佐伯達之の名言

佐伯達之のプロフィール

佐伯達之、さえき・たつゆき。日本の経営者。「ナスダック・ジャパン」会長。栃木県出身。慶應義塾大学法学部卒業後、日本IBMに入社。副社長を務めたのち、ナスダック・ジャパン会長兼CEO(最高経営責任者)、EDSジャパン社長、アイ・エム・エス・ジャパン社長・会長、日本CA会長などを務めた。

佐伯達之の名言 一覧

現状のものを生かして、半分くらい作り直すという考え方でやっていると、絶対に成功しない。スクラップ&ビルドをするのがいいですね。お金は一番かかりますけれども、全部壊して、最初から作り直す。


佐伯達之の経歴・略歴

佐伯達之、さえき・たつゆき。日本の経営者。「ナスダック・ジャパン」会長。栃木県出身。慶應義塾大学法学部卒業後、日本IBMに入社。副社長を務めたのち、ナスダック・ジャパン会長兼CEO(最高経営責任者)、EDSジャパン社長、アイ・エム・エス・ジャパン社長・会長、日本CA会長などを務めた。

他の記事も読んでみる

定保英弥

課題は次世代のお客様の開拓です。次の世代の「帝国ホテルファン」をいかにつくっていくかが大きな課題です。帝国ホテルの良さをその世代の皆さまに知っていただく仕掛けをどんどんやっていかなくてはいけないと思っています。


入山章栄

私も研究者のはしくれとして10年アメリカにいたのですが、世界には素晴らしい知性が輝いていることを痛感しました。


岩田聡

社長になって統計資料をみてみると、日本のゲーム産業のソフトウェア出荷額は97年から下がり続けている。取材にこられる記者も、昔はゲームをやっていたけれど、いまはやりませんという人ばかり。業界自体は明らかに先細りなのだという現実に、思わず冷や汗が流れました。えらいときに社長を引き受けてしまった、と思いました。それで、これまでゲームとは無縁だった人を引き込む以外、生き残る道はない。それを誰かがやらなければならないのなら、ウチがやろうと。それで、5歳から95歳まで遊べるゲームをつくるという路線を打ち出したのです。


垣添直也

百周年を迎えた日水の歴史をひもとくと、創業の功労者らの起業家精神が現場に受け継がれ、会社のバックボーンとなったことがわかります。日水のDNAは自分も含め発現しているのだと思います。


佐々木大輔(経営者)

本当はもっとシンプルに、効率よく仕事ができるのに、盲目的に同じやり方を続けている人はいませんか。あなたの会社は、無駄な作業に時間とコストを費やしていませんか。何も変わらないと決めつけて、楽しく仕事をすることを諦めていませんか。こうした現状を変革するには、どんな人でも理解できるような、簡単で便利な道具を作る必要がある。これが、私がfreeeを創業したきっかけでした。


相原孝夫

昇進や昇格など重要ポジションの決定ほど「評判」が大きくモノを言います。その理由は、立場が上がるにつれて「人をマネジメントする」業務の比重が高まるためです。


坂本朝夫

伝統文化ってすごく良いものだと思います。ただ、「良いもの」と「自分が所有して使いたいもの」には少しズレがあると思います。漆製品も、やっぱり使ってもらってなんぼですよね。だから、今後も使えるところにどんどん登場させていきたい。


田中靖浩

仕事やプライベートで数字を意識する習慣が身についたら、さらにそこから何を読み解くのか、それぞれの情報を分析し、自分なりに数字の根拠となる仮説を立ててみましょう。数字から今後のビジネス予測を立てられるようになるということは、自分なりの仕事の型ができることにもつながるはずです。


寺沢大介

今は人気店を食べ歩き、行ったことを自慢する風潮があるけれど、何度も通ってこそ、味わえる魅力ってあると思いますね。


ロバート・キャンベル

日本留学以降、大学で講師をやりながら、少ないお金と時間を使って自分の研究をし、日本語で論文を書くという日々を続けました。当然、不安も失敗もたくさんありましたよ。でも、幸いオリジナリティーのある論文をいくつか発表することができ、30代後半からは憧れの場所だった国立・国文学研究資料館で働くこともできました。いま振り返ると、私の30代は細かい成果を少しずつ積み上げつつ、自分の足場を必死に固めていった10年だったように思います。


ムーギー・キム(金武貴)

「プロフェッショナルとして一番大切なのは、仕事のタイムアロケーション(時間配分)がしっかりできることなんだぞ」。これは、私がまだ若くて未熟だった頃、ボスから怒られたことの1つです。与えられた時間は誰しも平等。その平等で有限の時間を重要なことに割り振ることができているかどうかが、仕事の生産性に大きな差をつけます。


茂木健一郎

側頭連合野に記憶が蓄積されるということは、創造するための素材になってくれると同時に、固定観念にとらわれてしまうリスクともなる。例えば、過去の成功体験にとらわれてしまうと、新しいことへのチャレンジができなくなる。だから、年をとって、さまざまな経験を重ねることは、創造性のための素材が蓄えられる、という意味ではいいのだけれども、同時に、意欲を持ち、自分の経験にとらわれない冒険心を持つ必要があるのである。


鈴木敏文

顧客に本当に満足してもらおうと思ったら、競争相手に勝つのでなく、既存の常識を打ち破らなければならない。なぜなら、真の競争相手は同業他社ではなく、絶えず変化する顧客ニーズだからです。


戸塚隆将

結果を出す一流人は、誰でもできそうなことを誰よりも徹底的にやっている。一流人も私たちと同じ人間であり、結果を出すためには「準備することが大事」といった仕事の「基本」を徹底している。それに気づくだけでも、私たちが「結果につながる愚直な準備」を実践するための、後押しになる。


ドン小西(小西良幸)

「粋」をファッションで体現するためには、精神性の高さが伴っていなければなりません。なぜなら「粋」は「すい」とも読み、これは「酸いも甘いも噛み分ける」という慣用句につながるからです。人生経験を積んで人情の機微を知り、世の中の裏も表も知り尽くしていなければ、「粋」は表現できないということ。また、「意気」と書かれることもありますが、これは精神的清潔さを称賛する意味で用いられる場合もあります。


ページの先頭へ