名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

佐伯チズの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

佐伯チズのプロフィール

佐伯チズ、さえき・ちず。日本の美容アドバイザー、エステティシャン。満州国出身。終戦前に引き揚げ。成安女子高校(のちの京都産業大学附属高等学校)卒業。香水・化粧品メーカー「ゲラン」を経てパルファン・クリスチャン・ディオールに入社しインターナショナルトレーニングマネージャーを務めた。定年後、エステティックサロンプロデュースや経営、後進育成を行った。

佐伯チズの名言 一覧

笑顔は安心感をもたらす。


ねぎらいや感謝の言葉は素直にうれしいもの。黙っていても伝わりません。ちゃんと言葉にして伝えることが大切。


忘れてはいけないのがお客様のお名前。「お客様」ではなく、名前で呼んだ方が、相手は喜びます。


素晴らしい挨拶をするための要素は「低・賞・感・微・名」の5つ。頭を低く下げる、相手を賞する(ねぎらう)、感謝を表す、微笑みで接する、そして相手のお名前で呼ぶこと。


私がエステティシャンを指導したり、自ら手がけたりして思うのが、挨拶の大切さ。基本的なことで拍子抜けする方もいるかもしれませんが、挨拶を徹底しましょう。


佐伯チズの経歴・略歴

佐伯チズ、さえき・ちず。日本の美容アドバイザー、エステティシャン。満州国出身。終戦前に引き揚げ。成安女子高校(のちの京都産業大学附属高等学校)卒業。香水・化粧品メーカー「ゲラン」を経てパルファン・クリスチャン・ディオールに入社しインターナショナルトレーニングマネージャーを務めた。定年後、エステティックサロンプロデュースや経営、後進育成を行った。

他の記事も読んでみる

川又克二

相手が信頼するに足れば、自らも信頼に値するものにならねばならぬとする努力。これが相互信頼の真髄である。
【覚書き:日産自動車社長時の発言。労組との交渉について語った時の言葉】


リチャード・ブランソン

『ヴァージン』という名前はすべてを象徴しています。それはつまり、独占企業に対しても、消費者に対しても『処女(いままで経験したことのないもの)』だということです。(覚書き|リチャード・ブランソンは独占企業がのさばる低競争市場へ参入することが多い)


岩澤俊典

いま日本企業が「グローバル人材が足りない」と言っている理由は明確で、海外売上比率が経営者の思ったほど伸びていないからです。


森川亮

社内でも社外でも、あまり妥協してはいけないと思っている。パートナー企業との連携も、幅広い会社と仲良くやるというよりは、結果を出すために、質の高いものを出す会社とより深く付き合うことが必要だ。いわゆる日本的な世界だと、「空気の読めない」会社だと思われるかもしれないが、目的は会社と仲良くすることではなく、成功することだ。


川村隆

昨年までは良かったのですが、今は少ししんどくなっています。悪い数字ではないのですが、会社全体に緩みが出ている。「改革疲れ」かもしれません。それがすぐに数字に出てくるのが怖いところです。これは何かのサインでもありますから、注意すべき時です。ここでサボってしまうと、また「沈みゆく巨艦」の時代に戻ってしまいかねません。


田中雅子(コンサルタント)

どの企業でも使える人的リソースは限られています。その中で最大限の力を発揮するには、「あいつは使えない」というひと言で切り捨てるのではなく、すべての人をフル活用しなければなりません。そこで、「誰にでも強みはある」という前提でメンバーを観察してください。ネガティブな情報も発想を変えて、ポジティブに変換します。そうすれば誰にでも必ず強みが見つかるはずです。


田村潤

裏から手を回さず、正面から言い続ける。シンプルですが、思いはきっと通じると私は考えます。もちろん、しつこく言い続けたら、上司に嫌われるかもしれない。でも、最後の一人になっても言い続けようと覚悟を決めた。すると、だんだん上司も耳を貸してくれるようになり、周りの賛同も得ることができました。そして、社長に直接提案することができたのです。


高崎秀夫(高﨑秀夫)

市内は都市銀行が強く、ちっぽけな当行は残念ながら知名度も低く、正直「どこの銀行や」と言われるようなことも多々ありました。そこで失礼ながら、当時はまだ創業間もないベンチャー企業さんたちとの取引を進めていったわけです。見方によっては行く道が限られていたともいえるんですね。お陰さまで、結果的にそういったベンチャー企業が世界的な企業となり、私どもの先輩たちの苦労が大きく実を結んだわけです。


山口範雄

かつての冷凍食品部門の不振も、そしてリーマンショックも、苦しい事態であったものの、逆にだからこそ知恵が働き、経営を強化する契機になった。


山本ケイイチ

ビジネスマンにはジョギングをお勧めします。走るというのは人間の根源的動作ですから、続けていると身体全体のバランスがよくなるし、心臓も強くなります。いいコンディションで仕事に臨めるようになります。


安河内哲也

日本人が英語を話せないのは、勉強の仕方がズレているから。「話す」ためのトレーニングが足りないからです。英語を話せるようになるには、何か言われたとき、頭で考えなくても、無意識に言葉が出てくる反射神経を鍛える必要があります。この反射神経は、机上の勉強だけでは鍛えられません。TOEICで900点を獲得しているのに、英語が話せない人がたくさんいるのは、その証拠です。


中野淳一

日本語で適当な言葉が見つからなかったので「エンスージアスト(熱意ある者)」と私は呼んでいます。そういう人たちが得ている現場の実感は、次第に社内に伝播していき、社員の一割くらいに広がると瞬く間に多数派になるようです。組織というものは、新しいことに拒否反応を示します。だからこそ私は、現場にいる社員の応援団を務めてきたのです。