名言DB

9490 人 / 112001 名言

佐伯達之の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

佐伯達之のプロフィール

佐伯達之、さえき・たつゆき。日本の経営者。「ナスダック・ジャパン」会長。栃木県出身。慶應義塾大学法学部卒業後、日本IBMに入社。副社長を務めたのち、ナスダック・ジャパン会長兼CEO(最高経営責任者)、EDSジャパン社長、アイ・エム・エス・ジャパン社長・会長、日本CA会長などを務めた。

佐伯達之の名言 一覧

現状のものを生かして、半分くらい作り直すという考え方でやっていると、絶対に成功しない。スクラップ&ビルドをするのがいいですね。お金は一番かかりますけれども、全部壊して、最初から作り直す。


佐伯達之の経歴・略歴

佐伯達之、さえき・たつゆき。日本の経営者。「ナスダック・ジャパン」会長。栃木県出身。慶應義塾大学法学部卒業後、日本IBMに入社。副社長を務めたのち、ナスダック・ジャパン会長兼CEO(最高経営責任者)、EDSジャパン社長、アイ・エム・エス・ジャパン社長・会長、日本CA会長などを務めた。

他の記事も読んでみる

嶋田卓彌(嶋田卓弥)

私は嘘をつかない。手放しで本当のことを頼む流儀である。金を貸したほうにすれば、心配なのは当たり前だ。私は我が体を担保のつもりで毎日電通へ運んだ。手形を落とす金がなくっても、借主の体と事業の希望を相手にぶつければ、せめて安心もしてもらえる。
【覚書き|リッカーミシン創業当時、電通に広告費を融資してもらっていたが返済する現金がないので現在打っている広告の効果測定統計を毎日持参し返済を待ってもらっていた当時を振り返っての発言】


森川亮

リーダーにとって大事なことの一つは、チームのメンバーが健全な議論をできるようにすること。議論とは、それぞれが自分の意見を主張して押し通そうとすることではありません。なるべく多様性のある数多くの意見を引き出す。10個の意見から1つ選ぶより、100個の意見から1つ選ぶ方が正しい可能性が高い。いかにして、多様性のある意見を生み出しやすくするかが大切。


津曲孝

最初に勤めたのは東京の洋菓子店でしたが、その後、人の紹介で、神戸に本社があるエーデルワイスというスイス菓子の会社で働き始めました。その会社が、スイスの民族舞踏団が来日した際、スポンサーになった縁で、スイス大使館がスイスで洋菓子を学ぶ機会をくださり、社長から「新しいブランドを立ち上げるから、スイスで学んで来い」と言われ、私が会社を代表してスイスに行かせてもらいました。スイスでは材料の違いを感じました。当時は、まだ最高の材料が日本には入ってきていませんでした。ヨーロッパは、いい材料を当たり前に使ってお菓子を作っていたので、日本でも「いい材料でお菓子を作らなければいけない」と思って帰国しました。


落合信彦

人を雇い、食べさせていくことは、想像以上に大変なことだ。起業したいという相談も多いが、覚悟はできているか。


村西とおる

苦しいときほど、自分の本当に欲しいもの、やりたいことを考えるナイスなチャンスなのです。不況だ、金融不安だと騒がれますが、マスコミなんぞに惑わされてはなりません。不安を抱えて縮こまるか、不況や金融不安が何ほどのものだと思うかが分かれ目になり差が出てきます。


小山昇

具体的な名前がない報告は時間の無駄。誰が何をしたのか、固有名詞で教えてくれなきゃわからない。


北村森

お客のニーズに応えるだけでは、ヒット商品はつくれない。


松岡功

これまでは、映画づくりしか知らない人が映画をつくっていた。だが、これからはマーケティングが大切になる時代だ。だから、お前みたいに映画館にいて、お客様がどんな映画にお金を出し、どんな映画に出さないかをじっと見つめていた人間が映画をつくる時代なんだ。
【覚書き|東宝入社後12年間映画館勤めをしていた高井英幸氏(のちに同社社長)を制作に抜擢した理由について語った言葉】


和田完二

我々は一滴の油、一枚に紙をも粗末にしない。一切の冗費を省いて会社伸長の用に供し、社力低下の原因になる災害防止に万全を期する。


金光サリィ

あがり症の人は他人の話を聞くとき、「今、詰まった。硬くなっているな」と緊張しているかどうかを気にしたり、「あの人よりこの人のほうが上手いな」などと評価しがちです。すると自分が人前で話すとき、みんなもきっとそうやって自分が緊張しているかどうかを見ている、上手いか下手かを評価していると錯覚してしまい、それが過度のプレッシャーとなってあがりをより誘引します。それらを全部やめて、聴衆のなかで一番いい、肯定的な聞き役を演じてみましょう。笑顔で「なるほど」とうなずきながら聞く。これを繰り返すことで、人は肯定的に話を聞いてくれるものだと思えるようになり、今までよりも、ずっとラクに話せるようになります。


熊谷眞一

シベールに事業拡大をもたらしたラスクの通販も、目の前の困難な状況を打破しようと考え抜いた末に行き着いたものです。当時、シベールは洋菓子店として山形県でトップクラスになっていました。そうなると、お客様から「そろそろ手仕舞いにしたらどうか」という声が聞かれるようになりました。これ以上店舗を増やしたら、味が落ちるというのです。私は企業家として行けるところまで行きたいという野心が募っていました。事業は拡大したいが、山形県では店舗を増やせない。ジレンマを克服するために思いついたのが通販でした。


エリック・シュミット

戦略や新製品を展開する主導権を握っているのは、2人のGoogle創設者か、もしくはごく少数のメンバーで構成している技術チームだ。おかげでGoogleはきわめてスピーディーに改革を進めることができるし、これがわが社の最大の強みになっている。