名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

佐久間庸和(一条真也)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

佐久間庸和(一条真也)のプロフィール

佐久間庸和、さくま・つねかず。日本の経営者、作家。ペンネームは一条真也(いちじょう・しんや)。大手冠婚葬祭企業サンレーの社長。福岡県出身。早稲田大学政治経済学部在学中、日本儀礼文化協会発行「はあとぴあ」編集長に就任。同大学卒業後、東急エージェンシーに入社し、在社中に一条真也名義で処女作『ハートフルに遊ぶ』を出版。その後、父が創業したサンレーに入社。取締役、未来開発室長、常務、専務、サンレー子会社の松柏園ホテル総支配人などを経てサンレー社長に就任。全日本冠婚葬祭互助協会理事九州ブロック長、全国冠婚葬祭互助連盟副会長、北九州市観光協会理事、北陸大学未来創造学部客員教授、平成心学塾塾長などを務めた。作家としても様々な分野の著作を出版。広い分野の読書家としても知られている。

佐久間庸和(一条真也)の名言 一覧

利益とは、手元に貯められるものではなく、未来への投資に使われなければなりません。


もはや効率主義一辺倒では、決して人間を幸福にできませんし、ナレッジ・マネジメントは、利己的なものを本質的に内に秘めています。


『人間尊重』という考え方は、先代社長(創業者で父の佐久間進氏)の教えであり、当社が一番大切にしているものですが、それはお客様に対してだけでなく、社員に対しても同様です。たとえば、これまで経営的に厳しい時期もありましたが、一度たりともリストラなどで社員を解雇したことはありません。


マネジメントとは、単なる管理手法ではなく、徹底的に人間とかかわっていく「人間臭い」営みです。ドラッカーいわく、ニーズと機会の変化に応じて、組織とそこで働くビジネスマンを成長させるものでなければならない。つまり、人を動かすことこそ、経営の本質なのです。


私は社員とのコミュニケーションを一番大切にしています。定期的に現場を回っては、サンレーのダジャレ王(笑)として、気軽に現場スタッフに声をかけます。1300人を超える社員と顔と名前もすべて覚えています。全社員の誕生日に私自身がバースデーカードを書き、記念品とともに贈っています。


『礼経(礼儀と経済の)一致』こそが、我が社のビジネス・コンセプトなのです。


人間尊重の経営といっても、利益を大切にしなければなりません。しかしながら、利益とは影のような存在です。光があるからこそ、影もできる。事業の目的はあくまでも光を放つ太陽が輝くことです。


社長に就任し、まずシェアがトップの拠点だけを残し、あとはたとえ利益が出ていても、閉鎖する方針をとりました。
【覚書き|2001年に社長に就任し、経営再建を行ったときを振り返っての発言。同社はバブル期の多角化で赤字体質になっていた】


私は「おめでとう」や「ありがとう」といった言葉が日常的に交錯するような、心豊かな社会をつくりたい。それを実現するためには、人々の心を豊かにできる企業の存在が不可欠です。さらには、そんな企業になるために必要とされるのが、人間尊重の経営です。


マネジメントに携わる者は、まさに修身そのものである『論語』に学ぶ必要があります。経営通になるためには、大いなる人間通にならなければならないのです。


当社は日本における自殺者数と離婚件数の減少を目標にしています。


確かに経営においては数字も大切ですが、私が最も大切にしているのは『人間尊重』という考え方です。


佐久間庸和(一条真也)の経歴・略歴

佐久間庸和、さくま・つねかず。日本の経営者、作家。ペンネームは一条真也(いちじょう・しんや)。大手冠婚葬祭企業サンレーの社長。福岡県出身。早稲田大学政治経済学部在学中、日本儀礼文化協会発行「はあとぴあ」編集長に就任。同大学卒業後、東急エージェンシーに入社し、在社中に一条真也名義で処女作『ハートフルに遊ぶ』を出版。その後、父が創業したサンレーに入社。取締役、未来開発室長、常務、専務、サンレー子会社の松柏園ホテル総支配人などを経てサンレー社長に就任。全日本冠婚葬祭互助協会理事九州ブロック長、全国冠婚葬祭互助連盟副会長、北九州市観光協会理事、北陸大学未来創造学部客員教授、平成心学塾塾長などを務めた。作家としても様々な分野の著作を出版。広い分野の読書家としても知られている。

