名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

佐伯勇の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

佐伯勇のプロフィール

佐伯勇、さえき・いさむ。日本の経営者。「近畿日本鉄道(近鉄)」社長・会長。愛媛県出身。東京帝国大学法学部卒業後、近畿日本鉄道の前身、大阪電気軌道に入社。同社社長を務め近鉄中興の祖と呼ばれた。熱狂的な野球ファンで、近鉄バッファローズオーナーを務め、野球殿堂から特別表彰を受けた。

佐伯勇の名言 一覧

トップの決断、そして、その成功の積み重ねが、社員との間に信頼感を生む。


金貨一円になれと言いたい。紙幣の一円は日本国内だけしか通用しないが、金貨であれば世界中同じ一円の価値で通る。この金貨のようにどこでも通用する人間になれということだ。


失敗が続くと次第に社員の間でトップを見る目が変わってくる。その孤独に耐えながらリカバリーショットを打つ。それが経営者の生きがいであり、喜びである。


十人の役員のうち、九人までが反対したとしても、あくまでそれは決断するための「ひとつの判断材料」に過ぎない。


社外の専門家の意見も十分に聞く。一つの意見に飛びつき足る事は絶対にしない。そして熟慮してひとたび決断すればいかなる決断も逡巡も許さず断行する。こうした覚悟で下した決断はまず十中八九成功する。トップの決断とその成功の積み重ねが社員との間の信頼関係を生むことになる


私の信念は”独裁はするが独断はしない”です。決断を下す場合、私はあらゆる知恵を集める。調査研究に十分時間とお金をかけることは言うまでもないが、社内の衆知を集めるためには階級差も衣冠束帯もまったく問わない。


佐伯勇の経歴・略歴

佐伯勇、さえき・いさむ。日本の経営者。「近畿日本鉄道(近鉄)」社長・会長。愛媛県出身。東京帝国大学法学部卒業後、近畿日本鉄道の前身、大阪電気軌道に入社。同社社長を務め近鉄中興の祖と呼ばれた。熱狂的な野球ファンで、近鉄バッファローズオーナーを務め、野球殿堂から特別表彰を受けた。

他の記事も読んでみる

中畑清

まずは元気。明るく、元気よくやっていれば、必ずお客さんに伝わる。お客さんがついてくるようになったら、自ずと順位も上がってきますから。


芳川裕誠

大事なのは、しっかり手順を踏むこと。必要な手順を検討し、それを確実に進めていく中で、目指すべき形ができてくる。


伊藤瞭介

もし、専業メーカーが上場するなら、自社の強みや特性を経営者や株主が深く理解し、その企業文化を守り続けることが必要です。業績が低迷したときに、株主や金融機関から「今期の利益を確保するために、新規の商品開発はやめてくれ」と言われるようではまずいのです。ただし、こうした条件を整えて上場を果たすことは難しい。それならば、専業メーカーは株式を公開してなくてもいいのではないでしょうか。


生月誠

人の上に立つ立場なら広い範囲で物事を見るクセをつける必要もある。自分を責めてばかりではなく、逆に仕事のできない部下や上司をじっくり観察してみると良い。反省よりも、逆に人を批判しているときのほうが頭が働く場合もある。


土光敏夫

石播(のちのIHI)も東芝も、それに経団連も、与えられた仕事に対して、それが自分の運命だと思って、ただ没頭してきただけだ。


鈴木敏文

世の中が変化しているとしたら、なぜかをとことん追求し、それを客観的にみる。経営者にはこれが重要。間違っても、自分たちの過去の体験に照らし合わせた自分の経験からだけで判断してはいけません。


コリン・パウエル

働く人に対し、敬意や思いやり、優しい一言をもって接して悪いということはありえない。どの職員も欠くことのできない人だ。どの職員も、そういうふうに見られたいと思っている。組織に属する人は一人ひとりに価値があり、その価値を認められたいと思っている。


アルバート・アインシュタイン

私は毎日、何百回となく自分の精神と肉体がすでに亡くなった人々や、生きている人々の労働によって支えられていることを思い返している。だから、私も同じように人々のために献身しなければならないのだ。


数土文夫(數土文夫)

マネジャーの必須条件のひとつは人間に興味があること、あるいは人間が好きなことです。部下が困っている、得意になっている、悩んでいる。人間に興味がなかったらそれがわからないし、欠点ばかり目について長所を見いだせないからです。


井上陽介

ビジネスの未来はみずからつくるものであり、仮に時代の大きな方向性が予見できたとしても、その中で何をなすべきかを決めるのは、つまるところ、自分自身にほかならない。


村口和孝

思春期の悩みは、病気のようでもあるが、病気ではなく、健全な次の人生の発展への苦しい胎動である。混沌の中で自分が本当は何をしたいのか、自分は誰なのか、何をすべきなのか、長くて厳しい他人とのコミュニケーションの洗礼の中から、あるべき自分が、経済社会の中に、自分らしい姿で、試行錯誤の末浮かび上がってくる。泥の中から蓮の花が咲くように。


内藤忍

30分のミーティングであれば、30分という時間を相手からもらうことになります。それによって、相手が得るものがなければ、相手にとってはムダな時間になってしまう。まして、遅刻をしたり、何をしに来たのかよくわからない話をしたりするのは、相手に対して失礼です。そうならないためには、相手に会う目的を明確にすることが大切。相談にうかがうのか、それとも情報交換のための打ち合わせなのか。相手がこちらに期待している以上のメリットを与える気持ちで臨むようにしたいものです。