名言DB

9413 人 / 110706 名言

佐伯チズの名言

twitter Facebook はてブ

佐伯チズのプロフィール

佐伯チズ、さえき・ちず。日本の美容アドバイザー、エステティシャン。満州国出身。終戦前に引き揚げ。成安女子高校(のちの京都産業大学附属高等学校)卒業。香水・化粧品メーカー「ゲラン」を経てパルファン・クリスチャン・ディオールに入社しインターナショナルトレーニングマネージャーを務めた。定年後、エステティックサロンプロデュースや経営、後進育成を行った。

佐伯チズの名言 一覧

笑顔は安心感をもたらす。


ねぎらいや感謝の言葉は素直にうれしいもの。黙っていても伝わりません。ちゃんと言葉にして伝えることが大切。


忘れてはいけないのがお客様のお名前。「お客様」ではなく、名前で呼んだ方が、相手は喜びます。


素晴らしい挨拶をするための要素は「低・賞・感・微・名」の5つ。頭を低く下げる、相手を賞する(ねぎらう)、感謝を表す、微笑みで接する、そして相手のお名前で呼ぶこと。


私がエステティシャンを指導したり、自ら手がけたりして思うのが、挨拶の大切さ。基本的なことで拍子抜けする方もいるかもしれませんが、挨拶を徹底しましょう。


佐伯チズの経歴・略歴

佐伯チズ、さえき・ちず。日本の美容アドバイザー、エステティシャン。満州国出身。終戦前に引き揚げ。成安女子高校(のちの京都産業大学附属高等学校)卒業。香水・化粧品メーカー「ゲラン」を経てパルファン・クリスチャン・ディオールに入社しインターナショナルトレーニングマネージャーを務めた。定年後、エステティックサロンプロデュースや経営、後進育成を行った。

他の記事も読んでみる

前村哲路

ダイエー、マイカル、長崎屋、そのほか各社の失敗の原因は全国展開にあるというのが私の仮説です。ユニーは中京圏を軸とし、1府19県以上には広げません。経営者の目が届く、身の丈に合った経営の方が利益を稼げます。そのかわり、他の地域では他社と組むことで利益を取り込みます。


滝野一征

自動化自体が人間にとって常に大事なことだという信念を持っています。自動化とは人を減らすことではありません。時間は有限ですから、人はもっとロボットができないような仕事に時間を使うべきではないでしょうか。人類の生活の質を良くするためには、医療、エネルギー事業、宇宙開発などやらねばならないことが山ほどあります。皆がクリエイティブな仕事をできれば、人類の進歩は倍になる。自動化は人類を飛躍させるための起爆剤なのです。


箭内道彦

周囲をびっくりさせれば、自分からも周囲からも、また違うアイデアが出てくるもの。


アユカワタカヲ

不動産の管理会社選びは重要です。私が今の会社を選んだのは、リスクも含めた情報を客観的に伝えてくれたこと。安心して管理を任せられると感じたのです。実際、物件の管理はすべて任せ切っており、担当者のメールを確認するくらい。費やす時間は月一時間もないくらいです。


西浦三郎

新しいチャレンジを自分で考えていくことそのものが、楽しい仕事なんだと私は思っています。その機会を社員のみなさんに提供していくのが、経営という仕事なのかもしれません。


南壮一郎

人生の時間の大半を費やす仕事を楽しめれば、人生はとっても楽しい。


上阪徹

インタビュー対象者の話をメモに取るのは当然ですが、取材をしながら思いついた別の本のアイデアなど、なんでもメモしています。普段でも、思いついたこと、頼まれた用事、不意に思い出したことなどを、すぐにiPhoneでメールの「下書き」にメモしています。昔からメモ魔でしたが、今はiPhoneのおかげでメモの整理がしやすくなりましたね。


大山健太郎

上場の誘いはすべて断ってきました。利益は従業員が頑張って働いた成果。それを配当に回すなら、従業員へ還元した方がいいと考えます。


宮崎輝

十年、守りの経営に徹したら、企業は駄目になる。


山口真導

銀行等から融資を受ける場合には、彼らが融資をしたい時期を狙います。この時期が近づくと資金の見込を確認し、調達活動を行うか否かを判断します。あなたの資金が不足する時期とは関係ありません。あなたが資金が足りないと言い出してから、資金状況を確認して、「では融資の申し込みをしましょう」というやり方では、良い条件での資金調達はできません。


斎藤敏一

なんでも自分の言いなりになる上司は、メンター(師)ではありません。私も、メンターから逆に試練を与えられたこともあります。そういう人だからこそ、困ったときに判断を仰ぐに値するのです。


渡辺良機

スピーディーな対応は、値引き以上の効果がある。


永守重信

株式上場は終わりではないのです。スタート台に立っただけです。上場して、会社経営の免許を取っただけで、それからが本当の勝負だと心得るべきです。売り上げが100億円、もしくは営業利益が10億円になって初めて一人立ちです。企業家賞の基準もその辺りでしょうね。


須田将啓

バイマはどこかで一気にブレークしたという感じではなく、我々の強みを認識して、そこはブラさないで、磨き続けてきたというのがよかった。


中村久三

新しい技術にどんどん挑戦し、事業の軸足を半導体から液晶パネル、太陽電池向けの製造装置などにシフトしてきました。革新的な技術が、成長の原動力になっています。