佐古一の名言

佐古一のプロフィール

佐古一、さこ・はじめ。日本の経営者。大成建設社長・会長。早稲田大学を卒業後、同社に入社。その後、社長・会長を務めた経営者。日建連名誉会長なども務めた。

佐古一の名言 一覧

これからは建設業もソフトで勝負の時代だ。
【覚書き:建物を建てるハード面だけでなく、お客さんのニーズを聞いたり、それに対して技術・資金計画も含めて提案するようなソフト面が今後重要になってくるという趣旨の発言】


佐古一の経歴・略歴

佐古一、さこ・はじめ。日本の経営者。大成建設社長・会長。早稲田大学を卒業後、同社に入社。その後、社長・会長を務めた経営者。日建連名誉会長なども務めた。

他の記事も読んでみる

久水宏之

人間の本質は、永遠をかけて成長したいと願う魂にある。そのような計らいの中で、生まれてきた一人ひとりには、人生かけて果たしたい願い、志がある。そして、この世界でその後悔を生き直し、願いを果たすために必要な環境や条件を、私たちは自ら引き受けて人生を始めた。そのような人間観に立つならば、試練や問題の見え方は全く変わってくる。それは、私たちが当面している尋常ならざる問題群を解決するためにも、大切な智慧や手がかりになるものと思われる。


深田和範

小手先のマネジメントにとらわれることなく、自らの経験と勘、そして度胸で新しい事業を起こしていくことを促したいものです。そういう私も大手コンサルティング会社を最近辞めました。マネジメント信仰を捨て、ビジネスに挑戦する必要性を痛感したからです。


北島素幸

俺自身、自分の言動はこれでいいのかと考えると改善の余地だらけなんです。しかも、言動を変えようとすると苦労にまみれることになる。ただ、俺の場合はそういう苦労が人生を変えてくれました。だから「俺の料理を食わせてやる」なんておごりたかぶる人は、その一点だけでもダメだとは思う。


大山健太郎

経営や組織のマネジメントで大事なことは情報の共有。重要事項は経常陣だけが知っていて、社員には知らせないという会社は多いようですが、それでは組織は強くなれません。野球にしても、監督と選手が目標を共有して練習に取り組むからチームが強くなります。会社も同じで、社内ができるだけ目線を合わせられるよう、情報共有が不可欠です。重要な内容は繰り返して話すだけでなく、テキストでも伝える。それくらいのしつこさが必要。


高井伸夫

謝罪の場面では、自分に負い目があるため、相手の要求に安請け合いしがちですが、そこは慎重に対処すべき。謝ることと新たな約束をすることは、まったく別物だと割り切ったほうがいいですね。下手をすると、謝罪自体が責任追及の対象となり、泥沼化してしまいます。


桐山一憲

消費者自身が気付いていなかったニーズを上手く掘り起こすことができたなら、新しい市場を開拓できます。消臭剤のファブリーズスプレーはまさにその典型で、液体を噴きかけてにおいをとる発想は、消費者の側にはなかったと思います。


松下信武

ねたみは「他人にはあって自分にはない能力やもの(富や権力)」を気づかせてくれる重要な感情です。ねたみの原因が、今の自分に必要な事柄であれば、努力して手に入れればいいし、必要なければ、無視すればいい。そうやってねたみを分析しましょう。


中井政嗣

私は携帯番号を従業員に公開しています。上司にも誰にも言えないことを相談したいときには、社長ではなく中井個人に言ってくれと伝えてあります。店長など幹部社員にも、同じように「個人として」部下からの相談を受けさせていますから、彼らを飛び越して私の携帯を鳴らす者はそんなに多くはありません。それでも、年に1、2回は携帯で相談を受けます。携帯電話で相談を受けたときは、社長ではなく中井政嗣個人として話をしますから、「そんな会社は辞めてしまえ!」と言うこともあります。


おちまさと

ターゲットを絞り込むことの重要性は誰でも知っていることですが、案外、徹底されていないものです。ターゲットをしっかり意識するだけでも、発想は変わってくると思います。


岩田聡

アイデアのほとんどは失敗します。その中で数少ない成功があるのは、お客様がニコニコ喜んでくださる、というインセンティブがあるからです。とにかく、喜んでもらいたいと思う情熱から作り上がるのだと思います。


賀来龍三郎

多角化のために電卓事業に乗り出すべきだと進言し、御手洗(毅社長)さんから反対されました。御手洗さんはソニーの井深大さんに相談し、「電気関係に出ると苦労しますよ」と忠告されたらしい。井深さんは善意でおっしゃったと思いますが、今度は私が怒り「なぜ自分の部下が言うことを聞かず、他社の助言に従うのですか」と食って掛かりました。


加藤智治

その人に言われると、なぜか納得してしまう。そういう人の話は、内容は非常にロジカルなのに、それが理屈ではなく、ストーリーとして頭に入ってくるのです。聞いていて単純に話が面白いと思えるんです。


天池源受

下請けからの脱皮には、労働の効率性は必須条件。とくに腕がまだ未熟なため1人でもできる仕事を2人でやっているような部署では、「早く仕事を覚えて1人でこなせるようになれば、1人を新たな別の仕事に回せるので、2人とも給料が倍増するぞ!」と、私はよくハッパをかけています(笑)。


田村公正

創業から50年、我々はいつの時代もお客さまの声とともに成長してきました。常にお客さまに寄り添いながら、「お客さまの利便性を高める」「お客さまに喜びと感動を感じていただく」というこの2点が連綿と受け継がれていること、そのことが当社の成長の源泉になっているのだと思います。


志賀俊之

企業はイノベーションで、あるいは付加価値を高めることで競争しなきゃ絶対にダメ。


ページの先頭へ