佐伯旭の名言

佐伯旭のプロフィール

佐伯旭、さえき・あきら。日本の経営者。シャープ社長。広島県出身。大阪経理専門学校卒業。早川金属工業研究所(のちのシャープ)に入社。取締役、常務、専務取締役などを経て社長に就任。専務時代から創業者早川徳次に経営を任され、町工場だった同社を大きく成長させた。日本の高度成長期を代表する経営者の一人。

佐伯旭の名言 一覧

真理は平凡な中にある。一朝一夕にことがなるものではない。一日一日が大事なのだ。


佐伯旭の経歴・略歴

佐伯旭、さえき・あきら。日本の経営者。シャープ社長。広島県出身。大阪経理専門学校卒業。早川金属工業研究所(のちのシャープ)に入社。取締役、常務、専務取締役などを経て社長に就任。専務時代から創業者早川徳次に経営を任され、町工場だった同社を大きく成長させた。日本の高度成長期を代表する経営者の一人。

他の記事も読んでみる

桜井章一

ウソの自分を賢く見せて築いた信頼なんて偽物だよ。たとえば、猛獣に襲われたときに金の力で助かるかい? いまの会社の上司が身体を張って助けてくれると思うかい? 自然の前では、ウソの自分なんて通用しない。賢いも、バカも関係ない。裸の自分ではじめて、本当の信頼関係が築けるんだ。


村上春樹

翻訳をしていて一番難しいのは、英語のリズムをアレンジして日本語のリズムに変えなければいけないところです。リズムがないと人は文章を読めませんから。一番ダメな翻訳は、読んでいるうちにわからなくなってしまって、何回も前に戻って読み直さなければならないものでしょう。そういう意味でもやっぱり文章の命はリズムですから、話をとんとんと進めていった方がいいんじゃないのかな。


鈴鹿且久

ターゲット設定はもちろん大事。でも、うちはいろいろなお客様が会社に信頼を置いてくださっている。一方向を向きすぎて他のお客様のことを阻害してはいけないよ。


マイケル・ポーター

仕事に情熱を持つだけでは、事業を成功に導くことはできません。情熱があっても失敗する人は大勢います。情熱や体内から湧き起こるエネルギーと、明確な選択の組み合わせが大切です。


エルマー・デゲンハート

失敗は人間の性質の一つですから、当然、起こり得るものです。大切なのは失敗から学ぶ姿勢。失敗を透明性を持ってしっかり受け止め、そこからちゃんと学べる社風です。


桐山一憲

消費者自身が気付いていなかったニーズを上手く掘り起こすことができたなら、新しい市場を開拓できます。消臭剤のファブリーズスプレーはまさにその典型で、液体を噴きかけてにおいをとる発想は、消費者の側にはなかったと思います。


早川徳次

よいアイデアが生まれるのは、儲からなくてなんとかしようと苦しんでいるときである。


川村隆

情報が100%揃って意思決定するなんてことはまずありません。集まる情報は、せいぜい7割くらい。それを基に、物事を決めなければならない。


江口ともみ

筋の通らないことが嫌いというか。私って、芸能界に向いていないのかな、と思ったりもしました。しゃべる仕事に変わってからの私は、水を得た魚のように「ああ、自分の進むべき道はこっちだったんだ」と自然に思えるようになりました。今後もメディアの大小にかかわらず、どんな形でもいいので、しゃべって伝える仕事を続けていきたいと思っています。


宇佐美博高

小型株が過小評価されるのは、情報が少ないからです。今年6月末時点のデータですが、新興企業向け株式市場のジャスダックに上場している759社の9割は、証券会社のアナリストが1人もカバーしていません。こうした状況は20年以上前から続いています。情報が少ないからこそ、小型株という山の中には、割安成長株という宝が埋もれているのです。


古葉竹識

俺は球場へ行く。俺を待っているファンのためにどうしても打席に立つ。


萩本欽一

人生で一番面白いのは発明と発見だと僕は思っている。


張本邦雄

なにしろ262億円の赤字決算の直後、社長に就任しました。谷底でした。谷の底から空がクリアに見えていたかといえば、何も見えませんでした。あの当時、会社の社長だけでなく、政治家だって何も見えていなかった。グローバルに、誰も何もできない状況だったと思います。そういう状況で社長になって、さて何をしようかと思ったら、私自身の経営者としてのビジョン、つまり夢を語るしかありませんでした。社員みんながついてこられるような夢を語るしかないと。
【覚書き|リーマンショック直後に社長に就任した当時を振り返っての発言】


泉谷直木

僕は基本的に自信のある人生ではない。常にチャレンジし、懸命にやっていく。


弘兼憲史

人生は生涯、学びです。何事にも疑問を持って、自分で考える姿勢を保つこと。そして柔軟に構え、人との関係性を構築する方法を考えること。これが、僕の学び方でもあります。


ページの先頭へ