名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

佐々部晩穂の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

佐々部晩穂のプロフィール

佐々部晩穂、ささべ・くれお。日本の経営者。松坂屋会長。福岡県出身。京都帝国大学政治経済学科を卒業後、日本銀行に入行。大阪支店営業局勤務、福島支店営業主任、日銀ロンドン代理店監督役付き書記、国庫局検査役などを経て、親類の伊藤次郎左衛門から請われ財閥の伊藤家松坂屋へ移籍。伊藤銀行(のちの東海銀行)副社長、松坂屋監査役、東海銀行非常勤取締役、伊藤産業合名専務理事、千年殖産専務、松坂屋副社長、日本発の民放ラジオ局中部日本放送(CBC)初代社長、松坂屋会長などを歴任。名古屋商工会議所会頭なども務め、名古屋財界の重鎮として経済発展に尽力した。

佐々部晩穂の名言 一覧

名古屋の中心部が焦土と化したことは、たしかに大きな不幸であった。しかし、当時市当局が今日見るような日本一の都市計画をつくり、青年都市名古屋の基礎作りをされたのは、一面から考えると禍を転じて福となしたものといえよう。伊勢湾台風のときも、まったく同じであった。やはり人間はこうした天災に際会しても絶対にくじけず、絶えず進んでいくことが必要だと思う。


いまから思えば、若いときに大阪時代、福島時代を通じて日銀以外の各界の人と接触したことが、世間を知るというか、自分の将来に大変役立った。
【覚書き|日銀大阪支店、福島支店で営業をしていたころを振り返っての発言】


放送事業は海のものとも山のものともわからない新事業であったから、私もこれを引き受けて100%成功できるという自信はなかった。しかし、中部地方の産業文化の発展のためにとにかくやり抜こうと決心して、引き受けることにした。【覚書き|上記発言はCBC(中部日本放送)の社長を引き受けたときの言葉。CBCはこの後、日本の民間会社初のラジオ放送を行う】


佐々部晩穂の経歴・略歴

佐々部晩穂、ささべ・くれお。日本の経営者。松坂屋会長。福岡県出身。京都帝国大学政治経済学科を卒業後、日本銀行に入行。大阪支店営業局勤務、福島支店営業主任、日銀ロンドン代理店監督役付き書記、国庫局検査役などを経て、親類の伊藤次郎左衛門から請われ財閥の伊藤家松坂屋へ移籍。伊藤銀行(のちの東海銀行)副社長、松坂屋監査役、東海銀行非常勤取締役、伊藤産業合名専務理事、千年殖産専務、松坂屋副社長、日本発の民放ラジオ局中部日本放送(CBC)初代社長、松坂屋会長などを歴任。名古屋商工会議所会頭なども務め、名古屋財界の重鎮として経済発展に尽力した。

他の記事も読んでみる

大塚万紀子

時間的な制約を評価に入れることは、その人の仕事へのモチベーションを著しく下げます。ビジネスの最前線のリーダーである課長や部長のモチベーションが下がれば、企業の業績も下がることは火を見るよりも明らかでしょう。時間的制約に対する考え方を変え、そういった制約があることを前提にした働き方の仕組みに変えていくことは、今後ますます避けて通れなくなってくるのです。


飯田泰之

人々の気分に合ったマジックワードが考案されると、無意味な、時に有害な議論が大きな社会的影響力を持つことになる。


落合寛司

すべてのことをお客さん目線で見て、何ができるか、職員のアイデアを募集、優れたアイデアに対しては報奨金を出すようにしました。そうしたら500以上の提案があった。これによって、職員の意識は大きく変わったように思います。


メグ・ホイットマン

M&Aで巨額損失を防ぐための教訓は3つ。ひとつは、M&Aの案件については必ず財務を預かるCFO(最高財務責任者)に情報を集約しなければならないということ。ふたつ目の教訓は、焦って意思決定してはいけないということ。最後の教訓は、取締役会を何度でも開いて、買収の妥当性を徹底的に議論するということ。


安倍昭恵

様々な活動を通じて改めて痛感したのは、世の中にはお金がないとできないことが多いということ。特に、最近は社会のために熱心に活動する若者との付き合いが増えていて。そういう人たちって大抵、資金不足で困っているんですよね。そういう人たちにどうやってお金が回るようにするかを考えているところです。


宇佐美進典

「事業開発会社」との概念を使い始めてから既に10年ほど経ちますが、歩みは想定通りではありませんでした。時代と共に、事業開発で求められることも刻々と変化してきたと思います。現在は、事業開発に求められる時間軸や規模感がより大きくなり、新規ビジネスを創造する難易度が上がってきていると感じます。当初は次々に事業を創り出していこうと考えていましたが、最近は大きく伸びる可能性のある事業を見極めてしっかり構築するという方針に変えなければならなくなりました。


中山哲也

当社は最後発でしたので、歴史もない、お金もない、信用もない……。そういうところから始まりましたから、何か他社にない特徴を打ち出していかないといけない。始めから在庫を持とうと考えたわけではありませんでしたが、少しずつでも会社が成長していったのは、在庫を持つようになってからです。


森泉知行

社会が常に変化する中で、現状維持は退歩と同じです。


大泉洋

誰しも自分が生まれた場所への誇りは持っていると思いますが、僕はそれが人一倍強くて押しつけがましいほどなんです。ただ、北海道の仕事を続けているのは、地元愛というより、単純に面白いからですね。
【覚書き|北海道を拠点に仕事を続けていることについて語った言葉】


豊田章一郎

設備が同じでも、もっと効率的に作れないのか。それと、腕を磨くことには無限の可能性がある。
【覚書き:太平洋戦争終結10年後にドイツのフォルクスワーゲン社の工場を訪問した時、最新の設備に驚かされ、生産技術向上に力を入れることを決意したときの言葉】


松岡修造

思わぬアクシデントは、どんな分野にもあると思います。でも、それを言い訳にはできない。終われば結果しか残らないのですから。


芳井敬一

大和ハウスに入社して最初に配属されたのは大阪本店です。私は「遅れてきたルーキー」とよく言っていました。32歳で転職しましたが体育会で育ちましたので大学を卒業して2年目の人たちも先輩です。当然敬語で接しました。みんな親切でしたし、「この人は」という人にはお願いして同行してもらいました。教えてくれる人たちが多く、非常に「人」に恵まれましたね。