名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

佐久間英彰の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

佐久間英彰のプロフィール

佐久間英彰、さくま・ひであき。日本のクリエイター、コピーライター、CMプランナー。香川県出身。明治大学大学院理工学研究科修了。大手広告代理店に勤務し、数々の広告賞を受賞。TVチャンピオン第二回文具通選手権準優勝。著書に『速攻で仕事をする人の手帳のワザ』。

佐久間英彰の名言 一覧

スケジュール管理はいかに楽をするかが重要なポイント。


私は仕事に没頭するタイプで、以前はプライベートの予定は平気で遅刻やドタキャンをしていました。ですが、今では時間軸で可視化したことで、「19時半に友人と約束があるなら、19時には会社を出て電車に乗らないと」と逆算するようになりました。こうして予定を24時間軸で一元管理するようになった結果、一つひとつの作業への集中度も上がり、仕事の効率は格段にアップしたと実感しています。


今では、睡眠を含めての24時間の使い方が明確になり、ダラダラと過ごす時間がなくなりました。早朝や深夜の時間軸が省略されている手帳も多いですが、「1日は24時間」という当たり前のことでさえ、可視化して脳に認識させないと、無駄な時間が生まれてしまいます。


佐久間英彰の経歴・略歴

佐久間英彰、さくま・ひであき。日本のクリエイター、コピーライター、CMプランナー。香川県出身。明治大学大学院理工学研究科修了。大手広告代理店に勤務し、数々の広告賞を受賞。TVチャンピオン第二回文具通選手権準優勝。著書に『速攻で仕事をする人の手帳のワザ』。

他の記事も読んでみる

新井良亮

まだまだ道半ばですが、従来型でなく、新たなものをつくりだすことに機軸を移しています。社内でも「現状に満足することは最大の敵だ」と言っています。


石原進

お客さまは列車が遅れたら不愉快になる。これはお客さまの視点にたてば当たり前であることが分かります。天災だから我々の責任ではないではいけない。常にお客さまの立場に立って考える意識を。


池谷裕二

マンネリ化はよくないと思われがちですが、じつは悪い面だけでもありません。マンネリ化とは、一方で仕事が効率的に進んでいることの表われです。仕事に不慣れだった頃は、苦労や失敗が絶えなかったかもしれませんが、慣れてくると問題は減ってきます。それを世間ではマンネリ化しているというのです。もしマンネリ化がなかったら、目に映るものすべてが新鮮で、驚きの連続でしょう。それでは仕事が進みません。マンネリ化とは、一度経験したことに対しては「慣れ」というメカニズムで対処することで、仕事の効率化を図る重要な機能なのです。


隅修三

人材力は数字に表れませんが、グローバル化の最大の力。


松本大

他人の仕事をうらやましがるのは、羊が隣の牧草地を見てうらやましがるようなものだと思うんです。たしかに、隣の牧草地に比べれば草が少ないかもしれない。でも、自分の足元を見れば、そこには食べきれないくらいの草が生えているものです。それを食べきらないうちから、隣の牧草地を見ているのはおかしいですよね。


澤田道隆

極端に言うと、これまでのすべてを否定したい。やり方、あり方、考え方を全否定しよう。すべてを変える必要はないかもしれませんが、それぐらいの気持ちでやらないといけない。


漆紫穂子

道が渋滞しているときに、前のクルマのあとをついていっても、前のクルマより前に出ることはできません。それよりも、思い切って山道を進んだ方が、リスクはあるかもしれませんが、前に進める可能性はあります。人生でも同じで、どうしてもやり遂げたいことがあるなら、安全策をとって人と同じやり方をするのではなく、自分の道を切り拓いていこうと言っています。


竹内俊昭

花王らしさとは理屈っぽいところ。研究開発、マーケティング、販売戦略まで徹底して理屈を積み重ねていく。「なぜいいのか」を繰り返すことで、納得感が生まれる。販売の現場でも、商品の魅力をきちんと伝えるため、理屈っぽく説明する。


能作克治

大企業では、自分がやったことの成果はなかなか見えません。でも、ここでは自分が努力すると鋳物が綺麗になっていくことが実感できる。中小企業のいいところは、そこなんです。


大川豊

現場に足を運ぶのが好きなのは、まあ、単純に「面白い」ってのが一つ。そして、もう一つは猜疑心かな。実際に自分の目で見て、頭で考えないと世の中を見誤っちゃう、という感覚があるんです。


西田文郎

肯定的錯覚を続けるためには、常に肯定的で前向きの予感で心を満たし、感情脳(大脳辺縁系)を傷つけないことです。感情脳が快の状態なら、自然とプラス思考ができるようになるのです。


久世由美子

水泳の技術を教えるのはもちろんですが、最初に徹底したのは、挨拶、返事、礼儀、そして感謝の気持ちを忘れないこと。クラブに来て挨拶や返事ができなければ、「泳ぐ必要はない」と厳しく接していました。小さい頃から当たり前のことを当たり前にできるようにしておけば、大人になったときに本人が困らない。私自身、剣道師範の厳しい父に育てられ、身についたことで助けられた場面がいくつもありましたから。「約束は守ること」「やるといったら最後までやり通すこと」といった父の教えが、指導する上で大きな心の支えになっていました。