佐々木隆(経営者)の名言

佐々木隆(経営者)のプロフィール

佐々木隆、ささき・たかし。日本の経営者。JTB社長・会長。東京出身。東京大学理学部卒業後、日本交通公社(のちのJTB)に入社。株式会社日本ダイナースクラブ経理課長・経理部副部長、JTB経営企画室主査、経営企画室次長、取締役財務部長、常務取締役西日本営業本部長などを務めたのち、社長に就任。

佐々木隆(経営者)の名言 一覧

私が社長時代重視したのはふたつ。ひとつは「JTBというブランドを大切にする」ということ。もうひとつは「社員を株主と捉え、敬意を払う」ことです。結局、社員の努力がJTBのすべてなんです。ですから、当社の最大の投資者は「自分の時間と未来を当社に投資している社員」だと思っています。


物事に最初から最後まで成功する人はいません。いろいろ浮き沈みがあります。沈んだときに、つまり、周りの人より自分の数字が出なかったときに、あきらめてすぐ変えちゃう人は、ダメなのです。そこで頑張れるかどうか。ある意味で、専門分野を作れるかどうか、ということにもなります。


就職活動のとき、我々は間接的にサークル活動などを聞きますが、あれも結局、自立を確認しているようなものなのです。人に揉まれないとなかなか自立できません。


我々は商売人がほしいわけです。サラリーマンでなく、商売人ですね。一番望ましいのは、学生時代にサークルでも何でもいいですけれど、儲けることのできた人。これが最高ですね。それが難しいのであれば、自立している人です。自立しているというのは、自分の考え方で行動できる人です。


従来、我々は、売り手と買い手の情報のギャップを利用して商売をしてきました。売り手のほうが常に多くの情報を持っていましたので、お客さまは信頼して我々が勧める商品を買っていたのですが、インターネットによって完全に逆転したのです。


創業以来、常に前進し続け、前年より成績が良い、そういう中で生きてきた人たちが、ある日突然まったく違う世界に入ってきたのです。人は、自分の頭の中が一番切り替えにくいのです。そのことに各社は苦しんでいるといえます。
【覚書き|お客様の価値観が多様化したことについて語った言葉】


お客さまはカウンターに座って「良いところを紹介してくれ」ではなく、はっきりと目的をもってやってくる。「フランスに行く」ではなく、「ルーブル美術館に3日間行く」など、限定しているのです。つまり、均一のクオリティーの商品を大量に供給すれば事足りるという時代は変わってしまい、昔のような「付和雷同型」商品の提案ではうまくいかない。


分社化は単に会社をバラバラにすればいいというわけではありません。当社の分社化に際して、グループとして横串を通さないといけないと思いました。


現在は、局地戦のようなものです。我々は正規軍として、国内から世界中にいたるまでを守備範囲としている。しかしお客さまは、ある特定の、例えば万里の長城の知識だけ膨大に持ってやってくるのですから、太刀打ちできません。そういう意味で、社員は正規軍で、お客様はゲリラです。ぼろ負けです。


高度情報化社会は価値の多様化、分散化をもたらします。旅行業であれば、かつて消費者は全員同じ方向を向いていました。団体旅行がその対象です。しかし、インターネットが普及すると、環境がガラリと変わりました。旅行に対して消費者が急速に能動的になり、それぞれの価値観で旅をするようになったのです。価値がモザイク状に分散化したと言ってもいいでしょう。こうした状況に、巨大で統制された組織では対応できません。2万人を超える当社社員が単一の価値基準で動こうとしても、相手が分散化しているわけですから。


1万人も社員がいる大きな組合が、わずか1年という短期間で、これだけの大きな変革によく合意しましたね、というのが大株主の方々の反応です。私が想像するに、社員の閉塞感だと思います。恵まれた先輩方は、仕事を通じてどんどん成長してお客さまからも尊敬されて、楽しかったようです。でも、今の若い方は違う時代にぶつかってしまったので、閉塞感がある。やはり、なにか変えなきゃいけないと、みんな本当に思っていました。今ちょうど曲がり角ですね。あと2年くらい経ったら全部終わって、きれいに曲がれると思いますから、そこから先は、JTBは今とはまったく違う規模とスピードで発展し始めると思います。


