佐々淳行の名言

佐々淳行のプロフィール

佐々淳行、さっさ・あつゆき。日本の官僚(警察)、危機管理評論家。東京出身。東京大学法学部政治学科卒業後、国家地方警察本部(のちの警察庁)に入庁。初代内閣安全保障室長などを務めた。退官後は危機管理の専門家として活動。

佐々淳行の名言 一覧

泥水を飲まされ続けて、辞表も5回書いたけど、それでも辞めなかったのは、日本を守るというプライドでしょうね。


何人かは、わかってくれていました。いつかはみんなにも絶対わかってもらえるという自負があったからやってこれた。


人を大事にすれば、それは自分に戻って来る。


私が仕事をする上で大切にしてきたのは、何と言っても人を大切にすることです。かなりの時間とお金を人に投資してきました。


2年前に腰を悪くしてね。それから杖をついているんだけど、不自由になると公共施設や道路の悪い点ばかり目につくんだよね。


人に投資する時にはお金の使い方も大事です。師である後藤田正晴さんは「佐々は自分のカネで奇麗に飲む」と評してくれました。組織のお金でおごっても駄目なのです。


人を大切にすることの要諦は、当たり前のことですが、顔と名前を覚えることです。警視庁外事課第1係長に就任した時には、人事記録を取り寄せ、学生が英単語を覚えるように、105人いた部下全員の名前を配属から2日間で覚えました。「そこの若いの」と呼ぶのと、「山田」と呼ぶのとでは大違いですから。


尾張の戦国武将・佐々成政を祖とする佐々家の武士の血がそうさせたんでしょうな。主席領事にも言われましたよ。「いったい君になんの得があるんだ。君は見かけによらず要領が悪いんだね」と。自分でもわかっているんですよ。でも、肥後もっこす(正義感が強く頑固な熊本の県民性)というか、へそ曲がりの性分は簡単には「直りゃしねえや」と(笑)。
【覚え書き|出向先の外務省の好待遇を蹴って警察に戻ったことについて】


佐々淳行の経歴・略歴

佐々淳行、さっさ・あつゆき。日本の官僚(警察)、危機管理評論家。東京出身。東京大学法学部政治学科卒業後、国家地方警察本部(のちの警察庁)に入庁。初代内閣安全保障室長などを務めた。退官後は危機管理の専門家として活動。

他の記事も読んでみる

稲盛和夫

最近は、会社経営も含めて、自分の人生について、どうあるべきかという根源的な問いをあまりしないのでしょう。それが大きな問題ですね。やはりトップとして社員をリードしていくには、社員が「なるほど、うちのトップが言うのはもっともだ」と思えるような話をして、それを自らの行動で示していかなければなりません。それは、その人の人生観や人格の問題ですよね。そういうものに社員たちが触れて、納得してついてきてくれるような状況が、経営には必要です。逆に言えば、そういう哲学を持っていない方がトップに立った場合に問題が起こるのでしょう。


高杉晋一

私は電気に関する本を買ってきて読んだが、英法科出の銀行マンには雲をつかむようでさっぱりわからない。とうとう私は泥縄はやめることにした。そして将来とも技術のことはいっさい口に出さない方針を固めた。以来私は電気のことは何を聞かれても「わからない」で通してきた。後年何かの雑誌に「この社長ぐらい電気のことを知らない社長はないだろう」と書かれたが、事実だから仕方がない。いい加減なことを言うよりその方が間違いがない。
【覚書き|三菱銀行名古屋支店長から三菱電機に移った当時を振り返っての発言】


三浦孝之(職人)

何度も失敗を繰り返し、自分で納得できる品物が出来るようになったのは10年が過ぎた頃だと思います。しかし現在でも100%というものは無いです。次はもっと良い品物を作ろうとする思い、職人の道は生涯勉強ですね。


児嶋一哉

売れなかった頃の自分を思い出すと、いまがどんなに幸せかと思います。


松井忠三

業務が複雑化している以上、一部門だけで解決できる事柄はほとんど無いと言っていいでしょう。3~4つの部門が協力しなければ上手くいかない業務が多い中、会社の中に部分最適が生まれるのが一番良くありません。


稲垣精二

仕事の進め方が変わったのは、30代で債券のディーラーを務めた6年間です。なにしろ自分が描いた相場見通しがなかなか当たりません。人間は間違えるものだと痛感しました(笑)。たとえば「金利は上がる」と確信してポジションを維持すると、損がどんどんたまっていくことがあります。そこですぐに「間違いだった」と潔く認められるかどうかで成果は違ってきます。


レイ・クロック

マクドナルドのフランチャイジー(フランチャイズの加盟店)になるには、頭脳明晰である必要はなく、高校以上の学歴もいらないが、100%のエネルギーと時間を投入する覚悟が何より大切だ。常識を持ち、目標に向かっていく強い信念と、ハードワークを愛せる人間なら誰もが成功し、億万長者になれる。


小林りん

いまの日本は悲観材料に溢れていると思うんです。しかし、それを嘆いていても仕方ない。だったら、自分がこう動き、こうすることによって日本を明るくしていくことができる、そうした当事者意識を持って世の中を変えていくことができるリーダー。簡単に変革などできませんけど、それでも自分ならできると信じることができる楽観力を持ったリーダーが今の時代に必要だと思います。


高田明(ジャパネットたかた)

夢を持ち続け、日々精進。いま目の前にある状況を受け入れて最善の努力をし、それを乗り越えていく。そのひとつひとつの積み上げが夢へとつながっていく。


水戸岡鋭治

デザインの仕事をする上で、感動体験をもたらすことを常にテーマにしてきました。見た人や使った人に感動を与えるには、色も形も素材も使い勝手も、今までにないものに挑戦し、取り入れていくことが重要になります。


堤真一

そのときはわからないけど、40代や50代になったときに、30代で頑張っていなかったらいまはないんだなぁってすごく実感すると思います。


秋元康

僕のやってきたことには、マニュアルがないんです。放送作家にしても作詞家にしても、「どうやったらなれるか」と勉強したわけじゃない。実践型なんですよ。何かを体系的に学んだのではなく、実践の中で身につけてきました。だからこそ、その時々で自分が面白いと感じることをやっていた方がいいと思えた。頭だけで考えて戦略を練っても、うまくいかないんです。


鈴木直道

東京へ職員が行って観光PRをしても全然マスコミに取り上げてもらえなかった。自力で稼いでPRする発想がなかった。それだったら宣伝で飯食っている人と連携したほうが当然いい結果が生まれる。


酒巻久

「何とかこの提案を通したいんだ」とか、「この提案が採用されれば、会社がよくなるんだ」という気持ちが伝わってくれれば、「あれはいい発言だね」となります。


渡辺久信

「選手たちが一番心地よい環境でプレーするにはどうしたらいいか」の追求こそ、監督に与えられた使命。


ページの先頭へ