名言DB

9419 人 / 110788 名言

佐々部晩穂の名言

twitter Facebook はてブ

佐々部晩穂のプロフィール

佐々部晩穂、ささべ・くれお。日本の経営者。松坂屋会長。福岡県出身。京都帝国大学政治経済学科を卒業後、日本銀行に入行。大阪支店営業局勤務、福島支店営業主任、日銀ロンドン代理店監督役付き書記、国庫局検査役などを経て、親類の伊藤次郎左衛門から請われ財閥の伊藤家松坂屋へ移籍。伊藤銀行(のちの東海銀行)副社長、松坂屋監査役、東海銀行非常勤取締役、伊藤産業合名専務理事、千年殖産専務、松坂屋副社長、日本発の民放ラジオ局中部日本放送(CBC)初代社長、松坂屋会長などを歴任。名古屋商工会議所会頭なども務め、名古屋財界の重鎮として経済発展に尽力した。

佐々部晩穂の名言 一覧

名古屋の中心部が焦土と化したことは、たしかに大きな不幸であった。しかし、当時市当局が今日見るような日本一の都市計画をつくり、青年都市名古屋の基礎作りをされたのは、一面から考えると禍を転じて福となしたものといえよう。伊勢湾台風のときも、まったく同じであった。やはり人間はこうした天災に際会しても絶対にくじけず、絶えず進んでいくことが必要だと思う。


いまから思えば、若いときに大阪時代、福島時代を通じて日銀以外の各界の人と接触したことが、世間を知るというか、自分の将来に大変役立った。
【覚書き|日銀大阪支店、福島支店で営業をしていたころを振り返っての発言】


放送事業は海のものとも山のものともわからない新事業であったから、私もこれを引き受けて100%成功できるという自信はなかった。しかし、中部地方の産業文化の発展のためにとにかくやり抜こうと決心して、引き受けることにした。【覚書き|上記発言はCBC(中部日本放送)の社長を引き受けたときの言葉。CBCはこの後、日本の民間会社初のラジオ放送を行う】


佐々部晩穂の経歴・略歴

佐々部晩穂、ささべ・くれお。日本の経営者。松坂屋会長。福岡県出身。京都帝国大学政治経済学科を卒業後、日本銀行に入行。大阪支店営業局勤務、福島支店営業主任、日銀ロンドン代理店監督役付き書記、国庫局検査役などを経て、親類の伊藤次郎左衛門から請われ財閥の伊藤家松坂屋へ移籍。伊藤銀行(のちの東海銀行)副社長、松坂屋監査役、東海銀行非常勤取締役、伊藤産業合名専務理事、千年殖産専務、松坂屋副社長、日本発の民放ラジオ局中部日本放送(CBC)初代社長、松坂屋会長などを歴任。名古屋商工会議所会頭なども務め、名古屋財界の重鎮として経済発展に尽力した。

他の記事も読んでみる

和田秀樹

曖昧さこそ、物事を幅広くとらえられる日本人の特質。本当に賢い人は、白か黒かのような短絡的情報を参考にしないし、曖昧さの中から真理を導き出している。曖昧さをうまく活かせば、混迷の時代をサバイブできるはず。動物は二分割思考でしか認知できない。そうじゃないのが人間のすごいところ。


後藤忠治

何年も経つと、いろいろな選手が誕生し、その結果、スポーツの歴史は形づくられてくる。しかし、時間が経っても、伝統は私たちの手で作らなければ何もできない。そのためにも選手だった人が社会に出て、その後どのような人生を歩んでいくかが大事。社会に役立つ人を作る。


森正文(経営者)

「今日こそは提携を決めてもらおう」と思って客先を訪ねるとします。そういうときは相手も身構えていますから、私はあえて契約の話をせずに、雑談から入ります。相手の興味関心を示すことに話題を振りつつ、相手の話を聞いて、打ち解けてきたところに「ところで提携の話はどうですか?」と矛先を向けると、意外に上手くことが運ぶように思います。


遠藤憲一

いい出会いをするためには、自分が置かれた場所で手を抜かないことが大事。必ず誰かが見ているから、次に繋がっていく。その繰り返し。


倉本聰

ドラマ「北の国から」では、放映後も2、3年おきに続編を制作し、初回放映から数えて21年間続きました。続編を書き始めるたびに「一体『北の国から』とは何だったのか」を考えました。「北」とは何か、「の」「国」「から」とは何か。ひとつひとつ見つめ直しました。


伊藤雅俊(味の素)

「いける」と確信したら成果を出すまで粘っこく続けることが私の仕事スタイル。


樋口裕一

小学校に作文の授業はあっても、いまの先生はただ「思った通りに書きなさい」としか指導しません。自由に書かせるのが、個性重視の教育だと思っているのかもしれません。しかし、好き勝手に書いていても論理的な文章なんて、永久に書けるようになるわけがありません。


鈴木喬(経営者)

実際に自分が現地に行って、見て、触って、経験することで、情報収集の肌感覚が身につきますし、経営者にとって大切な「大局観」や「勘」を養うことにもつながります。


岸田祐介

結局、ただの「好き」ではダメ。応募者全員が「野球が好きです」と言いますからね。社外からも楽天球団創業メンバーを募ったんですが、こちらは競争率400倍。例えば、「今日開催される、日本のプロ野球と米国のメジャーリーグの全試合の主審の名前を全員挙げられる」と豪語した人。あるいは、新球団のゼネラルマネジャーの自宅の前に3日間泊まり込んで採用を訴え続けた人。2人とも合格したんですが、「好き」の程度がケタ外れでしょう?


羽鳥由宇介(羽鳥裕介)

時代ごとに必要なビジネススキルは変わっても、経営理念の「挑み続ける」姿勢は変わらない。うちには体育会系の営業社員、技術系の社員、海外で働く社員もいる。その多様性を受け入れつつ会社として一本筋を通すために、社員の価値観の共有により多くの時間を割いている。