名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

佐々木靜の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

佐々木靜のプロフィール

佐々木靜、ささき・しずか。日本の経営者。「三井住友海上あいおい生命保険」社長。宮城県出身。福島大学経済学部卒業後、住友海上火災保険に入社。執行役員販売推進部長、三井住友海上きらめき生命保険社長などを経て三井住友海上あいおい生命保険社長に就任。

佐々木靜の名言 一覧

仕事は仕事でもちろんやりますが、仕事以外の場で腹を割って話す、コミュニケーションを取る場を定期的に設けたのは非常に良かった。


お客様との信頼関係が販売力につながっている。


お客様から揺るぎない信頼を得られる会社にしよう。そのために、商品、サービスは元より、お客様接点の品質を、今まで以上に向上させていくことが必要。


合併後から今日まで続けているのが、毎月最終日の夕方6時半から2時間くらいの情報交換会です。情報交換会というとカッコいいですが、要は飲み会です。強制ではありませんが、役員全員と本社の部長クラスが集まって情報交換をすると同時に、月末で営業成績を締めますので、その数字を見て、今月はよかった、来月は頑張ろうといった話をします。


佐々木靜の経歴・略歴

佐々木靜、ささき・しずか。日本の経営者。「三井住友海上あいおい生命保険」社長。宮城県出身。福島大学経済学部卒業後、住友海上火災保険に入社。執行役員販売推進部長、三井住友海上きらめき生命保険社長などを経て三井住友海上あいおい生命保険社長に就任。

他の記事も読んでみる

豊田圭一

最初から完璧にできなくても大いに結構。足りない部分を周囲と補い合ってこそ、ものごとは前に進むのです。


小林一雅(小林製薬)

上司が間違った判断を下した場合、反省して謝るのも小林製薬の特徴かもしれません。私もそうですよ。かっとなって怒った後に、今のは間違いだったと気づいたならば、翌日でもいい。きちんと「悪かった」と素直に謝る。そこでメンツを気にしてしまうと、部下はついてこなくなる。そして、会社のまとまりがなくなることで魅力的な新商品が出なくなり、お客様の期待に応えられなくなります。


平井伯昌

高い目標を持つ。それが世界で戦える選手になるための第一歩。


本田宗一郎

新しいことをやれば、必ず、しくじる。腹が立つ。だから、寝る時間、食う時間を削って、何度も何度もやる。来年も最高のエンジンを作ってやる。


小山昇

お客様に話すときには、相手が満足度を高めることと、不満足度をなくすことの、どちらを求めているのかを見極めたうえで、トークをすることがカギとなります。


林修

「今でしょ」で有名になったので、僕の口癖がこれだと思っている人も多いみたいですね。でも、別に僕の口癖ではありません(笑)。では、僕がよく口にしている言葉は何かというと、「ありがとう」や「僕は運が強い」。何かお世話になったら、僕は必ず「ありがとう」と感謝の言葉を口にします。当たり前のようでいて、意外とできていない人が多いですね。お礼を言われた相手が、やってよかったと思うだけでなく、それを聞いた周りの人間も「キチンとお礼ができる人間だな」と感じる。いわば2つのプラスの効果が同時に得られる言葉です。


白岩直人

我々は他社にない発想で商品を作り、市場を切り拓いてきた。


石渡美奈

ポンポンとテンポの良い会話が心地よい人もいれば、頭の中で確認しながら話す方が理解しやすいという人もいます。この違いに無頓着だと、なかなか会話が深まらないのではないでしょうか。相手と自分ではリズムが違うなと感じたら、なるべく相手に合わせるようにする。これはとても大事なことだと思います。


森谷弘史

事柄別にノートを分ける人もいますが、整理が苦手な私には同じノートに様々なことを記録するやり方が合っています。月に1冊のペースでノートは埋まっていきます。


郷ひろみ

リッキー・マーティンのカバーである「GOLDFINGER’99」も完コピから始まっています。完璧にマネることはその対象と「並ぶ」こと。同じ場所に立って初めて「少しあっち側にいこうか」「こっち側にしようか」と「その先」へ行けるんです。ようは自分らしさを乗せられるようになる。


佐渡島庸平

漫画家は世間の人が思う以上に厳しい職業。朝早くから深夜まで、作品にずっとかかりっきりです。苦しくても、自分の心に鞭を打ち、作品のレベルを上げていける。それが天才たるゆえんだと思います。


トマス・J・スタンリー

最初に必要なのは生活改善の堅い決意だ。これがなければ始まらない。次に、専門家の手助けを求めよう。一番良いのは財産設計の手伝いをしてくれる会計士やファイナンシャルプランナーを利用することだ。彼らは蓄財劣等生を扱った経験が豊富なはずだ。というより、経験が豊富で劣等生を優等生に変身させた成功体験のある人でなければ困る。