名言DB

9412 人 / 110637 名言

佐久間英彰の名言

twitter Facebook はてブ

佐久間英彰のプロフィール

佐久間英彰、さくま・ひであき。日本のクリエイター、コピーライター、CMプランナー。香川県出身。明治大学大学院理工学研究科修了。大手広告代理店に勤務し、数々の広告賞を受賞。TVチャンピオン第二回文具通選手権準優勝。著書に『速攻で仕事をする人の手帳のワザ』。

佐久間英彰の名言 一覧

スケジュール管理はいかに楽をするかが重要なポイント。


私は仕事に没頭するタイプで、以前はプライベートの予定は平気で遅刻やドタキャンをしていました。ですが、今では時間軸で可視化したことで、「19時半に友人と約束があるなら、19時には会社を出て電車に乗らないと」と逆算するようになりました。こうして予定を24時間軸で一元管理するようになった結果、一つひとつの作業への集中度も上がり、仕事の効率は格段にアップしたと実感しています。


今では、睡眠を含めての24時間の使い方が明確になり、ダラダラと過ごす時間がなくなりました。早朝や深夜の時間軸が省略されている手帳も多いですが、「1日は24時間」という当たり前のことでさえ、可視化して脳に認識させないと、無駄な時間が生まれてしまいます。


佐久間英彰の経歴・略歴

佐久間英彰、さくま・ひであき。日本のクリエイター、コピーライター、CMプランナー。香川県出身。明治大学大学院理工学研究科修了。大手広告代理店に勤務し、数々の広告賞を受賞。TVチャンピオン第二回文具通選手権準優勝。著書に『速攻で仕事をする人の手帳のワザ』。

他の記事も読んでみる

佐藤有美(経営者)

お客さま感覚でものごとを考えるのは女性のほうが優れていると思うので、雇用形態にかかわらず、どんどん女性のアイデアを取り入れたほうがいいと思います。人を見る目も女性のほうがシビアですし。


松岡修造

あなたの人生を生きるのは、あなた自身しかいません。他人は決してあなたの人生を生きてはくれないのです。「忙しい」「難しい」と言ってばかりいないで、自分で自分の人生をつくり上げていってください。


俣野成敏

今では価値がないのに、惰性で続けているムダな仕事を見つけるには、「後工程に聞く」方法が有効です。他部署や取引先に「私たちがやっているあの仕事、役に立っていますか」とヒアリングし、微妙な反応だったら、それはすでに経年劣化した仕事です。


出雲充

私が健康食品を含むヘルスケア事業の中で重視しているKPI(重要業績評価指標)は、粗利益率です。むやみに規模を追うと、安易な値下げに走ってしまう。その誘惑に流されないように、粗利益率を常にチェックしているのです。


山東理二

千代田化工建設の社長就任は、三菱商事の中南米統括として駐在中だったブラジルで、電話連絡を受けて知りました。以前インフラ事業本部長だった頃、慣例として千代田化工の社外取締役を務めたことはありますが、予想外の展開に大変驚きました。会社が大変な時期だと聞き、私ができることは何でもやろうと決意しました。


木暮太一

将来のお金に対して不安を抱くのは、具体的にいくら貯めれば良いのかがよくわからないから。明確な数字が見えれば、漠然とした不安がなくなり、必要以上にシリアスになるのを防げます。


宋文洲

しないように心がけてほしいのは、人の話を聞きすぎること。話を聞かないと嫌な存在になるし、組織で生きづらいかもしれないけどやってほしい。話を聞きすぎる日本の若者は聞かないぐらいでいい。逆に中国の若者は聞いてほしい。両者の間がバランスがいいけど、そううまくいかないね(笑)。


丹羽宇一郎

経営者というものは、私人ではない。いついかなるときも、公的な存在だという自覚が必要。


男鹿和雄

一見つまらないようなものも絵としてちゃんと描くなら、材質はどうなっているかとかいったことを、いやでも勉強しなければならない。土の地面ひとつ取っても、その状態がわかっているようで実はわかっていない。石ころが転がりそうに散らばっているよりは少しずつ埋まっているほうがリアリティがあることに、よく見れば気づくんですね。すると、日常の一見つまらないようなところにも興味を持って目が行く機会が増えてくる。


加護野忠男

高いリスクを負う場合には、危険を素早く察知する必要がある。その手掛かりとなるのは、小さな職場単位の利益や付加価値の変化である。


野坂英吾

一般論としてリユース品が売れると新品が売れなくなると言われますが、事実は違うようです。リサイクルによってクローゼットの中が片付くと、スペースが空いて新しい購買意欲が湧きます。リユースのマーケットは、世の中に出てきた新品を循環させていくのが使命です。


堀内伸浩

この提案を受け入れれば、自分たちにどんな未来が待っているかを、数字などを使って具体的にイメージさせる。さらに、実際にそのメリットを享受している企業事例を列挙するなど、事実や実績を書く。それがメリットや数字を裏づける証拠になり、説得力が増します。


稲盛和夫

「素直な心」「熱意」「努力」といった言葉は、あまりにプリミティブ(素朴・原始的)なために、誰も気に留めない。しかし、そういう単純な原理こそが人生を決めていくポイントなのだ。


山口瞳

上等な店に行くこと、そこで失敗すること。その失敗から学ぶこと。
【覚え書き|「テーブルマナーを身につけるにはどうしたらいいか」と問われて】


塚越寛

長野県の片田舎に本社を置いていることで、経営効率の悪さを指摘されることもあります。しかし私の考えでは、そもそも効率至上主義の経営を行うべきではありません。現在の日本の首都圏への極端な「一極集中」は、自社の経営効率だけを優先させた会社が集まりすぎた結果の、過密状態だと言えます。また、ひとつの国の中で、過密した地域と過疎の地域ができてしまうのは、国全体のあり方として健全ではありません。中央ばかりが栄え、地方が疲弊し、双方の格差が拡大していくからです。効率至上主義から脱却し、地方に本社を移す会社が増えれば、日本の国土全体が豊かになっていくことでしょう。今は交通網もインターネットも発達しているのですから、無理に首都圏にこだわらなくても、十分にいい仕事をしていくことは可能なはずです。