名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

佐分利ユージンの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

佐分利ユージンのプロフィール

佐分利ユージン、さぶり・ゆーじん。経営者。「アドビシステムズ日本法人」社長。米国オレゴン州出身。ワシントン大学国際学部日本国文学学科卒業後、徳間書店シアトル支社を経て日本マイクロソフトに入社。同社で執行役常務、CMO(最高マーケティング責任者)などを務めたのち、アドビシステムズに移り社長を務めた。

佐分利ユージンの名言 一覧

ミリセカンドで顧客の要望を解析し、最適なタイミングとデザインで情報を見せられなければ顧客は逃げていくのが今の時代だ。


日本人ってそもそもアピール下手ですよね。もっとしっかり自社の製品価値を消費者に伝えていかなければならない。


マーケティングはただの販売促進ではなく、経営課題として捉えなければならない。


日系企業に今一番求められていることは、マーケティング力。もっと日本の企業にマーケティングの重要さを訴えたい。


日系企業でCMO(最高マーケティング責任者)を置いている会社は、全体の約3%のみです。中小企業ならなおさら少ないでしょう。でも米シリコンバレーにいると、スタートアップの会社には必ずと言っていいほどCMOがいます。直接売り上げに貢献する部門だと認識されているからです。


実はマーケティングってアピールし続けるオフェンス(攻め)だけではダメなんです。SNSの反応を細かくチェックし対応するなど、ディフェンス(守り)のマーケティングも必要。


日本のモノ作り技術は非常に優れていますが、自動車でも電機でも海外企業が猛追しています。ひょっとしたら技術やサービスだけで他国を圧倒することは、もうできないのかもしれません。


佐分利ユージンの経歴・略歴

佐分利ユージン、さぶり・ゆーじん。経営者。「アドビシステムズ日本法人」社長。米国オレゴン州出身。ワシントン大学国際学部日本国文学学科卒業後、徳間書店シアトル支社を経て日本マイクロソフトに入社。同社で執行役常務、CMO(最高マーケティング責任者)などを務めたのち、アドビシステムズに移り社長を務めた。

他の記事も読んでみる

杉村太郎

ワクワクできるものなら勝手に身体が動くし、むしろ止めようと思ったって止まらない。僕が努力しているように見えたとしたら、それは夢中になるものを好きでやっているだけなんです。


宮原耕治

インターネットが発達した現代、コミュニケーションは容易なものになったかもしれませんが、面と向かって人と会う機会が減ってきているようです。いまを生きる若い人たちに、人と顔を合わせ、お互いに様々なものを汲み取っていくことの大切さを忘れないでほしいです。


大西洋

これまでの百貨店の姿にこだわらず、お客様の求める形を提案しなければならない。そのために百貨店の「壁」を越えることが必要ならば、それを実践すべき。


兒玉義則

新聞に全面広告を出して企業理念を喧伝するだけでは、お客様の心にそのメッセージは届きません。お客様の心に残るのは、お店に入った瞬間から出ていくまでに起こった出来事であり、電話やメールから感じられる言葉や雰囲気です。私たちとお客様との関係はそこにしかない。私たちが伝えたいメッセージは、お客様との接点でしか伝えることはできません。だからこそ、私たちはお客様との接点に全力投球し、決して妥協をしてはいけないのです。


松波晴人

同じ相手と接したり、同じ光景を眺めたりしても気づきを得て成果を残す人と、何も気づかず成果を出せない人がいます。その違いは心理学でいう、「フレーム」を外せるかどうかにポイントがあります。フレームとは自分の見聞きしたものをどう切り取るかというものごとの捉え方を指し、それまでのフレームを外して、新しい見方をすることを利フレームといいます。


高橋滋

アクアマリンリゾートは雲の上の存在で、いつか泊まってみたいなとイメージばかり膨らんでいたんです。生まれて初めてアマンにチェックインしたときは、がたがた震えながら入っていったものです。ここが噂の、各国のVIPや高官などのお金持ちが泊るところだって。ところが、気構えて入ったら、実際はまったく逆なんです。いままでヨーロッパやアメリカの有名ホテルで感じていた、よく言えば威厳、悪く言えば驕りのようなものが一切なく、本当に居心地がいいんです。チェックインした途端、超高級ホテルだということを忘れさせてくれる。何でもお客様の好きになさってくださいというそのサービス姿勢に一番驚きました。


西任暁子(西任白鵠)

商品説明の場で魅力を端的に表現できない、時間配分を考えずに話してしまう、という方も多い。良い商品を作り、それを伝える術を磨くことは両輪の関係。


木皿泉(妻鹿年季子)

私たちが神戸にいるのは、何者でもない自分でいられるからですよ。東京へ出て、わかりやすいキャラクターを作って、見た目をよくして露出して、顔を覚えてもらったら売上がアップするだろうなとは思います。でも、「それだけ」なんですよ。アップするのはお金だけ。あとは消費されておしまいです。だから、大切なのは、芸能界で仕事をする人がそれについて心を砕くように、いかに遅く消費されるかどうか。


酒井眞一郎

研究開発職をはじめとした人材に活躍してもらうために、独自の人事制度もつくりました。「3軸独立評価システム」と呼んでいるものです。1人の人材を「管理能力」「専門能力」「会社に対する実績」という3つの軸で個々に評価し、どの軸で給料が上がってもいいというシステムです。


安藤俊介

上司や部下からキレられたとき、大切なのは「キレることで何かが伝えられる」という相手の思い込みを毅然とした態度ではねのけることです。相手は、大声で怒鳴れば思いが伝わってあなたが動き、自分にとって気に食わない状況が好転すると考えています。過去にキレて得をした経験があるから、何度もキレるのです。その悪循環を断ち切るためにも、要求を飲んだり、期待を持たせるような対応をしてはいけません。あとでそれを覆せば、さらにキレさせてしまい、悪循環に突入です。


中村克己(経営者)

会社は人で動くもの。人の行動は簡単には変えられません。正しいやり方をするようにいかに導くか。柔軟で臨機応変な対応を取る必要があります。自分が思っていることをちゃんと分かってもらうことが基本です。とにかくきちっと説明する。そのうち、全体の2~3割の人でも理解し、動き出してくれれば、会社は急速に変わります。その2~3割のキーパーソンを見つけることが大事なのです。


安田隆夫

顧客は自らの意思で来店し、何を買うかも自分自身の裁量で決める。だから、その決断を尊重すべきだ。それなのに、売る側は「買ってもらおう!」と意気込む。その姿勢が前面に出すぎると、顧客は一歩退く。だれも、そんな店で買い物はしたくない。