名言DB

9413 人 / 110706 名言

佐古一の名言

twitter Facebook はてブ

佐古一のプロフィール

佐古一、さこ・はじめ。日本の経営者。大成建設社長・会長。早稲田大学を卒業後、同社に入社。その後、社長・会長を務めた経営者。日建連名誉会長なども務めた。

佐古一の名言 一覧

これからは建設業もソフトで勝負の時代だ。
【覚書き:建物を建てるハード面だけでなく、お客さんのニーズを聞いたり、それに対して技術・資金計画も含めて提案するようなソフト面が今後重要になってくるという趣旨の発言】


佐古一の経歴・略歴

佐古一、さこ・はじめ。日本の経営者。大成建設社長・会長。早稲田大学を卒業後、同社に入社。その後、社長・会長を務めた経営者。日建連名誉会長なども務めた。

他の記事も読んでみる

森澤篤

人間の頭脳は元もと綿密な論理ではなく、経験に基づく直感で動くようにできている。何か問題に直面すると、過去の経験をもとに勝手にパターン化して判断するので、そのままでは偏った判断に陥ってしまう場合が多い。


秋元久雄

会社を創業する前には、建設業界の知り合いの社長何人かに「職人を自前で育てる会社を作りたい」という話をしたんだけど、みんなが反対したね。経営効率を上げるためには、外注が不可欠であるというのが業界の常識だから。「職人を社員として雇うと、仕事がないときでも給料を払わなくてはいけないんだよ。人件費はどうするんだよ」と言われた。でも僕は外注にだって無駄が多いことを知っていた。いろいろな業者が関われば関わるほど、打ち合わせや調整に手間がかかるから工期が長くなる。すると管理コストがかさんでいく。けれども内製化すれば、打ち合わせや調整が社内でできるから手間もかからないわけだよね。それに資材の転用率を上げるなど、そのほかの部分で効率化を図っていくこともできる。だから僕はすべてを内製化しても、利益を確保することは十分に可能だと思っていた。


寺尾玄

当社の判断の基準は「お客様がより大喜びするのは、どちらなのか?」。追求しているのは「こういうモノがあったら嬉しいな」とお客様が大喜びしてくれるモノをつくること。


栗原博

トップの行動がどれだけ現場を勇気づけるのか、小林(陽太郎)氏の姿から学んだ。


大工富明

お笑いでアマチュアとプロの違いははっきりしています。周りの友達だけを笑わせるのがアマチュア。初めて会う人も笑わせられるのがプロです。


石橋正二郎

私は朝早くから夜遅くまで、日曜も祭日もなく一生懸命に働いた。タイム・イズ・マネーを実行したので人の3倍くらいは仕事したろう。また、父からタバコや酒はのむなと言われて今日まで実行している。


神田昌典

若い世代の足を引っ張るのは、大人のすることではありません。40~50代が若い才能を支えていけるかどうかで、日本の未来が決まる。そう言っても過言ではないと思います。若い世代と最新テクノロジーの分野で張り合っても、勝つのは難しい。ならば、自分自身の得意分野を生かすとともに、彼らの活躍をバックアップしていくという余裕が必要なのではないでしょうか。


嶋田卓彌(嶋田卓弥)

男は生き死にの大病をしたり、惚れぬいた女に振られたりするたびに人間ができる。貴君も乳牛まで売りはなってわびしく療養生活をしているようだが、長い人生のうちには療養期間というものが、たいへんプラスになることを知らなければならない。
【覚書き|嶋田氏が結核の療養中に、親戚の若い夫婦に送った励ましの手紙から】


井戸実

社員はみんな、僕に本気で叱られているのに喜ぶんですよ。育ってほしいという気持ちが伝わるのでしょうね。


堀江翔太

過去の挫折を、そのまま後悔するのは、「今」その経験を活かしてないから。じゃあ、どうすればよかったか、考えて修正して、行動を起こせば、必ず未来に結果がついてくるはず。


内田雅章

仕事上のつきあいも、人と人とのつながりがベースになります。そしてそのつながりは、仕事よりもプライベートの共通項で深まりやすい。


藤田晋

新しい流れや動きに対して、「時代遅れの解釈」や「勝手な思い込み」を当てはめて否定的に捉えてしまう人がよくいます。そういう人は、まずは自分の常識を疑ってかかり、「今、何が起きているのか」を客観的に捉えるようにするといい。


坂根正弘

とくに難しい仕事を任せられたときはチャンスです。難しい仕事を与えられるということは、期待されている証拠です。重要な仕事を、期待していない部下には任せません。


三澤千代治

不透明な時代、人も企業もどう生き残るかとよく言うが、これは生き残りと勝ち残りとあって、なんとかやりくり算段して命を伸ばすというのが生き残り、根本問題をかたづけて次の時代をにらむのが勝ち残り。


森秀明

米P&Gでは、「新製品開発の50%以上の案件は、外部パートナーと協力して行うこと」というルールを設けています。「組み合わせる」ことの重要性をよく理解している事例です。