名言DB

9429 人 / 110879 名言

佐分利ユージンの名言

twitter Facebook はてブ

佐分利ユージンのプロフィール

佐分利ユージン、さぶり・ゆーじん。経営者。「アドビシステムズ日本法人」社長。米国オレゴン州出身。ワシントン大学国際学部日本国文学学科卒業後、徳間書店シアトル支社を経て日本マイクロソフトに入社。同社で執行役常務、CMO(最高マーケティング責任者)などを務めたのち、アドビシステムズに移り社長を務めた。

佐分利ユージンの名言 一覧

ミリセカンドで顧客の要望を解析し、最適なタイミングとデザインで情報を見せられなければ顧客は逃げていくのが今の時代だ。


日本人ってそもそもアピール下手ですよね。もっとしっかり自社の製品価値を消費者に伝えていかなければならない。


マーケティングはただの販売促進ではなく、経営課題として捉えなければならない。


日系企業に今一番求められていることは、マーケティング力。もっと日本の企業にマーケティングの重要さを訴えたい。


日系企業でCMO(最高マーケティング責任者)を置いている会社は、全体の約3%のみです。中小企業ならなおさら少ないでしょう。でも米シリコンバレーにいると、スタートアップの会社には必ずと言っていいほどCMOがいます。直接売り上げに貢献する部門だと認識されているからです。


実はマーケティングってアピールし続けるオフェンス(攻め)だけではダメなんです。SNSの反応を細かくチェックし対応するなど、ディフェンス(守り)のマーケティングも必要。


日本のモノ作り技術は非常に優れていますが、自動車でも電機でも海外企業が猛追しています。ひょっとしたら技術やサービスだけで他国を圧倒することは、もうできないのかもしれません。


佐分利ユージンの経歴・略歴

佐分利ユージン、さぶり・ゆーじん。経営者。「アドビシステムズ日本法人」社長。米国オレゴン州出身。ワシントン大学国際学部日本国文学学科卒業後、徳間書店シアトル支社を経て日本マイクロソフトに入社。同社で執行役常務、CMO(最高マーケティング責任者)などを務めたのち、アドビシステムズに移り社長を務めた。

他の記事も読んでみる

関家一馬

うちは受発注システムなどいろいろなシステムを(マイクロソフトの表計算ソフト)「エクセル」をベースに開発しています。以前は大手ITベンダーのERP(統合基幹業務システム)を使っていましたが、エクセルであれば誰でも使うことができる。前は詳しい人にその都度お願いして時間がかかっていたのですが、今は簡単な作業は15秒もあればできてしまう。結局、仕組みやシステムを内製化できる企業が、勝ち残っていくのではないでしょうか。出来合いの汎用パッケージソフトとか、コンサルティング会社の考えた手法にもいい部分はあるのでしょうが、それすら自分でできたらもっと強い。


田崎ひろみ

本来であれば、海外拠点のトップは自分より優秀な人を採らないといけない。そうしないといずれ頭打ちになります。海外進出した直後は、御しやすい人材を下に配置してもいいと思います。そうじゃないと事業がうまく回らないから。でも、その後は徐々に変えていかなきゃいけない。そのスパンをどれくらい短くするかで、グローバルで勝てるかどうかが決まります。


フィリップ・コトラー

マーケティング上のイノベーションは日時や場所を特定して生み出せるようなものではない。マーケティング部門で、そして企業全体で、日常的にアイデア創出の努力がされなければ不可能だ。


吉田たかよし

音でも光でも、人体は覚醒しますが、体内時計にまで深く作用するという意味で、光を利用するほうが継続して早起きをするには効果的なのです。本当はカーテンを開けっ放しで寝て、朝日の力を利用するといいのですが、防犯上、問題がありますし、日の出の時刻と起床時刻は必ずしも同じとは限りません。そこで、私自身も長年実践しているのですが、寝床の自分の顔に照明があたるように設置し電源タイマーを使って起きる時刻の20分ほど前にスイッチが入るようにしておきます。するとすっきり目が覚めます。


藤井美保代

スキマ時間を上手に使えるか否かも、差がつくポイント。役に立つのは、スキマ時間専用のタスクを用意する習慣。「5分かかる仕事」「10分かかる仕事」「15分かかる仕事」と3種類ほど用意して付箋に書き、目につくところに貼っておけば、「電話の折り返し待ち」などの突然のスキマ時間もムダにせずに済みます。


藤井美保代

判断基準には、「正解」があるわけではありません。答えは会社の方針や業務内容によって違ってくるでしょう。リーダーはその背景を理解したうえで、組織としての価値観、つまり仕事に携わるうえでの「これははずさない」という基準を明確に持つべきです。そして、それに基づく判断基準をチームに周知させることも忘れてはいけません。「うちのチームはこれを第一に考える」という指針があれば、メンバーが優先順位に迷って業務を停滞させる事態を防げます。


武野龍

私が誠心誠意でお客様と向き合うことの大切さを痛感したのは、実はアダルへ入社する前、住宅メーカーで営業の仕事をしていた時のことです。最初の1年間は、なかなか商品を買ってもらえず苦悩の日々でした。「もう辞めようか……」と考えていた矢先、お客様から「武野さんだから家買います!」と言って頂けたのです。その言葉にとても救われたのを覚えています。それからは「お客様を好きになろう」「お客様のために働こう」と思うようになりましたね。あの時もがいたからこそ、お客様にご満足頂けることへの喜びに気づけましたし、今の仕事のスタイルの基盤となっています。


梅田望夫

ユーチューブをタイム誌が2006年の発明ナンバーワンに選びました。日本でユーチューブみたいなものが出てきたときに、発明大賞に選びますか?ありえないですよね。日本では著作権違反の映像がたくさん載っている問題サイトだという報道しかされないわけですから。ところが「これは映像文化を変えた発明である」と言って、ドーンと取り上げるのがアメリカです。こういう雰囲気から新しいものが生まれてくるんです。


熊谷正寿

練炭で自殺する夢も見た。だが、朝起きてシャワーを浴びると「自分はいわば一度死んだ人間。会社を立て直すためにとことん取り組む」と逆に気持ちを切り替えることができた。


高木茂知

高度成長期には、効率的な成長が求められ、それぞれの分野において「部分最適」の解を導き出すことで貢献してきました。しかし時代は変わりました。日本は成熟社会を迎えると共に、少子高齢化、地方創生といった課題も抱えるようになり、地球温暖化問題など、持続可能な成長が世界的な課題です。専門領域が細分化され、高い専門性も必要となっていますが、物事を複合的な視点で解決する「全体最適」の解が求められるようになったのです。