名言DB

9,520 人 / 112,352 名言

佐々部晩穂の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

佐々部晩穂のプロフィール

佐々部晩穂、ささべ・くれお。日本の経営者。松坂屋会長。福岡県出身。京都帝国大学政治経済学科を卒業後、日本銀行に入行。大阪支店営業局勤務、福島支店営業主任、日銀ロンドン代理店監督役付き書記、国庫局検査役などを経て、親類の伊藤次郎左衛門から請われ財閥の伊藤家松坂屋へ移籍。伊藤銀行(のちの東海銀行)副社長、松坂屋監査役、東海銀行非常勤取締役、伊藤産業合名専務理事、千年殖産専務、松坂屋副社長、日本発の民放ラジオ局中部日本放送(CBC)初代社長、松坂屋会長などを歴任。名古屋商工会議所会頭なども務め、名古屋財界の重鎮として経済発展に尽力した。

佐々部晩穂の名言 一覧

名古屋の中心部が焦土と化したことは、たしかに大きな不幸であった。しかし、当時市当局が今日見るような日本一の都市計画をつくり、青年都市名古屋の基礎作りをされたのは、一面から考えると禍を転じて福となしたものといえよう。伊勢湾台風のときも、まったく同じであった。やはり人間はこうした天災に際会しても絶対にくじけず、絶えず進んでいくことが必要だと思う。


いまから思えば、若いときに大阪時代、福島時代を通じて日銀以外の各界の人と接触したことが、世間を知るというか、自分の将来に大変役立った。
【覚書き|日銀大阪支店、福島支店で営業をしていたころを振り返っての発言】


放送事業は海のものとも山のものともわからない新事業であったから、私もこれを引き受けて100%成功できるという自信はなかった。しかし、中部地方の産業文化の発展のためにとにかくやり抜こうと決心して、引き受けることにした。【覚書き|上記発言はCBC(中部日本放送)の社長を引き受けたときの言葉。CBCはこの後、日本の民間会社初のラジオ放送を行う】


佐々部晩穂の経歴・略歴

佐々部晩穂、ささべ・くれお。日本の経営者。松坂屋会長。福岡県出身。京都帝国大学政治経済学科を卒業後、日本銀行に入行。大阪支店営業局勤務、福島支店営業主任、日銀ロンドン代理店監督役付き書記、国庫局検査役などを経て、親類の伊藤次郎左衛門から請われ財閥の伊藤家松坂屋へ移籍。伊藤銀行(のちの東海銀行)副社長、松坂屋監査役、東海銀行非常勤取締役、伊藤産業合名専務理事、千年殖産専務、松坂屋副社長、日本発の民放ラジオ局中部日本放送(CBC)初代社長、松坂屋会長などを歴任。名古屋商工会議所会頭なども務め、名古屋財界の重鎮として経済発展に尽力した。

他の記事も読んでみる

マハトマ・ガンジー

何かを訴えたい、意志表明したいと思ったときに、それを話したり書いたりする必要はない。行動し、生き様で示すしかない。私たちは一人一人の生き様を、生きた教科書にしよう。誰もがそこから学び取ることができるように。


中鉢良治

45歳に過労で倒れ、生死の境をさまよいました。それまでの自分に自信を与えていたのは、誰よりも無茶苦茶に働いたということでした。価値観でいえば「撃ちてし止まん」、倒れてもやるぞということです。


世耕石弘

以前は、「そんなチャラチャラした広報をやって」と、批判の声もずいぶんありました。今でも批判はされますが、肯定的な意見のほうが圧倒的に多いです。広報の力を大学内部の教職員にわかってもらうために私たちがしたこと。それは賞を取ることでした。最初に受賞したのは、「世界がそうくるなら、近大は完全養殖でいく。」というポスターです。これがフジサンケイグループ広告大賞メディア部門とクリエイティブ部門の新聞優秀賞を受賞しました。それを皮切りに、ここ4~5年で30を超える広告賞を受賞しました。それが広報の評価につながったと思っています。


村田昭治

人は平均的であることに徹するのが一番楽であり、容易な生き方である。しかし、その壁を乗り越えてこそ、他の人とは異なった、より自分らしい専門的な領域を研ぎすますことが可能になる。


岡素之

私たちは幅広い分野でビジネスをしていますが、どの分野であれ住友商事で働いている社員ひとりひとりがイキイキと働ける状態を一番に目指すべきだと思っています。それができなければ、いくら業績がよくても十分ではありません。


午堂登紀雄

仕事から離れた場面にこそ、仕事の教材がたくさん転がっています。たとえば、レストランや居酒屋は、サービスの方法が学べるだけでなく、計数感覚を身につけられる格好の場といえます。いまも私は、食事にくと、その店の席数や平均客単価などを推測し、どれだけ儲かっているかを計算するようにしています。


カルロス・ゴーン

自分がまだ若い場合、赴任して最初にすべきことは人間関係をつくり上げることです。部下の人たちと一緒に過ごすことによって、自分のことをわかってもらい、交流を深め、その管理職たちが直面している問題と、それをどうやって解決しようとしているか、そのやり方を知る必要があります。一番大切なのはチームを作ることです。


蒲島郁夫

一番いいところを選ぶのは、大切なこと。遠慮する必要はないんですよ。


渡辺健太郎(経営者)

大切なのは一言で言うと「多様性」。私はよく「統制のとれたサファリパーク」と言っています。色々なタイプの人がいて、それぞれが同じ目的を目指して進んでいく、というのが理想。みんなが一律というのは気持ち悪いな、と思います。


大給近憲

Martの創刊前に港北や浦安の30代の主婦たちに話を聞いたら、当時、ビーズが流行っていました。ところが、その中に「本当は好きじゃないけど、やっている」という人たちがいたんです。ビーズづくりに興味はないが、ビーズづくりをすればコミュニティの一員になれるし、交流できるのが楽しいと。つまりビーズはホビーではなく、コミュニケーションツールだった。


西野亮廣

僕らの身の回りには「取りこぼし」がまだまだ間違いなく残っていて、世の中はもっと面白くなる。


小宮山宏

20世紀は知識が爆発的に増えました。その結果、学問分野もいくつもの専門にどんどん細分化されて、全体像を見ることが難しくなっています。知識をより効率的に活用するためには、増え続ける知識間の相互の関連付けが必要です。