名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

佐俣奈緒子の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

佐俣奈緒子のプロフィール

佐俣奈緒子、さまた・なおこ。日本の経営者。「コイニー」社長。広島県出身。京都大学経済学部在学中にインターンで米国の携帯電話事業立ち上げなどを経験。ペイパル日本法人立ち上げに参画後、コイニーを創業。

佐俣奈緒子の名言 一覧

部下を詰めて管理するのではなく、困っている人をサポートするのがマネジャーの仕事。


長時間労働で成り立つ組織では、全員がハッピーにはなれない。


新しいサービスなので、ルールづくりと同時に市場ができていった。ルールの変更に適宜対応できたのも、モノ作りを内製化していたから。


今はカードを読むというところに注力していますが、現金をなくすというゴールに向けていろんなアプローチがあると思っています。将来は財布を必要なくするようなこともやっていきたい。


今思えば創業当初すごく幸運でした。デザイナーやハードウエアの担当者も初対面の日からなぜか手伝ってくれることになりました。理由を聞いたら、「無謀だと思ったけど、それを真正面からやるのは面白そうと思ったから」と。それから、手弁当でみんなが手伝ってくれて、一緒に会社をやるようになったんです。


決済の事業は結果が出るまで10年はかかると思っています。初期は100メートル走のように走っても、そういう生活は2~3年しか持たないので、マラソンに切り替えました。モチベーションと健康を崩さないことが何より重要。燃え尽きるのが一番怖いんです。


佐俣奈緒子の経歴・略歴

佐俣奈緒子、さまた・なおこ。日本の経営者。「コイニー」社長。広島県出身。京都大学経済学部在学中にインターンで米国の携帯電話事業立ち上げなどを経験。ペイパル日本法人立ち上げに参画後、コイニーを創業。

他の記事も読んでみる

中田誠司

頼関係をいかに構築するかがすべて。強いチームは、組織の中の信頼関係が盤石でないとつくれない。


山崎将志

挨拶が大事なのは言うまでもない。職場ではもちろんだが、まずは、ビルの警備員や得意先のエレベーターの中で一緒になった人に、挨拶してみることをすすめたい。エレベーターに乗り込むとき、私たちは、つい「すみません」と言ってしまう。でも、「すみません」が言えるなら、「こんにちは」「おはようございます」も言えるはずだ。こちらのほうが自然で場の雰囲気も間違いなく明るくなる。


木下彰二

画面上でのチェックは、画面の拡大・縮小・スクロールなどが必要なときに、チェック箇所を飛ばしてしまう危険性がある。間違いを確実に見つけたいなら、メールも印刷してチェックすることをお勧めします。


宮内義彦

経営者人生をあらためて振り返ってみると、しんどいことばかり。何しろ毎日問題が持ち上がってきて、「これは天下の一大事だ」と思って決断を下してきた。覚えていたら身が持ちません。夜、酒を飲んだら全部忘れるのが一番です。


市川海老蔵(11代目)

争いを避け、みんなと仲良く歩調を合わせるのが、日本企業では歓迎されるのかもしれません。ですが、それでは本質を見失います。愛想笑いはもうやめましょうよ。早く八方美人をやめないと、組織はもたないのではないですか。このままでは日本は世界で勝負できないでしょう。


平井伯昌

怪我などで不調に陥った時、早く復活する選手と、復活できない選手の違いは、選手が「怪我の功名」と考えて、自らの意志で次の行動に移れるか。その時にできることを考え、マイナス面をプラス面に変える発想を持っているか。


冨安徳久

私は、高校の時の担任の言葉を今でも覚えています。「少しでも良い大学に入れ。それが上場しているような良い会社に入るためだ」。なぜ良い会社に入らねばならないのか理由を尋ねると、「初任給や生涯年収が違う」と返ってきました。時代観もありますが、学校の先生が「お金のために働け」と言っているようなものです。今なら完全否定するところですが、当時でも胸に違和感が残りました。


川村隆

現在、日立は金融機関を除くと世界で売上高は38位、利益だと110位台で全然うれしくはない。利益で50位が当面の目標です。売上は日本の雇用拡大とい意味では非常に大事だが、いくら規模が大きくても簡単に倒産する。グローバルで競争力を持った企業になるためには、利益をちゃんと出して次への投資や研究開発ができることが一番大事だ。


本田健

一代で財をなす人は、ターニングポイントで時流に合う商材を見つけたり、機会をくれる人と出会ったりしています。もちろん運がいいだけではダメ。ベースになる力かあるからこそ、運を活かせるのです。


津田秀晴

できる営業マンの多くは、商談の冒頭で「どこに興味を持っていただけたのでしょうか?」というような質問をしています。忙しいなかで商談の場をつくってくた理由を問われると、顧客はその場を大事にしようと考えるものです。その気持ちに対して、「ご期待にお応えしたいと思いますので、どうぞよろしくお願いします」と訴えれば、相手も真剣に話を聞く気持ちになるはず。こうした「場づくり」をきちんとしないまま、なんとなく商談を始めてしまうから、お互いにとって実りある商談にならないのではないでしょうか。


ジャック・ドーシー

ツイッターにしてもスクエア(スマートフォンをカード決済端末にするサービス)にしても、我々の需要から生まれたものだ。ツイッターは「世界で起きている何か」を私が見たかった。スクエアは共同創業者でガラス職人だったジム・マッケルビーがクレジットカード決済を提供していなかったばかりに、作品を売り損ねたところから生まれた。


飯田久恵

片づけるにはモノを減らすことが不可欠ですが、「要るか、要らないか」を決めるには、判断基準を持たなくてはいけません。「パソコンにデータで保存したら、紙の書類は捨てる」「買ってから1年間使わなかった文房具は捨てる」といった、自分なりの基準を明確にしましょう。