分社化後に「経営が近くなった」という社員の声を多く耳にしました。分社化で各事業会社の規模が小さくなりますから、経営と現場との距離が短くなるのです。何が起こるかわからない昨今、自社の中に多くの「関節」をつくって、成長領域を増やしていく。それは、どの産業にも共通する課題でしょう。


私が社長を務めていたとき、当社を持ち株会社体制に移行させ、分社化した事業会社がぶら下がる組織に改編しました。各企業がそれぞれの分野でナンバーワンを目指すわけですから、グループとして急速な環境変化にも対応できるようになりました。


組織というものは例外なく「価値の順序付け」をするものです。最優先で取り組むもの、次にやるものといった具合でしょう。対象とするマーケットが画一的にまとまっていれば、企業はそのマーケット攻略のために単一の価値の順序付けを持って動けばいい。ですがマーケットが急速に多様化、分散化した場合、単一の順序付けでは対応できなくなり、行き詰ってしまうのです。


今回は経営体質の変更ですから、完全なトップダウンでした。分社化の大きな狙いですが、社員には「大きな財布」と「小さな財布」と言っています。「大きな財布」というのは、わが社は既にグループとして150社くらいあり、連単倍率で単体よりだいたい3倍くらい利益が拡大する。その大きな財布を使って、グループの問題をグループ全員の力を結集して解決してきました。今回私がやろうとしていることは、その環境を大きく変えることです。今後、それぞれの10いくつに分かれた持ち株会社は財布も小さくなりますから、それだけ自分の会社がどういうお客さまを対象として、どういうビジネスで成り立っているかを真剣に考え、そのマーケットを深めていきます。そうしないと生きられない。そういう意味での厳しさがどんどん出てくるということです。持ち株会社を作った最大の理由は、マーケットがどんどん分裂していって、細かいマーケットの集合体に変わった。だったらそれぞれのマーケットごとの事業体を無数に起こしていくしかない。そういう考え方です。


一昨年、SARSによって海外旅行が落ち込んだとき、あるセールスマンがお客さまを訪ねたところ、名刺を投げ捨てられたそうです。SARSその他で海外旅行にリスクがあるときに、大切な客を海外旅行へ連れて行くとはどういうつもりだ、と。そこで、彼は一念発起して「販売促進支援事業」という名刺を上司と相談して作ったわけです。もちろんそれは架空です。しかしそういう仕事をやります、と持っていったら、3倍ぐらいのお客さまが会ってくれたそうです。我々は「ディレクターからプロデューサーへ」と言っていますが、求めているのは、社員一人ひとりがプロデューサーのところまで自分の仕事を高められるか、高めるように行動できるかどうかということです。名刺を投げ捨てられて、そのまま泣いて、次の会社へ行った人はダメです。ものの考え方です。


旅行業界は、完全に流れが変わりました。何が起きているかと申しますと、今から25年くらい前に大手旅行会社に入社した人は、お客さまから見ると尊敬できる存在でした。当時は、ほとんどのお客さまにとって海外旅行が初めてである上に、生涯に1回の旅行でしたから。そのような状況では、社員が勉強すると、それをお客さまが評価してくれるので、仕事を通じて自分がどんどん成長していく実感を持てたのです。そういう時代が長く続いたのですが、バブル崩壊後、流れががらりと変わりました。要するに、今は一所懸命にやっていても、後ろのほうの席で「あなたその英語ちょっと違うわよ」と。そのくらいお客さまのレベルが上がってきたのです。たとえば、20~30回ヨーロッパへ行ったことのある人はざらにいらっしゃいますし、しかもそういう方々が、インターネットという強力な武器を持ったわけです。


日中間の旅行は、人の行き来が「草の根」交流として重要です。ビジネスとして見れば、単価は高くないですし、利益も多いわけではないので、それほど大きな影響はないのですが、旅行は国と国との関わりの基本です。人と人との交流が明らかに細る、止まるということはあってはならないし、粘り強く、良い空気を作り上げていくことが大切だと思います。


日本には、豊かな自然、寺院などの歴史的建造物、近代的都市まで、観光地としてのコンテンツが豊富にありますので、それを自信を持ってアピールし続けることです。日本そのものが十分アピールできる素材ですから、キワモノ的なものにいくのではなく、日本のありのままの姿を世界に発信していくべきだと思います。


