名言DB

9419 人 / 110788 名言

佐々淳行の名言

twitter Facebook はてブ

佐々淳行のプロフィール

佐々淳行、さっさ・あつゆき。日本の官僚(警察)、危機管理評論家。東京出身。東京大学法学部政治学科卒業後、国家地方警察本部(のちの警察庁)に入庁。初代内閣安全保障室長などを務めた。退官後は危機管理の専門家として活動。

佐々淳行の名言 一覧

泥水を飲まされ続けて、辞表も5回書いたけど、それでも辞めなかったのは、日本を守るというプライドでしょうね。


何人かは、わかってくれていました。いつかはみんなにも絶対わかってもらえるという自負があったからやってこれた。


人を大事にすれば、それは自分に戻って来る。


私が仕事をする上で大切にしてきたのは、何と言っても人を大切にすることです。かなりの時間とお金を人に投資してきました。


2年前に腰を悪くしてね。それから杖をついているんだけど、不自由になると公共施設や道路の悪い点ばかり目につくんだよね。


人に投資する時にはお金の使い方も大事です。師である後藤田正晴さんは「佐々は自分のカネで奇麗に飲む」と評してくれました。組織のお金でおごっても駄目なのです。


人を大切にすることの要諦は、当たり前のことですが、顔と名前を覚えることです。警視庁外事課第1係長に就任した時には、人事記録を取り寄せ、学生が英単語を覚えるように、105人いた部下全員の名前を配属から2日間で覚えました。「そこの若いの」と呼ぶのと、「山田」と呼ぶのとでは大違いですから。


尾張の戦国武将・佐々成政を祖とする佐々家の武士の血がそうさせたんでしょうな。主席領事にも言われましたよ。「いったい君になんの得があるんだ。君は見かけによらず要領が悪いんだね」と。自分でもわかっているんですよ。でも、肥後もっこす(正義感が強く頑固な熊本の県民性)というか、へそ曲がりの性分は簡単には「直りゃしねえや」と(笑)。
【覚え書き|出向先の外務省の好待遇を蹴って警察に戻ったことについて】


佐々淳行の経歴・略歴

佐々淳行、さっさ・あつゆき。日本の官僚(警察)、危機管理評論家。東京出身。東京大学法学部政治学科卒業後、国家地方警察本部(のちの警察庁)に入庁。初代内閣安全保障室長などを務めた。退官後は危機管理の専門家として活動。

他の記事も読んでみる

二宮雅也

重要なことは何かと考えると、顧客の安全・安心であり、それを支援する先進サービスを提供できる会社になることです。そこで、まずより所になる旗として、そうした考えをまとめたビジョンと戦略を社員や関係者に示しました。共通の思想を持ってもらいたかったのです。その上で、合併に向けて両社の営業拠点を同じビルに入れて、社員同士を交流させることから始めて、管理職の統合を進めました。


石原一裕

現状維持では働きがいを高め続けることはできません。そこで、クルーを含めた社員の働きがいを維持・向上するためのイベントや制度をいくつも取り入れています。


夏野剛

この15年間で、ITはいままでにない進化を遂げています。個人の情報収集能力と、個人の情報発信能力が、格段に高まった。そんな中、昔のような「和」を重要視して「個」を抑えるやり方は、もう通用しないと思います。


山崎将志

悪口メールは送らない。これは小学生のとき、マーク・トウェインに教わったことです。彼は、読者からの手紙に一通ずつ返事を書いていました。悪口が書かれた手紙にはきっちり反論の返事を出していたが、トラブルはひとつもなかった。なぜなら彼の奥さんが手紙を投函する前にすべてチェックし、相手が読んで気分が悪くなりそうなものは黙って捨てていたのです。


佐藤優

みなさんは怖い相手、なんだか威圧的でビビる相手はいますか? 自分がどんな相手に対して怖じ気づくのか、なぜビビるのか、一度考えてみるのは自分自身を知る上でも有効。


横田雅俊

一般に「営業マンはセンス」だといわれる。実際にスキルやセンスに優れた営業マンばかりを採用し、そうした人たちの力量によって販売を維持している会社は少なくない。だが、センスやテクニック以前に当人の意識が極めて大事だ。いままでやっていたことに対して「これじゃよくないな」と反省するようになったきっかけ、自分の意識を変える出来事があって、その意識に基づいて行動した結果成果が出る。


アンドレ・モーロワ

老年は男女間の友情には最も適した時代である。


田辺円

人間の体の動脈や静脈と同じように、資源も循環させるということが重要。当社では年間約250万トンの紙・板紙を販売し、約150万トンを回収していますが、これを200万トンくらいにしたい。できれば販売したものはすべて回収するくらいの意気込みです。


筒井義信

当社の強みは一言でいえば、安心安全です。次々に新しいサービスを付加したり、あるいは一時的に価格を下げてお客様を囲い込むということは、あくまで短期のビジネスです。長期でものごとを考えた場合には、お客様にきちんと保証機能を提供し、保険会社にも応分の収益をいただき、それによって会社を強くしていくことが重要です。このスタンスを守り続けることで、長期的にお客様からの信頼を獲得し続けていけると考えています。


橋本雅博

経営方針というと、社会の変化や、トップの交代などによって比較的頻繁に新しいものが打ち出されるイメージがあります。しかし、「変えない」「変えてはいけない」経営方針というものもあるのです。