名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

佐伯信行の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

佐伯信行のプロフィール

佐伯信行、さえき・のぶゆき。日本の経営者。「ベンチャーバンク」社長。アメリカの大学を卒業後、大手小売業、携帯電話代理店などを経てベンチャーバンク社長に就任。

佐伯信行の名言 一覧

当社には、「成功か大成功しかない」という言葉があります。諦めない限りは成功するんですよ。


当社は前例は他社に先駆けて実施し、実績を作っていく。


社員たちが何を求めているのか、求める前に提供することも大切。


前例をつくるのが我々の仕事。だから、赤字でも構いません。結果は後からついてくるという信念がありますから。


事業を行う上で大切なのは「人」と「仕組み」。仕組みを変えることは簡単ですが、人は変えられません。だから、我々は辞める理由のない会社を作ろうとしています。


物事の本質を理解せず、自社の利を先に出してしまうのはいけません。利他の精神を大切にと話していますが、お客様の利を一番に考え、我々が先にやってみる。やってほしいのなら先にやるんです。


事業スキームを考え、事業モデルを精査していくのが我々の仕事ですが、お客様に一方的に押し付けることはしません。お客様の求めているもの、求めるであろうものを先に出していきます。


おかげさまで業績は右肩上がりに伸びていますが、伸ばそうとして伸びているというよりは、当社の理念や考え方があり、社員やお客様に共感してもらえている結果です。


佐伯信行の経歴・略歴

佐伯信行、さえき・のぶゆき。日本の経営者。「ベンチャーバンク」社長。アメリカの大学を卒業後、大手小売業、携帯電話代理店などを経てベンチャーバンク社長に就任。

他の記事も読んでみる

大山健太郎

顧客が生活の中で不満に思っていることを解決する生活者視点の重視で次々とヒット商品が生まれましたが、まだ難題はありました。それは問屋です。当社がユーザーイン発想で新製品を開発しても新しいものだけに、問屋がそれを引き取りたがらないケースが出てきたのです。そこで今度は直販を始めました。メーカーベンダーになったのです。


山本真司

仕事の集中力を高めるために有効なのは、「早く帰ることをルール化してしまう」ことです。私もかつて、尊敬するある上司から、「忙しくても定時で帰れ」と言われ、試しにやってみると確かに仕事の疲れが取れ、翌日の集中力がぐっと高まりました。身体の疲れがどれほど集中力を妨げているのかを実感しましたね。以後、休暇明けや仕事の山を越えて余裕のある日などは、なるべく定時に退社するようにしました。このように「ルール化」することで弛緩する時間を作るのは、集中力を高めるのに非常に重要です。


熊本伊織

コストに見合わないことはせず、きちんと経営感覚を持つことが大事。主体的にリスクを取って行動に責任を持たなければ大きなリターンは期待できない。


堀義人

経済的価値以外にも意識を感じる起業家がどんどん出てきて、それをもっと社会に広めていってほしいです。一方で上場して経済的価値を創出することは社会にとっていいことなんです。この両方を僕たちが言わなくてはいけないと思います。そうしないと、起業家は上場してお金を儲けただけで終わってしまうと思う。社会にとって経済以外の価値を生み出していると同時に、経済的価値も作っているという両面がクローズアップされればいいですね。


大原孝治

社内での仕事のやり方も変えています。3年前に事業会社の社長となって以来、社内会議の多くを廃止しました。その代わり、社内用のチャットツールを使うようにしました。ある課題に対して、どう思うのか。私が気になる課題を書きこむと、幹部たちがどんどんアイデアを書き込んでくれます。会議を開けば、私が出した答えのままに仕事が進んでしまうでしょう。資料の準備なども無駄です。チャットツールであれば、スピーディに全従業員とコミュニケーションをとることも可能です。


多田荘一郎

現場に意志決定の権限を委譲した結果、「医療機器をウェブで販売してはどうか」など画期的なアイデアが出てくるようになりました。組織の文化を変えた結果、2年で業界ナンバーワンに躍進できました。


田中健一(経営者)

うまくいっていない仕事では、改善のために何かをしても、成果はなかなか出ません。味方の数も、花形部署のように多くない。でも、そこであっさりめげてはいけません。「10回のうち1回うまくいけばラッキーだ」くらいの気持ちで取り組まなければならない。忍耐力も必要です。


佐藤卓(経営者)

稼ごうと思ったら、1店舗もフランチャイズ展開せず、すべて直営で展開した方がよほど儲かる。でも、管理部門を手厚くするための時間や手間がかかるから、しない。


石井裕(工学者)

私はエンジニアですが、アーティスト、デザイナー、サイエンティストでもあります。さらに研究資金を集める時はビジネスパーソンであることを求められます。そのすべてを演じている。


吉田兼好

勝たんと打つべからず、負けじと打つべきなり。


松井忠三

経営にまぐれはない。


樋口武男

東京から大阪に、普通列車で9時間半かけて行こうと思いますか。誰だって2時間半で着く新幹線を選びますよね。それは、人がスピードという形のないものに価値を感じるからです。仕事もまったく同じこと。速ければ速いほど、そのぶん顧客に大きな価値を提供することができるのです。