのです。


私も帝人を辞めて銀行に行くといったときも、銀行を辞めてファンドをやると言ったときも、誰も賛成しませんでした。私は自分で面白そうだからやる、と言うんだけれど、それを説明するのは難しい。皆が賛成しない、だから面白いのですが。


実際、良い人には良い人が集まってくるんです。だから、良い人が社長になると、人材が集まってくるので、会社がグーッと良くなるんです。逆に悪い人が社長になると良い人がパッといなくなって、ダーッと駄目になります。


良い社員が来ると、その社員がまた良い社員を連れてくるでしょう。お客さんも良いお客さんを紹介してくれます。


工場には純粋でいい人が多い。そうでないと、ものはつくれないからです。口先でものはつくれません。きっちりと整備をして、きっちりと設計をして、きっちりと原材料を精査しないといいものはできない。真面目にきっちりやらないと成り立たない仕事。それは飛行機を安全に飛ばすスカイマークの現場も同じなんですよ。


佐山展生の経歴・略歴

佐山展生、さやま・のぶお。日本の経営学者、企業再生家。一橋大学大学院国際企業戦略研究科教授。京都大学工学部高分子化学科卒業後、帝人を経て三井銀行に入行。ニューヨーク大学経営大学院でMBA取得。東京工業大学大学院社会理工学研究科博士課程修了。東京工業大学大学院社会理工学研究科非常勤講師、ユニゾン・キャピタル共同設立、一橋大学大学院国際企業戦略研究科助教授、GCAホールディングス社長、一橋大学大学院国際企業戦略研究科教授、メザニン社長、インテグラル社長、スカイマーク会長などを務めた。

他の記事も読んでみる

三戸政和

もしあなたが、会社を買うことになったら、まずは従業員や取引先の信頼を得て、きちんと「社長になる」ことが大事です。挨拶や掃除など、小さなことからコツコツと積み上げて信頼を得てから社内のリソース、財務状況、人材、クライアント、競合などをじっくりと調べ上げてください。会社を買う前には気付かなかった多くのことが見えてきて、正しい業務改善ができるようになるのです。


木村清

売り上げが落ちたり、来店客数が減少するのは、何よりも、お客さまの支持が得られていない証拠。


江副茂

道元の『正法眼蔵』の中に「同事」という言葉があるんですが、自分を主張しながら相手と話し、そこで無窮に一体になってものができあがる。会社もそうだと思うんですよ。例えば、お客様に対しては、そのニーズやシーズに合わせる商品を作る必要があります。すべてのお客様は一定ではないので、いろいろなモノを作りながらしかも効率良く作るという会社の立場で、こういうものを欲しいという立場に近寄って作っていくわけです。


マイケル・オン

私はこれまで、自分の会社の人間を「従業員」と呼んだことは一度もありません。同じ目標を掲げて働くチームメンバーだと思っています。


工藤公康

いま、自分が置かれている真剣勝負の場所について、その状況を理解することが先決。ちゃんと理解できれば、自分はどうあるべきか。自分をどう見せればいいのか。それが見えてくる。


谷井昭雄

事業は人である。人は有限だが、事業は永続発展を望む。有限の人が、永続の事業を維持し発展させるためには、「なぜ経営するのか」「いかに経営するのか」の強く熱い思いを必要とする。この理念の「堅持」と「継承」と「実践」が、経営者の最も重要な責任である。


岸見一郎

今後の人生を豊かに過ごすためには、どうすべきか。それは、量的な成功よりも、質的な幸福を追求することです。たとえば、『嫌われる勇気』は168万部発行されました。ベストセラーとして、多くの方々に読んでいただいています。こうした世間から与えられた評価を「量的な成功」と呼びます。もちろん、本が多くの人の手に届いたことは嬉しいですが、あくまで記録ですから、いつかは追随される可能性があります。一方で、本当に嬉しかったのは、一冊一冊が必要な人に届いたことを、読者の感想を通じて実感できたことです。何部売れたかよりも、誰かの役に立てることのほうが嬉しいのです。これは、誰からも真似されることのない幸せです。


小坂敬

経済も日常生活も同じで、全体をより良くすることで、自社も、自分自身も良くなっていくもの。三方よしが理想であり、みんながより良くなる道を選ぶことが大切。そうでなければ、負のエネルギーはどんどん大きくなってしまう。


パトリック・ハーラン(パックン)

自信を持って堂々と話すことで説得力が増す。


須田将啓

もうブレイクスルーしたら別世界だ。今は地獄かもしれないけど、一旦浮上すれば、決して下がることは無い。だからそこまでは頑張ろう。


林野宏

かつて日本の会社はIQの高い人を新卒採用し組織で鍛えて従来のやり方を踏襲させていきました。日本全体が経済成長し市場のパイが膨らんでいく中ではそれでいいのですが、いまはパイが縮小する時代。少ないパイを同業他社と奪い合わなければならない。そんな椅子取りゲームを生き残るのに必要な能力はIQでもEQでもなく、ライバルを出し抜く知恵や戦略を描ける「BQ(ビジネス感度)」だと考えたんです。


福井威夫

集中力で貪欲に学んでも成功は容易ではなく、失敗の連続です。問題はそれを「価値ある失敗」にできるかどうかです。


川村謙(経営者)

あまり収益性も考えていないし、バイアウトのことも今のところは考えていないんです。自分が旅が好きなので「旅先での出会いやガイドブックだけでは体験できない思い出をたくさん作りたい」という旅行者のニーズは必ずある、と思ったのが、そもそものきっかけ。だから目的が先行していてそれ以外は何も考えていない(笑)。


西川美和

優れた作品というのは、時代設定は古いけれど、書かれているテーマだとか、語り口というのは古くならない。


安藤忠雄

企業が保育所をつくると、その分お金はかかりますが、少なくとも少子化を食い止める手助けにはなります。それぞれの企業が、自分たちのできる範囲で投資をすればいいのに、ほとんどしないから保育所が足りなくなっている。私が東急渋谷駅と上野毛駅の設計を手がけたとき、「駅に託児所をつくってくださいよ」とお願いしました。そうやって、誰もができることをやって少子化をカバーしていく、サポートしていくということがなければ、社会は元気になりません。企業がお金を貯め込んでいるという状況は、喜ばしいことではありませんよ。


ページの先頭へ