名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

佐久間一(経営者)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

佐久間一(経営者)のプロフィール

佐久間一、さくま・はじめ。日本の経営者。「東京建物」社長。岐阜県出身。東京大学法学部卒業後、富士銀行(のちの、みずほ銀行)に入行。取締役、常務執行役員、みずほ銀行監査役、東京建物常務、専務、副社長などを経て社長に就任。

佐久間一(経営者)の名言 一覧

社会人になったばかりの頃、東京建物の賃貸住宅で良いサービスだった。それを覚えていて、マンションを買うときも東京建物にしようと考える。マンションの管理もお願いしようと思う。そういった「次も選ばれる」ことが大事なのです。それには、開発後の管理も含めた良い街をつくらなければなりません。


不動産は安いときに買って高く売ることが基本ですが、いつもそれができるわけではない。だからこそ、全体として安定的な動きをすることでリスクの平準化を実現することが重要です。最終的には、お客さまにとっていい物件を提供することが最大のポイント。


売り上げベースではマンション事業が5割、ビル事業が4割、その他で1割です。ところが利益ベースで見ると、ビル事業が6割、マンション事業が3割に逆転します。特にマンション事業は年度によって大きく数字が変動しますが、ビル事業は安定しています。変動は大きいが大きな利益も生むマンション事業と、安定した収入を生むビル事業の2つがあるからこそ、当社の事業が成り立っているのです。


佐久間一(経営者)の経歴・略歴

佐久間一、さくま・はじめ。日本の経営者。「東京建物」社長。岐阜県出身。東京大学法学部卒業後、富士銀行(のちの、みずほ銀行)に入行。取締役、常務執行役員、みずほ銀行監査役、東京建物常務、専務、副社長などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

西浦三郎

当社には1級建築士が20人、不動産鑑定士が12人、弁護士も3人、公認会計士は管理部門も含めると5人など、資格取得が難しい有資格者がたくさんいます。会社に入ってから資格を取る人もいますが、そのための準備資金補助も全部、会社で持っています。当社は海外拠点は何もないのですが、朝8時から9時、外国人の講師を呼んで英会話講座も会社負担で週2回やっています。


小林弘幸

「健康な生活」とは、身体だけでなく、身の周りの整理・仕事の運び方・人とのつきあい方・感情のコントロールなどあらゆるものを含みます。これらが互いに連関することで本当に健康な毎日が送れるのです。


川村隆

間違い自体は大変よくないことだが、その経験は今後色々役に立つはず。


宮田真里子(経営者)

どんな方向で会社を軌道に乗せるか。思い悩んでいた最中、突然、主人が亡くなったのです。目の前は真っ暗。それでも決して子供や人前で涙は見せず明るく振る舞いました。ただ、当時の記憶はほとんどありません。毎日を淡々と過ごしていたのですが、ある日、気がついたのです。それは帰る家がある、電気や水も通って生活できる、さらに子供がいる。私は世界一幸せなんだと。主人の死もきっと意味があって起こったんだと考えられるようになったのです。2人の子供を抱えた一家の大黒柱となった私は身をもって実感した女性が仕事をしながら子育てのできる環境づくりにエネルギーを費やしていこうと決意しました。女性が生き生きと活躍できる社会をつくり、ワーキングマザーを応援したいと思うようになったのです。


市川海老蔵(11代目)

私は、舞台上の一秒に執念を燃やして生きています。そうすることで、舞台外での一秒一秒もとても大切に思えてきます。


岡本欣也

説得は、相手に信頼感を与えるところから始まる。


佐久間英彰

私は仕事に没頭するタイプで、以前はプライベートの予定は平気で遅刻やドタキャンをしていました。ですが、今では時間軸で可視化したことで、「19時半に友人と約束があるなら、19時には会社を出て電車に乗らないと」と逆算するようになりました。こうして予定を24時間軸で一元管理するようになった結果、一つひとつの作業への集中度も上がり、仕事の効率は格段にアップしたと実感しています。


城谷直彦

我が社のモットーはチャレンジ性、そして未来を切り拓くこと。社員は自由に、のびのびと仕事をしてもらい。ただし、やった仕事に対しては責任を持ってもらう。ということをモットーに経営しています。


藤岡頼光

かつて日本に中国から安いコピーバイクがたくさん入ってきたことがあったのですが、結局、生き残らなかった。留学も同じで、欧米のコピーではいずれ廃れます。そうしないために、メード・イン・ジャパンでどこにも負けない品質の英会話学校をつくろうと考えました。


円山法昭

努力と知恵を駆使して誰もやっていないブレークスルー(突破口)を見出せるかどうか。それがイノベーションにつながる発想。


桑原豊(経営者)

最もやってはいけないのは、感情的に叱ることです。そうやって叱られたとき、相手はあなたに対して心を閉ざしてしまいます。なぜなら、そのスタッフのためではなく、自分の怒りを吐きだすために叱っている、ということを見抜くからです。そういう叱り方をした場合は、叱った本人にも後味の悪い思いが残りますから、結果として誰のためにもならないのです。


八代英輝

仕事に充実感があれば忙しいことは苦にならない。