名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

佐俣奈緒子の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

佐俣奈緒子のプロフィール

佐俣奈緒子、さまた・なおこ。日本の経営者。「コイニー」社長。広島県出身。京都大学経済学部在学中にインターンで米国の携帯電話事業立ち上げなどを経験。ペイパル日本法人立ち上げに参画後、コイニーを創業。

佐俣奈緒子の名言 一覧

部下を詰めて管理するのではなく、困っている人をサポートするのがマネジャーの仕事。


長時間労働で成り立つ組織では、全員がハッピーにはなれない。


新しいサービスなので、ルールづくりと同時に市場ができていった。ルールの変更に適宜対応できたのも、モノ作りを内製化していたから。


今はカードを読むというところに注力していますが、現金をなくすというゴールに向けていろんなアプローチがあると思っています。将来は財布を必要なくするようなこともやっていきたい。


今思えば創業当初すごく幸運でした。デザイナーやハードウエアの担当者も初対面の日からなぜか手伝ってくれることになりました。理由を聞いたら、「無謀だと思ったけど、それを真正面からやるのは面白そうと思ったから」と。それから、手弁当でみんなが手伝ってくれて、一緒に会社をやるようになったんです。


決済の事業は結果が出るまで10年はかかると思っています。初期は100メートル走のように走っても、そういう生活は2~3年しか持たないので、マラソンに切り替えました。モチベーションと健康を崩さないことが何より重要。燃え尽きるのが一番怖いんです。


佐俣奈緒子の経歴・略歴

佐俣奈緒子、さまた・なおこ。日本の経営者。「コイニー」社長。広島県出身。京都大学経済学部在学中にインターンで米国の携帯電話事業立ち上げなどを経験。ペイパル日本法人立ち上げに参画後、コイニーを創業。

他の記事も読んでみる

井深大

私は盛田(昭夫)君以下のこの上ない良いメンバーに囲まれて生きてきた。この人たちは無謀にも近い私の夢を実現させて楽しませてくれる。こんな幸福は世の中にそんなにあることではないと信じている。


野間口有

長所を伸ばせば、弱点は自然とカバーされるものです。たとえば、我が社の経営戦略の基本に、「強いものを、より強く」がありますが、これは自社で持っているいい製品、技術、得意な分野に力を入れていくということです。強い部分に力を注ぎ、それを伸ばしていけば、弱いところは自然と整理されカバーされていきます。


中村信仁

いくら話が弾んでも、肝心なところで「契約書にサインをお願いします」といえなければ、ただのいい人で終わってしまいます。営業には思い切りのよさが必要になる場面が必ずあります。その思い切りのよさを後押しするのが、目的をはっきりとさせることなのです。だからこそ、「自分は雑談をしにきたのではない。○○のためにうかがったのだ」ということを自分にも相手にも改めて認識させるために、「訪問の目的」から商談を始めるべきなのです。


生瀬勝久

自分に必要なものを判断できないまま、漠然と目標を立てて、届かない、実現できないと混乱する人がいます。そもそも実力がなかったら目標を立てたらダメ。まず自分がどれだけの実力なのかを知る。そこから目標に対して、どんな努力が必要かを考える。


山口悟郎

どこの会社だって数字は厳しく追求します。おかしなことになる可能性はどこにでもあるといっていい。だから、当たり前のことでも指針を理解し、常に確認することが大切。


村山由佳

「自分が書きたいことを、書きたいように書く」。これが作家の私にとって守らなくてはならないもの。


沖幸子

掃除の時間がなかなか取れない人でも、きれいにすることは可能です。ヒントはビジネスの現場。自分だけが満足する仕事では誰の共感も得られないし、人もついてこないでしょう。掃除も同じで、他の人が「きれい」と感じてくれることが大切です。


ピーター・ドラッカー

定年の必要は実際のところ、年老いたということではない。おもな理由は、若者たちに道をあけなければならないということにある。


米倉弘昌

私がよく経団連で申し上げているのは、経済を動かすのは我々企業であって、企業自らが成長を実現していくんだという気概を持って経営していく、そういうことで本当に成長が実現できるだろうと思います。


松下幸之助

部下の良さ、偉さがわかるか。自分の部下が100人いるなら、自分の偉さは本当は101番目なんだと思える人が真のリーダーだ。


木村皓一

僕がいつも言っているのはファンづくりです。「あなたのアドバイスを受けて買いたい」と思われるようになろうということです。やさしさや親切、丁寧な心、そういうものを大事にしたい。それはマニュアルで管理できるものではありません。マニュアルにあるからするということであれば、むしろしないほうがいい。


古森重隆

技術力によって、オンリーワン、ナンバーワンの製品を時代に先駆けて開発していく。そんな企業であり続けなくてはいけません。写真フィルムというのは170年も続いている技術ですが、こんなに長く続く技術は、もう出てこないでしょう。ひとつの技術の生命、ライフサイクルは短くなっています。世の中も技術も大きく変わっていく中で、将来の基盤となる研究開発を続け、常に時代に合った技術をつくりだすことが大切です。