名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

佐分利ユージンの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

佐分利ユージンのプロフィール

佐分利ユージン、さぶり・ゆーじん。経営者。「アドビシステムズ日本法人」社長。米国オレゴン州出身。ワシントン大学国際学部日本国文学学科卒業後、徳間書店シアトル支社を経て日本マイクロソフトに入社。同社で執行役常務、CMO(最高マーケティング責任者)などを務めたのち、アドビシステムズに移り社長を務めた。

佐分利ユージンの名言 一覧

ミリセカンドで顧客の要望を解析し、最適なタイミングとデザインで情報を見せられなければ顧客は逃げていくのが今の時代だ。


日本人ってそもそもアピール下手ですよね。もっとしっかり自社の製品価値を消費者に伝えていかなければならない。


マーケティングはただの販売促進ではなく、経営課題として捉えなければならない。


日系企業に今一番求められていることは、マーケティング力。もっと日本の企業にマーケティングの重要さを訴えたい。


日系企業でCMO(最高マーケティング責任者)を置いている会社は、全体の約3%のみです。中小企業ならなおさら少ないでしょう。でも米シリコンバレーにいると、スタートアップの会社には必ずと言っていいほどCMOがいます。直接売り上げに貢献する部門だと認識されているからです。


実はマーケティングってアピールし続けるオフェンス(攻め)だけではダメなんです。SNSの反応を細かくチェックし対応するなど、ディフェンス(守り)のマーケティングも必要。


日本のモノ作り技術は非常に優れていますが、自動車でも電機でも海外企業が猛追しています。ひょっとしたら技術やサービスだけで他国を圧倒することは、もうできないのかもしれません。


佐分利ユージンの経歴・略歴

佐分利ユージン、さぶり・ゆーじん。経営者。「アドビシステムズ日本法人」社長。米国オレゴン州出身。ワシントン大学国際学部日本国文学学科卒業後、徳間書店シアトル支社を経て日本マイクロソフトに入社。同社で執行役常務、CMO(最高マーケティング責任者)などを務めたのち、アドビシステムズに移り社長を務めた。

他の記事も読んでみる

長岐隆弘

驚くべきことに、銀行員の多くは財布に今いくらあるかをとても正確に把握しています。そのために財布を複数に分けたり、常に整理したりするんです。所持金がわかれば、減った額もわかる。使途はレシートを見る。こうしてきちんと管理することで、お金をより効果的に使えるようになるんです。


和田一郎(経営者)

起業家にとってネットの知識は不可欠。ECサイトの運営に携わらない人でも、ネットで情報発信し、顧客にアプローチする機会は頻繁にあるでしょう。自分でホームページを改変するスキルや、ウェブデザインの知識があると役に立つはずです。また、SEO(検索エンジン最適化)の知識も、磨いておいて損はありません。


河野英太郎

複数人同士で取引先と面会すると、最初は部長同士が話していても、ある部下が「へえぇ」「なるほど」と熱心に拝聴していると、取引先の部長はその部下の顔を見て話し始めるといったことはしばしば起こります。アイコンタクトをされるようになったら、自分の名前も覚えてもらいやすくなります。


山田邦雄

既に競合がひしめいている国に出ていくことはしません。まだ日本の製品がほとんど出回っていない市場では、スタートラインはほかの大企業と同じですから、ロートが活躍できる場もたくさんあると考えています。


山本博(アーチェリー)

20年かけて銅から銀へとなりました。これから20年かけて金を目指します。


西原理恵子

今のご時世、会社なんてニキビより簡単に潰れちゃうし、自分も病気になるかもしれない。大事なのは転んだ時の立ち上がり方だと思うんですよ。そういうとき、教科書通りの正論って役立たないんでね。


山村輝治

お客様とお客様係との深い信頼関係は、「喜びのタネをまく」という思いが現場で実践されてきたことを物語るものと感じています。このようなお客様係による「喜び」を介したお客様とのきめ細かな交流は、これからもますます重要になってくるでしょう。


後藤勇人(コンサルタント)

1日をドライブに例えれば、朝はスタートです。起きてすぐに自分の目標を脳にインプットすることは、カーナビに目的地を入力するようなもの。1日を目標に向かって走らせることができるようになるんです。


塚越寛

会社ごとにそれぞれ固有の事情があったとはいえ、「なぜ不正が起きたのか」を突き詰めて考えると、理由は次の1点に絞られるように感じる。経営者が社員たちに、人としての基準を教えてこなかったことだ。


塚田正由記(塚田正之)

ハウスウエディングを知ったのは前職の結婚式場に勤めていた頃、米国での結婚式に参列したときです。ホテルや式場とは違い、一軒の邸宅を貸し切ってお客様を招き、参加者はドレスやタキシードで着飾り、ダンスを踊って式を楽しんでいる。その華やかさに衝撃を受けました。帰国後、日本でも同様の結婚式を企画、提案しましたが時期尚早と受け入れてもらえませんでした。当時、結婚式の需要は伸びていたので、会社はあえて新しいことにリスクを取る必然性がなかったのですね。しかし、これまでの日本にはないハウスウエディングを実現するという夢は大きくなるばかりでした。そんな折、お世話になった社長が退任されたので、それを機に独立をしました。


鈴木宏彦

大山(康晴)十五世名人は、横断歩道で先頭に立ち、信号が青になったら、3番以内に向こう側へ渡りきると決めていました。人の何倍も競争心があることを常に意識することで、「自分が負けるはずがない」という信念を強化していました。


鈴木雍

いつもこれじゃいかんという問題意識を持ち、内部体制の強化とサービスの拡充を考えろ。