名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

佐々木隆之の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

佐々木隆之のプロフィール

佐々木隆之、ささき・たかゆき。日本の経営者。西日本旅客鉄道(JR西日本)会長。広島県出身。一橋大学経済学部卒業後、日本国有鉄道(のちのJR)に入社。大阪鉄道管理局総務部長、JR西日本近畿圏運行本部総務部長、東京本部次長、人事部長、財務部長、取締役、鉄道本部副本部長、鉄道本部営業部長、鉄道本部線区別検討チーム本部長、執行役員、JR西日本デイリーサービスネット社長、JR西日本副社長、IT本部長などを経て社長・会長を務めた。

佐々木隆之の名言 一覧

壮大な目標を立て、努力を惜しまず、失敗を恐れない。できない言い訳ならばいくらでもある。だがそれに甘んじず初志を貫くことこそ、イノベーションの基本である。


一度や二度の失敗に目くじらを立てるのではなく、失敗から学ばせる。もちろん自身が挑戦してもいい。そこからしか、日本経済の復活は生まれ得ない。


企業が大きく官僚的になるほど、社員は失敗を恐れ、手堅い道を選ぶようになる。もちろんそれとて悪いわけではない。しかし世を覆すほどのイノベーションは期待できない。であれば、いまこそマネジメント層は、失敗を恐れず、一見無謀と見えるような目標でも、とにかく挑戦を促す環境をつくらねばなるまい。


井深(大)氏は本田(宗一郎)氏との共通点を、ものづくりにおいて技術者ではなく「素人」であったことだと打ち明けている。技術者であれば、いまある技術をベースに商品を開発する。だが両氏とも素人であるゆえに、いままでにないものをつくろうといきなり大きな目標を立てる。そして、目標を実現するためどんな技術が必要となるのか試行錯誤を繰り返した。


佐々木隆之の経歴・略歴

佐々木隆之、ささき・たかゆき。日本の経営者。西日本旅客鉄道(JR西日本)会長。広島県出身。一橋大学経済学部卒業後、日本国有鉄道(のちのJR)に入社。大阪鉄道管理局総務部長、JR西日本近畿圏運行本部総務部長、東京本部次長、人事部長、財務部長、取締役、鉄道本部副本部長、鉄道本部営業部長、鉄道本部線区別検討チーム本部長、執行役員、JR西日本デイリーサービスネット社長、JR西日本副社長、IT本部長などを経て社長・会長を務めた。

他の記事も読んでみる

三木雄信

先日、知り合いのベンチャー企業の若手社員から、「最近は会社がリスクを恐れて、新たな製品開発の案件がなかなか通らない。どうしたらいいでしょうか」と相談を受けました。私のアドバイスは、最初から製品開発を会社に認めさせるのではなく、できるだけコストやリスクを抑えた状態でプロトタイプを作り、一歩一歩やりたいことに近づいていく方法です。まずはリスクを最小限に抑えながら、少しずつ挑戦していくのが良いと思います。


むらかみかずこ

「引き受けると自分にも相手にもこういうデメリットが起こり得る」と判断できたら、勇気を出して断わりましょう。


林野宏

少なくとも年間5、6%の金利でも会社を回していけるようでなければ、まともな経営とは言えない。


上野和典

相手の意見に共感できない場合もありますが、「僕とは違う意見ですが、一理ありますね」という気持ちを伝えれば、相手には「共感」と映るものです。


川上哲治

疲れるまで練習するのは普通の人。倒れるまで練習しても並のプロ。疲れたとか、このままでは倒れるというレベルを超え、我を忘れて練習する、つまり三昧境(さんまいきょう=無我の境地)に入った人が本当のプロだ。


小久保裕紀

いまでこそ超前向き人間ですが、昔はくよくよする性格でした。でも、プロに入って早い段階で、心を支える言葉と出会うことができたんです。その後も様々な言葉の力に救われますが、それがなければ、数々の逆境を乗り越えきれず、41歳まで現役を続けられなかったかもしれない。


野中郁次郎

経営者が過去を洞察して反省し、謙虚な姿勢を崩さない。そのうえで自分は日々会社の歴史を作っているという自覚を持つ。そういう姿勢と自覚を持つ経営者だけが未来を築いていくのでしょう。


曽我弘

私が立ち上げたSpruceTechnologiesをアップルに売却したときのことです。アップルとの最初の交渉は普通でした。ジョブズ氏をはじめ経営陣・弁護士団が揃い、お互いの戦略を説明するだけで終わりました。驚いたのはその後です。3日後にジョブズ氏から連絡があり「2人だけで会いたい」と言うのです。そして、その場で2人だけで交渉し合意したのが「買収金額と期限とサイン」だけ書き込まれた手書きのメモ。本格的な調査もせず金額を提示し、しかも決断期限は翌日朝まで。弁護士であれば卒倒しそうなやり方でした。結論から言えば、技術を正確に理解していたし、企業価値も的外れではなかった。最初からこのやり方を企てていたわけではないでしょうが、立派なサプライズでした。というのも、一見乱暴なやり方に見えますが、失礼な感じはなく、従業員数万人の会社の社長と100人足らずの社長があくまで対等な立場で交渉できた。だから結果には納得です。


林義郎(経営者)

国際基準にのっとった携帯電話や通信設備を使っていますから、どの国のメーカーにもビジネスを拡大するチャンスがあります。グローバルというのは相互交流することなんです。良いものを安くつくれる日本のメーカーにとっては大きな可能性が広がっていると思います。


伊藤亮太(ファイナンシャルプランナー)

自分自身の仕事や業界など、身近なところから発想して運用対象を選んでみるのも一つの方法だと思います。相応の知識を持っている分野なら情報も収集しやすいし、感覚もつかみやすい。投資の世界では、案外足下に成功のヒントがあることも多いんです。


横山信弘

私は決断力を高める研修の中で、これまでの人生でしてきた決断をリストアップしてもらうことがあります。誰でも大なり小なりさまざまな決断をしてきています。その決断に比べて、今あなたが悩んでいるのは、どれくらい難しい決断か。過去の経験と照らすと、客観的に見えてきます。


梅森浩一

外資系企業で働く機会がなければ、いまのように要領よく働くことができるようになったかどうか、怪しいものです。外資では日本の会社の数倍の速さで時間が流れており、仕事の遅い人間は全く評価されないどころか、真っ先に解雇されます。どうすれば仕事が速くできるかを必死に考え、ついに「仕事は8割でいい」という結論にたどり着いたわけです。