名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

佐伯旭の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

佐伯旭のプロフィール

佐伯旭、さえき・あきら。日本の経営者。シャープ社長。広島県出身。大阪経理専門学校卒業。早川金属工業研究所(のちのシャープ)に入社。取締役、常務、専務取締役などを経て社長に就任。専務時代から創業者早川徳次に経営を任され、町工場だった同社を大きく成長させた。日本の高度成長期を代表する経営者の一人。

佐伯旭の名言 一覧

真理は平凡な中にある。一朝一夕にことがなるものではない。一日一日が大事なのだ。


佐伯旭の経歴・略歴

佐伯旭、さえき・あきら。日本の経営者。シャープ社長。広島県出身。大阪経理専門学校卒業。早川金属工業研究所(のちのシャープ)に入社。取締役、常務、専務取締役などを経て社長に就任。専務時代から創業者早川徳次に経営を任され、町工場だった同社を大きく成長させた。日本の高度成長期を代表する経営者の一人。

他の記事も読んでみる

木川眞

同業者が相次いで同じようなサービスを始めることで競争環境が生まれ、需要は確実に全国へと広がりました。そのなかでヤマト運輸は配達の品質にこだわり、便利なサービスを加えて圧倒的なシェアになったのです。


日比野隆司

若い社員は現場に出ると、いきなり苦労することが多いわけです。しかし、その苦労に正面から向かうかどうかで、その先の社会人生活が全く違ってくる。


小幡績

「基礎力」と「実践力」が、日本のビジネスマンから、いつの間にか、失われてしまったのではないでしょうか。とくに、「基礎力」の衰退は目に余ると思います。近ごろは、その「基礎力」のなかでも、国語教育の弱さが目立ちます。乱れた日本語が氾濫しているのが気がかりです。正しい、美しい、日本語を使ってもらいたい。英語も同様です。


波頭亮

生産性を上げるためには、アルバイトや派遣社員をカットすることは、企業として常道になっていますが、マッキンゼーでそんなことをやろうとすると「お前、何バカなことを言ってるの?」と注意を受けます。たとえば、課長の1時間に、アルバイトの10時間分のコストがかかっているとします。アルバイトを辞めさせたら、課長は10倍のコストをかけて、アルバイトの仕事をしないといけないですよね。そんなバカらしいことをなぜするのか、ということです。


三好俊夫

これまでの組み合わせ技術、システム化技術を追求するのみではなく、まったく新しい発想で製品を開発しなければ、競争力を持つことはできません。有望なのはたとえば遺伝工学やバイオ技術などを駆使したクリエイティブな製品であり、求められるのは知的商品や知的サービスを開発・創出し、新たな市場価値を作り出すこと。


森本智子

入社後、5年後といった短期の目標は立てませんでしたが、「30代や40代になったとき、こんな自分でありたい」といった大きな目標は持ち続けています。その大きな目標に向かって、いまは回り道をすることを恐れずになんでも取り組んで、いずれ必ず目標にたどり着けるように頑張っています。


立石一真

事業に100%安全なものはない。また、リスクのない決定は決定と言えない。というのが私の考えです。ベンチャーとは言うまでもなく冒険。未知のものに挑むことである。アメリカ人の言うフロンティア・スピリットを実践することです。立石電機は創業以来このベンチャー精神を貫いてきました。時代がどう移ろうと、企業としてどれほど大きくなろうと、ベンチャー精神を忘れてはなりません。


泉谷直木

自分が教えを乞うときは同じ目線で敬語を使い、きちんと頭を下げて話すのは当然の礼儀である。それは社内でも同じことだ。自分が若い社員に何か教えてもらうときは社長室に呼ぶのではなく、各フロアにある打ち合わせ室へ行って話を聞くようにしている。


知識賢治

プロジェクトを進めるとき、他部署の人間と意見がぶつかったとします。そのとき、目線が低い人は、「理解してくれない相手が悪い」と考える。そして、「自分のやるべき仕事はやった」と勝手に満足するわけです。でも、私にいわせれば、それは相手に腹落ちさせられなかったことを相手のせいにしているだけです。目線が高い人は、あくまでプロジェクトを成し遂げるために、相手がわかってくれなければ、何度も話し合いを続ける努力をしたり、「ここはいったん引いて、別の機会につなげよう」と戦略を練ったり、ときには土下座するくらいのことをしてでも結果を出そうとするでしょう。


東英弥

事業というものは経営資源を投入し、その事業を通じて永続的に利益をあげる集団が企業になりますから、小手先では続かない。


阿部観

全力で仕事に打ち込むことには意味がある。


中陽次

訪問販売の未来をきちんと見ていかないといけない。全体は減少しているが、内容をよく見ると、活発にビジネスをしている人たちは増加傾向にある。自分の裁量でできる仕事をしたい人は増えている。このニーズを掴めば訪販にはまだ可能性がある。