名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

佐伯弘文の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

佐伯弘文のプロフィール

佐伯弘文、さえき・ひろぶみ。日本の経営者。神鋼電機(のちのシンフォニア テクノロジー)社長。神戸出身。東京外国語大学英米科卒業後、日本ガイシを経て、神戸製鋼に入社。機械事業部営業本部化工機営業部長、機械エンジニアリング事業本部エネルギー・化学本部長、専務、機械カンパニー執行社長などを務めたのち、神鋼電機社長となった。主な著書に『移民不要論』『会社はムダの塊だっ!まだまだやったもの勝ちのコスト激減策』『だから、二世・三世経営者はダメなのだ』など。

佐伯弘文の名言 一覧

経営の改革は前任者の否定から始まります。改革を断行するには、有能な人材の抜擢と登用が欠かせません。失敗が許されない改革では、どんなに都合の悪い話でもリーダーは耳を傾けなければいけません。


ある経営学者は、格段の業績を上げた経営者に共通する特徴のひとつは非主流派の出身者であると指摘しています。冷や飯を食わされてきた非主流派は、冷静かつ第三者的な視点で、自社の良い点と悪い点を見極め、改善すべき問題点を熟知し、躊躇せず前任者を否定し、改革・改善を進められたからだと思います。


人間の才能には「つくる才能」と「処理する才能」のふたつがあります。それぞれの人材を使い分ける必要があります。


仕事も大切だが、人間は仕事をするためだけに生まれてきたわけではない。もっと遊びや趣味を楽しみなさい。仕事以外に趣味のない人間ほど、仕事に逃げ込むのだ。


(下半期に社員の残業が極端に増えることへの対策を考えた際)得意先ごとに製品の仕様が異なることには違いないのですが、詳しく製品をチェックしてみると、ひとつの製品の8割ぐらいは共通で、残りの1から2割が特別仕様の部分なんです。ならば8割を標準化し、上期に作っておき、下期に2割の特別仕様の部分を製作し、組み立てればいいのです。機器のユニット化と標準化を進め、その分下期の仕事を減らし、通期で仕事量の平準化を進めた結果、下期の残業が大幅に減り、残業の連続というのはなくなりました。


労をいとわず何でもやる人間はダメです。まず与えられた仕事が意味のあるものかどうか即断し、意味のない仕事は徹底的に短時間で処理する。また同じような繰り返しの仕事は徹底的に標準化し、それにほとんど時間を費やさないことです。


たとえば冒頭に「話のポイントは3つあります」と要点を述べ、その後に詳細を説明してくれれば、ああ3つあるんだなとわかるが、いきなりミクロの話から始められると、いったい要点がいくつあるのか、何を言いたいのか聞く側の頭の整理ができない。とくに技術系の人にそういう人が多いが、説明はまず結論のマクロから入れと上司が何度も指導する必要があります。


それまで会議当日に配布した資料を、事前に配布するようになりました。事前に読んで来れば、効率的に会議ができる。テレビ会議によってコストが浮くだけでなく、出張に伴う体の疲労もなくなりますし、往復二日かけていた会議が、一時間ですめば、営業マンはその分お得意先に飛んでいけます。営業効率も高まるというまさに一石三鳥の効果があります。


部下が無駄と思われるような資料をわざわざ作ったら、時間の無駄だと叱り飛ばすぐらいでないと徹底しません。


何時間もかけて資料を準備しても、本当に有効活用されているかといえば、ほとんど活用されていない。担当者が自己満足のために資料を作っているにすぎないのです。ひとつの報告書を作る場合でも、ほかの目的への流用を考慮した書式にすれば、無駄な書類は極力減らせる。たとえ資料に余分なことが書かれていても、その一部で意味が伝わるのであれば、同じ資料を流用しなさいと言っています。


同じような性質のものは全部一枚にしてずいぶん書類を減らしました。結婚、出産するたびに別の用紙に現住所や本籍、入社年月日などを最初から記入しなければならない。こんな無駄はありません。書式を統一した一枚の用紙で済む話です。


昔から大の遊び好きで残業しないことで有名でしたが、仕事をしないと言われた覚えはない。要はいかに最小の努力で最大の効果を上げるかなんです。


常に残業する人は概して効率も悪く、有能な人間ほど残業しないものです。私自身、残業とか休日出勤したことはほとんどありません。勤務時間中は必死で仕事をし、5時ごろになると頭がボーっとなるのが常で、それ以上やる気がしない。


多くの企業経営者は少子高齢化による労働力不足を懸念し「移民が必要だ」と話しますが、そんなのは目先の利益しか考えていない証拠です。移民を受け入れた欧州はテロが増え、治安は悪化し、今では多くの人が移民に反対しています。多くの経営者は安い労働力を確保できればいいのです。移民によって、国や地域にどんな影響が広がるかなど考えていないでしょう。人口が増え続けることはいいことだという思い込みを切り替える必要があります。欧州で生活環境がいいとされているデンマークの人口は約570万人です。やり方次第で少ない人口でもいい生活はできています。国力は国の大きさや人口ではありません。文化力や民度、治安から決まるのです。


