佐々部晩穂の名言

佐々部晩穂のプロフィール

佐々部晩穂、ささべ・くれお。日本の経営者。松坂屋会長。福岡県出身。京都帝国大学政治経済学科を卒業後、日本銀行に入行。大阪支店営業局勤務、福島支店営業主任、日銀ロンドン代理店監督役付き書記、国庫局検査役などを経て、親類の伊藤次郎左衛門から請われ財閥の伊藤家松坂屋へ移籍。伊藤銀行(のちの東海銀行)副社長、松坂屋監査役、東海銀行非常勤取締役、伊藤産業合名専務理事、千年殖産専務、松坂屋副社長、日本発の民放ラジオ局中部日本放送(CBC)初代社長、松坂屋会長などを歴任。名古屋商工会議所会頭なども務め、名古屋財界の重鎮として経済発展に尽力した。

佐々部晩穂の名言 一覧

名古屋の中心部が焦土と化したことは、たしかに大きな不幸であった。しかし、当時市当局が今日見るような日本一の都市計画をつくり、青年都市名古屋の基礎作りをされたのは、一面から考えると禍を転じて福となしたものといえよう。伊勢湾台風のときも、まったく同じであった。やはり人間はこうした天災に際会しても絶対にくじけず、絶えず進んでいくことが必要だと思う。


いまから思えば、若いときに大阪時代、福島時代を通じて日銀以外の各界の人と接触したことが、世間を知るというか、自分の将来に大変役立った。
【覚書き|日銀大阪支店、福島支店で営業をしていたころを振り返っての発言】


放送事業は海のものとも山のものともわからない新事業であったから、私もこれを引き受けて100%成功できるという自信はなかった。しかし、中部地方の産業文化の発展のためにとにかくやり抜こうと決心して、引き受けることにした。【覚書き|上記発言はCBC(中部日本放送)の社長を引き受けたときの言葉。CBCはこの後、日本の民間会社初のラジオ放送を行う】


佐々部晩穂の経歴・略歴

佐々部晩穂、ささべ・くれお。日本の経営者。松坂屋会長。福岡県出身。京都帝国大学政治経済学科を卒業後、日本銀行に入行。大阪支店営業局勤務、福島支店営業主任、日銀ロンドン代理店監督役付き書記、国庫局検査役などを経て、親類の伊藤次郎左衛門から請われ財閥の伊藤家松坂屋へ移籍。伊藤銀行(のちの東海銀行)副社長、松坂屋監査役、東海銀行非常勤取締役、伊藤産業合名専務理事、千年殖産専務、松坂屋副社長、日本発の民放ラジオ局中部日本放送(CBC)初代社長、松坂屋会長などを歴任。名古屋商工会議所会頭なども務め、名古屋財界の重鎮として経済発展に尽力した。

他の記事も読んでみる

三木あき子

鑑賞する側も、作品を美的な面から楽しむだけでなく、作品と向き合い、作家が伝えようとしているメッセージは何かを考えてみると、得るものが大きい。


吉田秀彦

最初はただの物真似でも、何度も繰り返すうちに、自分の形になっていくものです。
【覚書き:強い選手の試合や試合VTRで観察し、得たものを体得するというトレーニングについて語った言葉。先輩の古賀稔彦氏の真似をして無精ひげを生やしたという逸話が有名】


松澤大之

学習内容の再現には暗記が大前提です。それは理解するうえでも有効です。理解したから暗記できたとえうのでなく、暗記したから理解できたとえうことが学習ではよく起こります。効率よく学習を進めていきたいのであれば、暗記→理解という流れで勉強を進めていくことをお勧めします。


森正文(経営者)

人生にはいいときも悪いときもあります。大変なことや辛いことがあっても、何とかなる。その覚悟さえあれば、必ずや光明が見えてくると信じています。


永田豊志

図解するときは、まず何の問題解決をしたいかを考えるべき。関わる要素をすべて図にしても、複雑な状況が複雑に視覚化されるだけ。たとえばクラウドと社内サーバの違いについて資料を作る際、最も重要な問題がセキュリティであるなら、コストなど他の要素は省きましょう。図がシンプルになり、情報が整理されます。


イチロー(鈴木一朗)

僕は常に戦っています。苦しいのは当たり前だし、それもメジャーで野球をやる楽しみのひとつなのかもしれません。一番苦しいと感じるのは、できるのにできないということ。相手にやられて、とてもそんなことはできないと思えるのなら、まだいいんです。それは自分の力のなさですから、もうしょうがない。でも、できるはずのことができないからこそ、歯がゆいし、悔しいんです。


妹尾堅一郎

コモディティ(日用標準品)化する自社製品を他社製品と差別化するために、製品自体を高機能化・多機能化する方法もある。だが、ソリューションの考え方では、ハードとしての製品競争は避けて、サービス・レイヤー(サービスの分野・階層)で競うことがポイントとなる。


田中達也(経営者)

企業の根幹は人材です。その力を最大限引き出すのが社長の仕事。


糸井重里

僕は、バンドマンが観客を呼ぶために工夫するのと同じようなことをやってきました。ミュージシャンが最初にギターを習うとき、ギターでどう稼ぐかではなく、「どういう音楽をつくりたい」「どういう演奏をしたい」といったことを真っ先に考えると思います。利益や売上、顧客の価値について考えるのはずっとあとになってからだと思うんです。たぶん僕も、「まず音楽がつくりたかった」というミュージシャンと同じような感覚で経営してきたと思います。


木村政雄

僕の場合、思い切って吉本を辞めました。リスクはありましたよ。でも、33年間でやってきたことが本当のキャリアなのか問われるわけですよ。「NO」が出たら仕方ない。結果的にゼロにはならんやろうと、まずは飛び出しました。


清武英利

「そもそも人間は弱いものなのだ」と肝に銘じて、それを前提にシステムを構築していかなくてはいけない。ですが、沈没していく多くの企業はそれができていません。


笹氣健治

自分は運が悪いと嘆き、意欲を失って何もしないのではなく、逆境のときこそ自己成長の好機だと視点を変えれば、辛いながらも未来に希望を託して頑張ることができるのではないでしょうか。仮にうまくいかなかったとしても、その事実をありのまま受け止め、次の機会に挽回するために、新しい行動を起こせばいいだけのはずです。


鈴木喬(経営者)

誤解を恐れずに言えば、経営者というのはある種、バクチ打ちの親分みたいなものです。うまくいったらお慰みで、上手にバクチを打って、負けが込んでもそれほど損をしないようにするのが仕事です。


本田有明

武士道を説いた江戸時代の名著『葉隠』には「人材の4タイプ」として、「急急」「だらり急」「急だらり」「だらりだらり」というユニークな分類を記した箇所があります。「急急」とは、理解も早く行動も早いタイプ。「だらり急」は、のみ込みは遅いものの行動は迅速なタイプ。「急だらり」は、すぐ理解したように見えて行動が伴わないタイプ。「だらりだらり」は、のみ込みも行動も遅いタイプ、という意味です。興味深いのは、この分類をした佐賀藩主・鍋島勝茂が「急急の人材は滅多にいない」と指摘している点。大半の人材は「だらりだらり」であり、それを「だらり急」もしくは「急だらり」に育てることが上に立つ者の役割である、と藩士たちに説いているのです。これは、現代にも当てはまるでしょう。


入江慎也

僕にできることは限られていますが、その中でできるだけ他人を喜ばせられないかと工夫しています。


ページの先頭へ