名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

佐伯泰英の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

佐伯泰英のプロフィール

佐伯泰英、さえき・やすひで。日本の小説家、写真家。福岡県出身。日本大学藝術学部映画学科卒業。映画・テレビCM撮影助手、カメラマン、ノンフィクションライターなどを経て小説家デビュー。時代小説『居眠り磐音 江戸双紙』シリーズは累計2000万部を突破した。

佐伯泰英の名言 一覧

誰かが新たなジャンルを切り開かないと業界が疲弊していくだけ。


死ぬまで書き続けられれば、作家として、これほどの幸せはないでしょうね。


私は58歳までまったく売れなかった。編集者に「もう官能小説か時代小説を書くしかない」と言われ、時代小説でやっと日の目を見た。


だったら、それを利用して本当に月刊ペースで書いて、逆に『月刊佐伯』を広めてやろうと思った。

【覚え書き|執筆スピードが速いため『月刊佐伯』と呼ばれたことについて】


この作品(『居眠り磐音 江戸双紙』シリーズ)を50巻で完結させようと意識し始めたのは7年くらい前。累計700万部をこえたあたりです。それまでも、「50巻完結」とは言っていましたが、それは自分自身を鼓舞するためで、実際にそこまでいくとは想定していなかったんです。ここまで一緒に歩いてきてくださった読者のみなさんのためでもあるし、この先も50巻までなら一緒に歩いていけるかもしれない、と考えられるようになっていました。


僕は、時代小説を書くときに、人物描写とか情景描写以前に、読んでいる時間を楽しんでもらって、その間はしばし現実を忘れてもらえるような作品を、確実に市場に出していこうと考えていました。剣戟(けんげき)シーンも、僕の場合は全然リアルじゃないんです。歌舞伎や時代劇映画の殺陣と同じです。つまり、竹光のチャンバラです。でも、リアルを追求するよりも、楽しんでもらいたい。そうすると、真剣で斬り合うよりも、竹光のほうがいいような気がするんです。そんな書き手の気持ちを読者の方たちは受け止めてくれたんだと思います。


佐伯泰英の経歴・略歴

佐伯泰英、さえき・やすひで。日本の小説家、写真家。福岡県出身。日本大学藝術学部映画学科卒業。映画・テレビCM撮影助手、カメラマン、ノンフィクションライターなどを経て小説家デビュー。時代小説『居眠り磐音 江戸双紙』シリーズは累計2000万部を突破した。

他の記事も読んでみる

裵英洙(医療機関再生コンサルタント)

疲労には、「肉体的」「精神的」「神経的」の三つの種類があります。肉体的な疲れとは、身体を動かした際に生じる疲れ。精神的な疲れとは、人間関係などから来るストレスなど。最後の神経的な疲れとは、目や耳、脳の疲れを指します。見落とされがちですが、パソコンでの仕事を長時間続けたり、集中力を長く保ったりすると、神経も疲れるのです。


猪瀬直樹

もしキミが非難されたり悪口を言われたら、最初にやるべきことは、周りの空気に流される5割の人を味方につけること。この人たちは、明確な根拠がなくフィーリングでアンチに回っているだけなので、きちんと説明すれば、たいていは理解してもらえます。逆に、クレーマーやガンコ者など、自分がどう話してもコントロールできない相手にエネルギーを費やすのはムダ。この切り分けが、いつまでも怒りの感情を引きずらないコツなのです。


永江朗

もちろん、他人の知見に頼りたくなる局面もあります。かくいう私自身も、数年前から京都と東京の二重生活を営み始める際に、周囲の何人かに意見を聞いてみたことがあります。私の場合、そうした意見のひとつに背中を押されて現在の生活にたどりついたのですが、結局決めたのは自分です。最終的には自分の心の声に従いました。


松永安左エ門

私は悪運の強い男だとつくづく思う。運というものは面白い。初め良ければ後が悪かったり、その反対であったり、人によっては終始良かったりするものだが、私は運に恵まれて今日まで来た。


朝倉千恵子

大切なのは「本心を言うこと」です。言いにくいことも言わないで、上っ面のきれいごとばかり言っていたら、いつまでたっても相手の本音はわかりませんし、関係も深まりません。


粟田貴也

「店前交通」「居住人口」「物件の見え方」の3つが整っていればこれまでの経験則からも勝算は十分ある。


舞の海秀平

体が小さいからこそ、「勝つためにはどうすればいいか」、必死に考えた。


名越康文

社会の中にある自己と、自然の中に存在する自己。2つの軸を持てるようになれば、社会の枠組みの中で起きた失敗、人に対する引け目、腹立たしさや屈辱とかいうものを客観的に見ることができ「ああ、小さいな」と思えるようになります。その2つの自己の間を振り子のように行き来しながら、人は初めて自分のやってきたことや苦しみを相対化して、次へと進むことができる。それを最も濃厚に体験できるのが一人旅なのではないでしょうか。


高橋克徳

社員のやる気低下が業績不振を招く、辞める社員が増えて人材が流出するなど、社員のストレスは会社にとっても大きなダメージになりうるのです。


渡邉美樹

「緊急で大切なこと」から手帳に書く人が多いかもしれませんが、私はその逆です。自分の手帳は8か月先までたくさんの「緊急ではないが大切なこと」で埋まっています。たしかに、クレームやアクシデントへの対応など、緊急で大切な仕事を放置しておくことはできません。しかし、目の前の緊急な仕事ばかりを追いかけていては、現状維持がいいところです。目標になかなか近づくことはできません。


根本郁芳

放射性物質を使わない夜光塗料「N夜光」の発明は、周到に準備した結果のものとはとても言えなくて、危機から生まれたんです。大口の取引先において、放射性物質を使った夜光塗料を加工することが制限されるようになり、その時代の流れに対応しなければ廃業というところまで追いこまれたことがありました。そういう危機がなければ、新しい塗料を開発しようという発想は生まれなかったですから。事業をやめたいと思ったことは何回もありましたが、やめて借金が減るわけでもないからやめられなくて頑張って、それだけでしたね。


ピーター・ドラッカー

私は、経営の「社会的責任」について論じた歴史的人物の中で、かの偉大な人物の一人である渋沢栄一の右に出るものを知らない。彼は世界のだれよりも早く、経営の本質は「責任」にほかならないということを見抜いていた。