名言DB

9419 人 / 110788 名言

佐伯泰英の名言

twitter Facebook はてブ

佐伯泰英のプロフィール

佐伯泰英、さえき・やすひで。日本の小説家、写真家。福岡県出身。日本大学藝術学部映画学科卒業。映画・テレビCM撮影助手、カメラマン、ノンフィクションライターなどを経て小説家デビュー。時代小説『居眠り磐音 江戸双紙』シリーズは累計2000万部を突破した。

佐伯泰英の名言 一覧

誰かが新たなジャンルを切り開かないと業界が疲弊していくだけ。


死ぬまで書き続けられれば、作家として、これほどの幸せはないでしょうね。


私は58歳までまったく売れなかった。編集者に「もう官能小説か時代小説を書くしかない」と言われ、時代小説でやっと日の目を見た。


だったら、それを利用して本当に月刊ペースで書いて、逆に『月刊佐伯』を広めてやろうと思った。

【覚え書き|執筆スピードが速いため『月刊佐伯』と呼ばれたことについて】


この作品(『居眠り磐音 江戸双紙』シリーズ)を50巻で完結させようと意識し始めたのは7年くらい前。累計700万部をこえたあたりです。それまでも、「50巻完結」とは言っていましたが、それは自分自身を鼓舞するためで、実際にそこまでいくとは想定していなかったんです。ここまで一緒に歩いてきてくださった読者のみなさんのためでもあるし、この先も50巻までなら一緒に歩いていけるかもしれない、と考えられるようになっていました。


僕は、時代小説を書くときに、人物描写とか情景描写以前に、読んでいる時間を楽しんでもらって、その間はしばし現実を忘れてもらえるような作品を、確実に市場に出していこうと考えていました。剣戟(けんげき)シーンも、僕の場合は全然リアルじゃないんです。歌舞伎や時代劇映画の殺陣と同じです。つまり、竹光のチャンバラです。でも、リアルを追求するよりも、楽しんでもらいたい。そうすると、真剣で斬り合うよりも、竹光のほうがいいような気がするんです。そんな書き手の気持ちを読者の方たちは受け止めてくれたんだと思います。


佐伯泰英の経歴・略歴

佐伯泰英、さえき・やすひで。日本の小説家、写真家。福岡県出身。日本大学藝術学部映画学科卒業。映画・テレビCM撮影助手、カメラマン、ノンフィクションライターなどを経て小説家デビュー。時代小説『居眠り磐音 江戸双紙』シリーズは累計2000万部を突破した。

他の記事も読んでみる

ヘラクレイトス

みずからと対立するものは、みずからと調和している。逆方向に引っ張り合う力の調和というものがあるのだ。たとえば弓や竪琴の場合がそれである。


細貝淳一

15歳のとき、近所の町工場の親父に言われたんだ。「バカは金貯めろ」と。才能がないヤツでも働くことはできる。稼いだ金は使わなければ貯まる。それなら俺にできると思ってね。必死に働けば金は貯まる。これは自信になったね。


聖徳太子

早くから出仕し、夕方遅くなってから退出しなさい。公務はうかうかできないものだ。一日中かけてもすべて終えてしまうことが難しい。したがって、遅く出仕したのでは緊急の用に間に合わないし、早く退出したのでは必ず仕事を残してしまう。


岡本和彦(経営者)

大学卒業後に入社したのは松下電器産業(のちのパナソニック)です。松下に在籍した17年間は確実に私のビジネスライフの基盤となっています。私が松下に入社した時、創業者の松下幸之助は70代後半。現役の会長で入社式、配属式などでは登壇して話をしていました。私たちは幸之助の肉声を聞けた最後の世代と言えます。その影響は大きく、私は企業人として、また経営者として、幸之助の精神を常に心に留め実行してきたつもりです。中でも強く心に残っているのは幸之助が「松下電器が遵奉すべき精神」として掲げた「7精神」。「産業報国」「公明正大」「和親一致」「力闘向上」「礼節謙譲」「順応同化」「感謝報恩」です。毎日唱和するので社員は全員そらんじることかできました。入社直後は半信半疑だった新入社員も2~3年経つと「全くその通りだ」と共感するようになります。経営の根幹として定着した精神でした。


クリスティン・エドマン

当社では長期休暇が最低でも通常年1回、休暇は2週間連続で取れます。それでも、仕事はちゃんと回っています。やろうと思えば、できるんですね。


千本倖生

DDIを立ち上げるというお話をしたとき、松下翁(パナソニック創業者・松下幸之助氏、当時90歳前後)は「やめたらあきまへんで」と言われました。やめたときに、事業は初めて失敗する。この言葉に支えられました。いったん始めたら、どんなにつまらないことであっても、目の前にあることをひとつひとつ確実にやっていくこと。それが、私が諦めることなくやってこられた理由です。


内藤誼人

部下を動かすときに肝心なことは「説得しようとするな」ということだ。たいていの場合、説得は効かない。なぜなら、社内での立場が上位である上司が説得しようとすると、それは説得ではなくて説教になってしまうからである。


田原総一朗

僕はジャーナリストとして、多くの経営者や政治家と話をしてきました。たとえば経営者なら盛田昭夫、松下幸之助、本田宗一郎。政治家なら岸信介、池田勇人、田中角栄、中曽根康弘。全部会って本音を聞いています。これは僕の財産であり、そうした財産を得られる仕事に出会えたことは本当にラッキーだったと思います。


栗山英樹

現役時代、もっと努力できたかもしれない。「自分でもプロ野球選手になれた」なんて、思うべきではないことを思ってしまったことで、いい面も悪い面も経験した。


大杉漣

僕は「いままで何をしてきた」ではなく、「いま何をやってる?」と問われる存在でいたい。