名言DB

9,524 人 / 112,423 名言

佐々木隆之の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

佐々木隆之のプロフィール

佐々木隆之、ささき・たかゆき。日本の経営者。西日本旅客鉄道(JR西日本)会長。広島県出身。一橋大学経済学部卒業後、日本国有鉄道(のちのJR)に入社。大阪鉄道管理局総務部長、JR西日本近畿圏運行本部総務部長、東京本部次長、人事部長、財務部長、取締役、鉄道本部副本部長、鉄道本部営業部長、鉄道本部線区別検討チーム本部長、執行役員、JR西日本デイリーサービスネット社長、JR西日本副社長、IT本部長などを経て社長・会長を務めた。

佐々木隆之の名言 一覧

壮大な目標を立て、努力を惜しまず、失敗を恐れない。できない言い訳ならばいくらでもある。だがそれに甘んじず初志を貫くことこそ、イノベーションの基本である。


一度や二度の失敗に目くじらを立てるのではなく、失敗から学ばせる。もちろん自身が挑戦してもいい。そこからしか、日本経済の復活は生まれ得ない。


企業が大きく官僚的になるほど、社員は失敗を恐れ、手堅い道を選ぶようになる。もちろんそれとて悪いわけではない。しかし世を覆すほどのイノベーションは期待できない。であれば、いまこそマネジメント層は、失敗を恐れず、一見無謀と見えるような目標でも、とにかく挑戦を促す環境をつくらねばなるまい。


井深(大)氏は本田(宗一郎)氏との共通点を、ものづくりにおいて技術者ではなく「素人」であったことだと打ち明けている。技術者であれば、いまある技術をベースに商品を開発する。だが両氏とも素人であるゆえに、いままでにないものをつくろうといきなり大きな目標を立てる。そして、目標を実現するためどんな技術が必要となるのか試行錯誤を繰り返した。


佐々木隆之の経歴・略歴

佐々木隆之、ささき・たかゆき。日本の経営者。西日本旅客鉄道(JR西日本)会長。広島県出身。一橋大学経済学部卒業後、日本国有鉄道(のちのJR)に入社。大阪鉄道管理局総務部長、JR西日本近畿圏運行本部総務部長、東京本部次長、人事部長、財務部長、取締役、鉄道本部副本部長、鉄道本部営業部長、鉄道本部線区別検討チーム本部長、執行役員、JR西日本デイリーサービスネット社長、JR西日本副社長、IT本部長などを経て社長・会長を務めた。

他の記事も読んでみる

小山昇

いくら考えても、勉強しても会社は変わらない。実行しないとダメ。


品川祐(品川ヒロシ)

お笑いの魅力はどこまでやっても100点がないことですかね。同じコントをやっても、ウケるときとウケないときがあるんです。どこまでいってもゴールはないけど、だからこそ走り続けるのが楽しいんです。


ビル・ゲイツ

ビジネスは非常に簡単だと思う。売上からコストを引けば、大きな黒字が出る。計算は極めて簡単だ。


壺阪龍哉

デスクまわりには必要なものだけが残り、不要なものは捨てられている状態が理想です。そのためには、モノに優先順位をつけ、それぞれに適切な処理を行うのが整理の基本です。


和田秀樹

人生において、イライラすることはとても損なことです。ビジネスシーンを例にとっても、ついカッとなって失礼なことを言ってしまったり、感情的になったがゆえにミスをしてしまったり。そもそも、つねにイライラしているような人間は、周囲から嫌なヤツだと思われてしまいます。


新浪剛史

ものづくりに対する強い意識は両社に共通するものです。ビームでも日本同様に品質の高い商品を出すために、「改善」と「向上」をより意識するようになりました。サントリーと組むことで「いいものづくりができる」という認識がビームでも広がったことは、大きな効果だと思います。


佐藤尚忠

我々の統合が新しいスタイルの統合かどうかはわかりませんが、両社はお客様の生活の充実に貢献するという共通の企業理念を持っています。それを実現するためには、どのような統合の在り方が最適なのか。狭い範囲で、たとえばチョコレート屋とチョコレート屋が一緒になってパッとシェアを増やし、パッとリストラをやって利益を出す。こうした統合は、長い目で見たとき、お客様の生活の充実にはさほど貢献しないのではないか。私はそう思うのです。
【覚書き|明治製菓と明治乳業の経営統合について語った言葉。両者ともに業界1位で業績好調な中で合併を行った】


羽生善治

失敗覚悟でトライする必要があります。実戦でトライすることで、その戦型の可能性や修正点、あるいは「こういう手もあるんじゃないか」という新しい発想が生まれてくる源にもなります。失敗が自分を成長させるための糧となるんです。ですから、頭の中であれこれ考えるよりは、まず試してみることが大切です。


藤原作弥

2000年8月のゼロ金利解除の是非は歴史が判定するでしょうが、その時々の情勢の変化に応じて最善の判断をすることこそが政策の役割だと思っています。


藤巻幸夫(藤巻幸大)

商品の使い方、用途がお客さまに理解されなければ買っていただけないのは当然です。


ニーチェ

苦しみをともにするのではなく、喜びをともにすることが友人をつくる。


清水雅

幸せは、なんとなく肌で知るときが最も幸せである。幸せとは最適の温度のようなものだから。