名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

佐々淳行の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

佐々淳行のプロフィール

佐々淳行、さっさ・あつゆき。日本の官僚(警察)、危機管理評論家。東京出身。東京大学法学部政治学科卒業後、国家地方警察本部(のちの警察庁)に入庁。初代内閣安全保障室長などを務めた。退官後は危機管理の専門家として活動。

佐々淳行の名言 一覧

泥水を飲まされ続けて、辞表も5回書いたけど、それでも辞めなかったのは、日本を守るというプライドでしょうね。


何人かは、わかってくれていました。いつかはみんなにも絶対わかってもらえるという自負があったからやってこれた。


人を大事にすれば、それは自分に戻って来る。


私が仕事をする上で大切にしてきたのは、何と言っても人を大切にすることです。かなりの時間とお金を人に投資してきました。


2年前に腰を悪くしてね。それから杖をついているんだけど、不自由になると公共施設や道路の悪い点ばかり目につくんだよね。


人に投資する時にはお金の使い方も大事です。師である後藤田正晴さんは「佐々は自分のカネで奇麗に飲む」と評してくれました。組織のお金でおごっても駄目なのです。


人を大切にすることの要諦は、当たり前のことですが、顔と名前を覚えることです。警視庁外事課第1係長に就任した時には、人事記録を取り寄せ、学生が英単語を覚えるように、105人いた部下全員の名前を配属から2日間で覚えました。「そこの若いの」と呼ぶのと、「山田」と呼ぶのとでは大違いですから。


尾張の戦国武将・佐々成政を祖とする佐々家の武士の血がそうさせたんでしょうな。主席領事にも言われましたよ。「いったい君になんの得があるんだ。君は見かけによらず要領が悪いんだね」と。自分でもわかっているんですよ。でも、肥後もっこす(正義感が強く頑固な熊本の県民性)というか、へそ曲がりの性分は簡単には「直りゃしねえや」と(笑)。
【覚え書き|出向先の外務省の好待遇を蹴って警察に戻ったことについて】


佐々淳行の経歴・略歴

佐々淳行、さっさ・あつゆき。日本の官僚(警察)、危機管理評論家。東京出身。東京大学法学部政治学科卒業後、国家地方警察本部(のちの警察庁)に入庁。初代内閣安全保障室長などを務めた。退官後は危機管理の専門家として活動。

他の記事も読んでみる

内藤京子

ビジネスの世界は、究極的には人間関係で成り立っています。


原孝(経営者)

「ご縁があって、おかげさまで、いたみいります」。この言葉は、社長就任時に経営の大先輩から頂戴したこの言葉です。これは商いの三原則ともいえるもので、会社も個人も人というのは全てが周りの人との「ご縁」でここまで来ている。そして、上に立った時こそ周囲の方々に対して「お陰様」という気持ちを忘れず、そういうことに感謝して「いたみいれ」。これを肝に銘じよと言われました。


小林喜光

私は昔から「5分前行動」を徹底しています。相手と「約束した」時間を守るということは、信頼関係を築くための第一歩。


弘兼憲史

夢があれば、前に進む力が生まれる。


木暮太一

自分の価値を高めるには、自主練を終えて本業の時間が始まったら、それに全精力を注ぐことが大切だ。


中村憲剛

ずっとサッカーが好きだし、うまくなりたいし、試合に勝ちたい。だから、チームのために必要なことは、年齢もキャリアも関係なく相手に伝える。喋らないと伝わらないですから。それはどの仕事でも同じだと思いますけど、サッカーでは特に重要。


リンダ・グラットン

社会変化は小さな子供たちには、より大きな影響が出るでしょう。あなたに子供がいるなら、日本で、そして世界でいま何が起こっているか、何が変わりつつあるかをしっかり伝え、教育されることをお勧めします。


川野幸夫

同業者からはしばしば、なぜ優秀なパート社員が多く集まるのか聞かれます。ですが、我々はなにも特別な採用・教育システムを導入しているわけではありません。ただ経営陣がパート勤務の彼女たちをきちんと一人の人格として見ること。これに尽きるのです。


佐藤オオキ

相手に専門的な知識がなく、ビジュアルで説明することもできない状況で、短い文章で伝えて、「見てみたい」「欲しい」と思わせることができたら、それは強力な発信力があるということ。あとはそれをデザインして表現すればいい。


村上龍

私がインタビュアーをつとめる「カンブリア宮殿」という経済番組がありますが、そのゲストの一人が、ダメな経営者の典型として「グズとケチ」というのを挙げていました。グズというのは、重要な局面において決定が遅れるという意味です。経営者としては致命的です。ケチというのは、事業の拡大や新商品の開発、それに優秀な人材の確保や成果を上げた社員への報酬などにおいて、金を出し渋り、チャンスを逃すということで、これも経営者としては最悪です。


石坂典子

ダイオキシン騒動時のバッシングは、私たちが今後どのように変わっていかなければならないかという業界の変え方と言いましょうか、そういうことを考えるきっかけになりました。それと、社会にどのように見せていくかという2つの軸です。これをやらないといけないというのを痛感しました。


酒井健二(経営者)

リーマンショックが世界経済に激震を起こしていた年、私は日本ペイント社長に就任した。私はむしろチャンスだと思った。厳しい環境で社員みんなが危機感に包まれている時だからこそ、改革に取り組みやすいと。