他の記事も読んでみる

菅谷太一

当社は賃貸管理もセットで収益不動産を販売しているので、売って終わりではありません。むしろ「売ってから始まり」です。


犬山紙子

クソバイス(上から目線の持論の押しつけ)はするほうも悪いことと思っていないからたちが悪い。私も過去クソバイスをたくさんやらかしていました。そして、マジメな人ほどクソバイスを真に受けてしまう危険性があります。ちょっとでも苦しくなる前に「これはクソバイスだ」と切り捨てられるようになれれば楽ですよ。


酒井雄哉

何が起きるかわからないのが世の中だから、慣れた道でも甘く見ないで、今日を真剣に歩かなかったら絶対に続かないんだよ。


小松永門

当社は最新技術にいち早く対応することができます。固定仕様のパソコンのような季節ごとの更新では技術革新に出遅れかねません。しかし当社なら、旬のパーツを機敏に採用できます。新技術を搭載したパーツなら、当然コストパフォーマンスも優れています。ハイスペックながらフェアな価格という当社に対する高い評価も、こうした独自の事業モデルから生まれたものなのです。


大久保哲夫

必要なのはバランスシートの大きさではなく、その中身をより収益性の高いものに入れ替えること。


玄侑宗久

暗記した何かを唱えるという文化は、戦後は極端に軽んじられてきた。我々の世代が教わったのは、いつも思考は素晴らしいという話ばかりだった。なるほど思考とは、常に過去を材料に展開されるから、いわゆる一貫性のあるアイデンティティがそれによって導かれるのだろう。言葉が深い沈黙から湧きだすように、思考も実は直感的に無思考の混沌からしみだしてくる方が素晴らしいのだ。


馬渡修

当社のCEOであるビンセント・ローチは、「お客様の抱える最も難しい技術課題、そして社会の課題に挑戦しろ」といつも言っています。それがアナログ・デバイセズのビジョンとなっていますし、そのために毎年売り上げの約2割を研究開発に投資しているのです。


上釜健宏

「不易流行」という言葉があります。チャラチャラした流行を追うのではなく、「不易」の部分をしっかりできる会社にしていきたい。


多部田憲彦

社会人2年目、タイの工場に赴任しました。私の任務は、現地の工場の業務改善。ところが私はタイ語がまったくしゃべれないし、社員さんは英語が話せない。経験やカンどころか、言葉にすら頼れない状態で、スタートしたのです。こうなると、図や絵に描いて仕事をするしか方法がなかった。業務のムダを図にしたところ、理解してくれて、それまで手つかずのコストの改善に、多くのタイ人が積極的に取り組んでくれ、50%もコスト削減を達成できたのです。


小笹芳央

トップは、自分のところにきちんと情報が入ってくる状態にしておくことが肝心です。基本的に社員はトップからにらまれたくないですから、トップが喜ぶ情報しか持っていきたくありません。現場で起こったミスやトラブルの報告をしたときに、聞きたくないという反応をした瞬間、二度とその手の情報は上がってこなくなります。情報がきちんと入ってこないと、手を打つこともできません。プラス情報もマイナス情報も報告しやすい風通しのいい環境、オープンな環境づくりが必要です。


三枝匡

私の経営は速攻と見られがちですが、必要となれば時間軸を長くしたり、時に「止まれ」の信号を出したりして、組織が壊れないように気を使うことも多いのです。


太田彩子

物事を良く捉えるには使う言葉を選ぶことも有効。たとえば「撤退する」という言葉をそのまま使うとマイナスのイメージがありますね。しかしその判断が本当に適切だと思うなら、「進まない決断をする」という言い方もできます。私は趣味の登山で時折この言葉を使います。これ以上進めない悪天候などの場面で、諦めるのが嫌だからといって前進すると、命にかかわります。ポジティブな表現は、冷静な判断を下す知恵でもあるのです。