佐々木靜の名言

佐々木靜のプロフィール

佐々木靜、ささき・しずか。日本の経営者。「三井住友海上あいおい生命保険」社長。宮城県出身。福島大学経済学部卒業後、住友海上火災保険に入社。執行役員販売推進部長、三井住友海上きらめき生命保険社長などを経て三井住友海上あいおい生命保険社長に就任。

佐々木靜の名言 一覧

仕事は仕事でもちろんやりますが、仕事以外の場で腹を割って話す、コミュニケーションを取る場を定期的に設けたのは非常に良かった。


お客様との信頼関係が販売力につながっている。


お客様から揺るぎない信頼を得られる会社にしよう。そのために、商品、サービスは元より、お客様接点の品質を、今まで以上に向上させていくことが必要。


合併後から今日まで続けているのが、毎月最終日の夕方6時半から2時間くらいの情報交換会です。情報交換会というとカッコいいですが、要は飲み会です。強制ではありませんが、役員全員と本社の部長クラスが集まって情報交換をすると同時に、月末で営業成績を締めますので、その数字を見て、今月はよかった、来月は頑張ろうといった話をします。


佐々木靜の経歴・略歴

佐々木靜、ささき・しずか。日本の経営者。「三井住友海上あいおい生命保険」社長。宮城県出身。福島大学経済学部卒業後、住友海上火災保険に入社。執行役員販売推進部長、三井住友海上きらめき生命保険社長などを経て三井住友海上あいおい生命保険社長に就任。

他の記事も読んでみる

保坂隆(精神科医)

人間関係によって傷ついたり怒ったり、ストレスを溜めたりすることもあります。そうした関係をわずらわしく思う人もいるでしょう。しかし、信頼できる人間関係を築くことができれば、仕事でもプライベートでも、これまで以上に多様な生き方を実現できるのです。ぜひ、あなたを支えてくれるソーシャルサポート(精神的にも肉体的にも支えてくれる、家族や恋人、友人や仕事仲間)との関係を見直してみてください。


荒川詔四

月に一度は工場や事務所に出向き、気づいたことがあれば、必ずその場で指摘します。また基本的な方針に関わることは何回でも直接現場の社員に話をします。それが一番正確に伝わるのです。同時に懇談会や意見交換の場を設けて、社員の声も吸い上げるように心がけています。


天坊昭彦

マニュアルは必要ですが、それに縛られずに、常に疑うことが必要。本当にこの仕事は必要なのか、このままでいいのかと考えながら仕事をすることが大事。


山内雅喜

市場はまだまだ掘り起こせるし、広がっていく。


石橋貴明

まだテレビというメディアは面白くなると思ってますからね。そのためにどんなことができるのかって、考えています。もっと違う形で面白いことがあるんじゃないかと僕は思ってます。テレビって、まだここにこんな凄いものがあったのかって、ビックリするような何かを、たぶん探し続けるでしょうね。


ケリー・グリーソン

チャールズ・ディケンズはこう言った。「時間厳守の習慣、秩序と勉強、一度に一つのことに集中するための決断力。それらがなければ、私はこれほどの業績を残せなかっただろう。」この言葉からは仕事にも人生にも成功したいと思った時に欠かせない重要な要素が多く読み取れる。時間厳守の習慣、秩序、勤勉、決断力、そして集中力。


泉谷直木

毎日部下をきちんと見ているかどうかがポイントです。そうすれば部下の特徴を把握でき、弱みを引き上げたり強みを伸ばしたりすることができます。


山根多恵

地域に根ざすということは、地域にある矛盾や問題を自分たちの手で解決して、よりよい仕組みにつくり変えていくことだと思います。


小笹芳央

仕事でも、どんな人間関係でも、ある意味で賭けが必要です。賭けるということは、相手を信頼するということでもあります。100%失敗しないことを求めてはいけません。


南場智子

ベンチャーは創業社長がずっと引きずることが多いですが、DeNAはそうしたくなかった。それだと南場さんの会社という器から出ない。DeNAは「南場さんの会社」というような小さなものに収まる会社ではないのです。


丹羽宇一郎

人間の底力は「仕事×時間」で決まるものです。「俺はこんなに頑張ってきたんだ。努力の量は誰にも負けないぞ」という思いが、いざというときに自分の支えになります。


菅井敏之

子供の入学金や車検といったルーティンではない支出も、ある程度は予測可能であって、すべてが突発的に起きるわけではない。一年単位で臨時出費を予算化し、あらかじめ用意しておけば慌てることもなくなるはずだ。


柳井正

最も大きいのは社員の意識の問題。物理的なことよりも、社員の習慣や仕事のやり方の見直しが、大きな挑戦になる。


田中明子(経営者)

ルセットのパンは究極のパンを目指していますから、品質の維持がとても難しいんです。卵や牛乳など、素材に妥協しないのはもちろんのこと、水や塩にまでこだわっています。イーストや添加物を一切使用せず、天然酵母のみで発酵させているのも特徴です。工程も複雑なだけに、一日につくれる量が限定されてしまうのです。


遅野井宏

日本の会社は、従業員を子供扱いしていると感じます。思考も行動も管理し、言うことを聞かせようとする。そして社員の側も、子供扱いされることに慣れてしまう。


ページの先頭へ