私は将来、日本には失業者が増えると思います。そうなれば人口増加はむしろリスクでしかありません。なぜ失業者が増えるかと言えば、AI(人工知能)やロボット技術が大幅に進化するからです。毎日同じルーティンを繰り返す仕事はAIに置き換えられる。公務員の数も削減される可能性がありますし、ほかにも置き換えることができそうな仕事はあるでしょう。製造業の現場作業も同じです。手先を使う細かい仕事をロボット化するのは難しいですが、それ以外の作業はロボットを導入できます。こうした点を考えると、少子化が解消されて、人口が増えた方が危険だと思うのです。ですから少子化は悲観どころか歓迎せねばなりませんし、移民は必要ありません。


皆さん、人口減少が悪いと決め付け過ぎですよ。日本は国土全体に占める平野の割合がたった15%しかありません。人口に対して、人間が住む場所と農業ができる場所がどれだけ必要かを考えるべきです。そこから、日本という国土に対して、適切な人口がどれぐらいの人数かを検討すれば、今の日本の人口が国土に対して多過ぎることは明らかでしょう。日本のインフラ設備は限界が来ています。日本の国土で広い家に住めて、通勤に1時間もかからない「人間らしい生活」ができる人口がどれぐらいかを考えるべきです。


佐伯弘文の経歴・略歴

佐伯弘文、さえき・ひろぶみ。日本の経営者。神鋼電機(のちのシンフォニア テクノロジー)社長。神戸出身。東京外国語大学英米科卒業後、日本ガイシを経て、神戸製鋼に入社。機械事業部営業本部化工機営業部長、機械エンジニアリング事業本部エネルギー・化学本部長、専務、機械カンパニー執行社長などを務めたのち、神鋼電機社長となった。主な著書に『移民不要論』『会社はムダの塊だっ!まだまだやったもの勝ちのコスト激減策』『だから、二世・三世経営者はダメなのだ』など。

他の記事も読んでみる

大久保幸夫

仕事をやりながら覚えていくことは、ビジネスマンにとって当たり前のことですが、そのプロセスを丁寧に見直すことは、自己成長のスピードを高めたり、部下の成長を導いたりするうえで大いに役立ちます。


佐藤綾子(心理学者)

劣等感が強いタイプに注意するときは、素晴らしい点を見つけて十分褒めてあげて、そのうえで「そして、これも直してね」と言いましょう。「しかし、これは直してね」と言ってはいけません。「しかし」という逆説語だけで圧迫感を感じるので、「Yes, but」ではなく、「Yes, and」でいきましょう。


佐野章二

職場がつらいから独立するなんてもってのほかです。絶対に失敗します。いまの仕事が面白くて楽しくて仕方ないけれど、この職場ではどうしてもやりたいことができないから独立する。ぜひそんな独立を目指してください。


貞末良雄

営業部長が私を追い出したがっているのは明らかでした。しかしそれでも、私は会社を辞めようとは思いませんでしたし、その営業部長を嫌いになることもありませんでした。私は「絶対にこの人に勝ってやる」と思っていたからです。
【覚書き|サラリーマン時代、物流担当として営業の改善提案をしたところ営業部長の逆鱗に触れ嫌がらせを受けたときを振り返っての発言。その後、より熱心に仕事し営業本部長にも認められることとなった】


今井保次

人は好きなことに没頭している時は、多少納得できないことがあってもそう気になりません。だから、会社でイヤな目にあったら、趣味や遊びなど何か楽しいことに集中して、気持ちをそらす。そうすれば、いつまでも怒りの感情を引きずったり、マイナスの感情を増幅させずに済みます。これが、理不尽に心を惑わされない対策の一つです。


藤田晋

同期の中で賃金に大きな差がつき、待遇が大きく変わるとなれば、当然、そこに嫉妬が生まれてきます。嫉妬をバネにして頑張る人もいれば、「やってられない」といって辞めてしまう人もいるかもしれません。しかし、大きな格差がつくことが日常の風景になってしまえば、実はそれほど問題は生じません。慣れてしまえば「こんなものかな」と思え、逆に「自分にもチャンスが訪れるかもしれない」と、前向きにとらえられるようになるのです。


小山佳延

付加価値のある旅行商品は、価格以上の満足を与えられるかにかかっている。「この内容で、この価格」と納得していただけるか。担当者が、常に顧客の目線で企画していく必要がある。


吉田松陰

仮にも志というものが立ったら、なすべきことで行うべきではない事柄はなく、また、それを行うべきではない土地はない。


いぬかいはづき

資格を履歴書に記入するときや面接でアピールする際は工夫が必要です。「キャリアを裏づける資格」であることは大前提。他にもポイントが二つあります。一つは、なるべく歴史があり知名度が高い資格が良いということ。面接官が資格欄を見たとき、その内容が把握できる資格でないと、評価の対象にはならないでしょう。同じ分野で複数の資格がある場合は、転職サイトなどを参考に、企業ニーズや知名度を調べてから取得しましょう。


栗原博

従業員との接点を大事にし、社内のあらゆるメディアを通じてメッセージを発信するとともに、現場にも足を運び、常に現場に高い関心を払っていることを伝えています。


小田中直樹

研究書の場合、小説と違って書き手は文章のプロではない。だから、いったん読むのを中断すると、筋を追うのが難しくなる。面白いと感じたら、徹夜してでも一気に読んだ方がいい。


羽鳥兼市

経営者として成長するためには、何よりも失敗の経験が必要になる。細かい失敗を積み重ねて初めて、自分の決断の重みを理解していく。