佐々木隆(経営者)の経歴・略歴

佐々木隆、ささき・たかし。日本の経営者。JTB社長・会長。東京出身。東京大学理学部卒業後、日本交通公社(のちのJTB)に入社。株式会社日本ダイナースクラブ経理課長・経理部副部長、JTB経営企画室主査、経営企画室次長、取締役財務部長、常務取締役西日本営業本部長などを務めたのち、社長に就任。

他の記事も読んでみる

越智直正

経営者は困らないといけません。困らない経営者に進歩はない。困ったことを解決する、それが経営だとぼくは思っています。


ワッキー(お笑い芸人)

40歳過ぎたけど守りに入らず、攻める姿勢を持っていきたい。もっともっと売れたいという気持ちは変わっていません。


宗次徳二

お客様アンケートのハガキを郵送で回収するという方法を採っているのは、2つの理由があります。ひとつは、お客様に本音で書いていただくため。すぐそばに店員がいて、誰が何を書いたかがわかる状況では、お客様は正直な感想を書けないかもしれません。もうひとつは、店舗スタッフの隠蔽を防ぐため。自分の店舗にとって都合の悪いことが書かれていたら、そのアンケートハガキの存在を握りつぶしたくなるのが人情です。店舗のスタッフにそうした葛藤をさせないでいいように、直接本部に戻ってくるよう、郵送という方法を採っています。


飯田亮

企業は青春でなければ駄目です。青春とは逵巡しないで足がポッと前へ出ること。停滞しないこと、勇気でしょう。


大島康朋

13年経っても成功した実感はありません。まだまだ終わったわけではない。成功したと思ったとたんに、そこですべてが終わってしまう。


加賀見俊夫

通年で顧客満足度を高められれば、おのずと収益は後から付いてくる。そこで季節や暦を取り入れたイベントに力を入れてきました。


松本康男(コンサルタント)

良くも悪くも社長は会社の顔です。専属の優秀な秘書が付く大企業ではないのですから、社長ご自身が周囲とのコミュニケーションを大切にしなければ、誰もフォローしてくれません。


高城幸司

しょっちゅう周囲を巻き込んでいると、「仕事を増やされそう……」と警戒心を持たれる可能性も。それを防ぐには、日頃から密なコミュニケーションを取り、相手の話をよく聞く態度が大事です。「~をどう思う?」など、質問形で語りかける習慣を持ちましょう。すると話が盛り上がり、相手も満足し、好感を抱いてもらえます。


マザー・テレサ

この世界は食べ物に対する飢餓よりも、愛や感謝に対する飢餓の方が大きいのです。


渡邉美樹

子供を持つ親や教育機関は、本気で子供の幸せを願うならば、考え方を改めなければいけない。自分の意思をしっかり持てるように育てなければ、その子の幸せにならないと思う。いい大学を出ながら挫折している人間をいやというほど見てきている。君たちに今夢がないのは親の責任である。親に夢がないから子供にも夢がないのだ。親が偏差値でしか物事を考えないから、子供が偏差値でしか物事を考えられなくなるのだ。子供は親を見て育つ。


栗山清治

今後は職人さんたちの数が減っていく。そこで再び近所の人たちにも来店してもらえる方向に変えようと、チャレンジしています。PB商品によるブランド強化に取り組んでいます。3年ほど前に伸縮性のある「透湿レインスーツストレッチ」というレインウエアを開発しました。若い人にもターゲットを広げ、機能はもちろん、細身に見えるなどデザイン性も重視しました。こういったアウトドアやスポーツにも使える商品を投入していきます。それから、テレビCMも変えました。タレントの吉幾三さんのCMを止め、新しいイメージにしました。


金子高一郎

10年前に事業会社(カナック企画)社長に就いた頃はとにかく会社を大きくしたいと考えていましたが、最近ではやはり「継続」が一番と考えるようになりました。


福嶋康博

お金が入ると、高級車や自らの趣味にお金をつぎ込むことで、仕事を疎かにしてしまう経営者もいます。しかし、経営者はわずかな成功で満足してはいけません。現在の会社の業績は過去の取り組みの結果なのです。


山口範雄

仮説が間違っていると見事に売れない。


出口治明

「学生時代に勉強をサボってしまった自分はどうすればいいのでしょうか?」と聞く人がいます。そういう人は今日から勉強すればいいだけの話です。今後の人生を考えると、いまの自分が一番若いのですから。


ページの先頭へ