名言DB

9412 人 / 110637 名言

佐久間一(経営者)の名言

twitter Facebook はてブ

佐久間一(経営者)のプロフィール

佐久間一、さくま・はじめ。日本の経営者。「東京建物」社長。岐阜県出身。東京大学法学部卒業後、富士銀行(のちの、みずほ銀行)に入行。取締役、常務執行役員、みずほ銀行監査役、東京建物常務、専務、副社長などを経て社長に就任。

佐久間一(経営者)の名言 一覧

社会人になったばかりの頃、東京建物の賃貸住宅で良いサービスだった。それを覚えていて、マンションを買うときも東京建物にしようと考える。マンションの管理もお願いしようと思う。そういった「次も選ばれる」ことが大事なのです。それには、開発後の管理も含めた良い街をつくらなければなりません。


不動産は安いときに買って高く売ることが基本ですが、いつもそれができるわけではない。だからこそ、全体として安定的な動きをすることでリスクの平準化を実現することが重要です。最終的には、お客さまにとっていい物件を提供することが最大のポイント。


売り上げベースではマンション事業が5割、ビル事業が4割、その他で1割です。ところが利益ベースで見ると、ビル事業が6割、マンション事業が3割に逆転します。特にマンション事業は年度によって大きく数字が変動しますが、ビル事業は安定しています。変動は大きいが大きな利益も生むマンション事業と、安定した収入を生むビル事業の2つがあるからこそ、当社の事業が成り立っているのです。


佐久間一(経営者)の経歴・略歴

佐久間一、さくま・はじめ。日本の経営者。「東京建物」社長。岐阜県出身。東京大学法学部卒業後、富士銀行(のちの、みずほ銀行)に入行。取締役、常務執行役員、みずほ銀行監査役、東京建物常務、専務、副社長などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

山田ズーニー

感情をもった文章を書ける人に共通しているのは、投げかけられた問いに対して「考える」姿勢があることです。たとえば、誰かにムカッとしたら、「ムカッとした」と表層的な感情を吐き出すのではなく、なぜムカッとしたか、それはどんな経験からきているのか、じっくり考えます。それは、自分の心の深い部分にある、経験の湖にダイビングして、ポンプのように想いを汲み出す作業です。


黒鉄ヒロシ

大人の男なら、少なくとも「怒る」と「叱る」という言葉の違いはきちんと整理しておきましょう。「怒る」には、多分に私情、感情が入っています。意に沿わない出来事があった時、鬱憤を発散して、相手にぶつけていく。一時的にすっきりはしますが、遺恨が残ります。一方、叱るには多少なりとも相手を思いやる気持ちがあります。部下の仕事の手順を見て、「それをやる前に、こっちをやっておけばいいだろう」と感じ、予測不足を指摘する。そこには叱ることで気づいてくれるだろうという期待があるわけです。


午堂登紀雄

将来役に立つであろう経験や人脈に惜しみなくお金を使うことが大事。特に自由に使えるお金の限られたこんな時代だからこそ、そうした「志のある」お金の使い方が大切。


小笹芳央

信頼とは約束と実行。それができる人にお金は集まります。しかし一方で、約束を守らない人にはその逆もある。


後藤芳光

編成の戦略がすごく大事です。現在のチームはこれまでの中でも相当強いとは思いますが、当然ながら全員年をとるわけで、常にベテランと若手が融合した状態であるべきです。2年後、3年後を見据えながら常に作る必要があります。


宮本茂

物量を増やすなら、他人以上のことは簡単にできる。ハリウッド映画のように(ある作品が)50億円使ったら、次は100億円、次は200億円と。でも、それでは面白くはならないんです。量を増やすだけでは、密度は上がっていかない


新浪剛史

社長就任当時、いまだからこそ言えますが、現場を回ってみてこのままだと会社が崩れてしまうと真っ青になりました。こりゃ片道切符だなと腹を決めました。もう三菱商事には戻らない。出向社長が何を言っても、比較され、否定され、劣等感で凝り固まった社員の心は動かせません。ローソンを本気で変える覚悟をしました。


岩田松雄

実績が出ないのを「仕事内容が自分に合わないから」と言っても、そんな人はどこにも相手にされません。希望の仕事でなくても結果を出すことで、周囲の評価が高まり、「じゃあ、あいつに仕事を任せてみよう」となります。転職する場合でも、実績を上げてこそ履歴書に言ける内容が増える。


竹内洋岳

「そんなものはないだろう」と想像をやめたらそこでストップしてしまう。


横田雅俊

リピートや紹介のチャンスが増えることも見逃せない。案件数が少ない成熟市場では、新規案件に多くの営業担当者が殺到する。数多くの候補者の中から取引先を選ぶのは、顧客にとっても大きな負担になる。そのため新規取引先をシャットアウトして、付き合いのある営業担当者とだけ話をする顧客も少なくない。顧客との関係性が強固になるほど、次の案件を紹介されたり、他の部門を紹介してもらえる可能性が高くなる。


重久吉弘

政治的な議論は横に置いて、まずは、ビジネスを通じて関係を持つことが大事。それによって、「日本人はこういうことをやってくれる。いいじゃないか」と思ってくれる。


柴田昌治(コンサルタント)

月一回、テーマを立てて、定期的に議論を行うようにすると、自分と違う意見を許容する姿勢が身について、みるみるうちに組織が変わります。健康的で創造性のある意見交換が行われる風土になっていくのです。


高橋広敏(経営者)

企業は株主のものであり、従業員のものでもあるが、一定規模を越えて大きくなった企業はパブリック(公共的)な性格が色濃くなる。従って、社会や顧客の期待に応えるという視点が、経営上何にも増して大切になるはずだ。


五木寛之

出世のための人脈じゃなく、自衛のための人脈をつくっていくんだ。そう覚悟するだけで、先行きの見えない世の中にも、ちっちゃな灯りがともるんじゃないでしょうか。


林成之

相手の話の中から自分の仕事などに関係のある「キー」を意識的に探すように聞くと、そこで面白さが発見でき、脳が「面白い」というレッテルを貼ってくれます。