名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

佐伯勇の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

佐伯勇のプロフィール

佐伯勇、さえき・いさむ。日本の経営者。「近畿日本鉄道(近鉄)」社長・会長。愛媛県出身。東京帝国大学法学部卒業後、近畿日本鉄道の前身、大阪電気軌道に入社。同社社長を務め近鉄中興の祖と呼ばれた。熱狂的な野球ファンで、近鉄バッファローズオーナーを務め、野球殿堂から特別表彰を受けた。

佐伯勇の名言 一覧

トップの決断、そして、その成功の積み重ねが、社員との間に信頼感を生む。


金貨一円になれと言いたい。紙幣の一円は日本国内だけしか通用しないが、金貨であれば世界中同じ一円の価値で通る。この金貨のようにどこでも通用する人間になれということだ。


失敗が続くと次第に社員の間でトップを見る目が変わってくる。その孤独に耐えながらリカバリーショットを打つ。それが経営者の生きがいであり、喜びである。


十人の役員のうち、九人までが反対したとしても、あくまでそれは決断するための「ひとつの判断材料」に過ぎない。


社外の専門家の意見も十分に聞く。一つの意見に飛びつき足る事は絶対にしない。そして熟慮してひとたび決断すればいかなる決断も逡巡も許さず断行する。こうした覚悟で下した決断はまず十中八九成功する。トップの決断とその成功の積み重ねが社員との間の信頼関係を生むことになる


私の信念は”独裁はするが独断はしない”です。決断を下す場合、私はあらゆる知恵を集める。調査研究に十分時間とお金をかけることは言うまでもないが、社内の衆知を集めるためには階級差も衣冠束帯もまったく問わない。


佐伯勇の経歴・略歴

佐伯勇、さえき・いさむ。日本の経営者。「近畿日本鉄道(近鉄)」社長・会長。愛媛県出身。東京帝国大学法学部卒業後、近畿日本鉄道の前身、大阪電気軌道に入社。同社社長を務め近鉄中興の祖と呼ばれた。熱狂的な野球ファンで、近鉄バッファローズオーナーを務め、野球殿堂から特別表彰を受けた。

他の記事も読んでみる

櫻田謙悟(桜田謙悟)

今後、世界はますます不安定、不確実、複雑、曖昧になってくる。これを乗り越えるには、ブレない信念が必要。


槇原稔(槙原稔)

外から日本を見て、良さや課題を見つける経験をすることが大事。


山名昌衛

技術が進化することによって、いい商品を大量に売ろうという時代から、現場の負担を軽減するという課題解決の時代になった。我々は技術を磨いて、社会課題の解決を図ろうと考えています。


天坊昭彦

おそらく多くの人は情報をたくさん仕入れすぎるのではないでしょうか。もちろん情報は大切です。しかし、より重要なのはその見方、読み方です。


中原淳

リーダーシップは誰にでも他人事ではない。


御手洗冨士夫

工場の生産方式をライン方式からセル生産へ変更したとき、抵抗は激しかったですね。40年以上続いていた生産方式を根本から変えるわけですから。事務屋に何が分かると悪口を言われました。生産のプロと議論してもかないませんが、時間をかけるわけにもいきません。頼むから信じてくれ、責任はすべて取る、と説得しました。代表取締役を私一人にして、全責任を負うという覚悟を形で表しました。正直、孤独で怖かったですが、なにしろ無我夢中でした。


鑄方貞了(鋳方貞了)

「企業は人なり」と言うように、労務全般を扱う総務や人事の仕事に関わることも重要です。こうした仕事を後継者に一度は担当させて、社員一人ひとりのことを十分に知る機会を与えるべきでしょう。


宮内義彦

市場原理の働いている社会というのは優勝劣敗の世界です。弱肉強食の世界だとよくいわれていますが、市場経済では、強いものが弱いものを直接打ち負かすわけではありません。売り手が買い手に向かって勝負を挑み、買ってもらえれば勝ち、買ってもらえなければ負けという間接的な勝負です。


中田みち

私たちはライフラインに携わる事業者なので、やはり地域密着が大切です。お客様の家の中のことであれば何でもトーエルに相談すれば解決してくれる。そういう会社を目指していきたい。


的場正晃

どうすれば人が育つかを考える時、とかく「コーチングか、ティーチングか」といった二項対立的な発想に振れがちです。しかし、人材育成は「人」という変化性の強い存在を対象としていますので、相手の状況に応じて臨機応変に育成手法を変える必要があります。例えば、相手の主体性を育むためには、問いかけ主体のコーチング的な育成が効果的です。しかし同じ相手であっても、間違った考えや行動をとった時には、それを指摘するティーチング的な育成をしなければなりません。


大坪勇二

アイデアを手帳に書き留めてもアウトプットにつながらない人が多いのは、おそらく再現できるレベルまで煮詰めていないからです。二度手間に感じるかもしれませんが、文章にまとめるという言語化の作業をもうワンステップ加えることによって、漠然としたアイデアも現実的なノウハウへと変わるのです。


川西修

人からの話やメディアからの情報もありますが、一番は現場に立つことです。私は行く先々で必ず現地のスーパーを視察します。売り場のレイアウトから棚割り、誘導ポップとあらゆるものを観察し、その背景を探ります。良いと思ったことは、即座に取り入れる。「気づき」は自分で生み出すものもありますが、見て感じて改善につなげることも「気づき」なのです。