佐々木隆之の名言

佐々木隆之のプロフィール

佐々木隆之、ささき・たかゆき。日本の経営者。西日本旅客鉄道(JR西日本)会長。広島県出身。一橋大学経済学部卒業後、日本国有鉄道(のちのJR)に入社。大阪鉄道管理局総務部長、JR西日本近畿圏運行本部総務部長、東京本部次長、人事部長、財務部長、取締役、鉄道本部副本部長、鉄道本部営業部長、鉄道本部線区別検討チーム本部長、執行役員、JR西日本デイリーサービスネット社長、JR西日本副社長、IT本部長などを経て社長・会長を務めた。

佐々木隆之の名言 一覧

壮大な目標を立て、努力を惜しまず、失敗を恐れない。できない言い訳ならばいくらでもある。だがそれに甘んじず初志を貫くことこそ、イノベーションの基本である。


一度や二度の失敗に目くじらを立てるのではなく、失敗から学ばせる。もちろん自身が挑戦してもいい。そこからしか、日本経済の復活は生まれ得ない。


企業が大きく官僚的になるほど、社員は失敗を恐れ、手堅い道を選ぶようになる。もちろんそれとて悪いわけではない。しかし世を覆すほどのイノベーションは期待できない。であれば、いまこそマネジメント層は、失敗を恐れず、一見無謀と見えるような目標でも、とにかく挑戦を促す環境をつくらねばなるまい。


井深(大)氏は本田(宗一郎)氏との共通点を、ものづくりにおいて技術者ではなく「素人」であったことだと打ち明けている。技術者であれば、いまある技術をベースに商品を開発する。だが両氏とも素人であるゆえに、いままでにないものをつくろうといきなり大きな目標を立てる。そして、目標を実現するためどんな技術が必要となるのか試行錯誤を繰り返した。


佐々木隆之の経歴・略歴

佐々木隆之、ささき・たかゆき。日本の経営者。西日本旅客鉄道(JR西日本)会長。広島県出身。一橋大学経済学部卒業後、日本国有鉄道(のちのJR)に入社。大阪鉄道管理局総務部長、JR西日本近畿圏運行本部総務部長、東京本部次長、人事部長、財務部長、取締役、鉄道本部副本部長、鉄道本部営業部長、鉄道本部線区別検討チーム本部長、執行役員、JR西日本デイリーサービスネット社長、JR西日本副社長、IT本部長などを経て社長・会長を務めた。

他の記事も読んでみる

冨安徳久

満足していただくにはプラスアルファのサービスを、自分で考えないとダメ。


田中邦彦

後発組がより多くのお客の支持を得るためには、斬新なアイデアと気概が必要です。それには、人材育成や結束力などの組織力が伴わなければ、達成は困難です。


白井一幸

「やろうとは思っているのですが」と言い訳をする選手の場合、問題は複雑です。たとえば、「プロは結果にコミットしないといけない」「『やろうとは思っているのにできない』という発言はプロにふさわしくない」と言い聞かせても選手の態度が変わらないとしたら、それは指導者や上司の伝え方が悪いからであり、言葉が選手に響いていないのです。そんな時には、「しっかりしろ」と鼓舞したり、「やるべきことをやろう」と励ましたり、「お前が全力で走ることが、チームにとってどれだけプラスに働くだろうか?」と考えさせたりと、伝え方を変えてみます。その選手が走ることに価値があることを伝えるのです。


殿村政明

「話題」とは、意識的に拾わなければ集まらないもの。通勤途中や街中を歩く時、ポケーッとしているようでは話題の貯金はなかなかできない。


安政真弓

3か月というのは、何かまとまったことに取り組むのに最適な単位。何事も、3か月を基本にして目標を設定すると、具体的にやるべきことも見えてくるように思います。


ジェイ・エイブラハム

価値を増やす人にならなければなりません。すでにある価値を市場から奪い、減らす人であれば、そのビジネスはやがて消滅の運命です。


栗原博

初めて上場企業の担当になった頃、それまで中堅中小のお客様で実績をあげていたので自信があったが、実際に上場企業担当になると、いままでのやり方が通用しなかつた。当時は「なにくそ」と反発したが、あのとき天狗の鼻を折られてよかったと思う。


大川隆法

イノベーションには非常に難しい面があります。これまで自分たちにとって大事であったものや、成功の要因であったもの、うまくいっていたものを、自ら捨てていくことがあるため、自分の内部に敵と味方が住んでいるようなかたちになるのです。


吉川洋

「こういうものがあったらいい」というセンサーは、男性よりも女性のほうが発達しているのではないかと思います。消費者に近いものは、女性のアイディアがヒットを生むことがあると思います。古典的な例では、電気洗濯機は、シカゴの主婦がアイディアを出して、GEが開発したと言われています。電気洗濯機というアイディアは、おそらく男性からは出てこなかった。


市川秀夫(経営者)

構造改革には従来の延長線上で考えないことが大事。


岡田甲子男

実は、被爆したことを知った時、もう運命だと開き直りましてね。自分で精神を強靭にして、太く短く生きようと。そしたらいつの間にか、原爆病も克服してしまいましたよ(笑)。


榎本博明

部下の言ったことに対し、上司が「それは違うんじゃないか」とアドバイスするのはごく普通のことです。ところが今の若い世代には、これを「自分の能力や人格を否定された」と感じる人が少なくありません。自分に自信がなく、少し注意されただけで被害者意識を持ち、「上司から見下された」と反発したり、「自分はダメなのだ」と落ち込んだりする。そんな「傷つきやすい人」が増えています。


永瀬昭幸

リーダーに求められる要素に欠かせないのは、カリスマ性とコミュニケーション能力です。どうやって「この人についていきたい」と思わせるのか。カリスマ性など、いまのリーダー教育の中では聞かれることのない言葉だと思いますが、もう少しきちんと研究する必要があるのではないでしょうか。


及川光博

自分の理想未来から逆算して、やりたいことにしかモチベーションが上がらない。追いつけない自分の理想像を、必死に追いかけているんです。


櫻井英明

努力を少しづつでも高めていけばいつか必ず記憶に残る銘柄やファンとなれる企業にめぐり合える筈。これが実は株式投資の本質の一部でもあるのです。


ページの先頭へ