名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

佐伯泰英の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

佐伯泰英のプロフィール

佐伯泰英、さえき・やすひで。日本の小説家、写真家。福岡県出身。日本大学藝術学部映画学科卒業。映画・テレビCM撮影助手、カメラマン、ノンフィクションライターなどを経て小説家デビュー。時代小説『居眠り磐音 江戸双紙』シリーズは累計2000万部を突破した。

佐伯泰英の名言 一覧

誰かが新たなジャンルを切り開かないと業界が疲弊していくだけ。


死ぬまで書き続けられれば、作家として、これほどの幸せはないでしょうね。


私は58歳までまったく売れなかった。編集者に「もう官能小説か時代小説を書くしかない」と言われ、時代小説でやっと日の目を見た。


だったら、それを利用して本当に月刊ペースで書いて、逆に『月刊佐伯』を広めてやろうと思った。

【覚え書き|執筆スピードが速いため『月刊佐伯』と呼ばれたことについて】


この作品(『居眠り磐音 江戸双紙』シリーズ)を50巻で完結させようと意識し始めたのは7年くらい前。累計700万部をこえたあたりです。それまでも、「50巻完結」とは言っていましたが、それは自分自身を鼓舞するためで、実際にそこまでいくとは想定していなかったんです。ここまで一緒に歩いてきてくださった読者のみなさんのためでもあるし、この先も50巻までなら一緒に歩いていけるかもしれない、と考えられるようになっていました。


僕は、時代小説を書くときに、人物描写とか情景描写以前に、読んでいる時間を楽しんでもらって、その間はしばし現実を忘れてもらえるような作品を、確実に市場に出していこうと考えていました。剣戟(けんげき)シーンも、僕の場合は全然リアルじゃないんです。歌舞伎や時代劇映画の殺陣と同じです。つまり、竹光のチャンバラです。でも、リアルを追求するよりも、楽しんでもらいたい。そうすると、真剣で斬り合うよりも、竹光のほうがいいような気がするんです。そんな書き手の気持ちを読者の方たちは受け止めてくれたんだと思います。


佐伯泰英の経歴・略歴

佐伯泰英、さえき・やすひで。日本の小説家、写真家。福岡県出身。日本大学藝術学部映画学科卒業。映画・テレビCM撮影助手、カメラマン、ノンフィクションライターなどを経て小説家デビュー。時代小説『居眠り磐音 江戸双紙』シリーズは累計2000万部を突破した。

他の記事も読んでみる

小宮一慶

人は元々持つ潜在能力を超える力は発揮できない。しかし多くの人が潜在能力を全部は発揮できていないんです。その秘めた力を引き出すカギが口ぐせにある。言葉には、人を変えるだけでなく、チャンスを呼び込むエネルギーがある。


野村与曽市

利潤の増大は原始製品販売を避け、二次三次の加工を施し、最終製品までの積み上げによって充足する方針をとっている。これを私は経営の立体化と呼んでいる。


染谷光男

「勉強しろ、本を読め」というのが新人時代から上司だった茂木(友三郎)さんの口癖。海外経験を通じて、日本を何とかしなければという使命感に燃えていた茂木さんから多くのことを学びました。


井上英明

僕は毎年9月を「会社から離れて自由に過ごすインプット期間」と決めているのですが、その期間に過去一年分のアイデアノートを見直したりします。見直しながら、「あれ?これをやろうと思ったのに、やってなかったな」というのがあれば、それを実行に移したりします。


岡田甲子男

実は、被爆したことを知った時、もう運命だと開き直りましてね。自分で精神を強靭にして、太く短く生きようと。そしたらいつの間にか、原爆病も克服してしまいましたよ(笑)。


佐々木久美子(経営者)

エンジニアに選んでもらえるような会社にしたい。逆に東京では出来ないことも地方なら実現可能なこともある。


数原英一郎

新規事業の開発者には「特長のある商品を目指しなさい」と伝えています。議論するうちに、角がとれて丸くなってしまっては、面白い商品にはなりません。


中原淳

「耳の痛いこと」を差し込むことだけがフィードバックではありません。フィードバックの後半は「成長の支援」なのです。一方的に押しつけると、部下は納得しません。最終的に何をするかは、必ず部下に選ばせます。


小山龍介

私に執筆場所は主に電車の中です。朝、乗る電車を一本見送って、座ってから書いています。通勤時間は約20分。その間、ひたすら執筆に集中します。これはタイムプレッシャーの考え方を応用しています。時間が限られているので、その間逆に集中できて、時間に余裕があるときよりも、むしろ大きな成果が得られます。


大塚寿

接待はビジネスでもプライベートでもない外と内の間、つまり縁側のような場であり、そうしたシチュエーションでは本音も出やすいもの。ですから接待を企画する際は、「オフィシャルとカジュアルの間」を意識し、話しやすい雰囲気作りを目指しましょう。


堀場雅夫

日本人の課題は、持てる力を120%発揮して具体的なアクションにつなげられないことなんですよ。積極性、アクティビティーが低いわけ。本質的な能力があるんだから、これをいかに引っ張り出すか。日本人に「こんなのやれ」と言ったら「いや、私にはできませんわ」。こう言います。だけどアングロサクソンの方は「おまえには無理やな」と言っても「やらせてくれ」と言う。こういう考えに変えたらいいだけ。それで日本は限りなく明るい。


宮内義彦

女性総合職にしても、熟年採用にしても、企業の中で少数派であるうちは本当の意味での実力発揮は難しいものです。本人も周囲も特別な存在であるという意識があっては、遠慮や差別が生じてしまい、あまり良い結果を生まないようです。このため、数を増やして職場で珍しくない存在にしてから、人材多様化という個々の人事政策の是非を判断しても遅くはないでしょう。