名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

佐伯信行の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

佐伯信行のプロフィール

佐伯信行、さえき・のぶゆき。日本の経営者。「ベンチャーバンク」社長。アメリカの大学を卒業後、大手小売業、携帯電話代理店などを経てベンチャーバンク社長に就任。

佐伯信行の名言 一覧

当社には、「成功か大成功しかない」という言葉があります。諦めない限りは成功するんですよ。


当社は前例は他社に先駆けて実施し、実績を作っていく。


社員たちが何を求めているのか、求める前に提供することも大切。


前例をつくるのが我々の仕事。だから、赤字でも構いません。結果は後からついてくるという信念がありますから。


事業を行う上で大切なのは「人」と「仕組み」。仕組みを変えることは簡単ですが、人は変えられません。だから、我々は辞める理由のない会社を作ろうとしています。


物事の本質を理解せず、自社の利を先に出してしまうのはいけません。利他の精神を大切にと話していますが、お客様の利を一番に考え、我々が先にやってみる。やってほしいのなら先にやるんです。


事業スキームを考え、事業モデルを精査していくのが我々の仕事ですが、お客様に一方的に押し付けることはしません。お客様の求めているもの、求めるであろうものを先に出していきます。


おかげさまで業績は右肩上がりに伸びていますが、伸ばそうとして伸びているというよりは、当社の理念や考え方があり、社員やお客様に共感してもらえている結果です。


佐伯信行の経歴・略歴

佐伯信行、さえき・のぶゆき。日本の経営者。「ベンチャーバンク」社長。アメリカの大学を卒業後、大手小売業、携帯電話代理店などを経てベンチャーバンク社長に就任。

他の記事も読んでみる

松下幸之助

自分の仕事においては責任ある経営者という意識で取り組もう。そうすれば創意工夫が生まれ、個人にとっても会社にとっても好ましい成果に結びつく。


逢沢明

格差社会っていうと、なんか大上段に構えて話してしまう人が多いけど、そこで勝ち上がっていくのは、意外に小さなことの積み重ねだったりします。それができない人が負け組に落ちてしまう。


戸塚隆将

メールの返信や単純作業などは早ければ早いほどいいのですが、なかには、あえてためたうえで、しっかりやらなければいけない仕事もあります。じっくり考える仕事、アイデアを熟成させなければいけない仕事などです。できる人というのは、「すぐやる仕事」と「じっくりやる仕事」を瞬時に分類できる人であり、そのうえで「すぐやる仕事」をスピーディにこなしているのです。


北浦明雄

少し悩んだ時期もありました。良かれと思ってやったことが部下の成長を止めていた時期があって。店で怒ったりしてね。気持ちが空回りし、人の悪い点ばかりに目がいっていたんです。そんなとき、「凡事徹底」という言葉に出会いました。「これだ」と思いましたね。あらためて掃除なども「凡事徹底してやろう!」とスタッフに伝えると同時に、自分も率先して掃除したんです。結果的に意識が変わり、売上げ増に繋がりました。


宮田孝一

私はたまたま社長を務めているが、社員の誰よりも優れているから社長になったわけではありません。どの職場にも上司よりも優れた着想を持つ部下は必ずいるし、より価値のある情報を持つ部下もいます。そうした部下の力をまとめ上げることもマネジメントの要件です。


田口一成

事業は本来、一定の能力がある人が一生懸命やればうまくいきます。なのに、なぜ失敗するかというと、途中で情熱が尽きるから。ちょっと難しいと、自分がやりたいのはやっぱりこれじゃない、とすぐ諦めて、ちょっと上手くいくと飽きがきて「もういいか」となる。失敗というよりも、やめちゃうんです。逆にいえば、飽きのこないもの、つまり自分が心からやりたい事業を選んでやり続ければ、まず失敗しません。


新田龍

自分から好意を示せば、相手からも返ってくる。


近藤太香巳

現状維持というのは、それはもう退化でしかないと思っています。現状維持でキープできることなんて世の中にあるわけがないですし、それはどんな老舗でもそうです。


小川仁志

子供には、勉強したことをどのようにして自分の将来につなげたいかを考えさせることが効果的。今の勉強が将来の夢にどう生きてくるかを考えさせると、子供は勉強に対して見違えるように積極的になります。


似鳥昭雄

だらしない、寝坊をする、人前で話せない……。私は短所の多い人間です。でも短所があってこそ長所は見つかります。もし接客ができないという短所がなければ、私が仕入れの面白さに気付くことはなかった。だから「短所あるを喜び、長所なきを悲しめ」といつも思っています。


佐藤勝人

商品はブランド力で売れるとみんな思っているが、そんな時代はもうとっくに終わっているからだ。ブランドよりも商品の内容が本当に問われている。実際に、ある程度のグレード、これぐらいの価格帯というものがあって、その中でベストの商品が売れている。だから、うちのアソシエイト(スタッフ)たちは、商品に惚れ込むまで徹底的に調べている。


小飼弾

量が積み重なって質的な変化を起こす臨界点のことを、クリティカルマスと言います。たとえば、スポーツや楽器のクリティカルマスは1万時間だとよく言われます。最初は練習しても大して上達しないが、1万時間を突破すれば、突然技術が飛躍的に伸びるというわけです。1万時間というと、毎日三時間弱でも約10年かかります。