名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

佐伯旭の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

佐伯旭のプロフィール

佐伯旭、さえき・あきら。日本の経営者。シャープ社長。広島県出身。大阪経理専門学校卒業。早川金属工業研究所(のちのシャープ)に入社。取締役、常務、専務取締役などを経て社長に就任。専務時代から創業者早川徳次に経営を任され、町工場だった同社を大きく成長させた。日本の高度成長期を代表する経営者の一人。

佐伯旭の名言 一覧

真理は平凡な中にある。一朝一夕にことがなるものではない。一日一日が大事なのだ。


佐伯旭の経歴・略歴

佐伯旭、さえき・あきら。日本の経営者。シャープ社長。広島県出身。大阪経理専門学校卒業。早川金属工業研究所(のちのシャープ)に入社。取締役、常務、専務取締役などを経て社長に就任。専務時代から創業者早川徳次に経営を任され、町工場だった同社を大きく成長させた。日本の高度成長期を代表する経営者の一人。

他の記事も読んでみる

羽鳥兼市

ガリバーを立ち上げたとき、「中古車業界の未来を創る」という大前提がありましたので、自身と自社の使命として「流通革命」を掲げました。でも当時の社員はひとりだけ。社屋は東北の田舎にある掘立小屋。そんな状況で、5年以内に500店舗、年商2500億円を達成するという目標を掲げたんです。後ろ盾も何もなくね。自分では大きな目標を立てたつもりはなかったんですよ。ただ単純に「やれる」と思ったし、「やらなくてはいけない」と思っただけだったのです。「業界を変えなくちゃいけない」という使命感のほうが強かったですね。もちろん最初は笑われましたよ。「そんなことできるわけがない」と。でも、私はまったく気にしませんでした。


黒川康正

勉強時間を捻出するには、時間の単位の考え方を変えることが重要。たいていの人は勉強時間を作るとなると、1時間、2時間など数時間単位で考えてしまいます。その感覚では時間は作れません。だから移動時間や仕事のふとしたスキマに生まれる、細切れ時間を有効に活用するのです。


藤原弘治

金融機関は「人」が全てです。いかに人を育て、結果として組織を鍛えていくかは一丁目一番地、最も大事なことだと考えています。


伊藤喜之

僕はこれまで、恥ずかしさを乗り越えずに成功している大物を一人として見たことがない。


藤堂高虎

数年、昼夜奉公しても気のつかない主人であれば、代々仕えた君主であっても暇を取るべし。うつらうつらと暮らすのは意味がない。


田中角栄

男が恥を忍んで頭を下げてきたら、できるだけのことはしてやるものだ。


湯浅和夫

製造、営業、物流など、部門間にまたがる横断的な仕組みをつくるとき、トップの理解と指示がないと難しいでしょう。たとえば、「いかに安くつくるか」という世界と、「いくらつくればいいのか」という世界は別なんです。こうしたことを踏まえ、考え方を大きく変えていかなくてはなりません。


出口治明

ロールモデルというのは、「生き方や考え方を見て参考にする」ということなので、必ずしも自分と同じタイプの人である必要はありません。自分にはない素晴らしいところがあるから憧れるのです。つまり、ダイバーシティが大事。自分とは視点や、感覚が違うからこそ、その人が貴重な存在になる。


ロバート・キヨサキ

金持ち父さんが、かつて私にこう言ったことがある。「石油は価値ある資源だ。油田を持てたらなあと憧れる人は多い。だが、油田をいくつも持っているからといって金持ちになれるわけではない。キミに富をもたらすものは、どうすれば石油で金持ちになれるかについての理解だ。たとえば、原油は、精製されるまではほとんど何の価値もない。石油の精製過程は複雑で、化学の力と設備が必要になる。原油を精製し、燃料を生産するための知識が不可欠だ。燃料ができれば、そこに価値が生まれ、キミを金持ちにしてくれる。だが、原油がなければ燃料が得られないこともまた事実だ」この原則は、情報時代の今にもあてはまる。たとえあなたに、世界中のすべての情報を手に入れることができたとしても、重要な情報を選びとるための「知識」がなければ、あなたは貧乏なままだ。


猪瀬直樹

集中力を研ぎ澄ますことで、不安や迷いといった雑念をふり払い、目の前の事態に向き合いやすくなります。


裵英洙(医療機関再生コンサルタント)

「自分たちの若い頃は徹夜で働いたものだ」などと武勇伝をひけらかすのは、悪しき伝統を継承させるモト。若い頃はひたすら働いてスキルを蓄積させることも重要ですが、その中にある「ムダ」な要素は取り除く必要があります。彼らに「効率的な働き方のコツ」を伝授するのが、スマートな上司の在り方といえるでしょう。次代の人々をよりクレバーな働き手にしていくことで、会社組織全体の成長も図れるのです。


植田統

メールは短くすませるべきです。三行でもいい。日本では時候の挨拶から始まって、相手に謝礼や社交辞令を書き連ね、それからやっと本題というメールが少なくありません。メールは最も簡便な通信手段です。あれこれ手間をかけては、簡便でなくなってしまいます。それに長いメールは、相手が読んでくれません。伝えるべき事項を簡潔に書けばいいんです。