名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

佐々淳行の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

佐々淳行のプロフィール

佐々淳行、さっさ・あつゆき。日本の官僚(警察)、危機管理評論家。東京出身。東京大学法学部政治学科卒業後、国家地方警察本部(のちの警察庁)に入庁。初代内閣安全保障室長などを務めた。退官後は危機管理の専門家として活動。

佐々淳行の名言 一覧

泥水を飲まされ続けて、辞表も5回書いたけど、それでも辞めなかったのは、日本を守るというプライドでしょうね。


何人かは、わかってくれていました。いつかはみんなにも絶対わかってもらえるという自負があったからやってこれた。


人を大事にすれば、それは自分に戻って来る。


私が仕事をする上で大切にしてきたのは、何と言っても人を大切にすることです。かなりの時間とお金を人に投資してきました。


2年前に腰を悪くしてね。それから杖をついているんだけど、不自由になると公共施設や道路の悪い点ばかり目につくんだよね。


人に投資する時にはお金の使い方も大事です。師である後藤田正晴さんは「佐々は自分のカネで奇麗に飲む」と評してくれました。組織のお金でおごっても駄目なのです。


人を大切にすることの要諦は、当たり前のことですが、顔と名前を覚えることです。警視庁外事課第1係長に就任した時には、人事記録を取り寄せ、学生が英単語を覚えるように、105人いた部下全員の名前を配属から2日間で覚えました。「そこの若いの」と呼ぶのと、「山田」と呼ぶのとでは大違いですから。


尾張の戦国武将・佐々成政を祖とする佐々家の武士の血がそうさせたんでしょうな。主席領事にも言われましたよ。「いったい君になんの得があるんだ。君は見かけによらず要領が悪いんだね」と。自分でもわかっているんですよ。でも、肥後もっこす(正義感が強く頑固な熊本の県民性)というか、へそ曲がりの性分は簡単には「直りゃしねえや」と(笑)。
【覚え書き|出向先の外務省の好待遇を蹴って警察に戻ったことについて】


佐々淳行の経歴・略歴

佐々淳行、さっさ・あつゆき。日本の官僚(警察)、危機管理評論家。東京出身。東京大学法学部政治学科卒業後、国家地方警察本部(のちの警察庁)に入庁。初代内閣安全保障室長などを務めた。退官後は危機管理の専門家として活動。

他の記事も読んでみる

熊谷正寿

自分がどんな究極的な夢、目標を持っているかを確認するには「もし明日死ぬとしたら……」と想定してみることです。私自身は「健康」「教養・知識」「会社・仕事」「経済・モノ・お金」という6つの分野についてそれぞれ人生目標を定めています。それらをすべて包含する究極の目標を言い表すと「幸せ」と「成功」です。私の関わる全ての方みんなが幸せになり、成功してほしい。その結果として、自分もそうなる。それが私の夢です。


田中良和(GREE)

将来性の見極めには慎重さが必要ですが、いったんやると決めたらリスクを取って、果敢に攻めていくことも大事。


鈴木章裕

ある事件が理由で、14年度の粗利が34%吹き飛んでしまいました。私自身は「これは駄目かもしれない」と覚悟を決めましたが、すべての社員が「大切な会社と仲間を守る」と熱い決意で一つになり猛烈に働いてくれた結果、事件の7か月後には創業以来最局の売り上げと利益をあげることができた。


木村尚義

多面的な視点で物事を見るためには、「今の仕事や環境からいったん離れてみる」ことも大切です。ずっと同じ仕事をしていると、必ず思考が固定化されてくるからです。


星野佳路

まずは少し試してみて、反応が良ければ、展開を広げていく。顧客が満足している実感が、自分たちの自信にもつながっていく。


松村理司

医師を目指す者には、自分の専門に入り込む前に、一通りの診療科を経験して、かつ深く学んでほしい。それには、若いうちに気軽に質問ができ、答えを請うような環境が必要と考えました。そこで屋根瓦式教育を取り入れました。これは若い医師が、キャリアの少し上の「お兄さん、お姉さん」から学び、自らもキャリアが自分より少し浅い医師に教えるという教育法です。医学界で世界トップクラスのジョンズ・ホプキンス大学初代内科部長だったウィリアム・オスラー氏が確立した方法です。


後藤忠治

いかに選手がその練習方法に納得して練習をするか。そういった気持ちになるような説得力のある指導をできるかどうか。そこに指導者の資質が求められる。


安倍真紀

会社を始めた時には想像していなかったようないろいろなニーズに驚いています。たとえば地方から東京に出てきた人で、一度ホストクラブに行ってみたいという依頼がありました。まだ東京に知人がいないため、1人で行く勇気はないからついてきてほしいと。


司馬遷

すべて意見を述べるにあたり大切なことは、説く相手の誇りとする点を誇張して、恥とする点をすべて述べないようにする言い方を心得ることにある。相手が失策だったと気付いていることは、その過失を極言してはいけない。


矢野博丈

以前は、POS(販売情報管理システム)というものを全く信用してませんでした。「アイテム数が多い方が、お客さんは喜んでくれるはず」「売れ筋ばかりを置いているとお客さんに飽きられる」と思っていましたので。しかし、コンビニ化現象(客の店内滞在時間が短くなる現象)で、お客さんはベーシックなものを選んで早く買い物を済ませたいという傾向が強くなってきた。そういう状況では、売れないアイテムを並べておく意味はないので、POSを使って何が売れていて、何が売れていないのかを把握できるようにしました。


西川りゅうじん

人が集まる場所には、さらに人が集まる。「みんなで渡れば怖くない」という日本人は特にその傾向が強い。誰しも周囲には影響されるので、人気が出だしたコトに目をつけよう。しかし、既に皆が知っていればもう終わりだと心得てください。


ジェイ・エイブラハム

大好きと大嫌いの真ん中、許容範囲の枠が最悪なのです。別の会社が新製品を出したり、少し安い商品を見つけたときにすぐに移ってしまいます。大好き、もしくは大嫌いというふうに消費者の意見が分かれるような会社を目指すべきだし、そういう商品・サービスの提供に努めるべきです。